最小ハードウェア要件Minimum hardware requirements

セクション 1.0 - はじめにSection 1.0 - Introduction

1.1 概要1.1 Overview

この仕様では、Windows 10、および Windows 10 バージョン 1703 以降のバージョン用に設計されたあらゆる種類のデバイスまたはコンピューターに関する最小ハードウェア要件を定義します。This specification defines the minimum hardware requirements for Windows 10 and all types of devices or computers designed for Windows 10, version 1703 or later versions. Microsoft は、この仕様に記載された要件に基づいて Windows 10 OS の構築とテストを行います。Microsoft will build and test the Windows 10 OS against the requirements described in this specification.

1.1.1 この仕様の目的1.1.1 Purpose of this specification

この仕様では、次の操作に必要な最小ハードウェア要件を定義します。This specification defines the minimum hardware requirements necessary to:

  • Windows 10 を起動して実行する。Boot and run Windows 10.
  • Windows 10 を更新して保守する。Update and service Windows 10.
  • 同様のデバイスやコンピューターと同程度の基本的なユーザー エクスペリエンスを提供する。Provide a baseline user experience that is comparable with similar devices and computers.

この仕様の目的は、OEM、ODM、SoC の各ベンダーとその他のコンポーネント ベンダーが Windows 10 を実行するデバイスやコンピューターの設計を早期に決定できるようにすることです。The goal of this specification is to enable OEMs, ODMs, SoC vendors, and other component vendors to make early design decisions for devices and computers that will run Windows 10.

この仕様は、Windows 10 を実行するデバイスやコンピューターの互換性および認定に関する要件や、ユーザー エクスペリエンスを向上させるための実装ガイダンスを提供するものではありません。This specification does not provide compatibility and certification requirements for devices and computers that run Windows 10 or implementation guidance for exceptional user experiences. このガイダンスについては、今後、別のドキュメントで提供される予定です。Microsoft will provide this guidance in other documents at a later date.

1.1.2 Windows オペレーティング システム1.1.2 Windows operating systems

Windows は、次のエディションで使用できます。Windows is available in the following editions.

表 1: Windows オペレーティング システムTable 1: Windows operating systems

OSOS 定義Definition
Windows 10 MobileWindows 10 Mobile

モビリティ用に設計された OS。An OS that is designed for mobility. この OS は、ユニバーサル Windows アプリと既存の Microsoft Store アプリを実行します。This OS runs Universal Windows apps and exisiting Microsoft Store apps.

Windows 10 Mobile EnterpriseWindows 10 Mobile Enterprise

Windows 10 Mobile のエディション。シャーシ実装における柔軟性と長期間のサービス ライフサイクルが必要なエンタープライズ デバイス用に構築されていて、企業がプラットフォームの更新を管理できるようにします。An edition of Windows 10 Mobile built for enterprise devices that need flexibility in chassis implementation, long term servicing lifecycle and enables the enterprise to manage platform updates.

  この仕様では、Windows 10 Mobile に適用されるほとんどの要件が Windows 10 Mobile Enterprise にも適用されます。 Note  In this specification, most requirements that apply to Windows 10 Mobile also apply to Windows 10 Mobile Enterprise . 追加の要件や例外があれば、その都度明示されます。Any additional requirements or exceptions are explicitly called out where applicable.
Windows 10 デスクトップ エディション (Home、Pro、Enterprise、Education)Windows 10 for desktop editions (Home, Pro, Enterprise, and Education)

デスクトップ エクスペリエンスを使用する従来の PC タスクを実行するために設計された OS。An OS that is designed for performing traditional PC tasks that uses the desktop experience. この OS は、ネイティブな Win32 アプリ、ユニバーサル Windows アプリ、および Microsoft Store から入手した既存のアプリを実行します。This OS runs native Win32 apps, Universal Windows apps, and existing apps from the Microsoft Store.

Windows 10 IoT EnterpriseWindows 10 IoT Enterprise

産業デバイス用の Windows 10 デスクトップのエディション。標準的な産業デバイス、大型タブレット、および固定コンピューティング デバイス向けの高度なロックダウン機能、Windows デスクトップ アプリケーション、および Windows アプリのサポートに対応しています。An edition of Windows 10 desktop for industry devices that supports advanced lockdown capabilities, Windows desktop application and Windows apps support for standard industry devices, large tablets and stationary computing devices

注:この仕様では、特に断りのない限り、Windows 10 デスクトップ エディションに適用されるすべての要件が Windows 10 IoT Enterprise にも適用されます。Note: In this specification, all requirements that apply to Windows 10 for desktop editions also apply to Windows 10 IoT Enterprise, unless noted otherwise. Windows 10 IoT Enterprise に固有の追加の要件はありません。There are no additional requirements unique to Windows 10 IoT Enterprise.

Windows Server 2016Windows Server 2016

サーバーで使用するために設計され、最適化された OS。An OS that is designed and optimized for use on servers.

Windows 10 IoT Core (IoT Core)Windows 10 IoT Core (IoT Core)

ユニバーサル アプリをサポートする安価な省スペース デバイスの製造を可能にする ARM、x86、および x64 向けに構築された OS。An OS built for ARM, x86 and x64 that enables building low cost, small footprint devices that support Universal Apps.

1.1.3 Windows でサポートされるデバイスの種類1.1.3 Device types supported by Windows

表 2 に、Windows を実行するデバイスの種類とそれらの上で動作可能なオペレーティング システムのエディションを一覧表示します。Table 2 lists the device types that run Windows and the operating system editions that can run on them. OS の要件がデバイスの種類によって異なる場合は、その違いがこの仕様に明記されます。In cases where the requirements for an OS differ based on the device type, this specification points out those differences.

表 2: Windows 10 と Server 2016 用のデバイスの種類Table 2: Device types for Windows 10 and Server 2016

デバイスの種類Device type 定義Definition サポートされているプロセッサの種類Supported processor types サポートされている Windows オペレーティング システムSupported Windows operating systems
PhonePhone 携帯データネットワーク接続、タッチ スクリーン、充電式の電源、およびその他のコンポーネントが単一のシャーシに組み込まれたハンドヘルド デバイス。A handheld device that combines cellular connectivity, a touch screen, rechargeable power source, and other components into a single chassis. ARM (32 ビット)ARM (32-bit) Windows 10 MobileWindows 10 Mobile
タブレットTablet ディスプレイ、充電式の電源、およびその他のコンポーネントが単一のシャーシに組み込まれたデバイス。A device that combines a display, rechargeable power source, and other components into a single chassis. 接続可能なキーボードは省略可能です。An attachable keyboard is optional. x86 または x64 プロセッサと SoCx86 or x64 processors and SoCs Windows 10 デスクトップ エディションWindows 10 for desktop editions
ノート PCLaptop キーボードが接続されたクラムシェル デバイス。A clamshell device with an attached keyboard. x86 または x64 プロセッサと SoCx86 or x64 processors and SoCs Windows 10 デスクトップ エディションWindows 10 for desktop editions
2 in 12-in-1 ディスプレイ、充電式の電源、およびポインティング デバイスが、キーボードが機械的に接続された単一のシャーシに組み込まれたデバイス。A device that combines a display, rechargeable power source, and pointing device into a single chassis together with a mechanically attached keyboard. x86 または x64 プロセッサと SoCx86 or x64 processors and SoCs Windows 10 デスクトップ エディションWindows 10 for desktop editions
オールインワンAll-in-one

次のいずれかです。One of the following:

  • 固定型のオールインワン PC。Fixed all-in-one PC. ディスプレイとその他のハードウェア コンポーネントが単一のシャーシに組み込まれています。Integrates a display with other hardware components in a single chassis.
  • 携帯型のオールインワン PC。Portable all-in-one PC. 自宅やオフィスに携帯できるように、ディスプレイとバッテリーがその他のハードウェア コンポーネントと単一のシャーシに組み込まれています。Integrates a display and a battery with other hardware components in a single chassis for home or office portability.
x86 または x64 プロセッサと SoCx86 or x64 processors and SoCs Windows 10 デスクトップ エディションWindows 10 for desktop editions
デスクトップ PCDesktop PC 従来型のデスクトップ PCTraditional desktop PCs x86 または x64 プロセッサと SoCx86 or x64 processors and SoCs Windows 10 デスクトップ エディションWindows 10 for desktop editions
ServerServer 従来型のサーバー コンピューター、ペデスタル、マイクロ、ラック マウント、ブレード、高密度/モジュール式、パーティション分割可能、SoC を含むTraditional server computers, to include pedestal, micro, rack mount, blade, high density/modular, partitionable, SoC x64 プロセッサx64 processors Windows Server 2016Windows Server 2016
省スペース IoT デバイスSmall footprint IoT device ディスプレイ サポートを備えているゲートウェイ、備えていないゲートウェイなどの省スペース専用デバイスSmall footprint, purpose built devices like gateways with or without display support ARM (32 ビットのみ) SoC, x86、または x64 プロセッサと SoCARM (32-bit only) SoCs, x86 or x64 processors and SoCs IoT CoreIoT Core

フォーム ファクター構成の例については、「フォーム ファクター」を参照してください。For example form factor configurations, see Form factors.

1.1.4 この仕様の構成1.1.4 Organization of this specification

この仕様は、次のようなセクションで構成されています。This specification is organized into the following sections:

  • セクション 1.2 では、必須または省略可能なコンポーネントを中心にして、すべての Windows 10 オペレーティング システムに関するハードウェア要件の概要を示します。Section 1.2 provides a high-level overview of hardware requirements for all Windows 10 operating systems, with a focus on required or optional components.
  • 以降のセクションでは、各 OS に固有の要件について詳しく説明します。The following sections provide detailed requirements that are unique to each OS:
    • セクション 2.0:Windows 10 Mobile の最小ハードウェア要件Section 2.0: Minimum hardware requirements for Windows 10 Mobile
    • セクション 3.0:Windows 10 デスクトップ エディションの最小ハードウェア要件Section 3.0: Minimum hardware requirements for Windows 10 for desktop editions
    • セクション 4.0:Windows Server 2016 の最小ハードウェア要件Section 4.0: Minimum hardware requirements for Windows Server 2016
    • セクション 5.0:IoT Core の最小ハードウェア要件Section 5.0: Minimum hardware requirements for IoT Core
  • セクション 6.0 では、Windows 10 オペレーティング システムの特定のエディションに固有ではない追加コンポーネントの要件を示します。Section 6.0 provides additional component requirements that are not unique to a specific edition of the Windows 10 operating system.

1.1.5 仕様の更新1.1.5 Specification updates

今後、要件の変更に伴って、この仕様に対する更新がリリースされる可能性があります。Updates to this specification may be released in the future as requirements change.

1.1.6 設計の検証と準拠1.1.6 Design verification and compliance

最終的に、デバイスの製造元にはすべての該当する法律と規制を遵守する責任があります。Ultimately, the device manufacturer is responsible for complying with all applicable laws and regulations. デバイスの製造元は、この仕様または関連ドキュメント内に、該当する法律または規制と整合しない要件を特定した場合、その不整合を Microsoft に通知し、整合性のとれた変更方法を推奨する責任があります。If a device manufacturer identifies a requirement in this specification or the related documents that is inconsistent with an applicable law or regulation, the device manufacturer is responsible for notifying Microsoft of this inconsistency and recommending a compliant modification.

1.2 Windows 10 の最小ハードウェア要件の概要1.2 Minimum hardware requirements summary for Windows 10

表 3 に、すべての Windows 10 オペレーティング システムのハードウェア要件の要約を示します。Table 3 summarizes the hardware requirements for all Windows 10 operating systems.

  この表では、別段の指定がない限り、[Windows 10 Mobile] 列のすべての要件が Windows 10 Mobile Enterprise にも適用されます。Note  In this table, all requirements in the Windows 10 Mobile column also apply to Windows 10 Mobile Enterprise, except where specified otherwise. [Windows 10 デスクトップ エディション] 列のすべての要件が Windows 10 Enterprise にも適用されます。All requirements in the Windows 10 for desktop editions column also apply to Windows 10 Enterprise.

表 3: 最小ハードウェア要件の概要Table 3: Minimum hardware requirements summary

コンポーネントComponents オペレーティング システムOperating system
Windows 10 MobileWindows 10 Mobile Windows 10 デスクトップ エディションWindows 10 for desktop editions Windows Server 2016Windows Server 2016 IoT CoreIoT Core
プロセッサProcessor

セクション 2.1 で説明した SoC のいずれかOne of the SoCs listed in section 2.1

1 GHz 以上のプロセッサまたは SoC1 GHz or faster processor or SoC

詳細については、3.1 を参照For details, see 3.1

1.4 GHz 以上の 64 ビット プロセッサまたは SoC1.4 GHz or faster 64-bit processor or SoC

詳細については、4.1 を参照For details, see 4.1

400 MHz 以上の x86、x64 プロセッサまたは ARM SoC400 MHz or faster x86, x64 processor or ARM SoC

詳細については、5.1 を参照For details, see 5.1

RAMRAM

1 GB 以上1 GB or higher

詳細については、2.2 を参照For details, see 2.2

1 GB (32 ビット OS の場合)1 GB for 32-bit OS

2 GB (64 ビット OS の場合)2 GB for 64-bit OS

詳細については、3.2 を参照For details, see 3.2

512 MB512 MB

詳細については、4.3 を参照For details, see 4.3

ディスプレイ サポートを備えていないデバイスの OS には 256 MB を使用可能256 MB available to the OS for devices without display support

解像度によっては、ディスプレイ サポートを備えているデバイスの OS に 512 MB を使用可能512 MB available to the OS for devices with display support, depending on resolution

詳細については、5.2 を参照For details, see 5.2

ストレージStorage

8 GB のフラッシュ ストレージ8 GB flash storage

詳細については、2.3 を参照For details, see 2.3

16 GB (32 ビット OS の場合)16 GB for 32-bit OS

20 GB (64 ビット OS の場合)20 GB for 64-bit OS

詳細については、3.3 を参照For details, see 3.3

60 GB60 GB

詳細については、4.4 を参照For details, see 4.4

2 GB2 GB

詳細については、5.3 を参照For details, see 5.3

セキュリティSecurity トラステッド プラットフォーム モジュール (TPM)Trusted Platform Module (TPM)

必須Required

詳細については、2.8 を参照For details, see 2.8

必須Required

詳細については、3.7 を参照For details, see 3.7

省略可能Optional

詳細については、4.7 を参照For details, see 4.7

省略可能Optional

詳細については、5.4 を参照For details, see 5.4

UEFI セキュア ブートUEFI Secure Boot

必須Required

必須Required

省略可能Optional

省略可能Optional

ディスプレイDisplay 画面Screen

9 インチ未満Less than 9-inches

タブレット、2 in 1、ノート PC、およびオールインワンには 7 インチ以上が必要7-inches or greater required for tablets, 2-in-1s, laptops, and All-in-one

