UWF _ ボリューム保護UWF_Volume.Protect

再起動後に UWF が有効になっている場合、次回のシステム再起動後にボリュームを保護するために、統合書き込みフィルター (UWF) を有効にします。Enables Unified Write Filter (UWF) to protect the volume after the next system restart, if UWF is enabled after the restart.

構文Syntax

UInt32 Protect();

パラメーターParameters

[なし] :None.

戻り値Return Value

Wmi の状態またはwmi エラー定数を示す HRESULT 値を返します。Returns an HRESULT value that indicates WMI status or a WMI error constant.

解説Remarks

Uwf は、UWF が有効になっている次回のデバイスの再起動後に、ボリュームの保護を開始します。UWF starts protecting the volume after the next device restart in which UWF is enabled.

このメソッドは、無効になっている場合は UWF を有効にしません。ボリューム保護を開始するには、次のセッションに対して UWF を明示的に有効にする必要があります。This method does not enable UWF if it is disabled; you must explicitly enable UWF for the next session to start volume protection.

必要条件Requirements

Windows エディションWindows Edition サポートされていますSupported
Windows 10 HomeWindows 10 Home いいえNo
Windows 10 ProWindows 10 Pro いいえNo
Windows 10 EnterpriseWindows 10 Enterprise はいYes
Windows 10 EducationWindows 10 Education はいYes

UWF _ ボリュームUWF_Volume

統合書き込みフィルターUnified Write Filter