Swift ペアSwift Pair

Windows 10 のバージョン1803で導入された Swift ペアは、Bluetooth 周辺機器を Windows 10 Pc とペアリングするための最新の方法です。Introduced in Windows 10, version 1803, Swift Pair is the newest way to pair your Bluetooth peripherals to Windows 10 PCs. このトピックでは、この機能について説明します。また、周辺機器が Swift ペアをサポートする方法、およびこのクイック機能と便利な機能についてよく寄せられる質問についても説明します。This topic describes the feature, requirements about how peripherals can support Swift Pair, frequently asked questions about how this quick and convenient feature works.

ペアリングの次の進化として、ユーザーは設定アプリに移動して、周辺機器のペアリングを見つける必要がなくなりました。As the next evolution of pairing, users no longer need to navigate the Settings App and find their peripheral to pair. 使用可能な新しい周辺機器が近くで検出されると、Windows によって通知がポップアップ表示されます。Windows can now do this for them by popping a notification when a new peripheral is nearby and ready. この機能を使用してメリットを得るには、次の手順を実行するのが簡単です。The steps to use and benefit from this feature are simple:

  1. Bluetooth 周辺機器をペアリングモードにするPut the Bluetooth peripheral in pairing mode
  2. 周辺機器がによって近くにある場合、Windows はユーザーに通知を表示します。When the peripheral is close by, Windows will show a notification to the user
  3. [接続] を選択すると、周辺機器のペアリングが開始されますSelecting “Connect” starts pairing the peripheral
  4. 周辺機器がペアリングモードになっていない場合、または近くにない場合は、Windows によってアクションセンターから通知が削除されます。When the peripheral is no longer in pairing mode or is no longer nearby, Windows will remove the notification from the Action Center

Swift ペア < >

ユーザーは、Swift ペアをオンまたはオフにする必要があるときに、[Bluetooth & 他のデバイス] ページで実行できます。If at any time, a user wishes to turn Swift Pair on or off, they can do so in the “Bluetooth & other devices” page. また、企業は、ポリシー CSP のBluetooth\AllowPromptedProximalConnections 、および既存のモバイルデバイス管理ソリューションを使用して、この機能を制御することもできます。Enterprises will also be able to control this feature through the Bluetooth\AllowPromptedProximalConnections in the Policy CSP and with any existing Mobile Device Management solution.

Swift ペアの周辺機器の構築Building a Swift Pair peripheral

お使いの周辺機器をクイック ペアリングに確実に対応させるには、2 つの要件セットがあります。There are two sets of requirements to ensure your peripheral works with Swift Pair.

  • 周辺機器の動作The peripheral’s behavior
  • Microsoft 定義のベンダー提供情報セクションの構造と値。The structure and values in a Microsoft defined vendor advertisement section.

要件のセットを次に示します。These are the set of requirements:

周辺機器の動作 (必須)Peripheral Behavior (Required)

Swift ペアの周辺機器の検出は、Bluetooth 低エネルギー (LE) プロトコルを介して行われ、 le 広告を使用する必要があります。Discovery of Swift Pair peripherals happens over the Bluetooth Low Energy (LE) protocol and requires the use of LE advertisements. Windows は、この提供情報を使用して、Swift ペアとしての周辺機器を識別します。Windows uses this advertisement to identify a peripheral as Swift Pair capable. この提供情報には、ペアリングモード中に、提供情報のMicrosoft 定義ベンダセクション(図2-4 を参照) のいずれかが含まれている必要があります。This advertisement must contain one of the Microsoft defined vendor sections (shown in Fig 2-4) in the advertisement while in pairing mode.

ペアリングモードになった直後に Windows が周辺機器を識別できるようにするため、周辺機器は迅速な検出のために通常よりも高速に Swift ペアをビーコンする必要があります。In order for Windows to identify a peripheral shortly after it enters pairing mode, peripherals should beacon for Swift Pair at a faster cadence than normal for quick discovery. 周辺機器のアドバタイズが高速になります。Windows で待機する必要がある時間が短くなります。The faster a peripheral advertises; the less time Windows needs to listen. これにより、Bluetooth & Wi-fi を同じラジオに共存させることができます。This helps with Bluetooth & Wi-Fi coexistence on the same radio. 少し時間が経過すると、周辺機器は、より低ながら一貫した広告のリズムに戻ることができます。After a short period of time, the peripheral can fall back to a lower but consistent advertising cadence.