デスクトップ PC では省略可能Optional for desktop PCs

省略可能Optional

省略可能Optional

詳細については、5.5 を参照For details, see 5.5

解決方法Resolution

WVGA、FWVGA、WXGA、qHD、720 p (HD)、1080 p (FHD)、または WQHDWVGA, FWVGA, WXGA, qHD, 720p (HD), or 1080p (FHD), WQHD

詳細については、2.4 を参照For details, see 2.4

SVGA (800 x 600) 以上SVGA (800 x 600) or higher

詳細については、3.4 を参照For details, see 3.4

XGA (1024 x 768) 以上XGA (1024 x 768) or higher

詳細については、4.5 を参照For details, see 4.5

設計によって異なるDesign dependent

ビット深度Bit depth

1 ピクセルあたり 32 ビット色32 bits of color per pixel

1 ピクセルあたり 32 ビット色32 bits of color per pixel

1 ピクセルあたり 32 ビット色32 bits of color per pixel

設計によって異なるDesign dependent

タッチ、タッチ パッド、およびアクティブ ペンTouch, touch pad, and active pen

詳細については、6.1 を参照For details, see 6.1

省略可能Optional

省略可能Optional

省略可能Optional

省略可能Optional

カメラCamera

詳細については、6.2.1 を参照For details, see 6.2.1

背面カメラRear-facing camera

Windows 10 Mobile を実行する携帯電話の場合は必須Required for phones that run Windows 10 Mobile

Windows 10 Mobile を実行するその他のデバイスと Windows 10 Mobile Enterprise を実行するデバイスの場合は省略可能Optional for other devices that run Windows 10 Mobile and for any devices that run Windows 10 Mobile Enterprise

省略可能Optional

省略可能Optional

省略可能Optional

前面カメラForward-facing camera

省略可能Optional

省略可能Optional

省略可能Optional

省略可能Optional

オーディオAudio

詳細については、6.2.2 を参照For details, see 6.2.2

オーディオ コーデックAudio codec

電話機の場合は必須Required for phones

その他のデバイスの場合は省略可能Optional for other devices

省略可能Optional

省略可能Optional

省略可能Optional

主マイクPrimary microphone

電話機の場合は必須Required for phones

その他のデバイスの場合は省略可能Optional for other devices

省略可能Optional

省略可能Optional

省略可能Optional

副マイクSecondary microphone

省略可能Optional

省略可能Optional

省略可能Optional

省略可能Optional

動的ノイズ抑制Dynamic noise suppression

省略可能Optional

省略可能Optional

省略可能Optional

省略可能Optional

スピーカーLoudspeaker

Windows 10 Mobile を実行する携帯電話の場合は必須Required for phones that run Windows 10 Mobile

Windows 10 Mobile を実行するその他のデバイスと Windows 10 Mobile Enterprise を実行するデバイスの場合は省略可能Optional for other devices that run Windows 10 Mobile and for any devices that run Windows 10 Mobile Enterprise

省略可能Optional

省略可能Optional

省略可能Optional

イヤホンEarpiece

電話機の場合は必須Required for phones

その他のデバイスの場合は省略可能Optional for other devices

省略可能Optional

省略可能Optional

省略可能Optional

ワイヤレスWireless

詳細については、6.3 を参照For details, see 6.3

2G/2.5G/3G (UMTS/EvDO)/4G (HSPA) の携帯データネットワーク無線2G / 2.5G / 3G (UMTS/EvDO) / 4G (HSPA) cellular radio

電話機の場合は必須Required for phones

その他のデバイスの場合は省略可能Optional for other devices

省略可能Optional

省略可能Optional

省略可能 (データのみ、音声サポートなし)Optional (data only; no voice support)

LTE 携帯データネットワーク無線LTE cellular radio

省略可能Optional

省略可能Optional

省略可能Optional

省略可能 (データのみ、音声サポートなし)Optional (data only; no voice support)

BluetoothBluetooth

省略可能Optional

省略可能Optional

サポートされないNot Supported

省略可能Optional

Wi-FiWi-Fi

電話機の場合は必須Required for phones

その他のデバイスの場合は省略可能Optional for other devices

省略可能Optional

省略可能Optional

省略可能Optional

A-GNSSA-GNSS

電話機の場合は必須Required for phones

その他のデバイスの場合は省略可能Optional for other devices

省略可能Optional

省略可能Optional

省略可能Optional

FM ラジオFM radio

省略可能Optional

サポートされないNot supported

サポートされないNot supported

省略可能Optional

NFCNFC

省略可能Optional

省略可能Optional

省略可能Optional

省略可能Optional

ネットワークNetworking

電話機の場合は Wi-Fi と携帯データネットワークが必須Wi-Fi and cellular is required for phones

その他のデバイスの場合は少なくとも 1 つのネットワーク接続用のオプション (Wi-Fi など) が必須At least one option for network connectivity is required for other devices (such as Wi-Fi)

少なくとも 1 つのネットワーク接続用のオプション (Wi-Fi やイーサネット アダプターなど) が必須At least one option for network connectivity is required (such as Wi-Fi or an Ethernet adapter)

次の機器が必須The following are required:

  • ギガビット イーサネット アダプターA Gigabit Ethernet adapter
  • PXE をサポートするネットワーク アダプターA network adapter that supports PXE

省略可能Optional

センサーSensors

詳細については、6.4 を参照For details, see 6.4

加速度計Accelerometer

省略可能Optional

省略可能Optional

省略可能Optional

省略可能Optional

磁力計Magnetometer

省略可能Optional

省略可能Optional

省略可能Optional

省略可能Optional

環境光センサーAmbient light sensor

省略可能Optional

詳細については、2.5.1 を参照For details, see 2.5.1

省略可能Optional

省略可能Optional

省略可能Optional

近接センサーProximity sensor

省略可能Optional

省略可能Optional

省略可能Optional

省略可能Optional

ジャイロスコープGyroscope

省略可能Optional

省略可能Optional

省略可能Optional

省略可能Optional

通知Notification

詳細については、6.5 を参照For details, see 6.5

振動機構Vibration mechanism

電話機の場合は必須Required for phones

省略可能Optional

その他のデバイスの場合は省略可能Optional for other devices

省略可能Optional

省略可能Optional

省略可能Optional

NLEDNLED

省略可能Optional

省略可能Optional

省略可能Optional

ハードウェア ボタンHardware buttons 電源Power

必須ボタン、省略可能ボタン、およびサポートされていないボタンについては 2.6 を参照See 2.6 for the required, optional, and not supported buttons

ボタンの動作要件については 6.6 を参照See 6.6 for button behavior requirements

必須ボタン、省略可能ボタン、およびサポートされていないボタンについては 3.6 を参照See 3.6 for the required, optional, and not supported buttons

ボタンの動作要件については 6.6 を参照See 6.6 for button behavior requirements

電源ボタンは必須、その他のボタンはサポートされないPower button is required, all other buttons are not supported

ボタンの動作要件については 6.6 を参照See 6.6 for button behavior requirements

すべてのボタンが省略可能All buttons are optional

ボタンの動作要件については 6.6 を参照See 6.6 for button behavior requirements

音量増/音量減Volume Up / Volume Down
スタートStart
戻る/検索Back / Search
カメラCamera
回転ロックRotation lock
コネクタConnectors

詳細については、6.7 を参照For details, see 6.7

USBUSB

省略可能Optional

省略可能Optional

省略可能Optional

省略可能Optional

ヘッドホン/ヘッドセット ジャックHeadphone / headset jack

電話機の場合は必須Required for phones

その他のデバイスの場合は省略可能Optional for other devices

省略可能Optional

省略可能Optional

省略可能Optional

Micro SD カード スロットMicro SD card slot

省略可能Optional

省略可能Optional

省略可能Optional

省略可能Optional

ビデオ出力Video output

省略可能Optional

デスクトップ PC の場合は少なくとも 1 つのビデオ出力ポートが必須At least one video output port is required for desktop PCs

その他のデバイスの場合は省略可能Optional for other devices

省略可能Optional

省略可能Optional

SIM スロットSIM slot

電話機の場合は必須Required for phones

その他のデバイスの場合は省略可能Optional for other devices

省略可能Optional

省略可能Optional

省略可能Optional

セクション 2.0 - Windows 10 Mobile の最小ハードウェア要件Section 2.0 - Minimum hardware requirements for Windows 10 Mobile

このセクションでは、Windows 10 Mobile を実行するデバイスに適用される詳細なハードウェア要件を示します。This section provides detailed hardware requirements that apply to any device that runs Windows 10 Mobile. Windows 10 Mobile を実行可能なデバイスの一覧については、表 2 を参照してください。See Table 2 for the list of devices that can run Windows 10 Mobile. 適用される可能性がある追加コンポーネントの要件については、セクション 6 を参照してください。For additional component requirements that may also apply, see Section 6.

  この仕様全体にわたり、別段の指定がない限り、Windows 10 Mobile のすべての要件が Windows 10 Mobile Enterprise にも適用されます。Note  Throughout this specification, all requirements for Windows 10 Mobile also apply to Windows 10 Mobile Enterprise except where specified otherwise.

2.1 SoC2.1 SoC

表 4 に、Windows 10 Mobile を実行するデバイス用にサポートされている SoC を一覧表示します。Table 4 lists the supported SoCs for devices that run Windows 10 Mobile. SoC ベンダー純正のバリアント (クロック速度が速い SoC のバージョンなど) もサポートされます。Any official variants that are available from the SoC vendor (for example, a version of the SoC with a higher clock speed) are also supported.

表 4: Windows 10 Mobile を実行するデバイスでサポートされるモデム内蔵 SoCTable 4: SoCs with integrated modems supported in devices that run Windows 10 Mobile

製造元Manufacturer SoCSoC

Qualcomm Technologies, Inc.Qualcomm Technologies, Inc.

Snapdragon 820、810、808、617、210Snapdragon 820, 810, 808, 617, 210

表 5 に、Windows 10 Mobile Enterprise を実行するデバイス用にサポートされているその他の SoC を一覧表示します。Table 5 lists the additional supported SoCs for devices that run Windows 10 Mobile Enterprise . これらの SoC は、携帯データネットワークのサポートを備えておらず、Wi-Fi のみを使用するデバイスか、ネットワーク接続を備えていないデバイス専用です。These SoCs do not have cellular support, and are intended for devices that either use Wi-Fi only or do not have network connectivity. Windows 10 Mobile Enterprise を実行するデバイスは、表 4 と表 5 に示す SoC のいずれかを使用できます。Devices that run the Windows 10 Mobile Enterprise can use any of the SoCs listed in Table 4 and Table 5.

表 5: Windows 10 Mobile を実行するデバイスでサポートされる Wi-Fi 専用 SoCTable 5: Wi-Fi only SoCs supported in devices that run Windows 10 Mobile Enterprise

製造元Manufacturer SoCSoC

Qualcomm Technologies, Inc.Qualcomm Technologies, Inc.

Snapdragon 810、808、617、210 (すべて:APQ バリアントのみ)Snapdragon 810, 808, 617, 210 (All: APQ variants only)

表 6 に示す SoC を内蔵した既存の Windows Phone は、Windows 10 Mobile に更新できます。Existing Windows Phones that include the SoCs listed in Table 6 can be updated to Windows 10 Mobile.

表 6: Windows 10 Mobile に更新可能な Windows Phone でサポートされる SoCTable 6: SoCs supported in Windows Phones that can be updated to Windows 10 Mobile

製造元Manufacturer SoCSoC

Qualcomm Technologies, Inc.Qualcomm Technologies, Inc.

Snapdragon 810、808、801、800、617、410、400、210、200、S4 PlusSnapdragon 810, 808, 801, 800, 617, 410, 400, 210, 200, S4 Plus

2.2 メモリ2.2 Memory

Windows 10 Mobile を実行するデバイスの RAM 要件を表 7 に示します。The RAM requirements for devices that run Windows 10 Mobile are listed in Table 7.

表 7: Windows 10 Mobile を実行するデバイスの RAM 要件Table 7: RAM requirements for devices that run Windows 10 Mobile

画面の解像度Display resolution ベースライン RAM 要件Baseline RAM requirements SoC ベンダーまたは OEM コンポーネントによる最大 RAM 分割Maximum RAM carve-out by SoC vendor/OEM components

2560 x 1440 (WQHD)2560 x 1440 (WQHD)

≥ 3 GB≥ 3 GB <= 135 MB\*<= 135 MB\*

1920 x 1080 (FHD)1920 x 1080 (FHD)

≥ 2 GB≥ 2 GB <= 115 MB<= 115 MB

960 x 540 (qHD)960 x 540 (qHD)

1280 x 720 (HD/720p)1280 x 720 (HD/720p)

1280 x 7681280 x 768

800 x 480 (WVGA) から800 x 480 (WVGA) to

854 x 480 (FWVGA)854 x 480 (FWVGA)

≥ 1 GB≥ 1 GB <= 115 MB<= 115 MB

*OEM がハードウェア ベースの DRM 機能を有効にすることを選択した場合は、追加の 350 MB の分割が許可されます。*An additional 350MB of carve-out is allowed if an OEM chooses to enable hardware-based DRM functionality.

2.3 ストレージ2.3 Storage

2.3.1 フラッシュの種類とレイアウト2.3.1 Flash type and layout

Windows 10 Mobile を実行するデバイスは、8 GB 以上の固定フラッシュ ストレージを内蔵する必要があり、e•MMC または UFS とオプションの SD カードを使用してフラッシュ ストレージ システムを実装する必要があります。Devices that run Windows 10 Mobile must include a minimum of 8GB of nonremovable flash storage, and they must implement a flash storage system using an e•MMC or UFS and optional SD card. Micro SD カード スロットの追加の要件については、セクション 6.7.3 を参照してください。See section 6.7.3 for additional requirements for the micro SD card slot.

e•MMC は、512 バイトのセクター サイズを使用し、512 KB 以上の Replay Protected Memory Block (RPMB) で構成する必要があります。The e•MMC must use a 512-byte sector size and be configured with a minimum 512 KB Replay Protected Memory Block (RPMB).

UFS は、4K のセクター サイズを使用し、512 KB 以上の Replay Protected Memory Block (RPMB) で構成する必要があります。The UFS must use a 4K sector size and be configured with a minimum 512 KB Replay Protected Memory Block (RPMB).

フラッシュ システム ストアのレイアウトは、Microsoft と SoC ベンダーによって指定されます。The layout of the flash system store is specified by Microsoft and the SoC vendor. OEM は、このレイアウトに対してパーティションを追加または削除してはなりません。OEMs must not add partitions or remove partitions from this layout.

