統合書き込みフィルター処理 WMI プロバイダー リファレンスUnified Write Filter WMI provider reference

物理記憶域メディアを保護するために、統合書き込みフィルター (UWF) 用の WMI プロバイダーを使用して UWF を構成できます。To help protect physical storage media, you can use the WMI providers for Unified Write Filter (UWF) to configure UWF.

ここでは、UWF の WMI プロバイダークラスについて説明します。This section describes the WMI provider classes for UWF.

このセクションの内容In this section

  • UWF _ExcludedFile: UWF によって保護されているボリュームのファイル除外リストに現在あるファイルとフォルダーを格納するコンテナークラス。UWF_ExcludedFile: A container class that contains the files and folders that are currently in the file exclusion list for a volume protected by UWF.
  • UWF _ExcludedRegistryKey: 現在、UWF のレジストリキーの除外リストに含まれているレジストリキーを含むコンテナークラスです。UWF_ExcludedRegistryKey: A container class that contains the registry keys that are currently in the registry key exclusion list for UWF.
  • UWF _フィルター: 統合書き込みフィルター (uwf) を有効または無効にし、uwf の構成設定をリセットして、デバイスをシャットダウンまたは再起動します。UWF_Filter: Enables or disables Unified Write Filter (UWF), resets configuration settings for UWF, and shuts down or restarts your device.
  • UWF _オーバーレイ: UWF オーバーレイの現在のサイズが含まれ、オーバーレイサイズの重大および警告のしきい値を管理します。UWF_Overlay: Contains the current size of the UWF overlay and manages the critical and warning thresholds for the overlay size.
  • UWF _OverlayConfig: UWF オーバーレイの構成を管理します。UWF_OverlayConfig: Manages the configuration of the UWF overlay.
  • UWF _OverlayFile: UWF オーバーレイのグローバル設定を表示および構成します。UWF_OverlayFile: Displays and configures global settings for the UWF overlay. UWF オーバーレイの最大サイズと種類を変更できます。You can modify the maximum size and the type of the UWF overlay.
  • UWF _RegistryFilter: UWF フィルター処理からレジストリの除外を追加または削除します。UWF_RegistryFilter: Adds or removes registry exclusions from UWF filtering.
  • UWF _サービス: uwf サービスモードのクエリおよび制御を可能にするプロパティとメソッドが含まれています。UWF_Servicing: Contains properties and methods that enable you to query and control UWF servicing mode.
  • UWF _ボリューム: UWF によって保護されたボリュームを管理します。UWF_Volume: Manages a volume protected by UWF.

注意

\ \ Wmi スクリプトまたはアプリケーションを使用するときに、ルート standardcimv2 EMBEDDED で wmi プロバイダーに接続するときは、リモートクライアントの認証レベルを packetintegrity または packetintegrity に設定することをお勧めします。We recommend setting the authentication level to PacketIntegrity or PacketPrivacy for remote clients when you connect to WMI providers under root\standardcimv2\embedded when using WMI scripts or applications. WMI プロバイダーで認証を使用する方法の詳細については、TechNet の「 Windows PowerShell 2.0 CTP での wmi の機能強化 」を参照してください。For more information about how to use authentication with WMI providers, see this WMI Enhancements in Windows PowerShell 2.0 CTP on TechNet.

必要条件Requirements

Windows 10 Enterprise、Windows 10 教育、または Windows 10 IoT Core EnterpriseWindows 10 Enterprise, Windows 10 Education, or Windows 10 IoT Core Enterprise

uwfmgr.exeuwfmgr.exe