Powercfg のコマンドライン オプション

使用可能なスリープ状態を使用するために電源プラン (電源スキームとも呼ばれます) を制御したり、個々のデバイスの電源状態を制御したり、一般的なエネルギー効率やバッテリー寿命の問題に関してシステムを分析したりするには、powercfg.exe を使用します。

構文

Powercfg のコマンド ラインでは、次の構文を使用します。

Powercfgoption [arguments] [/?]

ここで、option は次の表に一覧表示されているオプションのいずれかであり、arguments は選択されたオプションに適用される 1 つ以上の引数です。 コマンド ラインに /? を含めた場合、指定したオプションのヘルプが表示されます。 オプションと引数は、このトピックの後の方でさらに詳細に説明します。

コマンド ライン オプション

オプション 説明
/?, -help コマンド ライン パラメーターに関する情報を表示します。
/list, /L すべての電源スキームを一覧表示します。
/query, /Q 電源スキームの内容を表示します。
/change, /X 現在の電源設定の設定値を変更します。
/changename 電源スキームの名前と説明を変更します。
/duplicatescheme 電源スキームを複製します。
/delete, /D 電源スキームを削除します。
/deletesetting 電源設定を削除します。
/setactive, /S 電源スキームをシステム上でアクティブにします。
/getactivescheme 現在アクティブになっている電源設定を取得します。
/setacvalueindex システムが AC 電源によって電源供給されている間の電源設定に関連付けられた値を設定します。
/setdcvalueindex システムが DC 電源によって電源供給されている間の電源設定に関連付けられた値を設定します。
/import ファイルからすべての電源設定をインポートします。
/export 電源スキームをファイルにエクスポートします。
/aliases すべてのエイリアスとそれに対応する GUID を表示します。
/getsecuritydescriptor 指定された電源設定またはアクションに関連付けられているセキュリティ記述子を取得します。
/setsecuritydescriptor 電源設定、電源スキーム、またはアクションに関連付けられたセキュリティ記述子を設定します。
/hibernate, /H 休止状態機能を有効および無効にします。
/availablesleepstates, /A システム上で使用可能なスリープ状態を報告します。
/devicequery 指定された条件を満たすデバイスの一覧を返します。
/deviceenableawake デバイスがシステムをスリープ状態から解除できるようにします。
/devicedisablewake デバイスがシステムをスリープ状態から解除できないようにします。
/lastwake 最後のスリープ移行からシステムを解除したものに関する情報を報告します。
/waketimers アクティブなスリープ解除タイマーを列挙します。
/requests アプリケーションとドライバーの電源要求を列挙します。
/requestsoverride 特定のプロセス、サービス、またはドライバーの電源要求オーバーライドを設定します。
/energy 一般的なエネルギー効率やバッテリー寿命の問題に関してシステムを分析します。
/batteryreport バッテリー使用のレポートを生成します。
/sleepstudy 診断システム電源移行レポートを生成します。
/srumutil システム リソース使用状況モニター (SRUM) からエネルギー見積もりデータをダンプします。
/systemsleepdiagnostics システム スリープ移行の診断レポートを生成します。
/systempowerreport 診断システム電源移行レポートを生成します。

コマンド ライン オプションの説明

以降のセクションでは、Powercfg のコマンド ライン オプションと引数について説明します。

-help または /?

コマンド ライン パラメーターに関する情報を表示します。

構文 :

powercfg /?