2.3.2 更新用の空き領域の解放2.3.2 Free up space for update

Windows 10 Mobile を実行するデバイスは、OEM 所有コンポーネントの今後の更新に備えて、システム パーティションとユーザー パーティションに十分な空き領域を確保する必要があります。Devices that run Windows 10 Mobile must include sufficient free space in the system and user partitions for future updates of OEM-owned components. 詳細については、公開された Windows 10 パートナー ドキュメントを参照してください。For more information, see the Windows 10 Partner Documentation when it is available.

2.3.3 ユーザー フラッシュ2.3.3 User flash

Windows 10 Mobile を実行するデバイスは、内部の固定 e•MMC または UFS ストレージのサイズが 1 GB 以上のユーザー パーティションを確保する必要があります。Devices that run Windows 10 Mobile must include a user partition of size 1 GB or more of internal nonremovable e•MMC or UFS storage.

2.3.4 SD カード2.3.4 SD card

Windows 10 Mobile を実行するデバイスに SD カードが実装されている場合は、SD アソシエーションの SD 2.0 または SD 3.0 仕様をサポートする必要があります (https://www.sdcard.org/)If an SD card is included in a device that runs Windows 10 Mobile, the SD card must support the SD Association’s SD 2.0 or SD 3.0 specifications (https://www.sdcard.org/). SD 3.0 仕様は、SD 2.0 と下位互換性があります。The SD 3.0 specification is backward compatible with SD 2.0.

  アップグレードを成功させるためには、8 GB の固定フラッシュ ストレージを内蔵したデバイスに SD カード スロットを用意することをお勧めします。Note  To ensure successful upgrade, it is recommended that a device with 8 GB of nonremovable flash storage includes an SD card slot.

2.3.5 フラッシュ メモリのパフォーマンス2.3.5 Flash memory performance

Windows 10 Mobile を実行するデバイス内の e•MMC コンポーネントの最小読み取りや書き込み速度は表 8 に示す速度以上にする必要があります。The minimum read/write speeds for e•MMC components in devices that run Windows 10 Mobile must meet or exceed the rates listed in Table 8. SD カードに関する最小パフォーマンス要件は指定されていません。No minimum performance requirements are specified for an SD card.

表 8: e•MMC と UFS のパフォーマンス要件Table 8: e•MMC and UFS performance requirements

読み取りスループット (MBps)¹Read throughput (MBps)¹ 書き込みスループット (MBps)²Write throughput (MBps)² 読み取り IOPS³Read IOPS³ 書き込み IOPS⁴Write IOPS ⁴ 待機時間⁵Latency⁵
1010 66 700700 5050 Hardware Lab Kit (HLK) に付属のストレージ評価ツール (StorageAssessment.exe) を使用する場合は、どの操作の待機時間も 500 ミリ秒を超えることはできません。100 ミリ秒以上の待機時間を伴う操作の数は全操作の 5% 未満にする必要があります。When using the storage assessment tool (StorageAssessment.exe) provided in the Hardware Lab Kit (HLK), no operations can exceed a latency of 500 milliseconds, and the number of operations with a latency of 100 milliseconds or longer should be less than 5% of the total operations.

¹ 電話機の少なくとも 100 MB のセクター範囲にわたる 16 KB 配置を使用した 64 KB ブロックの連続線形読み取り操作を介して測定されたスループット。¹ Throughput measured via sustained linear read operations of 64-KB blocks with 16 KB alignment over at least 100 MB sector range in the phone.

² 電話機の少なくとも 100 MB のセクター範囲にわたる 16 KB 配置を使用した 64 KB ブロックの連続線形書き込み操作を介して測定されたスループット。² Throughput measured via sustained linear write operations of 64-KB blocks with 16 KB alignment over at least 100 MB sector range in the phone.

³ 電話機の少なくとも 100 MB のセクター範囲にわたる 4 KB 配置を使用した 4 KB ブロックの連続ランダム読み取り操作を介して測定された IOPS。³ IOPS measured via sustained random read operations of 4-KB blocks with 4 KB alignment over at least 100 MB sector range in the phone.

⁴ 電話機の少なくとも 100 MB のセクター範囲にわたる 4 KB 配置を使用した 4 KB ブロックの連続ランダム書き込み操作を介して測定された IOPS。⁴ IOPS measured via sustained random write operations of 4-KB blocks with 4 KB alignment over at least 100 MB sector range in the phone.

⁵ 待機時間は、1 つの I/O 操作をデバイスで完了するのに必要な時間です。⁵Latency is the time that is required for a single I/O operation to be completed on the device. 具体的には、以下の小さい方として計算されます。Specifically, this is calculated as the lesser of these:

  • I/O が e•MMC デバイスに発行されてから完了するまでの時間。The time from when the I/O is issued to the e•MMC device until the I/O is completed.
  • キューに入れられた要求の場合は、1 つ前の I/O の完了から現在の I/O の完了までの時間。For queued requests, the time from the completion of the previous I/O until the completion of the current I/O.

2.4 ディスプレイ2.4 Display

2.4.1 解像度、ビット深度、およびサイズ2.4.1 Resolution, bit depth, and size

電話機のディスプレイは、表 9 に示す解像度オプションとサイズ オプションのいずれかをサポートする必要があります。The phone display must support one of the resolution and size options shown in Table 9.

表 9: Windows 10 Mobile 対応ディスプレイTable 9: Windows 10 Mobile supported display

ディスプレイの種類Display type 解決方法Resolution アスペクト比Aspect Ratio 対角サイズDiagonal size
WQHD (QHD)WQHD (QHD) 2560 x 14402560x1440 16:916:9 5” から 7”5” to 7”
1080p (FHD)1080p (FHD) 1920 x 10801920 x1080 16:916:9 3.7” から 7”3.7” to 7”
720p (HD)720p (HD) 1280 x 7201280 x 720 16:916:9 3.7” から 7”3.7” to 7”
WXGAWXGA 1280 x 7681280 x 768 15:915:9

3.5” から 5”、3.5” to 5”,

6.01" から 7"6.01" to 7"

WXGA⁶WXGA⁶ 1280 x 8001280 x 800 16:1016:10 6.01" から > 9"6.01" to > 9"
XGAXGA 1027 x 7681027 x 768 4:34:3 7" から > 9"7" to > 9"
WSVGAWSVGA 1027 x 6001027 x 600 17:1017:10 7" から > 9"7" to > 9"
qHD⁷qHD⁷ 960 x 540960 x 540 16:916:9 3.7” から 6”3.7” to 6”
FWVGA⁸FWVGA⁸ 854 x 480854 x 480 16:916:9 3.5” から 5”3.5” to 5”
WVGAWVGA 800 x 480800 x 480 16:916:9 3.5” から 5”3.5” to 5”

⁶ この解像度はネイティブにはサポートされません。⁶This resolution is not natively supported. Windows Phone 10 は、1280 x 768 の解像度 (15:9 のアスペクト比) で UI をレンダリングし、未使用のピクセルのピラーボックスを表示することにより、WXGA 1280 x 800 のディスプレイをサポートします。Windows Phone 10 supports WXGA 1280 x 800 displays by rendering the UI at 1280 x 768 resolution (15:9 aspect ratio) and displaying pillarboxes for the unused pixels.

⁷ Windows Phone 10 は、HD または WVGA から qHD までのスケーリングに加えて、ネイティブな qHD 解像度をサポートします。⁷Windows Phone 10 supports native qHD resolution in addition to scaling from HD or WVGA to qHD.

⁸ FWVGA 解像度では、常に、ソフトウェア ナビゲーション ボタンが有効になります。⁸FWVGA resolutions always have software navigation buttons enabled.

2.4.2 ピクセル アスペクト比2.4.2 Pixel aspect ratio

Windows 10 Mobile を実行するデバイスのディスプレイ ピクセルは、正方形、つまり、1 対 1 のアスペクト比にする必要があります。Display pixels in devices that run Windows 10 Mobile must be square—that is, have an aspect ratio of 1:1.

2.4.3 ディスプレイ パネル ハードウェアの速度の更新2.4.3 Refresh rate for display panel hardware

Windows 10 Mobile を実行するデバイスのディスプレイ パネル ハードウェアは、59.97 ±0.03 Hz の更新レートとリフレッシュ レートをサポートする必要があります。The display panel hardware in devices that run Windows 10 Mobile must support an update and refresh rate of 59.97 ±0.03 Hz. スマート パネル (自己更新をサポートするパネル) の範囲は、25˚C の室温で 59.97 ±3.0 Hz まで拡張されます。The range for smart panels (panels that support self-refresh) is extended to 59.97 ±3.0 Hz at room temperature (25˚C). 更新レートは、新しいフレームをディスプレイ ハードウェアに送信可能なレートとして定義されます。Update rate is defined as the rate at which new frames can be sent to the display hardware. リフレッシュ レートは、ディスプレイ ハードウェアがデータを描画する秒単位の時間として定義されます。The refresh rate is defined as the number of times in a second that display hardware draws the data. この仕様は、すべてのディスプレイ構成とサポートされているすべてのオーバーレイ モード (プライマリとセカンダリ) に適用されます。This specification applies for all display configurations and all supported overlay modes (primary + secondary).

2.4.4 ディスプレイの輝度レベル2.4.4 Display brightness levels

Windows 10 Mobile を実行するデバイスのすべてのディスプレイは 16 レベル以上の輝度をサポートする必要があります。All displays in devices that run Windows 10 Mobile must support a minimum of 16 levels of brightness.

2.5 センサー2.5 Sensors

2.5.1 環境光センサー2.5.1 Ambient light sensor

デバイスに環境光センサーが内蔵されている場合は、4 Hz 以上のレポート レートをサポートする必要があります。If the device includes an ambient light sensor, it must support a reporting rate of ≥4 Hz.

2.6 ハードウェア ボタン2.6 Hardware buttons

表 10 に、Windows 10 Mobile と Windows 10 Mobile Enterprise を実行するデバイスの必須ハードウェア ボタン、省略可能ハードウェア ボタン、およびサポートされていないハードウェア ボタンを示します。Table 10lists the required, optional, and not supported hardware buttons for devices that run Windows 10 Mobile and Windows 10 Mobile Enterprise .

OEM で指定されるカスタム ハードウェア ボタンを含め、この表に含まれていないその他のボタンはすべて省略可能です。All other buttons not included in this table, including custom hardware buttons specified by the OEM, are optional. ハードウェア ボタンの動作に関する追加の要件については、セクション 6.6 を参照してください。See section 6.6 for additional requirements about hardware button behavior.

表 10: Windows 10 Mobile と Windows 10 Mobile Enterprise のボタン実装要件Table 10: Button implementation requirements for Windows 10 Mobile and Windows 10 Mobile Enterprise

オペレーティング システムOperating system PowerPower 音量増/音量減Volume Up/ Volume Down 開始Start 戻る/検索Back/Search CameraCamera 回転ロックRotation lock
Windows 10 MobileWindows 10 Mobile 必須Required 必須Required WVGA ディスプレイを使用する電話機の場合は必須⁶ その他のデバイスの場合は省略可能⁷Required for phones that use a WVGA display⁶ Optional for all other devices⁷ WVGA ディスプレイを使用する電話機の場合は必須⁶ その他のデバイスの場合は省略可能⁷Required for phones that use a WVGA display⁶ Optional for all other devices⁷ 省略可能Optional サポートされないNot supported
Windows 10 Mobile EnterpriseWindows 10 Mobile Enterprise 必須Required 必須Required 省略可能Optional 省略可能Optional 省略可能Optional サポートされないNot supported

⁶ WVGA ディスプレイを使用する電話機は、スタート ボタン、戻るボタン、および検索ボタンがハードウェアに (機械式ボタンまたは静電容量式ボタンとして) 実装されている必要があります。⁶ Phones that use a WVGA display must include Start, Back, and Search buttons that are implemented in hardware (as mechanical or capacitive buttons). 非 WVGA ディスプレイを使用する電話機の場合は、ハードウェア実装のスタート ボタン、戻るボタン、および検索ボタンは省略可能です。For phones that use a non-WVGA display, hardware-implemented Start, Back, and Search buttons are optional. 非 WVGA ディスプレイを使用する電話機に OEM がスタート ボタン、戻るボタン、および検索ボタンをハードウェア実装しないことにした場合は、ソフトウェアを介してこれらのボタンをレンダリングするように OS を構成する必要があります。If the OEM chooses to not include hardware-implemented Start, Back, and Search buttons on a phone that uses a non-WVGA display, the OEM must configure the OS to render these buttons via software. 詳細については、公開された Windows 10 パートナー ドキュメントを参照してください。For more information, see the Windows 10 Partner Documentation when it is available.

⁷ 非 WVGA ディスプレイを使用する電話機については、前の脚注を参照してください。⁷ For phones that use a non-WVGA display, see the previous footnote. タブレットやその他のデバイスでは、OS を通して常にソフトウェア レンダリングのスタート ボタン、戻るボタン、および検索ボタンを利用できます。For tablets and other devices, software-rendered Start, Back, and Search buttons are always available through the OS.

2.6.1 Windows 10 Mobile を実行する電話機のボタン配置要件2.6.1 Button placement requirements for phones that run Windows 10 Mobile

このセクションでは、Windows 10 Mobile を実行する電話機に固有のボタン配置要件を示します。This section provides button placement requirements that are specific to phones that run Windows 10 Mobile. これらの要件は、Windows 10 Mobile または Windows 10 Mobile Enterprise を実行するその他のデバイスには適用されません。These requirements do not apply to any other device that runs Windows 10 Mobile or Windows 10 Mobile Enterprise . 図 1 に、電話機の戻るコントロール、スタート コントロール、および検索コントロールの配置を示します。Figure 1 shows the placement of the Back, Start, and Search controls for phones.

図 1: 電話機のボタン配置Figure 1: Button placement for phones

電話機のボタン配置

図 2 に示すように、スタート ボタン、戻るボタン、および検索ボタンは一列に並んでいる必要があります。The Start, Back, and Search buttons must be in alignment as shown in Figure 2.

図 2: 電話機のボタン垂直オフセット制限Figure 2: Button vertical offset restrictions for phones

電話機のボタン垂直オフセット制限button vertical offset restrictions for phones

2.6.1.1 スタート ボタン、戻るボタン、および検索ボタンの配置2.6.1.1 Start, Back, and Search button placement

検索ボタン、スタート ボタン、および戻るボタンは、ディスプレイのすぐ下に配置する必要があります。The Search, Start, and Back buttons must be placed directly below the display.