  • 最も迅速な検出: > が30秒ごとに30ミリ秒ごとに一貫して、通常のリズムに戻ります。For quickest discovery: Beacon consistently every 30 ms for >= 30 seconds then fall back to a normal cadence.
  • 通常のリズムの場合: Swift ペアセッション中、ビーコンは100ミリ秒ごと、または152.5 ミリ秒ごとに一貫しています。For normal cadence: Beacon consistently every 100 ms or 152.5 ms during a Swift Pair session.
  • このエクスペリエンスをユーザーが予測できるようにするため、ユーザーは、使用できなくなった周辺機器とのペアリングを試みる必要がありません。To keep this experience predictable for our users, the user should not have to try to pair to a peripheral that is no longer available. ペアリングモードを終了する前に、vendor セクションを30秒 > 削除します。Remove the vendor section >30 seconds before exiting pairing mode.

周辺機器が使用可能な組み合わせから外れている場合は、最初に最後に接続してから最も長い時間が経過しているものを削除します。If the peripheral is out of available pairings, remove the one with the longest time since last connect first.

Swift ペア通知の周辺機器情報Peripheral info on the Swift Pair notification

ユーザーは、ペアリングしようとしている周辺機器を簡単に識別する必要があります。Users should easily identify the peripheral they are trying to pair to. 周辺機器では、定義されたデバイスのクラス (CoD) または周辺機器名を定義する必要があります。これは、Swift ペアペイロードと同じ提供情報に含める必要があります。Peripherals should define either a defined class of device (CoD) or the peripheral name, which must be included in the same advertisement as the Swift Pair payload. Windows では、電力とプライバシーの両方の問題により、アクティブなスキャンは行われません。Windows does not active scan due to both power and privacy concerns. その結果、Swift ペアの周辺機器情報をスキャン応答に格納することはできませんAs a result Swift Pair peripheral information cannot be stored in a scan response.

LE のみの周辺機器(図 2) では、Bluetooth SIG LE の外観セクションを解析して、デバイスのクラスを定義できます。For LE only peripherals (Fig 2), the Bluetooth SIG LE appearance section can be parsed to define a class of device. Windows は、Swift ペアと同じ提供情報に含まれる場合、このセクションを解析し、通知に表示する正しいアイコンにマップします。Windows will parse this section if included in the same advertisement as Swift Pair and map it to the correct icon to show on the notification. デュアルモードの周辺機器の場合、デバイスのクラスは既に Swift ペアペイロード(図3、4) でカバーされています。For dual mode peripherals, the class of device is already covered in the Swift Pair payloads (Fig 3,4). これは、 BLUETOOTH SIG によって定義された3バイトのメジャー/マイナー値です。This is the 3 byte Major/Minor value defined by the Bluetooth SIG.

CoD が検出されると、表示されるアイコンは [設定] に表示されているアイコンと同じになります。If a CoD is detected, the displayed icon is the same as the icon shown in Settings.

CoD が検出されない場合、Windows では、通知に表示する Bluetooth ロゴが既定で設定されます。If a CoD isn’t detected, Windows defaults to the Bluetooth logo to show on the notification.

名前を表示するには、[Bluetooth フレンドリ名] セクションを使用することをお勧めしますが、これが不可能な場合は、 Swift ペアペイロードに_オプション_のメソッドを使用して、 "表示名" フィールドを使用することをお勧めします。To show a name, it is recommended to use a Bluetooth friendly name section, but if that is not possible there is an optional method in the Swift Pair payload to use the “Display Name” field. このフィールドのサイズは補償ですが、Microsoft ではこの文字列をローカライズせず、すべての市場で動作する必要があります。This field is uncapped in size, but Microsoft does not localize this string and must work in all markets. そのため、地域市場の要件を満たすには、ブランド、商標、またはモデル番号をお勧めします。As such, brands, trademarks, or model numbers are recommended to fulfill region market requirements.

名前が検出されると、"新しい [ペリフェラル名] が見つかりました" と表示されます。If a name is detected, “New [Peripheral Name] found” is shown.