/list または /L

すべての電源スキームを一覧表示します。

構文 :

powercfg /list

/query または /Q

指定された電源設定の内容を表示します。

構文 :

powercfg /query [scheme_GUID] [sub_GUID]

パラメーター scheme_GUID または sub_GUID のどちらも指定されていない場合は、現在のアクティブな電源スキームの設定が表示されます。 パラメーター sub_GUID が指定されていない場合は、指定された電源スキームのすべての設定が表示されます。

引数:

scheme_GUID

  電源設定 GUID を指定します。 powercfg /list を実行すると、電源スキーム GUID が返されます。

sub_GUID

  電源設定サブグループ GUID を指定します。 電源設定サブグループ GUID は、powercfg /query を実行することによって返されます。

例:

powercfg /query
powercfg /query 381b4222-f694-41f0-9685-ff5bb260df2e 238c9fa8-0aad-41ed-83f4-97be242c8f20

/change または /X

現在の電源設定の設定値を変更します。

構文 :

 /change 設定

引数:

setting

  次のオプションのいずれかを指定します。

  • monitor-timeout-ac
  • monitor-timeout-dc
  • disk-timeout-ac
  • disk-timeout-dc
  • standby-timeout-ac
  • standby-timeout-dc
  • hibernate-timeout-ac
  • hibernate-timeout-dc

value

  新しい値 (分単位) を指定します。

例:

powercfg /change monitor-timeout-ac 5

/changename

電源スキームの名前、およびオプションでその説明を変更します。

構文 :

 powercfg/changename * scheme_GUID * 名前 [description]

引数:

scheme_GUID

  電源設定 GUID を指定します。 powercfg /list を実行すると、電源スキーム GUID が返されます。

name

  電源スキームの新しい名前を指定します。

description

電源スキームの新しい説明を指定します。 説明が指定されていない場合は、名前だけが変更されます。

例:

powercfg /changename 381b4222-f694-41f0-9685-ff5bb260df2e "Customized Balanced"

/duplicatescheme

指定された電源設定を複製します。 新しいスキームを表す結果の GUID が表示されます。

構文 :

 powercfg /duplicatescheme scheme_GUID [destination_GUID]

引数:

scheme_GUID

  電源設定 GUID を指定します。 電源スキーム GUID は、powercfg /list を実行することによって返されます。

destination_GUID

  新しい電源スキームの GUID を指定します。 GUID が指定されていない場合は、新しい GUID が作成されます。

例:

powercfg /duplicatescheme 381b4222-f694-41f0-9685-ff5bb260df2e

/delete または /D

指定された GUID の電源設定を削除します。

構文 :

 powercfg /delete scheme_GUID

引数:

scheme_GUID

  電源設定 GUID を指定します。 電源スキーム GUID は、powercfg /list を実行することによって返されます。

例:

powercfg /delete 381b4222-f694-41f0-9685-ff5bb260df2e

/deletesetting

電源設定を削除します。

構文 :

 powercfg/deletesetting sub_GUIDsetting_GUID

引数:

sub_GUID

  電源設定サブグループ GUID を指定します。 電源設定サブグループ GUID は、powercfg /query を実行することによって返されます。

setting_GUID

  電源設定 GUID を指定します。 電源設定 GUID は、powercfg /query を実行することによって返されます。

例:

powercfg /deletesetting 238c9fa8-0aad-41ed-83f4-97be242c8f20 29f6c1db-86da-48c5-9fdb-f2b67b1f44da

/setactive または /S

指定された電源スキームをシステム上でアクティブにします。

構文 :

 powercfg /setactive scheme_GUID

引数:

scheme_GUID

  電源設定 GUID を指定します。 電源スキーム GUID は、powercfg /list を実行することによって返されます。

例:

powercfg /setactive 381b4222-f694-41f0-9685-ff5bb260df2e

/getactivescheme

現在アクティブになっている電源設定を取得します。

構文 :

 powercfg /getactivescheme

/setacvalueindex

システムが AC 電源によって電源供給されている間の指定された電源設定に関連付けられた値を設定します。

構文 :

 powercfg/setacvalueindex scheme_GUIDsub_GUIDsetting_GUIDsetting_index

引数:

scheme_GUID

  電源設定 GUID を指定します。 電源スキーム GUID は、powercfg /list を実行することによって返されます。

sub_GUID

  電源設定サブグループ GUID を指定します。 powercfg /query を実行すると、電源設定サブグループ GUID が返されます。

setting_GUID

  電源設定 GUID を指定します。 電源設定 GUID は、powercfg /query を実行することによって返されます。

setting_index

  この設定がどの指定できる値に設定されるかを指定します。 指定できる値の一覧は、powercfg /query を実行することによって返されます。

例:

powercfg /setacvalueindex 381b4222-f694-41f0-9685-ff5bb260df2e 238c9fa8-0aad-41ed-83f4-97be242c8f20 29f6c1db-86da-48c5-9fdb-f2b67b1f44da 0

/setdcvalueindex

システムが DC 電源によって電源供給されている間の指定された電源設定に関連付けられた値を設定します。

構文 :

 powercfg/setdcvalueindex scheme_GUIDsub_GUIDsetting_GUIDsetting_index

引数:

scheme_GUID

  電源設定 GUID を指定します。 電源スキーム GUID は、powercfg /list を実行することによって返されます。

sub_GUID

  電源設定サブグループ GUID を指定します。 電源設定サブグループ GUID は、powercfg /query を実行することによって返されます。

setting_GUID

  電源設定 GUID を指定します。 電源設定 GUID は、powercfg /query を実行することによって返されます。

setting_index

  この設定がどの指定できる値に設定されるかを指定します。 指定できる値の一覧は、powercfg /query を実行することによって返されます。

例:

powercfg /setdcvalueindex 381b4222-f694-41f0-9685-ff5bb260df2e 238c9fa8-0aad-41ed-83f4-97be242c8f20 29f6c1db-86da-48c5-9fdb-f2b67b1f44da 300

/import

指定されたファイルから電源スキームをインポートします。

構文 :

 powercfg /import file_name [GUID]

引数:

file_name

  powercfg /export を実行して返されたファイルへの完全修飾パスを指定します。

GUID

  インポートされたスキームの GUID を指定します。 GUID が指定されていない場合は、新しい GUID が作成されます。

例:

powercfg /import c:\scheme.pow

/export

指定された GUID で表される電源設定を、指定されたファイルにエクスポートします。

構文 :

 powercfg /export file_nameGUID

引数:

file_name

  宛先ファイルへの完全修飾パスを指定します。

GUID

  電源設定 GUID を指定します。 電源スキーム GUID は、powercfg /list を実行することによって返されます。

例:

powercfg /export c:\scheme.pow 381b4222-f694-41f0-9685-ff5bb260df2e

/aliases

エイリアスとそれに対応する GUID の一覧を表示します。 これらのエイリアスは、すべてのコマンドで GUID の代わりに使用できます。

構文 :

 powercfg /aliases

注意

一部の設定にはエイリアスが含まれていません。 GUID の完全な一覧を取得するには、powercfg /query を使用します。

/getsecuritydescriptor

指定された電源設定、電源スキーム、またはアクションに関連付けられたセキュリティ記述子を取得します。

構文 :

 powercfg /getsecuritydescriptor GUIDaction

引数:

GUID

  電源スキームまたは電源設定 GUID を指定します。 電源スキーム GUID は、powercfg /list を実行することによって返されます。 電源設定 GUID は、powercfg /query を実行することによって返されます。

action

  次のアクションのいずれかを指定します。

  • ActionSetActive
  • ActionCreate
  • ActionDefault

例:

powercfg /getsecuritydescriptor 381b4222-f694-41f0-9685-ff5bb260df2e<br />
powercfg /getsecuritydescriptor ActionSetActive

/setsecuritydescriptor

指定された電源設定、電源スキーム、またはアクションに関連付けられたセキュリティ記述子を設定します。

構文 :

 powercfg /setsecuritydescriptor GUIDアクションSDDL

引数:

GUID

  電源スキームまたは電源設定 GUID を指定します。 電源スキーム GUID は、powercfg /list を実行することによって返されます。 電源設定 GUID は、powercfg /query を実行することによって返されます。

action

  次のアクションのいずれかを指定します。

  • ActionSetActive
  • ActionCreate
  • ActionDefault

SDDL

  有効なセキュリティ記述子文字列を SDDL 形式で指定します。 SDDL 文字列の例は、powercfg /getsecuritydescriptor を実行することによって取得できます。

例:

powercfg /setsecuritydescriptor 381b4222-f694-41f0-9685-ff5bb260df2e O:BAG:SYD:P(A;CI;KRKW;;;BU)(A;CI;KA;;;BA)(A;CI;KA;;;SY)(A;CI;KA;;;CO)<br />

powercfg /setsecuritydescriptor ActionSetActive O:BAG:SYD:P(A;CI;KR;;;BU)(A;CI;KA;;;BA)(A;CI;KA;;;SY)(A;CI;KA;;;CO)

/hibernate または /H

休止状態機能を有効または無効にします。また、ハイバネーション ファイル サイズも設定します。

構文 :

 powercfg /hibernate

 powercfg /hibernate [ onoff ]

 powercfg /hibernate [ /size percent_size]

 powercfg /hibernate [ /type reducedfull ]

引数:

オン

  休止状態機能を有効にします。

 オフ

  休止状態機能を無効にします。

 /size percent_size

  目的のハイバネーション ファイル サイズをメモリの合計サイズの割合 (%) で指定します。 既定のサイズを 50 未満にすることはできません。 このパラメーターによって休止状態も有効になります。

 /type reducedfull

  目的のハイバネーション ファイルの種類を指定します。 縮小されたハイバネーション ファイルではハイバネーション ブートのみがサポートされます。

注意

カスタムの既定のサイズ (HiberFileSizePercent = 40) を持つ休止ファイルは、完全な休止 > ファイルと見なされます。 HiberFileSizePercent は、HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Power にあるレジストリで設定されます。

ハイバネーション ファイルの種類を reduced に変更するには、OS が既定のハイバネーション ファイル サイズを管理する必要があります。 これを行うには、次のコマンドを実行します。

powercfg /hibernate /size 0

powercfg /hibernate /type reduced

例:

powercfg /hibernate off<br /> powercfg /hibernate /size 100<br /> powercfg /hibernate /type reduced

/availablesleepstates or /A

システム上で使用可能なスリープ状態を報告します。 スリープ状態を利用できない理由の報告を試みます。

構文 :

 powercfg /availablesleepstates

/devicequery

指定された条件を満たすデバイスの一覧を返します。

構文 :

 powercfg /devicequery query_flag

引数:

query_flag

  次の基準のうち 1 つを指定します。

   wake_from_S1_supported 浅いスリープ状態からのシステムの解除をサポートするすべてのデバイスを返します。

   wake_from_S2_supported より深いスリープ状態からのシステムの解除をサポートするすべてのデバイスを返します。

   wake_from_S3_supported 最も深いスリープ状態からのシステムの解除をサポートするすべてのデバイスを返します。

   wake_from_any 任意のスリープ状態からのシステムの解除をサポートするすべてのデバイスを返します。

   S1_supported 軽いスリープをサポートするデバイスを一覧表示します。

   S2_supported より深いスリープをサポートするデバイスを一覧表示します。

   S3_supported 最も深いスリープをサポートするデバイスを一覧表示します。

   S4_supported 休止状態をサポートするデバイスを一覧表示します。

   wake_programmable システムをスリープ状態から解除するようにユーザーが構成できるデバイスを一覧表示します。

   wake_armed 現在、システムを任意のスリープ状態から解除するように構成されているデバイスを一覧表示します。

   all_devices システムに存在するすべてのデバイスを返します。

例:

powercfg /devicequery wake_armed

/deviceenableawake

指定されたデバイスがシステムをスリープ状態から解除できるようにします。

構文 :

 powercfg /deviceenableawake device_name

引数:

device_name

  デバイスを指定します。 このデバイス名は、powercfg /devicequery wake_programmable を使用して取得できます。

例:

powercfg /deviceenableawake &quot;Microsoft USB IntelliMouse Optical&quot;