ボタンの相互の位置関係は次のとおりです。Button locations in relation to one another are as follows:

  • スタート ボタンは電話機のディスプレイの下の水平方向中央にあります。Start is located below the display, centered horizontally on the phone.
  • 戻るボタンはスタート ボタンの左側にあります。Back is located to the left of Start.
  • 検索ボタンはスタート ボタンの右側にあります。Search is located to the right of Start.

その他のボタン、テキスト、ロゴ、またはグラフィックスは、次のような電話機前面のスタート ボタン、戻るボタン、および検索ボタンの周辺の領域に配置しないようにする必要があります。Additional buttons, text, logos, or graphics must not be placed on the front of the phone in the area surrounding the Start, Back, and Search buttons, defined as:

  • 3 つのボタンの左右の領域。The area to the left or right of the three buttons, horizontally.
  • 3 つのボタンの上下 4 mm 以内の領域。The area within 4 mm of the top and bottom of the three buttons, vertically.

図 1 に、禁止領域を赤で囲んで示します。Figure 1 shows the disallowed region, which is outlined in red.

2.6.1.2 電源ボタンの配置2.6.1.2 Power button placement

電源ボタンは、図 1 で赤で囲まれた電話機前面の禁止領域に配置してはなりません。The Power button must not be placed in the disallowed region on the front of the phone, which is outlined in red in Figure 1.

2.6.1.3 音量増ボタンと音量減ボタンの配置2.6.1.3 Volume Up and Volume Down button placement

音量増ボタンと音量減ボタンは、検索ボタン、スタート ボタン、および戻るボタンが配置されるゾーンと重なってはなりません。The Volume Up and Volume Down buttons must not overlap the zone that contains the Search, Start, and Back buttons.

2.6.1.4 カメラ ボタンの配置2.6.1.4 Camera button placement

カメラ ボタンを実装する場合、その電話機上の配置要件は次のとおりです。If a camera button is implemented, the requirements for positioning it on the phone are as follows:

  • カメラ ボタンは、左側を下にした横向きのカメラの自然な動作が有効になるように配置する必要があります。The camera button must be positioned so that it enables natural landscape left camera behavior.
  • カメラ ボタンは、左側を下にした横向きで電話機を支えながら、右手の人さし指でカメラを容易に操作できるように配置する必要があります。The camera button must be positioned to facilitate camera operation with the right index finger while holding the phone in landscape left orientation.
  • カメラ ボタンは、電話機の前面に配置してはなりません。The camera button must not be placed on the face of the phone.

2.6.1.5 FWVGA とスタート ボタン、戻るボタン、および検索ボタン2.6.1.5 Start, Back, and Search buttons with FWVGA

FWVGA ディスプレイ パネルを使用する電話機では、次のボタン オプションを使用できます。On phones that use an FWVGA display panel, the following button options are available.

  • 機械式または静電容量方式のスタート ボタン、戻るボタン、および検索ボタンを実装しないことを選択できます。You can choose not to include mechanical or capacitive Start, Back, and Search buttons. このケースでは、Windows Phone OS がソフトウェアを介してスタート ボタン、戻るボタン、および検索ボタンをレンダリングするために下部の 54 本の走査線を予約します。In this case, the Windows Phone OS reserves the bottom 54 scan lines to render the Start, Back, and Search buttons through software.
  • 機械式または静電容量方式のスタート ボタン、戻るボタン、および検索ボタンを実装することができます。You can include mechanical or capacitive Start, Back, and Search buttons. このケースでは、Windows Phone でネイティブにサポートされている解像度 (スケールアップ用の WVGA とスケールダウン用の HD) の中から OEM が選択する必要があります。それに合わせて、ディスプレイ ドライバーが出力をスケーリングします。In this case, the OEM must select from the Windows Phone natively supported resolutions (WVGA for scale-up, and HD for scale-down), and the display driver will then scale the output. 他の解像度にスケーリングしない、機械式または静電容量方式のボタン付き FWVGA は選択できません。Selecting FWVGA with mechanical or capacitive buttons without scaling to a different resolution is not supported.

  FWVGA ディスプレイと MSM8x10 または MSM8x12 アプリケーション プロセッサの組み合わせを使用する電話機は、ソフトウェア レンダリングのスタート ボタン、戻るボタン、および検索ボタンを使用する必要があります。Note  Phones that use a combination of an FWVGA display and the MSM8x10 or MSM8x12 applications processor must use software-rendered Start, Back, and Search buttons. このような電話機で、機械式または静電容量方式のスタート ボタン、戻るボタン、および検索ボタンはサポートされません。Mechanical or capacitive Start, Back, and Search buttons are not supported on these phones.

2.7 ユーザー補助2.7 Accessibility

規制で TTY サポートが義務付けられている地域では、Windows 10 Mobile を実行する電話機は 3.5 mm ヘッドセット ジャックを介して接続された標準の TTY テキスト デバイスとの互換性を維持するために TTY モードをサポートする必要があります。In regions where TTY support is required by regulation, phones that run Windows 10 Mobile must support a TTY mode for compatibility with standard TTY text devices plugged in through the 3.5-mm headset jack. 規制で補聴器両立性 (HAC) が義務付けられている地域では、補聴器両立と見なされる最小 HAC デバイス評価は M3 または T3 です。In regions where hearing aid compatibility (HAC) is required by regulation, the minimum HAC device rating considered hearing-aid compatible is M3 or T3.

その他のユーザー補助ガイダンスについては、セクション 6.9 を参照してください。For additional accessibility guidance, see section 6.9.

2.8 トラステッド プラットフォーム モジュール (TPM)2.8 Trusted Platform Module (TPM)

Windows 10 Mobile を実行するデバイスは、トラステッド プラットフォーム モジュール (TPM) 仕様のバージョン 2.0 を実装する TPM が内蔵されている必要があります。Devices that run Windows 10 Mobile must include a Trusted Platform Module (TPM) that implements version 2.0 of the TPM specification. TPM は、SoC に統合された、または、デバイスに個別のコンポーネントとして内蔵されたファームウェア ベースのソリューションにすることができます。The TPM can be a firmware-based solution integrated into the SoC or included as a discrete component in the device. TPM 2.0 は、次の要件を満たす必要があります。The TPM 2.0 must meet the following requirements:

  • EK 証明書がハードウェア ベンダーによって事前に TPM にプロビジョニングされているか、最初の起動時にデバイスで読み取れる必要があります。An EK certificate must be either pre-provisioned to the TPM by the hardware vendor or be capable of being retrieved by the device during the first boot experience.
  • SHA-256 PCR バンクを搭載し、SHA-256 の PCR 0 から 23 を実装している必要があります。It must ship with SHA-256 PCR banks and implement PCRs 0 through 23 for SHA-256. TPM は、SHA-1 測定と SHA-256 測定の両方に使用できる切り替え可能な単一の PCR バンクを搭載できることに注意してください。Note it is acceptable to ship TPMs with a single switchable PCR bank that can be used for both SHA-1 and SHA-256 measurements.
  • TPM2_HMAC コマンドをサポートする必要があります。It must support TPM2_HMAC command.

TPM の詳細については、TechNet の「トラステッド プラットフォーム モジュール技術概要」を参照してください。For detailed TPM information, see Trusted Platform Module Technology Overview on TechNet.

セクション 3.0 - Windows 10 デスクトップ エディションの最小ハードウェア要件Section 3.0 - Minimum hardware requirements for Windows 10 for desktop editions

このセクションでは、Windows 10 デスクトップ エディションを実行するデバイスに適用される詳細なハードウェア要件を示します。This section provides detailed hardware requirements that apply to any device that runs Windows 10 for desktop editions. Windows 10 デスクトップ エディションを実行可能なデバイスの一覧については、表 2 を参照してください。See Table 2 for the list of devices that can run Windows 10 for desktop editions. 適用される可能性がある追加コンポーネントの要件については、セクション 6.0 を参照してください。For additional component requirements that may also apply, see section 6.0.

  この仕様全体にわたり、Windows 10 デスクトップ エディションのすべての要件が Windows 10 Enterprise にも適用されます。Note  Throughout this specification, all requirements for Windows 10 for desktop editions also apply to Windows 10 Enterprise.

3.1 プロセッサ3.1 Processor

Windows 10 デスクトップ エディションを実行するデバイスには、次の要件を満たす 1 GHz 以上のプロセッサまたは SoC が必要です。Devices that run Windows 10 for desktop editions require a 1 GHz or faster processor or SoC that meets the following requirements:

  • x86 または x64 命令セットと互換性がある。Compatible with the x86 or x64 instruction set.
  • PAE、NX、および SSE2 をサポートしている。Supports PAE, NX and SSE2.
  • 64 ビット OS のインストールでは CMPXCHG16b、LAHF/SAHF、および PrefetchW をサポートしている。Supports CMPXCHG16b, LAHF/SAHF, and PrefetchW for 64-bit OS installation

3.2 メモリ3.2 Memory

Windows 10 デスクトップ エディションを実行するデバイスは、表 11 に示す RAM 要件を満たす必要があります。Devices that run Windows 10 for desktop editions must meet the RAM requirements shown in Table 11.

表 11: Windows 10 デスクトップ エディションを実行するデバイスの RAM 要件Table 11: RAM requirements for devices that run Windows 10 for desktop editions

OS アーキテクチャOS architecture RAM 要件RAM requirement
32 ビット32-bit >= 1 GB>= 1 GB
64 ビット64-bit >= 2 GB>= 2 GB

3.3 ストレージ3.3 Storage

3.3.1 ストレージ デバイスのサイズ3.3.1 Storage device size

Windows 10 デスクトップ エディションを実行するデバイスは、表 12 に示すサイズ要件を満たすストレージ デバイスを内蔵している必要があります。Devices that run Windows 10 for desktop editions must include a storage device that meets the size requirements shown in Table 12.

表 12: Windows 10 デスクトップ エディションを実行するデバイスのストレージ サイズ要件Table 12: Storage size requirements for devices that run Windows 10 for desktop editions

OS アーキテクチャOS architecture ストレージ容量Storage capacity
32 ビット32-bit >= 16 GB>= 16 GB
64 ビット64-bit >= 20 GB>= 20 GB

3.3.2 ストレージ コントローラー3.3.2 Storage controller

Windows 10 デスクトップ エディションを実行するデバイスで使用されるストレージ コントローラーは、次の要件を満たす必要があります。Storage controllers used in devices that run Windows 10 for desktop editions must meet the following requirements:

  • ストレージ コントローラーは、拡張ファームウェア インターフェイス (EFI) を使用した起動をサポートし、EDD-3 で定義されているデバイス パスを実装する必要があります。Storage controllers must support booting using the Extensible Firmware Interface (EFI) and implement device paths as defined in EDD-3.
  • ストレージ ホスト コントローラーとアダプターは、使用されるデバイス プロトコルの要件と、デバイス ストレージ バスの種類に関連した要件を満たす必要があります。Storage host controllers and adapters must meet the requirements for the device protocol used and any requirements related to the device storage bus type.
  • バス接続されたコントローラーは、PCI Codes and Assignments v1.6 仕様で指定されている適切なクラス/サブクラス コードを実装する必要があります。Bus-attached controllers must implement the correct class/subclass code as specified in the PCI Codes and Assignments v1.6 specification.

3.4 ディスプレイとグラフィックス3.4 Display and graphics

3.4.1 解像度、ビット深度、およびサイズ3.4.1 Resolution, bit depth, and size

Windows 10 デスクトップ エディションは、最小ディスプレイ解像度 SVGA (800 x 600)、32 ビット深度の同時出力、最小対角ディスプレイ サイズ 7 インチをサポートしています。Windows 10 for desktop editions supports a minimum display resolution of SVGA (800 x 600) with a depth of 32 bits on each output simultaneously, and a minimum diagonal display size of 7-inches or larger. Windows 10 デスクトップ エディションを実行するタブレット、2 in 1、およびノート PC は、前に示した最小要件を満たすディスプレイを内蔵している必要があります。Tablets, 2-in-1s, and laptops that run Windows 10 for desktop editions must include a display that meets the minimum requirements listed earlier. Windows 10 デスクトップ エディションを実行するデスクトップ PC の場合は、ディスプレイが省略可能です。A display is optional for desktop PC's that run Windows 10 for desktop editions.

ディスプレイ サイズの要件は、Windows 10 IoT Enterprise には適用されません。Note Display size requirements do not apply to Windows 10 IoT Enterprise

3.4.2 グラフィックス3.4.2 Graphics

Windows 10 デスクトップ エディションを実行するデバイスは、DirectX 9 以降をサポートする GPU を内蔵している必要があります。Devices that run Windows 10 for desktop editions must include a GPU that supports DirectX 9 or later.

3.5 ネットワーク3.5 Networking

Windows 10 デスクトップ エディションを実行するデバイスは、1 つ以上のネットワーク接続オプション (Wi-Fi やイーサネット アダプターなど) を内蔵している必要があります。Devices that run Windows 10 for desktop editions must include at least one network connectivity option, such as Wi-Fi or an Ethernet adapter.

3.6 ハードウェア ボタン3.6 Hardware buttons

表 13 に、Windows 10 デスクトップ エディションを実行するデバイスの必須ハードウェア ボタン、省略可能ハードウェア ボタン、およびサポートされていないハードウェア ボタンを示します。Table 13 lists the required, optional, and not supported hardware buttons for devices that run Windows 10 for desktop editions. OEM で指定されるカスタム ハードウェア ボタンを含め、この表に含まれていないその他のボタンはすべて省略可能です。All other buttons not included in this table, including custom hardware buttons specified by the OEM, are optional. ハードウェア ボタンの動作に関する追加の要件については、セクション 6.6 を参照してください。See section 6.6 for additional requirements about hardware button behavior.

表 13: Windows 10 デスクトップ エディションのボタン実装要件Table 13: Button implementation requirements for Windows 10 for desktop editions

デバイスの種類Device type 電源ボタンPower button 音量増/音量減ボタンVolume Up/ Volume Down button スタート ボタンStart button 戻る/検索ボタンBack/Search button カメラ ボタンCamera button 回転ロック ボタンRotation lock button
タブレットTablets 必須Required 必須Required 省略可能⁸Optional⁸ サポートされないNot supported サポートされないNot supported 省略可能Optional
その他のデバイスOther devices 必須Required キーボードが取り外し可能なデバイスの場合は必須。Required for devices with detachable keyboards. その他のデバイスの場合は省略可能Optional for all other devices 省略可能⁸Optional⁸ サポートされないNot supported サポートされないNot supported 省略可能Optional

⁸ OS を通して常にソフトウェア レンダリングのスタート ボタンを利用できます。⁸ A software-rendered Start button is always available through the OS.