名前が検出されない場合、一般的な文字列は、"新しい Bluetooth マウスが見つかりました"、"新しい bluetooth ヘッドフォン found"、"新しい Bluetooth ヘッドセットが見つかりました" というデバイスのクラスで定義されているように表示されます。If a name isn’t detected, a generic string is shown as defined by the class of device Ex: “New Bluetooth mouse found”, “New Bluetooth headphones found”, “New Bluetooth headset found”

Swift ペアに必要な仕様機能Spec Features needed for Swift Pair

ユーザーの明示的な操作を行わずに、Swift ペアの周辺機器をビーコンする場合は、LE プライバシーをサポートします。If a peripheral is beaconing for Swift Pair without any explicit user action, support LE Privacy. ユーザーは、これらのデバイスの個人的な性質により、追跡できないようにする必要があります。Users should not be trackable due to the personal nature of these devices. LE プライバシーがサポートされている場合、周辺機器は Swift ペアセッション中に BLUETOOTH LE アドレスのローテーションを中断する必要があります。If LE Privacy is supported, the peripheral should suspend rotating the Bluetooth LE Address during the Swift Pair session. 回転したアドレスは、Windows によって新しいデバイス要求として受信され、1つの周辺機器に対して2つの通知が表示されます。The rotated address would be received as a new device request by Windows and would show two notifications for a single peripheral.

デュアルモードの周辺機器が BR/EDR と LE の両方をペアリングする場合は、周辺機器が両方のプロトコルのセキュリティで保護された接続をサポートしている必要があります。If a dual mode peripheral wishes to pair over both BR/EDR and LE, the peripheral must support secure connections for both protocols. Windows と LE を最初にペアにし、セキュリティで保護された接続を使用して BR/EDR キーを派生します。Windows pairs over LE first and derives the BR/EDR keys using secure connections. セキュリティで保護された接続を使用せずに、Swift ペアの LE と BR/EDR の両方にペアリングすることはサポートされていません。Pairing to both LE and BR/EDR with Swift pair without the use of secure connections is not supported.

初めて快適に使用する場合は、周辺機器の電源を初めてオンにしたときにペアリングモードを入力します。For a good first-time experience, enter pairing mode the first time the peripheral is powered up. Swift ペアを無制限にビーコンすることはできませんDo not beacon for Swift Pair indefinitely. Windows は、Swift との組み合わせを試みる周辺機器を追跡し、セッションごとに1つの通知のみを表示します。Windows tracks peripherals trying to Swift Pair and will only show one notification per session.

デュアルモードの周辺機器は、 BLUETOOTH LE と BR/EDR の両方をセキュリティで保護された接続でペアリングすると、ペイロード領域を節約できます。Dual mode peripherals can save payload space if they pair over both Bluetooth LE and BR/EDR with Secure Connections.

ペイロード構造体Payload Structures

Bluetooth LE が必要です。他の BR/EDR 周辺機器は Swift ペアの恩恵を受けることができます。Bluetooth LE is required, other BR/EDR peripherals can benefit from Swift Pair. Swift ペアをトリガーするペイロードが3つあります。1つは Bluetooth LE 周辺機器用で、2つはデュアルモード周辺機器用です。There are three payloads which will trigger Swift Pair; one for solely Bluetooth LE peripherals, and two for dual mode peripherals. デュアルモードペイロードは、Bluetooth LE と BR/EDR の両方の周辺機器ペアがセキュリティで保護された接続を使用しているか、またはこの Bluetooth LE 広告を利用して BR/EDR のみでペアになっているかどうかを解決します。The dual mode payloads help address whether the peripheral pairs over both Bluetooth LE and BR/EDR using secure connections or is leveraging this Bluetooth LE advertisement to pair over only BR/EDR.

図 2: Bluetooth LE のみでペアリングする

図 2: Bluetooth LE のみでペアリングするFigure 2: Pairing over Bluetooth LE only

図 3: Bluetooth LE 経由のペアリングと、セキュリティで保護された接続を使用した BR/EDR

図 3: Bluetooth LE 経由のペアリングと、セキュリティで保護された接続を使用した BR/EDRFigure 3: Paring over Bluetooth LE and BR/EDR with Secure Connections

図 4: Bluetooth LE を使用した検出のための BR/EDR のみのペアリング

図 4: Bluetooth LE を使用した検出のための BR/EDR のみのペアリングFigure 4: Pairing over BR/EDR only, using Bluetooth LE for discovery

