パフォーマンス状態エンジンの概要の静的構成オプションStatic configuration options for the performance state engine overview

このセクションに記載されている静的な構成オプションを使用して、パフォーマンス状態の選択アルゴリズムの動作を調整できます。You can use the static configuration options documented in this section to tune the behavior of the performance state selection algorithms.

このセクションの内容In this section

トピックTopic 説明Description

MaxPerformanceMaxPerformance

MaxPerformance は、プロセッサの最大パフォーマンス状態を指定します。これは、最大プロセッサパフォーマンスの割合として指定されます。MaxPerformance specifies the maximum processor performance state, which is specified as a percentage of maximum processor performance.

MinPerformanceMinPerformance

MinPerformance は、プロセッサの最大パフォーマンス状態を指定します。これは、プロセッサの最大パフォーマンスの割合として指定されます。MinPerformance specifies the minimum processor performance state, which is specified as a percentage of maximum processor performance.

PerfIncreaseThresholdPerfIncreaseThreshold

プロセッサのパフォーマンスを向上させるために必要な、プロセッサ使用率の割合を PerfIncreaseThreshold で指定します。PerfIncreaseThreshold specifies the percentage of processor utilization, in terms of the maximum processor utilization, that is required to increase the processor to a higher performance state.

PerfIncreaseTimePerfIncreaseTime

PerfIncreaseTime は、プロセッサのパフォーマンス状態の次の増加の間に経過する必要がある最小時間を指定します。PerfIncreaseTime specifies minimum amount of time that must elapse between subsequent increases in the processor performance state. 時間は、プロセッサのパフォーマンス時間のチェック間隔の単位で指定します。The time is specified in units of the number of processor performance time check intervals.

PerfDecreaseThresholdPerfDecreaseThreshold

プロセッサを低パフォーマンスの状態に減らすために必要なプロセッサ使用率の割合を PerfDecreaseThreshold で指定します。PerfDecreaseThreshold specifies the percentage of processor utilization, in terms of the maximum processor utilization, that is required to reduce the processor to a lower performance state.

PerfDecreaseTimePerfDecreaseTime

PerfDecreaseTime は、プロセッサのパフォーマンス状態が次に減少するまでに経過する必要がある最小時間を指定します。PerfDecreaseTime specifies minimum amount of time that must elapse between subsequent reductions in the processor performance state. 時間は、プロセッサのパフォーマンス時間のチェック間隔の単位で指定します。The time is specified in units of the number of processor performance time check intervals.

PerfLatencyHintPerfLatencyHint

PerfLatencyHint は、待機時間の区別のヒントに応答してプロセッサのパフォーマンスを指定します。PerfLatencyHint specifies the processor performance in response to latency sensitivity hints. このようなヒントは、予想される待機時間が重要な操作の前に発生したイベントが検出されたときに生成されます。Such hints are generated when an event preceding an expected latency-sensitive operation is detected. 例としては、マウスボタンを押すイベント (すべてのマウスボタン)、タッチジェスチャの開始とジェスチャの停止 (指を押した後に指を押す)、キーボードによるキーの入力などがあります。Examples include mouse button up events (for all mouse buttons), touch gesture start and gesture stop (finger down and finger up), and keyboard enter key down.

PerfAutonomousModePerfAutonomousMode

PerfAutonomousMode は、CPPC インターフェイスのバージョン2を実装するシステムで自律モードが有効になっているかどうかを制御し、必要なパフォーマンス要求をプラットフォームに提供するかどうかを決定します。PerfAutonomousMode controls whether autonomous mode is enabled on systems that implement version 2 of the CPPC interface, and determines whether desired performance requests should be provided to the platform. 他のパフォーマンス状態インターフェイスを使用しているシステムでは、この設定による影響はありません。On systems with other performance state interfaces, this setting has no effect.

PerfEnergyPreferencePerfEnergyPreference

PerfEnergyPreference は、CPPC インターフェイスのバージョン2を実装するシステム上のエネルギーパフォーマンス基本設定レジスタでプログラミングする値を指定します。PerfEnergyPreference specifies the value to program in the energy performance preference register on systems that implement version 2 of the CPPC interface.

PerfAutonomousWindowPerfAutonomousWindow

PerfAutonomousWindow は、CPPC インターフェイスのバージョン2を実装し、自律モードが有効になっているシステムに対して、自律アクティビティウィンドウ登録でプログラミングする値を指定します。PerfAutonomousWindow specifies the value to program in the autonomous activity window register on systems that implement version 2 of the CPPC interface and have autonomous mode enabled. 値が長いほど、プラットフォームに対して、プロセッサ使用率の短時間のスパイクや dip の影響を小さくする必要があることを示します。Longer values indicate to the platform that it should be less sensitive to short duration spikes/dips in processor utilization.

DutyCyclingDutyCycling

DutyCycling は、プロセッサのデューティサイクルをサポートするシステムでのデューティサイクル機能を有効または無効にします。DutyCycling enables or disables the duty cycling capability on systems that support processor duty cycling.