3.7 トラステッド プラットフォーム モジュール (TPM)3.7 Trusted Platform Module (TPM)

2016 年 7 月 28 日以降、すべての新しいデバイス モデル、ライン、またはシリーズは国際標準 ISO/IEC 11889:2015 すなわち Trusted Computing Group TPM 2.0 ライブラリを実装してそれに準拠し、TPM 2.0 を実装するコンポーネントが存在して、既定で有効になる必要があります。As of July 28, 2016, all new device models, lines or series must implement and be in compliance with the International Standard ISO/IEC 11889:2015 or the Trusted Computing Group TPM 2.0 Library and a component which implements the TPM 2.0 must be present and enabled by default from this effective date.

次の要件を満たす必要があります。The following requirements must be met:

  • すべての TPM 構成が地元の法律および規制に準拠する必要があります。All TPM configurations must comply with local laws and regulations.
  • TPM 機能を実装するファームウェア ベースのコンポーネントは、TPM 仕様のバージョン 2.0 を実装する必要があります。Firmware-based components that implement TPM capabilities must implement version 2.0 of the TPM specification.
  • EK 証明書は、ハードウェア ベンダーによって事前に TPM にプロビジョニングされているか、最初の起動時にデバイスで読み取れる必要があります。An EK certificate must either be pre-provisioned to the TPM by the hardware vendor or be capable of being retrieved by the device during the first boot experience.
  • SHA-256 PCR バンクを搭載し、SHA-256 の PCR 0 から 23 を実装している必要があります。It must ship with SHA-256 PCR banks and implement PCRs 0 through 23 for SHA-256. TPM は、SHA-256 測定に使用できる切り替え可能な単一の PCR バンクを搭載できることに注意してください。Note that it is acceptable to ship TPMs with a single switchable PCR bank that can be utilized for SHA-256 measurements.
  • TPM2_HMAC コマンドをサポートする必要があります。It must support TPM2_HMAC command.

TPM の詳細については、TechNet の「トラステッド プラットフォーム モジュール技術概要」を、TPM 1.2 および 2.0 バージョンの比較については、同じく TechNet の「TPM の推奨事項」を参照してください。For detailed TPM information, see Trusted Platform Module Technology Overview on TechNet, and for TPM 1.2 and 2.0 version comparisons, see TPM recommendations, also on TechNet.

TPM 要件は Windows 10 IoT Enterprise に対して強く推奨されていますが、必須ではありません。Note While TPM requirements are highly encouraged for Windows 10 IoT Enterprise, it is not required. Windows 10 IoT Enterprise デバイスでの TPM の使用は、各デバイスの用途とセキュリティ要件に基づいて決まります。The use of a TPM for Windows 10 IoT Enterprise devices is determined based on the usage and security requirements of each device.

セクション 4.0 - Windows Server 2016 の最小ハードウェア要件Section 4.0 - Minimum hardware requirements for Windows Server 2016

このセクションでは、Windows Server 2016 を実行するコンピューターにのみ適用される詳細なハードウェア要件について説明します。This section provides detailed hardware requirements that apply only to computers that run Windows Server 2016. 適用される可能性がある追加コンポーネントの要件については、セクション 6.0 を参照してください。For additional component requirements that may also apply, see section 6.0.

4.1 プロセッサ4.1 Processor

Windows Server 2016 を実行するコンピューターには、次の要件を満たす 1.4 GHz 以上の 64 ビット プロセッサまたは SoC が必要です。Computers that run Windows Server 2016 require a 64-bit 1.4 GHz or faster processor or SoC that meets the following requirements:

  • x64 命令セットと互換性がある。Compatible with the x64 instruction set.
  • NX と DEP をサポートしている。Supports NX and DEP.
  • CMPXCHG16b、LAHF/SAHF、および PrefetchW をサポートしている。Supports CMPXCHG16b, LAHF/SAHF, and PrefetchW.
  • Second Level Address Translation (EPT または NPT) をサポートしている。Supports Second Level Address Translation (EPT or NPT).

4.2 バス4.2 Buses

Windows Server 2016 を実行するコンピューターは、PCI Express をネイティブでサポートする必要があります。Computers that run Windows Server 2016 must support PCI Express natively.

4.3 メモリ4.3 Memory

Windows Server 2016 を実行するコンピューターは、512 MB 以上の RAM を内蔵している必要があります。Computers that run Windows Server 2016 must include at least 512 MB RAM. RAM は、ECC または同様のテクノロジを使用して、シングルビット エラーによるシステム障害の発生を回避する必要があります。The RAM must use ECC or similar technology to prevent single-bit errors from causing system failure.

4.4 ストレージ4.4 Storage

4.4.1 ストレージ デバイスのサイズ4.4.1 Storage device size

Windows Server 2016 を実行するコンピューターは、60 GB 以上のストレージ デバイスを内蔵している必要があります。Computers that run Windows Server 2016 must include a 60 GB or larger storage device.

4.4.2 ストレージ コントローラー4.4.2 Storage controller

Windows Server 2016 を実行するコンピューターは、PCI Express アーキテクチャ仕様に準拠する Windows と互換性のあるストレージ アダプターを内蔵している必要があります。Computers that run Windows Server 2016 must include a Windows Compatible storage adapter that is compliant with the PCI Express architecture specification. ハード ディスク ドライブとして分類されるサーバー上の永続的な記憶装置は、PATA であってはなりません。Persistent storage devices on servers classified as hard disk drives must not be PATA. Windows Server 2016 では、ブート ドライブ、ページ ドライブ、またはデータ ドライブに ATA、PATA、IDE、EIDE は使用できません。Windows Server 2016 does not allow ATA/PATA/IDE/EIDE for boot, page, or data drives.

4.5 ディスプレイとグラフィックス4.5 Display and graphics

4.5.1 解像度とビット深度4.5.1 Resolution and bit depth

デスクトップ エクスペリエンスが搭載されたサーバーの Windows Server 2016 インストール オプションは、最小ディスプレイ解像度 XGA (1024 x 768)、32 ビット深度の同時出力をサポートします。Windows Server 2016installation option of Server with Desktop Experience supports a minimum display resolution of XGA (1024 x 768) with a depth of 32 bits on each output simultaneously. 回復コンソールをローカルで使用する場合、Nano Server インストール オプションがサポートする必要があるのは VGA だけです。The Nano Server installation option only requires VGA support if you want to use the Recovery Console locally.

4.5.2 グラフィックス4.5.2 Graphics

GPU は、Windows Server 2016 を実行するコンピューターでは省略可能です。A GPU is optional for computers that run Windows Server 2016. GPU が内蔵されている場合は、DirectX 9 以降をサポートする必要があります。If a GPU is included, it must support DirectX 9 or later.

4.6 ネットワーク4.6 Networking

Windows Server 2016 を実行するコンピューターは、Windows と互換性のあるドライバーで次を内蔵している必要があります。Computers that run Windows Server 2016 must include the following in a Windows Compatible driver:

  • ギガビット イーサネット アダプターA Gigabit Ethernet adapter
  • PCI Express アーキテクチャ仕様に準拠するネットワーク アダプター。A network adapter that is compliant with the PCI Express architecture specification.
  • Preboot Execution Environment (PXE) をサポートするネットワーク アダプター。A network adapter that supports Pre-boot Execution Environment (PXE). ネットワーク アダプターは、オプションでネットワーク デバッグ (KDNet) をサポートできます。The network adapter may optionally support network debugging (KDNet).

4.7 トラステッド プラットフォーム モジュール (TPM)4.7 Trusted Platform Module (TPM)

Windows Server 2016 を実行するデバイスまたはコンピューターでは、トラステッド プラットフォーム モジュール (TPM) は省略可能です。For devices or computers that run Windows Server 2016, a Trusted Platform Module (TPM) is optional. TPM を実装する場合は、次の要件を満たす必要があります。If a TPM is implemented, the following requirements must be met:

  • ハードウェア ベースの TPM とファームウェア ベースの TPM は、TPM 仕様のバージョン 2.0 を実装する必要があります。Hardware-based and firmware-based TPMs must implement version 2.0 of the TPM specification.
  • EK 証明書は、ハードウェア ベンダーによって事前に TPM にプロビジョニングされているか、最初の起動時にデバイスで読み取れる必要があります。An EK certificate must either be pre-provisioned to the TPM by the HW vendor or be capable of being retrieved by the device during the first boot experience.
  • SHA-256 PCR バンクを搭載し、SHA-256 の PCR 0 から 23 を実装している必要があります。It must ship with SHA-256 PCR banks and implement PCRs 0 through 23 for SHA-256. TPM は、SHA-1 測定と SHA-256 測定の両方に使用できる切り替え可能な単一の PCR バンクを搭載できることに注意してください。Note that it is acceptable to ship TPMs with a single switchable PCR bank that can be utilized for both SHA-1 and SHA-256 measurements.

TPM をオフにする UEFI ファームウェア オプションは必須ではありません。A UEFI firmware option to turn off the TPM is not required.

TPM の詳細については、TechNet の「トラステッド プラットフォーム モジュール技術概要」を参照してください。For detailed TPM information, see Trusted Platform Module Technology Overview on TechNet.

セクション 5.0 - IoT Core の最小ハードウェア要件Section 5.0 - Minimum hardware requirements for IoT Core

このセクションでは、IoT Core を実行するデバイスにのみ適用される詳細なハードウェア要件について説明します。This section provides detailed hardware requirements that apply only to devices that run IoT Core. 適用される可能性がある追加コンポーネントの要件については、セクション 6.0 を参照してください。For additional component requirements that may also apply, see section 6.0.

5.1 プロセッサ5.1 Processor

IoT Core を実行するデバイスには、次の要件を満たす ARM SoC または x86、x64 プロセッサ/SoC が必要です。Devices that run IoT Core require an ARM SoC or x86, x64 processor/SoC that meets the following requirements:

  • x86/x64 プロセッサ/SoC:x86/x64 processor/SoC:
    • 400 MHz 以上。400 MHz or faster.
    • x86 または x64 命令セットと互換性がある。Compatible with the x86 or x64 instruction set.
    • PAE、NX、および SSE2 をサポートしている。Supports PAE, NX and SSE2.
    • 64 ビット OS のインストールでは CMPXCHG16b、LAHF/SAHF、および PrefetchW をサポートしている。Supports CMPXCHG16b, LAHF/SAHF, and PrefetchW for 64-bit OS installation
  • ARM SoC:ARM SoCs:
    • ARMv7 命令セットと互換性がある。Compatible with the ARMv7 instruction set

  デバイスの設計と機能によっては、より高速なプロセッサ パフォーマンスが必要な場合があります。Note  Faster processor performance may be required based on the design and functionality of the device.

対応 SoC のサンプルについては、「対応 SoC」を参照してください。For a sample of enabled SoCs, see Enabled SoCs. 

5.2 メモリ5.2 Memory

IoT Core を実行するデバイスは、表 14 に示す RAM 要件を満たす必要があります。Devices that run IoT Core must meet the RAM requirements shown in Table 14.

表 14: IoT Core を実行するデバイスの RAM 要件Table 14: RAM requirements for devices that run IoT Core

ディスプレイ サポートDisplay support RAM 要件*RAM requirement*
ディスプレイ サポートなしWithout display support >= 256 MB を OS で使用できる>= 256 MB available to the OS
ディスプレイ サポートありWith display support >= 512 MB を OS で使用できる>= 512 MB available to the OS
(64 ビット プロセッサの場合は >= 768 MB)(>= 768 MB for 64bit Processors)

*SoC ベンダー/OEM コンポーネントの設定後に必要となる、使用可能な RAM。*Available RAM needed after any carve-out by SoC vendor/OEM components. 更新機能のために、512 MB 以上の RAM が必要です。A minimum of 512 MB of RAM is required for update functionalilty. デバイスの設計と機能およびディスプレイの解像度によっては、追加の RAM が必要な場合があります。Additional RAM may be required based on the design and functionality of the device and display resolution.

5.3 ストレージ5.3 Storage

IoT Core を実行するデバイスは、2 GB 以上のストレージを内蔵している必要があります。Devices that run IoT Core must include a minimum of 2 GB of storage.

注意:更新機能のために、1 GB 以上のストレージを空ける必要があります。Note: A minimum of 1GB of storage is to remain free for update functionality. デバイスの設計と機能によっては、追加のストレージが必要な場合があります。Additional storage may be required based on the design and functionality of the device.

5.4 トラステッド プラットフォーム モジュール (TPM)5.4 Trusted Platform Module (TPM)

2016 年 7 月 28 日以降、すべての新しいデバイスとプラットフォームの IoT Mobile ライセンスに基づく Windows 10 Mobile Enterprise エディションは TPM 2.0 ISO/IEC 11889 標準をファームウェア ベースのソリューションを使用してまたは個別部品として実装し、それに準拠する必要があります。As of July 28, 2016, Windows 10 Mobile Enterprise editions based on IoT Mobile licensing for all new devices and platforms must implement and be in compliance with the TPM 2.0 ISO/IEC 11889 standard with either an integrated firmware-based solution or included as a discrete component. TPM 2.0 の IoT コア要件は省略可能です。IoT Core requirements for TPM 2.0 are optional.

TPM 2.0 は、次の要件を満たす必要があります。TPM 2.0 must meet the following requirements:

  • EK 証明書は、ハードウェア ベンダーによって事前に TPM にプロビジョニングされているか、最初の起動時にデバイスで読み取れる必要があります。An EK certificate must either be pre-provisioned to the TPM by the hardware vendor or be capable of being retrieved by the device during the first boot experience.
  • SHA-256 PCR バンクを搭載し、SHA-256 の PCR 0 から 23 を実装している必要があります。It must ship with a SHA-256 PCR bank and implement PCRs 0 through 23 for SHA-256. TPM は、SHA-1 測定と SHA-256 測定の両方に使用できる切り替え可能な単一の PCR バンクを搭載できることに注意してください。Note it is acceptable to ship TPMs with a single switchable PCR bank that can be used for both SHA-1 and SHA-256 measurements.

今後のリリースでは、IoT Core で TPM 2.0 が必須になります。TPM 2.0 will be required for IoT Core in a future release

TPM の詳細については、TechNet の「トラステッド プラットフォーム モジュール技術概要」を参照してください。For detailed TPM information, see Trusted Platform Module Technology Overview on TechNet.

5.5 グラフィックス5.5 graphics

GPU は、Windows 10 IoT Core を実行するコンピューターでは省略可能です。A GPU is optional for computers that run Windows 10 IoT Core. GPU が内蔵されている場合は、DirectX 9 以降をサポートする必要があります。If a GPU is included, it must support DirectX 9 or later.