セクションヘッダーSection Header

  • これは、Bluetooth SIG で定義されている vendor セクションですThis is a Bluetooth SIG defined vendor section
  • ヘッダーは、長さ、ベンダー定義のフラグ、および Microsoft ベンダー ID 0x0006 で構成されます。The header consists of the Length, Vendor-defined flag, and Microsoft Vendor ID 0x0006

ペイロードコンテンツPayload Content

Microsoft ビーコン ID & サブシナリオMicrosoft Beacon ID & Sub Scenario

  • Microsoft ビーコン ID は、提供情報がこのエクスペリエンスに関するものであることを特定するのに役立ち、周辺機器のペアリング方法を詳しく説明します。一意の ID にはそれぞれ一意のペイロードがあります。The Microsoft Beacon ID helps identify that the advertisement is for this experience and will detail how the peripheral will pair, each unique ID has a unique payload.

予約済みの RSSI バイトReserved RSSI Byte

  • このバイトを予約し、0x80 に設定します。Reserve this byte and set it to 0x80. これは、転送と下位互換性を維持するのに役立ちます。This will help maintain forwards and backwards compatibility.

表示名Display Name

  • この可変サイズフィールドを使用すると、ペイロードの制限付き周辺機器で、通知の周辺機器の名前を表示できます。This variable size field can allow payload constrained peripherals to display the name of the peripheral on the notification. この名前はローカライズされず、すべての市場で動作する必要があります。This name will not be localized and will need to work for all markets.
  • このフィールドは必須ではなく、周辺機器メーカーがこれを利用する場合はフォールバックメカニズムにすぎません。This is field is NOT required and is only a fallback mechanism if a peripheral maker would like to leverage it.

従来の BR/EDR の組み合わせClassic BR/EDR Pairings

BR/EDR 周辺機器アイコンの外観For BR/EDR peripheral icon appearance

  • これは、Bluetooth SIG によって提供されるデバイス (CoD) のメジャーおよびマイナークラスマッピングと同じです。It is the same as the Major and Minor Class of Device(CoD) mapping provided by the Bluetooth SIG

BR/EDR アドレスBR/EDR Address

  • 周辺機器が BR/EDR only とペアになっている場合は、ほとんどのエンディアン形式の BR/EDR アドレスをメイン広告パケットに含める必要があります。If a peripheral will pair over BR/EDR only, the BR/EDR address in little endian format must be included in the main advertising packet
  • セキュリティで保護された接続をサポートし、Bluetooth LE と BR/EDR の両方をペアリングすると、この要件はなくなります。Supporting Secure Connections and pairing over both Bluetooth LE and BR/EDR removes this requirement

既定で Swift ペアをオンにするTurning Swift Pair on by default

Swift ペアは Windows 10 バージョン1803以降でリリースされましたが、ユーザーに対して自動的に有効にされませんでした。Swift pair released starting with Windows 10 version 1803 but was not turned on automatically for users. この決定は、Bluetooth 低エネルギー (LE) のアドバタイズを継続的に監視している場合に、一部のラジオが同じラジオで Wi-fi 活動を不適切に処理することになったときに行われました。This decision was made when we learned continuously monitoring Bluetooth Low Energy (LE) advertisements caused some radios to improperly handle Wi-Fi activity when on the same radio. Swift ペアは、システムが Bluetooth 広告を継続的に監視する多くの計画された Windows 機能の1つ目です。Swift Pair is the first of many planned Windows features where the system will be continuously monitoring Bluetooth advertisements. この問題に対処するために、このような同時実行のシナリオに対応できることを無線で報告する方法が用意されています。To address this, we now have a way for radios to report that they can handle these concurrent scenarios.

エコシステムのハードウェア多様性によって、すべての PC に対してテストを行うことができなくなるため、Windows では、継続的な監視のサポートを宣言するために各ラジオを利用する必要があります。Hardware diversity in the ecosystem prevents us from testing against every PC, so Windows needs to rely on each radio to declare support for continuous monitoring. サポートを宣言することは、提供情報を継続的に監視するときに Wi-fi のパフォーマンスの低下を最小限に抑えるために、無線がテストされていることを意味します。Declaring support implies that the radio has been tested to minimize drops in Wi-Fi’s performance when continuously monitoring advertisements. Bluetooth LE 提供情報を同時に監視しながら Wi-fi アクティビティを適切に実行できるラジオは、 HCI_VS_MSFT_Read_Supported_Features コマンドで適切な値を設定することによって、サポートを宣言できます。Radios that can adequately perform Wi-Fi activities while monitoring Bluetooth LE advertisements concurrently can declare support by setting the appropriate value in HCI_VS_MSFT_Read_Supported_Features commands.

