WEKF_CustomKeyWEKF_CustomKey

追加するか、カスタム定義のキーの組み合わせを削除します。Adds or removes custom-defined key combinations.

構文Syntax

class WEKF_CustomKey {
    [Static] uint32 Add(
        [In] string CustomKey
    );
    [Static] uint32 Remove(
        [In] string CustomKey
    );

    [Key] string Id;
    [Read, Write] boolean Enabled;
};

MembersMembers

次の表には、任意のメソッドとプロパティをこのクラスに属しているが一覧表示します。The following tables list any methods and properties that belong to this class.

メソッドMethods

メソッドMethods 説明Description

WEKF_CustomKey.AddWEKF_CustomKey.Add

新しいカスタム キーの組み合わせを作成し、新しいキーの組み合わせをブロックするキーボードのフィルターを有効にします。Creates a new custom key combination and enables Keyboard Filter to block the new key combination.

WEKF_CustomKey.RemoveWEKF_CustomKey.Remove

指定されたカスタム キーの組み合わせを削除します。Removes the specified custom key combination. キーボードのフィルターは、削除されたキーの組み合わせのブロックを停止します。Keyboard Filter stops blocking the key combination that was removed.

プロパティProperties

プロパティProperty データの種類Data type 修飾子Qualifiers 説明Description

idId

stringstring

[キー][key]

カスタムのキーの組み合わせの名前。The name of the custom key combination.

有効になっています。Enabled

ブール値Boolean

[読み取り、書き込み][read, write]

キーがブロックされているか、ブロック解除を示します。Indicates if the key is blocked or unblocked. このプロパティには、次の値のいずれかを指定できます。This property can be one of the following values:

ValueValue 説明Description

truetrue

キーがブロックされていることを示します。Indicates that the key is blocked.

falsefalse

キーがブロックされていないことを示します。Indicates that the key is not blocked.

 

注釈Remarks

名前に修飾子キーを含めることで、キーの組み合わせを指定できます。You can specify key combinations by including the modifier keys in the name. 最も一般的な修飾子の名前は、"Ctrl"、「シフト」、"Alt"、"Win"です。The most common modifier names are “Ctrl”, “Shift”, “Alt”, and “Win”. 非修飾キーの組み合わせをブロックすることはできません。You cannot block a combination of non-modifier keys. たとえば、"Ctrl + Shift + F"のキーの組み合わせをブロックすることができますが、"A + D"のキーの組み合わせをブロックすることはできません。For example, you can block a key combination of “Ctrl+Shift+F”, but you cannot block a key combination of “A+D”.

Shift キーを変更のキーをブロックすると「シフト」としてキーを押しながら変更されていないキーを入力する必要があります。When you block a shift-modified key, you must enter the key as “Shift” + the unmodified key. たとえば、英語のキーボード レイアウトの % キーをブロックするには、「Shift + 5」としてキーを指定する必要があります。For example, to block the % key on an English keyboard layout, you must specify the key as “Shift+5”. 「%」をブロックしようとすると、代わりに「5」をブロックしてキーボードのフィルターになります。Attempting to block “%”, results in Keyboard Filter blocking “5” instead.

ブロックにキーの組み合わせを指定すると、キーの英語名を使用する必要があります。When you specify the key combination to block, you must use the English names for the keys. 指定できるキー名の一覧は、キーボードのフィルター キー名を参照してください。For a list of the key names you can specify, see Keyboard Filter key names.

Example

次のコードでは、追加またはフィルターのキーボードの Windows Management Instrumentation (WMI) プロバイダーを使用して、キーボードのフィルターをブロックするカスタムのキーの組み合わせを有効にする方法を示します。The following code demonstrates how to add or enable a custom key combination that Keyboard Filter will block by using the Windows Management Instrumentation (WMI) providers for Keyboard Filter. この例は、プロパティを直接変更し、いずれかで定義されているメソッドは呼び出しませんWEKF_CustomKeyします。This example modifies the properties directly and does not call any of the methods defined in WEKF_CustomKey.

<#
.Synopsis
    This script shows how to use the WMI provider to enable and add 
    Keyboard Filter rules through Windows PowerShell on the local computer.
.Parameter ComputerName
    Optional parameter to specify a remote machine that this script should
    manage.  If not specified, the script will execute all WMI operations
    locally.
#>
param (
    [String] $ComputerName
)

$CommonParams = @{"namespace"="root\standardcimv2\embedded"}
$CommonParams += $PSBoundParameters

function Enable-Custom-Key($Id) {
    <#
    .Synopsis
        Toggle on a Custom Key Keyboard Filter Rule
    .Description
        Use Get-WMIObject to enumerate all WEKF_CustomKey instances,
        filter against key value "Id", and set that instance's "Enabled"
        property to 1/true.

        In the case that the Custom instance does not exist, add a new
        instance of WEKF_CustomKey using Set-WMIInstance.
    .Example
        Enable-Custom-Key "Ctrl+V"

        Enable filtering of the Ctrl + V sequence.
#>

    $custom = Get-WMIObject -class WEKF_CustomKey @CommonParams |
        where {
            $_.Id -eq "$Id"
        };

    if ($custom) {
# Rule exists.  Just enable it.
        $custom.Enabled = 1;
        $custom.Put() | Out-Null;
        "Enabled Custom Filter $Id.";

    } else {
        Set-WMIInstance `
            -class WEKF_CustomKey `
            -argument @{Id="$Id"} `
            @CommonParams | Out-Null

        "Added Custom Filter $Id.";
    }
}


# Some example uses of the function defined above.

Enable-Custom-Key "Ctrl+V"
Enable-Custom-Key "Numpad0"
Enable-Custom-Key "Shift+Numpad1"

要件Requirements

Windows エディションWindows Edition サポート対象Supported
Windows 10 HomeWindows 10 Home XNo
Windows 10 ProWindows 10 Pro XNo
Windows 10 EnterpriseWindows 10 Enterprise Yes
Windows 10 EducationWindows 10 Education Yes

キーボードのフィルターの WMI プロバイダー リファレンスKeyboard Filter WMI provider reference

キーボードのキー名のフィルターKeyboard Filter key names