セクション 6.0 - 各コンポーネント共通の最小ハードウェア要件Section 6.0 - Shared minimum hardware requirements for components

このセクションでは、1 つ以上の OS またはデバイスの種類に適用されるコンポーネントの最小要件について説明します。This section provides minimum requirements for components that apply to more than one OS or device type. このセクション内の各コンポーネントは、そのコンポーネントが特定のデバイスに実装されている場合に指定された要件が適用されます。For each component in this section, the specified requirements apply if the component is implemented for a given device.

このセクション内のコンポーネントが各 OS とデバイスの種類に対して必須なのか省略可能なのかについては、表 3 を参照してください。Refer to Table 3 to determine whether the components in this section are required or optional for each OS and device type.

6.1 タッチ、タッチ パッド、およびアクティブ ペン6.1 Touch, touch pad, and active pen

タッチ ソリューション、高精度タッチ パッド ソリューション、またはアクティブ ペン ソリューションを実装する場合、そのソリューションは表 15 の要件を満たす必要があります。If a touch solution, a precision touch pad solution, or an active pen solution is implemented, the solution must meet the requirements in Table 15. ユーザー エクスペリエンスと互換性に関する追加のガイダンスについては、Hardware Lab Kit 内の関連コンテンツを参照してください。For additional guidance about user experience and compatibility, refer to the related content in the Hardware Lab Kit.

表 15: Windows 10 のタッチ、高精度タッチ パッド、およびアクティブ ペン要件Table 15: Touch, precision touch pad, and active pen requirements for Windows 10

要件Requirement 説明Description
HID 準拠HID compliance

ソリューションは、タッチ デジタイザーのレポート、アクティブ ペン デジタイザーのレポート、または高精度タッチパッド デジタイザーのレポートに関する Windows 仕様に基づき、HID 準拠である必要があります (該当する場合)⁹。The solution must be HID compliant per the Windows specification for touch digitizer reporting, active pen digitizer reporting, or precision touchpad digitizer reporting, as appropriate⁹. Windows 10 では、HID 準拠でないソリューションを使用できません。Solutions that are not HID compliant will not function with Windows 10.

ソリューションでは、次のオプションのいずれかを使用して入力データを提供する必要があります。The solution must provide input data by using one of the following options:

  • Windows に付属しているバス固有の HID ミニポート ドライバーのいずれか (USB、I2C、Bluetooth)。One of the bus-specific HID miniport drivers included with Windows (USB, I2C or Bluetooth). このシナリオでは、タッチ ソリューションがバス固有の HID 要件を満たす必要があります。¹⁰For this scenario, the touch solution must follow the bus-specific HID requirements.¹⁰
  • サード パーティ製の HID ミニポート ドライバー。A third-party HID miniport driver.
  Windows 10 デスクトップ エディションと Windows Server 2016 では、互換性と保守性を確保するために、Windows に付属しているいずれかの HID ミニポート ドライバーの使用をお勧めします。 Note  For Windows 10 for desktop editions and Windows Server 2016, using one of the HID miniport drivers included with Windows is recommended to help ensure compatibility and serviceability.
サービスServicing

ソリューションに必要なバス ドライバーとサード パーティ製の HID ミニポート ドライバー (該当する場合) はすべて、Windows Update および出荷時のイメージから入手可能であり、Windows PE で動作可能である必要があります。All necessary bus drivers and third-party HID miniport drivers (if applicable) for the solution must be available on Windows Update, part of the factory image, and functional in Windows PE.

  この要件は、Windows 10 デスクトップ エディションおよび Windows Server 2016 にのみ適用されます。 Note  This requirement is applicable only to Windows 10 for desktop editions and Windows Server 2016.
コンタクト レポートContact reports

ソリューションでは、正規のコンタクトをすべてオペレーティング システムに報告する必要があります。The solution must report all genuine contacts to the operating system. ソリューションでは、デバイスに AC 電源と DC 電源のいずれが使用される場合も、誤検知コンタクト レポート (ゴースト ポイントとも呼ばれます) を生成してはなりません。The solution must not generate false contact reports (also known as ghost points), whether the device is running on AC or DC power.

誤検知コンタクト レポートを生成すると、デバイスが使用不能になり、ユーザーがデバイスに対する動作 (基本的なサービスまたは操作) を正常に実行できなくなる場合があります。False contact reports render a device unusable and may prevent the user from successfully servicing or performing basic interactions with the device.

同時コンタクト レポートSimultaneous contact reporting

ズームやピンチなどのジェスチャを有効にするには、タッチ/高精度タッチ パッド デジタイザーが、少なくとも 2 件のコンタクトを同時に検出、追跡、レポートできる必要があります。For gestures such as zoom and pinch to be enabled, a touch or precision touch pad digitizer must be able to detect, track, and report at least 2 contacts simultaneously. 同時コンタクト レポートにおけるユーザー補助の適合性、ユーザー エクスペリエンス、互換性に関する追加のガイダンスについては、Hardware Lab Kit 内の関連コンテンツを参照してください。For additional guidance about accessibility compliance, user experience and compatibility for simultaneous contact reporting, please refer to the related content in the Hardware Lab Kit.

  この要件は、アクティブ ペンには適用されません。 Note  This requirement does not apply to active pens.

⁹ レポートの要件については、「Windows デジタイザー クラス入力デバイス」を参照してください。⁹For the reporting requirements, see Windows Digitizer Class Input Devices.

¹⁰ HID over I2C の要件については、「HID Over I2C プロトコル仕様」を参照してください。¹⁰For HID over I2C requirements, see HID Over I2C Protocol Specification. HID over Bluetooth の要件については、「HID サービス仕様」を参照してください。For HID over Bluetooth requirements, see HID Service Specification.

6.2 マルチメディア6.2 Multimedia

6.2.1 カメラ6.2.1 Camera

カメラを実装する場合は、このセクションの要件を満たす必要があります。If a camera is implemented, it must meet the requirements in this section.

6.2.1.1 カメラの仕様6.2.1.1 Camera specifications

カメラは、次の要件をサポートする必要があります。The camera must support the following requirements:

  • カメラには、VGA 以上の解像度が必要です。The camera must have a resolution of VGA or better.
  • カメラ ボタンの仕様については、セクション 6.6.3「カメラ ボタンの動作」を参照してください。For camera button specifications, see section 6.6.3 "Camera button behavior."
  • カメラは、自動露出 (AE) と自動ホワイト バランス (AWB) をサポートする必要があります。The camera must support auto exposure (AE) and auto white balance (AWB).

オートフォーカスは省略可能ですが、背面カメラには強く推奨されています。Autofocus is optional, but highly recommended for rear-facing cameras.

カメラの機能仕様を表 16 (静止画像) と表 17 (ビデオ) に示します。Functional specifications for the camera are shown in Table 16 (for still pictures) and Table 17 (for video).

表 16: カメラ静止キャプチャ機能の仕様Table 16: Camera still-capture functional specifications

パラメーターParameter 最小要件Minimum requirement
静止画像の解像度Still image resolution 640 x 480 (VGA)640 x 480 (VGA)
ビューファインダー (プレビュー) の解像度Viewfinder (preview) resolution 640 x 480 (VGA)、フレーム レート 15 FPS 以上 (背面カメラと前面カメラ)、照明 200 ルクス以上。640 x 480 (VGA) with frame rate ≥ 15 FPS (for rear-facing and forward-facing camera) with lighting ≥ 200 lux. 微光状態でも、サポートされているすべての解像度について、10 FPS 以上のフレーム レートを維持する必要があります。In low light conditions the frame rate should maintain a minimum of 10 FPS for all supported resolutions. これより解像度が高い場合も、デバイスでは、同じフレーム レート要件をサポートする必要があります。For higher resolutions, the device must support the same frame rate requirements.
ピクセル アスペクト比Pixel aspect ratio 1 対 1 (正方ピクセル)1:1 (square pixels)
欠陥ピクセル数¹¹Defective pixels¹¹ 中央 50% の画像の欠陥ピクセル数 0、< 中央 50% の画像以外の軽度の欠陥ピクセル数 10 未満0 defective pixels in center 50% image; < 10 minor defective pixels outside center 50% image
オートフォーカス範囲¹²Autofocus range¹² 10 cm から無限遠10 cm to infinity

¹¹ 軽度の欠陥: 黒、白、および 18% グレーの画像をイメージングする際に、ピクセルのグレー レベルが周囲のピクセルと [10 から 20] の範囲で逸脱すること。¹¹ Minor defect: pixel deviates [10,20] gray levels from neighboring pixels when imaging black, white, and 18% gray images. 重大な欠陥: 黒、白、および 18% グレーの画像をイメージングする際に、ピクセルのグレー レベルが周囲のピクセルから> 20 より大きく逸脱すること。Major defect: pixel deviates >20 gray levels from neighboring pixels when imaging black, white, and 18% gray images.

¹² この要件はオートフォーカスが利用可能な場合にのみ適用されます。¹² This requirement applies only if autofocus is available.

表 17: カメラ ビデオ機能の仕様Table 17: Camera video functional specifications

パラメーターParameter 最小要件Minimum requirement
ビデオ キャプチャの解像度Video capture resolution 640 x 480 (VGA)640 x 480 (VGA)
ビューファインダー (プレビュー) の解像度Viewfinder (preview) resolution 640 x 480 (VGA)、フレーム レート 15 FPS 以上 (背面カメラと前面カメラ)、照明 200 ルクス以上。640 x 480 (VGA) with frame rate ≥ 15 FPS (for rear-facing and forward-facing camera) with lighting ≥ 200 lux. 微光状態でも、サポートされているすべての解像度について、10 FPS 以上のフレーム レートを維持する必要があります。In low light conditions the frame rate should maintain a minimum of 10 FPS for all supported resolutions.
欠陥ピクセル数¹³Defective pixels¹³ 中央 50% の画像の欠陥ピクセル数 0、< 中央 50% の画像以外の軽度の欠陥ピクセル数 10 未満0 defective pixels in center 50% image; <10 minor defective pixels outside center 50% image
オートフォーカス範囲¹²Autofocus range¹² 10 cm から無限遠10 cm to infinity

¹³ 軽度の欠陥: 黒、白、および 18% グレーの画像をイメージングする際に、ピクセルのグレー レベルが周囲のピクセルと [10 から 20] の範囲で逸脱すること。¹³Minor defect: pixel deviates [10,20] gray levels from neighboring pixels when imaging black, white, and 18% gray images. 重大な欠陥: 黒、白、および 18% グレーの画像をイメージングする際に、ピクセルのグレー レベルが周囲のピクセルから> 20 より大きく逸脱すること。Major defect: pixel deviates >20 gray levels from neighboring pixels when imaging black, white, and 18% gray images.

6.2.1.2 カメラ フラッシュ6.2.1.2 Camera flash

カメラ フラッシュは省略可能です。A camera flash is optional. 実装する場合のカメラ フラッシュの機能仕様を表 18 に示します。If implemented, functional specifications for the camera flash are shown in Table 18.

表 18: カメラ フラッシュの要件Table 18: Camera flash requirements

パラメーターParameter 最小要件Minimum requirement
フラッシュの種類Flash type キセノン フラッシュまたは LED 電子フラッシュ。Either a xenon or an LED electronic flash . キセノン フラッシュの場合は、カメラのメカニカル シャッターが必須です。In the case of a Xenon flash, a mechanical shutter for the camera is mandatory.
コントロールControl オン、オフ、および自動モードが必須です。On, Off, and Auto modes are required.
位置精度Positional accuracy フレーム中央から 15% 以内でフラッシュ ピーク。Flash peak w/in 15% of frame center.

6.2.1.3 追加のカメラ6.2.1.3 Additional Cameras

デバイス上にプライマリ カメラ以外のカメラが存在し、静止画像やビデオのキャプチャに使用される場合は、そのカメラも、このセクションに記載されているすべての要件を満たす必要があります。Any camera present on the device in addition to the primary camera must meet all the requirements outlined in this section if they are used for still image or video capture. この要件は、静止画像やビデオのキャプチャ以外の機能の実装のみを目的として使用されるカメラには適用されません。The requirements do not apply to cameras used exclusively to implement functionality other than still image or video capture.

6.2.2 オーディオ6.2.2 Audio

6.2.2.1 オーディオのデコードとエンコード6.2.2.1 Audio decode and encode

Windows 10 では、オーディオ エンコーダーとデコーダーのソフトウェアを複数提供しています。Windows 10 provides several software audio encoders and decoders. 提供されているコーデックを削除または変更することはできません。The supplied codecs must not be removed or modified. Microsoft から提供されていない、オーディオ デコーダーまたはエンコーダーのソフトウェアまたはハードウェアを OEM により追加することは可能です。OEMs may add software or hardware audio decoders or encoders not provided by Microsoft.

6.2.2.2 オーディオ コーデック ハードウェア6.2.2.2 Audio codec hardware

オーディオ レンダリングまたはキャプチャを実装する場合、オーディオ コーデック ハードウェアは次の要件を満たす必要があります。If audio render or capture is implemented, the audio codec hardware must meet the following requirements:

  • コーデックは、以下に示す 1 つ以上のビット深度とコンテナーをサポートする必要があります。The codec must support at least one of the following bit depths and containers:
    • 8 ビットの (符号なし) 整数8 bit (unsigned) integer
    • 16 ビットの整数16 bit integer
    • 20 ビットの整数、24 ビットのコンテナー20 bit integer in a 24 bit container
    • 24 ビットの整数24 bit integer
    • 24 ビットの整数、32 ビットのコンテナー24 bit integer in a 32 bit container
    • 32 ビットの整数32 bit integer
  • コーデックは、以下に示す 1 つ以上のチャネル構成をサポートする必要があります。The codec must support at least one of the following channel configurations:
    • (モノラル)(mono)
    • (ステレオ)(stereo)
    • 2.12.1
    • 3.13.1
    • 4.04.0
    • 5.05.0
    • 5.15.1
    • 7.17.1
  • サンプルは、整数または IEEE 754 浮動小数点数である必要があります。The samples must be either integer or IEEE 754 float.
  • デバイスで、入力機能と出力機能の両方をサポートする場合、オーディオ デバイスは形式選択を独立してサポートする必要があります。また、リソースの制限に依存して、任意の選択形式での同時ストリーミングをサポートする必要があります。If the device supports both input and output capabilities, the audio device must support independent selection of formats and support concurrent streaming at arbitrarily selected formats subject to resource limitation.

6.2.2.3 オーディオ ルーティング6.2.2.3 Audio routing

携帯データネットワークがサポートされているデバイスでオーディオを実装する場合、デバイスは表 18 に示されているソースとターゲットの間でオーディオ出力をルーティングする必要があります。If audio is implemented on a device with cellular support, the device must route audio output between the sources and destinations shown in Table 18. 各出力先についてルーティング要件が適用されるのは、出力先のコンポーネントがデバイスに含まれている場合のみです。For each destination, the routing requirement applies only if the device includes the destination component.