継続的な監視をサポートするための前提条件は、Bluetooth LE アドバタイズ (連続していないもの) の一般的な監視です。General monitoring of Bluetooth LE advertisements (not continuous) is a prerequisite to supporting continuous monitoring. ほとんどの Windows 認定無線は、一般的な監視のためにベンダー固有のコマンドを既にサポートしていることが想定されています。It is expected that most Windows certified radios already support the vendor specific command for general monitoring. 一般監視 (0x8) では、設定内の Swift ペアが有効になりますが、Swift ペアは自動的に有効になりません。General monitoring (0x8) enables Swift Pair in Settings but does not automatically turn on Swift Pair. ユーザーは設定を見つけて、それを自分で有効にする必要があります。A user must find the setting and turn it on themselves.

ラジオが LE 広告の継続的な監視をサポートしている場合、ラジオは HCI supported features コマンドで0x20 ビットを介してサポートを宣言できます。If the radio supports continuous monitoring of LE advertisements, the radio can declare support via the 0x20 bit in the HCI supported features command. このビットが設定されると、Swift ペアが自動的に有効になり、ユーザーは [設定] ページにアクセスする必要がなくなります。Once this bit is set, Swift Pair will be turned on automatically, and a user no longer needs to go to the Settings page to do so.

他の継続的な監視機能で Swift ペアを自動的に有効にしようとしている場合は、以下の「Wi-fi と Bluetooth の同時実行のシナリオのテストに関する考慮事項」を参照してください。If you are trying to enable Swift Pair automatically on any other continuous monitoring feature, see the testing considerations for concurrent Wi-Fi and Bluetooth scenarios below.

テストに関する考慮事項Testing Considerations

  • Wi-fi スループット、ジッター、待機時間Wi-Fi throughput, jitter, and latency
    • 強力、中、および弱い RSSI 条件のスループット、ジッター、待機時間を測定します。Measure throughput, jitter, and latency in strong, medium, and weak RSSI conditions.
    • 一般的な実際の使用状況をシミュレートするために、アクセスポイントに接続された複数のクライアントデバイスで測定します。Measure with multiple client devices connected to the Access Point to simulate typical real-life usage.
    • また、Swift ペア機能をオンまたはオフにして、Wi-fi と Miracast の相互運用と接続テストを実行することをお勧めします。We also recommend running your Wi-Fi and Miracast Interop and Connectivity tests with the Swift Pair feature turned ON and OFF.
  • バッテリ寿命Battery life
    • バッテリ寿命のパフォーマンス測定は、ハードウェアベンダーの独自の電源およびバッテリテストで評価する必要があります。Performance measures for battery life should be evaluated through the hardware vendor’s proprietary power and battery tests.
  • Wi-fi 接続と Miracast 接続の信頼性Wi-Fi and Miracast connection reliability
    • パフォーマンス測定は、Windows ドライバーの flighting 後に評価できます。Performance measures can be evaluated after Windows driver flighting.
  • Wi-fi アクセスポイントのローミング時間Wi-Fi access point roaming time
    • パフォーマンス測定は、Windows ドライバーの flighting 後に評価できます。Performance measures can be evaluated after Windows driver flighting.
  • Miracast ストリームの品質Miracast stream Quality
    • パフォーマンス測定は、Windows ドライバーの flighting 後に評価できます。Performance measures can be evaluated after Windows driver flighting.

よく寄せられる質問Frequently Asked Questions

Swift ペアが有効な周辺機器をペアリングモードにすると、何も起こりません。何を行う必要がありますか。I put my Swift Pair-enabled peripheral in pairing mode, and nothing happens. What do I need to do?

Windows バージョン1803では、Swift ペアを有効にする必要があります。In Windows, version 1803, you must enable Swift Pair. [設定] で、 [Bluetooth & その他のデバイス] を検索します。On Settings, search for Bluetooth & other devices. [通知の表示] をオンにして、Swift ペアを使用した接続を確認します。Check the Show notifications to connect using Swift Pair box.