/devicedisablewake

指定されたデバイスがシステムをスリープ状態から解除できないようにします。

構文 :

 powercfg /devicedisablewake device_name

引数:

device_name

  デバイスを指定します。 このデバイス名は、powercfg /devicequery wake_armed を使用して取得できます。

例:

powercfg /devicedisablewake &quot;Microsoft USB IntelliMouse Optical&quot;

/lastwake

最後のスリープ移行からシステムを解除したものに関する情報を報告します。

構文 :

 powercfg /lastwake

/waketimers

アクティブなスリープ解除タイマーを列挙します。 有効になっている場合は、スリープ解除タイマーの期限が切れると、システムがスリープ状態と休止状態から解除されます。

構文 :

 powercfg /waketimers

/requests

アプリケーションとドライバーの電源要求を列挙します。 電源要求により、コンピューターが自動的にディスプレイの電源を切ったり、低電力スリープ モードになったりしないようになります。

構文 :

 powercfg /requests

/requestsoverride

特定のプロセス、サービス、またはドライバーの電源要求オーバーライドを設定します。 パラメーターが指定されていない場合は、このコマンドにより電源要求オーバーライドの現在の一覧が表示されます。

構文 :

 powercfg/requestsoverride [caller_typename要求]

引数:

Caller_type

  呼び出し元の種類として processservicerequest のいずれかを指定します。 これは、powercfg /requests を実行することによって取得されます。

name

  呼び出し元の名前を指定します。 これは、powercfg /requests を実行して返された名前です。

request

  次の電源要求の種類を 1 つ以上指定します。

  • ディスプレイ
  • システム
  • 退席中モード

例:

powercfg /requestsoverride process wmplayer.exe display system

/energy

一般的なエネルギー効率やバッテリー寿命の問題に関してシステムを分析し、レポート (HTML ファイル) を現在のパスに生成します。

構文 :

 powercfg/エネルギー [/output file_name] [/xml] [/duration ]

 powercfg /energy /trace [ /d file_path] [ /xml ] [ /duration seconds]

/energy オプションは、コンピューターがアイドル状態で、かつ開かれたプログラムやドキュメントがないときに使用する必要があります。

引数:

 /output file_name

  エネルギー レポートの HTML または XML ファイルを格納するパスとファイル名を指定します。

 /xml

  レポート ファイルを XML として書式設定します。

 /duration seconds

  システム動作を観察する秒数を指定します。 既定値は 60 秒です。

 /trace

  システム動作を記録しますが、分析を実行しません。 /D パラメーターが指定されていない限り、トレース ファイルは現在のパスに生成されます。

 /d file_path

  トレース データを格納するディレクトリを指定します。 /trace パラメーターと共にのみ使用できます。

例:

powercfg /energy<br />
powercfg /energy /output &quot;longtrace.html&quot; /duration 120

/batteryreport

システムの有効期間中のバッテリー使用特性のレポートを生成します。 powercfg /batteryreport を実行すると、HTML レポート ファイルが現在のパスに生成されます。

構文 :

 powercfg /batteryreport [ /output file_name ] [ /xml ]

 powercfg /batteryreport [ /duration days ]

引数:

 /output file_name

  バッテリー レポート HTML を格納するパスとファイル名を指定します。

 /output file_name /xml

  バッテリー レポート ファイルを XML として書式設定します。

 /期間 日数

  レポートを分析する日数を指定します。

例:

powercfg /batteryreport /output &quot;batteryreport.html&quot;<br />
powercfg /batteryreport /duration 4