  電話機では、表 19 に示されているオーディオのルーティング先がすべて必須です。Note  All the audio routing destinations in Table 19 are required on phones.

  表 19: 携帯データネットワークがサポートされているデバイスのオーディオ出力ルーティング要件Note  Table 19: Audio output routing requirements for devices with cellular support

宛先Destination 携帯データネットワーク RX ソースCellular RX source 携帯データネットワーク RX ソースと携帯データネットワーク TX ソースの混在¹⁵Mix of Cellular RX and Cellular TX source¹⁵
ハンドセット スピーカーHandset Speaker 必須Required なしN/A
スピーカーLoudspeaker 必須Required なしN/A
ワイヤード ヘッドセット/ヘッドホンWired headset/headphone 必須Required なしN/A
Bluetooth ハンズフリー プロファイルBluetooth Hands-Free Profile 必須Required なしN/A
処理者Processor 省略可能Optional 必須Required

¹⁵ 音声通話の録音には、携帯データネットワーク RX と TX の組み合わせが必要です。¹⁵ Mix of cellular RX and TX is required for voice call recording.

携帯データネットワークがサポートされているデバイスでオーディオを実装する場合、デバイスは表 20 に示されているソースと携帯データネットワーク TX との間でオーディオ入力をルーティングする必要があります。If audio is implemented on a device with cellular support, the device must route audio input between the sources shown in Table 20 and cellular TX. 各ソースについてルーティング要件が適用されるのは、ソースのコンポーネントがデバイスに含まれている場合のみです。For each source, the routing requirement applies only if the device includes the source component.

表 20: 携帯データネットワークがサポートされているデバイスのオーディオ入力ルーティング要件Table 20: Audio input routing requirements for devices with cellular support

SourceSource 出力先: 携帯データネットワーク TXDestination – Cellular TX
ハンドセット マイクHandset microphone 必須Required
ワイヤード ヘッドセット マイクWired headset microphone 必須Required
Bluetooth ハンズフリー プロファイル マイクBluetooth Hands-Free Profile microphone 必須Required
処理者Processor 省略可能Optional

FM ステレオがサポートされているデバイスでオーディオを実装する場合、デバイスは、表 21 に示されている FM ステレオとターゲットの間でオーディオ出力をルーティングする必要があります。If audio is implemented on a device with FM stereo support, the device must route audio output between the FM stereo and the destinations shown in Table 21. 各出力先についてルーティング要件が適用されるのは、出力先のコンポーネントがデバイスに含まれている場合のみです。For each destination, the routing requirement applies only if the device includes the destination component.

  電話機では、表 21 に示されているオーディオのルーティング先がすべて必須です。Note  All the audio routing destinations in Table 21 are required on phones.

  表 21: FM ステレオがサポートされているデバイスのオーディオ出力ルーティング要件Note  Table 21: Audio output routing requirements for devices with FM stereo

宛先Destination ソース – FM ステレオSource – FM stereo
スピーカーLoudspeaker 必須Required
ワイヤード ヘッドセット マイクWired headset microphone 必須Required
処理者Processor 省略可能Optional

6.3 ワイヤレス通信6.3 Wireless communications

6.3 ワイヤレス通信 Windows 10 を実行するデバイスは、このセクションに記載されているワイヤレス通信の要件を満たす必要があります。6.3 Wireless communications Devices running Windows 10 must meet the wireless communication requirements in this section.

6.3.1 携帯データネットワーク6.3.1 Cellular

携帯データネットワーク続機能を実装する場合、SoC に統合されているモデム、または (SoC を使用しないデバイスの場合は) デバイスに内蔵されているかドングルとして取り付けられているモデムを使用できます。If cellular connectivity is implemented, it may be provided by a modem that is integrated into the SoC, or by a modem that is attached to the device internally or externally as a dongle (for devices that do not use a SoC).

SoC に統合されたモデムを使用するデバイスの場合は、次の要件が適用されます。For devices that use a modem that is integrated into the SoC, the following requirements apply:

  • サポートされているのは表 4 および表 6 に示されている SoC のみです。Only the SoCs listed in Table 4 and Table 6 are supported.
  • デバイスでは、モデムのインターフェイスとして、Microsoft Radio Interface Layer (RIL) およびモバイル ブロードバンド (MBB) のインターフェイスのみを使用する必要があります。The device must use the Microsoft Radio Interface Layer (RIL) and Mobile Broadband (MBB) interfaces as the only interface to the modem.
  • 携帯データネットワークの音声は、Microsoft RIL を使用する 1 台の内蔵モデムでのみサポートされます。Cellular voice is supported only on one internal modem using the Microsoft RIL. この目的での外付けモデムの使用は許可されていません。Use of an external modem for these purposes is not allowed. 携帯データネットワークの音声用には、RIL を経由して 1 台のモデムのみがサポートされます。Only one modem is supported through the RIL for cellular voice support.

SoC 以外のモデムを使用するデバイスの場合:For devices that use an off-SoC modem:

  • データ通信専用モデムは、MBIM 1.0 (またはそれ以降) の仕様に準拠する必要があります。Data-only modems must comply with the MBIM 1.0 (or later) specification.
  • データと音声をサポートするモデムは、Microsoft RIL と MBB の仕様に準拠する必要があります。Modems that support data and voice must comply with the Microsoft RIL and MBB specifications.

携帯データネットワーク接続機能を実装する場合、モデムは、以下に示すテクノロジの 1 つ以上をサポートする必要があります。If cellular connectivity is implemented, the modem must support at least one of the following technologies:

  • ダウンリンク速度 3.6 Mbps 以上、アップリンク速度 2 Mbps 以上の HSPAHSPA with 3.6 Mbps (minimum) downlink and 2 Mbps (minimum) uplink speed
  • ダウンリンク速度 7.2 Mbps 以上、アップリンク速度 2 Mbps 以上の HSPA+HSPA+ with 7.2 Mbps (minimum) downlink and 2 Mbps (minimum) uplink speed
  • CDMA2000 1xEV-DO Rev. ACDMA2000 1xEV-DO Rev. A
  • CDMA2000 3xEV-DO Rev. BCDMA2000 3xEV-DO Rev. B
  • LTE カテゴリ 1、2 以上LTE Category 1,2 (minimum)
  • TD-SCDMATD-SCDMA
  • TD-LTETD-LTE
  • SGLTESGLTE

GSM/GPRS/EDGE のみをサポートするモデムは許可されていません。Modems that support GSM/GPRS/EDGE only are not allowed.

6.3.2 Bluetooth6.3.2 Bluetooth

Bluetooth を実装する場合、ソリューションでは Bluetooth 4.0 仕様に準拠し、Bluetooth 低エネルギー プロトコルのサポートを含める必要があります。If Bluetooth is implemented, the solution must comply with the Bluetooth 4.0 specification and include support for the Bluetooth Low Energy protocol.

6.3.3 Wi-Fi6.3.3 Wi-Fi

Wi-Fi を実装する場合、ソリューションでは少なくとも 802.11b/g をサポートする必要があります。If Wi-Fi is implemented, the solution must support at least 802.11b/g.

6.3.4 A-GNSS6.3.4 A-GNSS

携帯データネットワークがサポートされているデバイスにアシスト型全地球航法衛星システム (A-GNSS) を実装する場合、受信機は、次の仕様に準拠する Secure User Plane Location 実装をサポートする必要があります。If Assisted Global Navigation Satellite System (A-GNSS) is implemented on a device with cellular support, the receiver must support a Secure User Plane Location implementation that complies with the following specifications:

  • OMA-ERP-SUPL-V2_0-20120417-AOMA-ERP-SUPL-V2_0-20120417-A
  • 3GPP TS 34.1713GPP TS 34.171
  • 3GPP TS 36.3553GPP TS 36.355
  • TIA/EIA/IS-801-BTIA/EIA/IS-801-B

  通信事業者から求められている場合を除き、TIA/EIA/IS-801-B 仕様は省略可能です。Note  The TIA/EIA/IS-801-B specification is optional unless it is required by the mobile operator. Microsoft では、この仕様への準拠が要求されるのは CDMA ネットワークの通信事業者のみであると想定しています。Microsoft expects that only mobile operators with CDMA networks will require compliance with this specification.

中国向けの CDMA がサポートされているデバイスの場合、A-GNSS 受信機で GNSS User Plane 1X もサポートし、次の仕様に準拠する必要があります。For a device with CDMA support for China, the A-GNSS receiver must also support GNSS User Plane 1X, complying with:

  • TIA/EIA/IS-801-1 と IS-801-BTIA/EIA/IS-801-1 and IS-801-B
  • CDMA 用 V2 User Plane Location のサポート用として、gpsOne Mobile Station Sensor Interface Application TCP/IP Wrapper Interface Specification (2002 年 9 月 24 日、文書番号 CL93-V2246-1 Rev. B)gpsOne Mobile Station Sensor Interface Application TCP/IP Wrapper Interface Specification, September 24, 2002, document number CL93-V2246-1 Rev. B, for the support of V2 User Plane Location for CDMA

GLONASS、BeiDou、Gallileo、および QZSS のサポートは省略可能です。Support for GLONASS, BeiDou, Gallileo and QZSS are optional. これらの組み合わせのソリューションが要求されるのは、一部の国や地域のみです。Note that support for some of these constellations are required in certain countries but not others. OEM は、デバイスの販売先となる国または地域に最も適した組み合わせがサポートされている GNSS チップを選択する必要があります。OEMS should select a GNSS chip with the most suitable constellation support for the country in which the device will be sold.

A-GNSS のパフォーマンスと電力消費量を最適化するには、半導体ベンダーの最新ガイドラインに従う必要があります。The OEM must follow the latest silicon vendor guidelines to optimize A-GNSS performance and power consumption.

6.3.5 FM ラジオ6.3.5 FM radio

FM ラジオを実装する場合、モバイル デバイスでは、アプリケーション プロセッサによって生成されたオーディオを FM オーディオとミックスできる必要があります。If FM radio is implemented, the mobile device must be able to mix audio generated by the application processor with FM audio. 表 22 に、FM ラジオに関するその他の技術要件を示します。Table 22 shows additional technical requirements for the FM radio.

表 22: FM ラジオの技術要件Table 22: FM radio technical requirements

必要なチューニング機能Required tuning features
周波数サポートBand support 全世界 (76 MHz から 108 MHz)、50 kHz、100 kHz、および 200 kHz 間隔Worldwide (76 MHz to 108 MHz) with 50 kHz, 100 kHz and 200 kHz spacing
プログラム可能なチャンネル間隔Programmable channel spacing 50 kHz、100 kHz、または 200 kHz 間隔50 kHz, 100 kHz, or 200 kHz spacing
自動選局Seek tuning 必須Required
FM チップの初期化/電源オン時間FM chip initialization or power-on time 2 秒以下≤2 sec
スイープ時間 (自動検索でチャンネルが見つからなかったとして、88 から 108 MHz または 76 から 90 MHz、あるいはこれらの逆方向にスイープした場合にかかる合計時間)Sweep time (Total time taken to an automatic search to sweep from 88 to 108 MHz or 76 to 90 MHz—or reverse direction—assuming no channels found)

16 秒以下 (50 kHz 間隔)≤16 sec (with 50 kHz spacing)

8 秒以下 (100 kHz 間隔)≤8 sec (with 100 kHz spacing)

4 秒以下 (200 kHz 間隔)≤4 sec (with 200 kHz spacing)

必要な追加特性Required additional features
FM アンテナFM antenna 必須Required
RDS/RBDS テキスト表示RDS/RBDS text display 次の RDS 仕様のセクション 5 に指定されている "エラー訂正情報ワード" をハードウェア側で提供する必要があります: IEC 62106 Edition 2.0 (2009 年 7 月)Hardware must supply “error-corrected information words” as specified in Section 5 of the RDS specification: IEC 62106 Edition 2.0, 2009-07

6.3.6 近距離無線通信 (NFC)6.3.6 Near Field Communication (NFC)

実装する場合、NFC 実装は次の要件を満たす必要があります。If implemented, the NFC implementation must meet the following requirements:

  • NFC コントローラーは、NFC フォーラムで規定されたピアツーピア データ交換をサポートする必要があります。The NFC controller must support peer-to-peer exchange as specified by NFC Forum.
  • NFC コントローラーは、リーダー/ライター モードをサポートする必要があります。デバイスは、このモードのとき、パッシブ タグに格納されている情報にアクセスします。The NFC controller must support reader/writer mode, in which the device accesses the information stored in passive tags.
  • NFC コントローラーは、NFC フォーラムで規定された 3 種類のテクノロジ (下記) をすべて RF レイヤーでサポートする必要があります。The NFC controller must support all three technology types specified by the NFC Forum on the RF layer:
    • ISO/IEC 14443-AISO/IEC 14443-A
    • ISO/IEC 14443-BISO/IEC 14443-B
    • ISO/IEC 18092 (Felica)ISO/IEC 18092 (Felica)
  • リーダー/ライター モードのとき、NFC コントローラーは、NFC フォーラムで規定されたタグ タイプ (現時点では NFC フォーラム タグ タイプ 1 から 4) との相互運用性をサポートする必要があります。In reader/writer mode, the NFC controller must support interoperation with the tag types specified by the NFC Forum (currently NFC Forum Tag Types 1–4).
  • カード エミュレーション機能を実装する場合、NFC コントローラーは、ETSI で規定された SWP 回線を使用して、既定 (スロット 0) の UICC に接続する必要があります。If Card Emulation is implemented, the NFC controller must be connected to the default (slot 0) UICC slot by using SWP-line as specified by the ETSI. 物理的な制限によりスロット 0 に SWP 回線を接続できない場合は、レジストリ設定を使用して接続先のスロット値を示す必要があります。If you cannot connect the SWP line to slot 0 due to physical limitations, the OEM must indicate the slot value to which it is connected by using registry settings.

    6.4 センサー6.4 Sensors

6.4.1 加速度計6.4.1 Accelerometer

デバイスに加速度計センサーが内蔵されている場合は、3 軸をサポートする必要があります。If the device includes an accelerometer sensor, it must support three-axis.

6.4.2 近接センサー6.4.2 Proximity sensor

デバイスに近接センサーが内蔵されている場合は、デバイス ディスプレイの近くにあるか、デバイス ディスプレイの上部に置かれたものを感知できる向きにセンサーを配置する必要があります。If the non-desktop device includes a proximity sensor, it must be oriented to sense objects that are close to the device display or resting on the top of the device display.

  デバイスでは、赤外線ベースの近接センサーの代わりに、静電容量方式ベースの近接センシング ソリューションとして、タッチ コントローラーを使用することもできます。Note  Devices may use the touch controller as a capacitive-based proximity sensing solution instead of an infrared-based proximity sensor.