図 5: * * Swift ペアを使用して接続する通知を表示する * * ボックス

これは、他のプラットフォームでも同様のエクスペリエンスが Windows で動作することを意味します。Does this mean the similar experiences on other platforms will work on Windows?

現時点では、特定の有効な周辺機器だけが Swift ペアをトリガーできます。At this time, only certain enabled peripherals can trigger Swift Pair. 適宜確認してください。Check back for updates.

表示する通知を受け取ることができず、[設定] にオプションはありません。どうなっているのですか。I can’t get a notification to show, and I don’t have an option in Settings. What is going on?

[Swift ペアを使用して接続する通知を表示する] オプションが表示されていない場合、Windows デバイスの Bluetooth ラジオには、必要なハードウェアサポートがありません。If the Show notifications to connect using Swift Pair option is not shown, then the Bluetooth radio in your Windows device does not have the required hardware support. フィードバックハブからお知らせください。Please let us know through the Feedback Hub.

周辺機器が範囲内にあるかどうかを Windows が検出する方法How does Windows detect if a peripheral is within range?

Windows のバージョン1803では、周辺機器から信号の強さを読み取り、Windows に近接していることを確認する Bluetooth 近接サービスも導入されています。Windows, version 1803 also introduces a Bluetooth proximity service that reads the signal strength from a peripheral to determine its proximity to Windows. 周辺機器が範囲内であると見なされると、通知は [設定] に表示されます。When the peripheral is considered within range, the notification is shown in Settings.

シグナルの強さはホストと周辺機器によって異なるため、近接性の検出をより正確にするために、サービスの精度を高めることを常に検討しています。Because the signal strength varies between hosts and peripherals, we are always looking to increase the precision of the service to make the proximity detection more accurate. この機能は、ペイロードの予約済み受信シグナルの強さ (RSSI) バイトに基づいています。This feature is based on the the reserved Received Signal Strength (RSSI) byte in the payload.

Windows では、電源を入れずにこれらの周辺機器をリッスンする方法を教えてください。How does Windows listen for these peripherals without draining power?

Windows が検索するパターンは、ハードウェアオフロードによって無線にオフロードされます。The pattern that Windows looks for is offloaded to the radio through Hardware Offload. オフロードパターンは、システムまたはアクティブスキャンを開始せずに、ベンダーセクションとの一致を待機します。The offloaded pattern listens for a match to the vendor section without waking up the system or active scanning. 無線がハードウェアオフロードをサポートしていない場合、機能はサポートされていません。この機能は、 [設定][Swift ペアを使用して接続する通知を表示] しない で示されています。If the radio does not support Hardware Offload, then the feature is not supported, and this is represented by not showing Show notifications to connect using Swift Pair in Settings.

Windows では、Bluetooth 周辺機器の情報をどのように検出して表示しますか。How does Windows detect and display Bluetooth peripheral information?

周辺機器の名前と種類は、vendor セクションを持つ同じ提供情報に含まれている必要があります。The name and the type of peripheral must be in the same advertisement that has the vendor section. Windows ではこの機能のスキャンはアクティブではなく、すべての周辺機器情報がこの単一の提供情報に含まれている必要があります。Windows does not active scan for this feature, and all peripheral information must be included in this single advertisement. [フレンドリ名] セクションがこの提供情報に適合しない場合は、ペイロードの最後にフォールバックメカニズムが提供され、周辺機器の名前が表示されます。If the friendly name section can’t fit in this advertisement, a fallback mechanism is provided at the end of the payload to show the peripheral name.

OEM は、ラジオがサポートを宣言していない場合、既定で Swift ペアを有効にするにはどうすればよいですか。How can an OEM enable Swift Pair by default when the radio does not declare support?

OEM は、既定で Swift ペアを有効にすることができます。これを行うには、次のレジストリサブキーを使用します。An OEM can enable Swift Pair by default by using the registry subkey below if the recommended validation in Testing Considerations has been completed. これは、ラジオの製造元がラジオファームウェアでHCI_VS_MSFT_Read_Supported_Features コマンドのサポートを宣言していない場合に必要になることがあります。This may be required if the radio manufacturer has not declared support for HCI_VS_MSFT_Read_Supported_Features commands in the radio firmware.

    Subkey:  HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Microsoft\Windows\SwiftPair
    Value: SwiftPairDefault
    Type: REG_DWORD
    Data: 1