/sleepstudy

システムでの過去 3 日間のモダン スタンバイ品質の診断レポートを生成します。 このレポートは、現在のパスに保存されているファイルです。

構文 :

 powercfg /sleepstudy [ /output file_name ] [ /xml ]

 powercfg /sleepstudy [ /duration days]

 powercfg /sleepstudy [ /transformxmL file_name.xml ] [ /output file_name.html ]

引数:

 /output file_name

  Sleepstudy レポート HTML を格納するパスとファイル名を指定します。

 /output file_name /xml

  Sleepstudy レポート ファイルを XML として書式設定します。

 /期間 日数

  レポートを分析する日数を指定します。

 /transformxml file_name.xml /output file_name.html

  Sleepstudy レポートを XML から HTML に変換します。

例:

powercfg /sleepstudy /output &quot;sleepstudy.html&quot;<br />
powercfg /sleepstudy /duration 7

/srumutil

システム リソース使用状況モニター (SRUM) からのエネルギー見積もりデータ全体を XML または CSV ファイルに列挙します。

構文 :

 powercfg /srumutil [ /output file_name ] [ /xml ] [ /csv ]

引数:

 /output file_name

  SRUM データを格納するパスとファイル名を指定します。

 /output file_name /xml

  ファイルを XML として書式設定します。

 /output file_name /csv

  ファイルを CSV として書式設定します。

例:

powercfg /batteryreport /output &quot;srumreport.xml&quot; /xml

/systemsleepdiagnostics

過去 3 日間で、システムがスリープ状態になった場合にユーザーがシステムに存在しなかった間隔のレポートを生成します。 このオプションでは、レポート (HTML ファイル) が現在のパスに生成されます。

このコマンドは管理者特権を必要とするため、管理者特権でのコマンド プロンプトから実行する必要があります。

構文 :

 powercfg /systemsleepdiagnostics [ /output file_name ] [ /xml ]

引数:

 /output file_name

  診断レポートのパスとファイル名を指定します。

 /xml

  レポートを XML ファイルとして保存します。

 /期間 日数

  レポートを分析する日数を指定します。

 /transformxml file_name

  以前に XML で作成されたレポートから HTML でレポートを生成します。

例:

powercfg /systemsleepdiagnostics<br/>
powercfg /systemsleepdiagnostics /output &quot;system-sleep-diagnostics.html&quot;<br/>
powercfg /systemsleepdiagnostics /output &quot;system-sleep-diagnostics.xml&quot; /XML<br/>
powercfg /systemsleepdiagnostics /transformxml &quot;system-sleep-diagnostics.xml&quot;

/systempowerreport or /spr

システムでの過去 3 日間のシステム電源移行 (接続されているスタンバイ電源の効率を含む) のレポートを生成します。 このオプションでは、レポート (HTML ファイル) が現在のパスに生成されます。

このコマンドは管理者特権を必要とするため、管理者特権でのコマンド プロンプトから実行する必要があります。

構文 :

 powercfg /getsecuritydescriptor GUIDaction

引数:

 /output file_name

  診断レポートのパスとファイル名を指定します。

 /xml

  レポートを XML ファイルとして保存します。

 /期間 日数

  レポートを分析する日数を指定します。

 /transformxml file_name

  以前に XML で作成されたレポートから HTML でレポートを生成します。

例:

powercfg /systempowerreport<br/>
powercfg /systempowerreport /output &quot;sleepstudy.html&quot;<br/>
powercfg /systempowerreport /output &quot;sleepstudy.xml&quot; /XML<br/>
powercfg /systempowerreport /transformxml &quot;sleepstudy.xml&quot;

オーバーレイ スキームと PPM プロファイルのサポート

オーバーレイ電源スキームと PPM プロファイルが、powercfg.exe を使用してカスタマイズできるようになりました。 オーバーレイ スキームは、パフォーマンスと節電のトレードオフに影響する設定のカスタマイズに限定されるようになったことに注意してください。 現在これは、PPM およびグラフィックスの電源設定サブグループ下の設定に関連付けられています (powercfg におけるエイリアス SUB_PROCESSOR および SUB_GRAPHICS を使用)。 オーバーレイ スキーム下で他のサブグループへの書き込みを試みると、エラー メッセージが表示されます。

オーバーレイ スキームからの読み取り

以前に電源スキームの読み取りに使用されていた powercfg コマンドで、オーバーレイ スキームの読み取りと書き込みもサポートされるようになりました。

構文 :

 powercfg/q overlay_scheme_aliassubgroup_aliassetting_alias

/q フラグの後ろの引数はすべて省略可能です。 設定エイリアスが指定されていない場合は、指定したオーバーレイ スキームおよびサブグループの下にあるすべての設定が列挙されます。 サブグループが指定されていない場合は、指定したオーバーレイ スキームの下にあるすべてのサブグループのすべての設定が列挙されます。 オーバーレイ スキームが指定されていない場合は、現在アクティブなオーバーレイ スキーム (アクティブな場合) または現在の電源スキーム (オーバーレイがアクティブになっていない場合) であると見なされます。

オーバーレイ スキームへの書き込み

コマンド setacvalueindex と setdcvalueindex でも、オーバーレイ スキームがサポートされるようになりました。

構文 :

 powercfg/setacvalueindex overlay_scheme_aliassubgroup_aliassetting_alias

 powercfg/setdcvalueindex overlay_scheme_aliassubgroup_aliassetting_alias

PPM プロファイルからの読み取り

これらのコマンドは、オーバーレイ スキームおよび電源スキームのものと似ていますが、/qp フラグを使用する点が異なります。

構文 :

 powercfg/queryprofile overlay_or_power_scheme_aliasprofile_aliassetting_alias

 powercfg/qp overlay_or_power_scheme_aliasprofile_aliassetting_alias

PPM プロファイルのエイリアスは、同じ powercfg /aliasesh コマンドを実行すると表示されます。 引数の不足に対するサポートが提供されます。その動作は、引数が不足していて /q フラグが使用されている場合と似ています。

PPM プロファイルへの書き込み

PPM プロファイルに書き込む場合は、/setacprofileindex コマンドと /setdcprofileindex コマンドを使用できます。

構文 :

 powercfg/setacprofileindex overlay_or_scheme_aliasprofile_aliassetting_alias

 powercfg/setdcprofileindex overlay_or_scheme_aliasprofile_aliassetting_alias

空でない PPM プロファイルの列挙

少なくとも 1 つの電源設定値が明示的に設定されている PPM プロファイルを列挙する場合です。

構文 :

 powercfg /listprofiles

 powercfg /lp

プロビジョニング XML の生成のサポート

powercfg では、テスト対象のデバイスからカスタマイズした設定を含むプロビジョニング パッケージ (.ppkg) を生成するために、Windows 構成デザイナーへの入力として使用できるプロビジョニング XML ファイルの自動生成がサポートされるようになりました。 このファイルには、デバイスのすべての設定が "RUNTIME_OVERRIDE" 高度値を使用して含められます。

構文 :

 powercfg /pxml /output output_file_path

 powercfg /pxml /output output_file_path /version version_number /name package_name /id GUID /owner OwnerType_value

必須の引数:

 /output_file_path: 生成される XML の場所と名前を指定します。

省略可能な引数:

 /version: 必要に応じて、生成される XML の "Version" フィールドの値を指定します。 既定値: 1.0

 /name: 必要に応じて、生成される XML の "Name" フィールドの値を指定します。 既定値: CustomOEM.Power.Settings.Control

 /id: 必要に応じて、生成される XML の "ID" フィールドで使用される GUID 文字列を指定します。 既定: "新しい GUID が生成されます"

 /owner: 必要に応じて、生成される XML の "OwnerType" フィールドの値を指定します。 既定値: OEM