6.4.3 ジャイロスコープ6.4.3 Gyroscope

デバイスにジャイロスコープ センサーが内蔵されている場合は、3 軸をサポートする必要があります。If the device includes a gyroscope sensor, it must support three-axis.

6.4.4 磁力計6.4.4 Magnetometer

デバイスに磁力計が内蔵されている場合は、3 軸をサポートする必要があります。If the device includes a magnetometer, it must support three-axis.

6.5 ハードウェア通知6.5 Hardware notifications

Windows 10 Mobile を実行する電話機は、バイブレーション メカニズム (OS によって制御可能なバイブレーション モーター、バイブレーション スピーカー、ハプティック トランスデューサーなど) を内蔵している必要があります。Phones that run Windows 10 Mobile must include a vibration mechanism such as a vibration motor, vibration speaker, or haptics transducer controllable by the OS. Windows 10 を実行する他のデバイスでは、バイブレーション メカニズムは省略可能です。A vibration mechanism is optional for other devices that run Windows 10. 電話機以外のデバイスにバイブレーション メカニズムを実装する場合、このメカニズムを OS で制御できるようにする必要はありません。If a vibration mechanism is implemented for devices other than phones, the mechanism is not required to be controllable by the OS.

Windows 10 を実行するデバイスは、オプションで通知 LED (NLED) を内蔵することもできます。Devices that run Windows 10 may optionally include notification LEDs (NLEDs).

6.6 ハードウェア ボタンの動作6.6 Hardware button behavior

このセクションでは、ハードウェア ボタンの動作要件について説明します。This section provides behavior requirements for hardware buttons. 各 OS およびデバイスで、どのハードウェア ボタンが必須か省略可能かを確認するには、表 3 の「ハードウェア ボタン」行を参照してください。また、Windows 10 Mobile の場合はセクション 2.6、Windows 10 デスクトップ エディションの場合はセクション 3.6 も参照してください。To determine which hardware buttons are required or optional for each OS and device, see the "Hardware buttons" row in Table 3 and sections 2.6 (for Windows 10 Mobile) and 3.6 (for Windows 10 for desktop editions).

  このセクションに記載されている要件は、Windows 10 Mobile Enterprise には適用されません。Note  The requirements in this section do not apply to Windows 10 Mobile Enterprise. Microsoft では、Windows 10 Mobile Enterprise を実行するデバイスに実装するボタンにこのセクションの要件を適用することをお勧めしますが、準拠は必須ではありません。Microsoft recommends that buttons implemented on devices running Windows 10 Mobile Enterprise comply with the requirements in this section, but compliance is not required.

6.6.1 低電力アイドル状態をサポートするデバイスのボタン ウェイクアップ要件6.6.1 Button wake up requirements for devices that support low-power idle states

低電力アイドル状態をサポートするデバイスでは、特定のハードウェア ボタンを使用して、サポートされている最低電力のアイドル状態での割り込みと、デバイスのアプリケーション プロセッサのウェイクアップを実行できるようにする必要があります (表 23 を参照)。On devices that support low-power idle states, certain hardware buttons must be able to interrupt and wake up the device's application processor from its lowest supported idle state as shown in Table 23. この機能は、OS の電源ポリシー マネージャーがいつボタン プレスを処理し、いつ無視するかを制御するために必要です。This capability is needed for the OS power policy manager to control when a button press is processed and when it is ignored. この機能では、ディスプレイを起動する必要はありません。This capability does not require the display to come on. サポートされているデバイスでは、次の要件をどちらも満たしている必要があります。A supported device must meet both of the following requirements:

  • Windows 10 Mobile または Windows 10 デスクトップ エディションを実行していること。They run Windows 10 Mobile or Windows 10 for desktop editions.
  • Fixed ACPI Hardware Table (FADT) で LOW_POWER_S0_IDLE_CAPABLE フラグが設定されていること。The LOW_POWER_S0_IDLE_CAPABLE flag is set in the Fixed ACPI Hardware Table (FADT).

表 23: 低電力アイドル状態をサポートするデバイスのウェイクアップ ソースの一覧Table 23: List of wake-up sources for devices that support low-power idle states

ソース (アクション)Source (action) Source type (ソースの種類)Source type ウェイクアップ機能Wake-up capability
カメラ ボタン (全押し)Camera button (full press) ButtonButton

必須Required

  Windows 10 Mobile Enterprise を実行するデバイスでは、カメラ ボタンの全押しによるウェイク アップは省略可能です。 Note  Wake-up on a full press of the camera button is optional for devices that run Windows 10 Mobile Enterprise .
カメラ ボタン (実装されている場合は、デュアル アクション ボタンの半押し)Camera button (half press of a dual-action button, if implemented) ButtonButton 省略可能Optional
音量増/減ボタンVolume Up/Down buttons ButtonButton オーディオ ストリームがアクティブである場合、音量の調整に必要です。Required if an audio stream is active to adjust the volume.
スタート ボタンStart button ButtonButton 省略可能Optional
ヘッドセット リモート音量増ボタンHeadset remote Volume Up button ワイヤード ヘッドセット アクセサリにあるボタンButton on the wired headset accessory オーディオ ストリームがアクティブである場合、音量の調整に必要です。Required if an audio stream is active to adjust the volume.
ヘッドセット リモート中央ボタンHeadset remote middle button ワイヤード ヘッドセット アクセサリにあるボタンButton on the wired headset accessory 必須Required
ヘッドセット リモート音量減ボタンHeadset remote Volume Down button ワイヤード ヘッドセット アクセサリにあるボタンButton on the wired headset accessory オーディオ ストリームがアクティブである場合、音量の調整に必要です。Required if an audio stream is active to adjust the volume.
電源ボタンPower button ButtonButton 必須Required
検索ボタンSearch button ButtonButton 省略可能Optional
[戻る] ボタンBack button ButtonButton 省略可能Optional
回転ロックRotation lock ボタン/スライダーButton/slider 省略可能Optional

6.6.2 電源ボタンの動作6.6.2 Power button behavior

実装する場合、電源ボタンは次の要件を満たす必要があります。If the Power button is implemented, it must meet the following requirements:

  • デバイスがオフの場合、電源ボタンの押下で、デバイスをオンにする必要があります。When the device is off, pressing the power button must turn on the device. 加えて、デバイスがオンになる際に、それを示す必要があります (振動やディスプレイのオンなど)。In addition, the device must show activity when it is turned on (such as vibrating or turning on the display).

  • デバイスの現在の状態に関係なく、デバイスをオフにしたり、電源を入れ直したりする (デバイスをオフにしてもう一度オンにする) ことができるように、デバイスにはハードウェア タイマーを実装する必要があります。The device must implement a hardware timer to allow for either turning off the device or power cycling the device (turning off the device and then turning it on again) regardless of the current state of the device. このタイマーは、次のオプションの 1 つ以上を使用して実装する必要があります。This must be implemented by using at least one of the following options:

    • 電源ボタンを長押しする。Press and hold the Power button.
    • 電源ボタンと音量減ボタンを同時に長押しする。Press and hold the Power button and the Volume Down button at the same time.

    これらのボタン オプションのいずれかでハードウェア タイマーが開始するようにします。Either of these button options must start the hardware timer. タイマーの長さは次のように設定します。The duration of the timer must be as follows:

    • Windows 10 デスクトップ エディションを実行し、低電力アイドル状態をサポートするデバイスの場合、タイマーは 10 秒とします。For devices that run Windows 10 for desktop editions and support low power idle states, the timer must be 10 seconds.
    • Windows 10 デスクトップ エディションを実行し、低電力アイドル状態をサポートしないデバイスの場合、または Windows Server 2016 を実行するデバイスの場合、タイマーは 4 秒とします。For devices that run Windows 10 for desktop editions but do not support low power idle states, or for devices that run Windows Server 2016, the timer must be 4 seconds.
    • Windows 10 Mobile を実行するデバイスの場合、タイマーは 10 秒とします。For devices that run Windows 10 Mobile, the timer must be 10 seconds.

    低電力アイドル状態をサポートするデバイスの定義については、6.6.1 を参照してください。For a definition of a device that supports low power idle states, see 6.6.1.

    タイマーを開始するために使用したボタンを離すとタイマーが停止するようにします。Releasing any of the buttons used to start the timer must stop the timer. タイマーが切れたら、デバイスの電源を入れ直すか、デバイスをオフにします。Upon expiration of the timer, the device must either power cycle or turn off the device.

      電源がオンになっていることを示す唯一の目印がディスプレイである場合 (ファンや LED のないデバイスの場合) は、電源ボタンと音量減ボタンの組み合わせを使用して電源の入れ直しを開始することをお勧めします。Note  We recommend that the Power and Volume Down combination be used to start a power cycle on devices where the display is the only sign of life (for example, devices with no fan or LED).

6.6.3 カメラ ボタンの動作6.6.3 Camera button behavior

専用のカメラ ボタンを実装する場合、独立した別々のアクションとして "半押し" と "全押し" を検出できるデュアル アクション カメラ ボタンにすることも、"半押し" の機能をサポートしないシングル アクション カメラ ボタンにすることもできます。If a dedicated camera button is implemented, it can be a dual-action camera button with the ability to detect “half-press” and “full-press” as distinct separate actions or a single-action camera button that does not support a "half-press" functionality.

6.6.4 回転ロック ボタンの動作6.6.4 Rotation lock button behavior

画面の回転ロック ボタンを実装することができます。A screen rotation lock button can be implemented. 回転ロック ボタンは、押しボタンにすることも、機械的に取り付ける位置がなければステートレスなスライダーにすることもできます。The rotation lock button can either be a press button or a slider that is stateless as long as there is no mechanical position.

6.7 コネクタ6.7 Connectors

このセクションで示すコネクタの種類ごとに、以下の要件がそのコネクタの種類が実装されているデバイスに適用されます。For each of the connector types listed in this section, the following requirements apply to any device that includes the connector type.

6.7.1 USB6.7.1 USB

Windows 10 を実行するすべてのデバイスとコンピューターで、USB は省略可能です。USB is optional for all devices and computers that run Windows 10. Windows 10 は、次の USB コントローラーをサポートしています。Windows 10 supports the following USB controllers:

  • ファンクション コントローラーFunction controllers
  • ホスト コントローラーHost controllers
  • デュアル ロール OTG コント ローラーDual-role OTG controllers

USB ファンクション コントローラーとホスト コントローラーのサポートに関するガイダンスについては、利用可能になった時点で Windows 10 パートナー ドキュメントに記載されます。Guidance about supporting USB function and host controllers will be provided in the Windows 10 Partner Documentation when it is available.

6.7.2 ヘッドホン/ヘッドセット6.7.2 Headphone/headset

デバイスに 3.5 mm のステレオ ヘッドホン/ヘッドセット ジャックが内蔵されている場合は、次の要件を満たす必要があります。If the device includes a 3.5-mm stereo headphone/headset jack, it must meet the following requirements:

  • ステレオ出力を提供する必要があります。It must provide stereo output.
  • ヘッドホン/ヘッドセットの挿入と取り外しを検出し、OS への割り込みを生成する必要があります。It must detect insertion and removal of the headphone/headset and generate an interrupt to the OS.
  • デバイスがコネクト スタンバイ モードの場合は、この動作でウェイクアップします。It must wake the device if the device is in connected standby mode.

加えて、デバイスでマイク付きヘッドセットをサポートする場合は、ヘッドセット マイクの有無を OS に通知する必要があります。Additionally, if the device supports a headset with a microphone, it must communicate the presence or absence of the headset microphone to the OS.

6.7.3 SD カード スロット6.7.3 SD card slot

デバイスに SD カード スロットが内蔵されている場合は、次の要件を満たす必要があります。If the device includes an SD card slot, it must meet the following requirements:

  • SD カード スロットは、SD 3.0 準拠の SD カードの操作をサポートできる必要があります。The SD card slot must be able to support the operation of an SD 3.0 compliant SD card. 供給電圧など、SD 3.0 仕様 (https://www.sdcard.org/) のすべての要件を満たす必要があります。All SD 3.0 specification requirements (https://www.sdcard.org/) such as supply voltage must be met.
  • SD カード スロットは、オプションでホット スワップ (デバイスがオンの状態での挿入と取り外し) をサポートすることができます。The SD card slot may optionally support hot swap, that is, insertion or removal while the device is turned on.
  • スロットでホット スワップをサポートする場合、カードの挿入や取り外しのイベントが発生すると、すべて OS に通知し、そのデバイスのウェイクアップ ソースとする必要があります。If the slot supports hot swap, all card insertion/removal events must be reported to the OS and must be wake-up sources for the device. OEM ハードウェア回路もデバイス ドライバー ソフトウェアも、SD カードの挿入または取り外しによって、デバイス ディスプレイのウェイクアップを実行するなど、目に見えるカスタム アクションを行う必要はありません。Neither OEM hardware circuitry nor device driver software must take any observable custom actions, such as waking up the device display, based on SD card insertion or removal.
  • スロットでホット スワップをサポートしない場合は、デバイスで通常の操作が実行されているときにカードの挿入と取り外しを行えないように設計する必要があります。If the slot does not support hot swap, it must be designed so that the card cannot be inserted or removed while the device is in normal operation. たとえば、バッテリーが存在する場合はカードの挿入または取り外しができないように、バッテリーでスロットを遮ることもできます。For example, it could be obstructed by the battery to make it impossible to insert or remove the card when the battery is present.

6.7.4 SIM スロット6.7.4 SIM slot

デバイスで単一の SIM カードをサポートする場合は、1 基の SIM スロットを内蔵する必要があります。If the device supports a single SIM card, it must include one SIM slot. デバイスでデュアル SIM をサポートする場合は、2 基の SIM スロットを内蔵する必要があります。If the device supports dual SIM, it must include two SIM slots.

デバイスに 2 基の SIM スロットを内蔵する場合は、OEM が各スロットに番号付きラベルを付けることお勧めします。If the device includes two SIM slots, we recommend that OEMs include a numbered label for each slot. OS UI の一部で SIM スロットが番号で参照されるため、このようなラベルを付けておくと、ユーザー エクスペリエンスの一貫性の確保に役立ちます。Some parts of the OS UI refer to the SIM slots by number, and including these labels will help provide a more consistent user experience.

SIM スロットは、無線テクノロジには依存しません。The SIM slots are radio technology agnostic.

6.7.5 ビデオ出力6.7.5 Video output

ビデオ出力ポートが必須、省略可能、またはサポートされていないデバイスの種類とオペレーティング システムの一覧については、表 3 を参照してください。For a list of device types and operating systems where a video output port is required, optional, or not supported, see Table 3.

Windows 10 を実行するデバイスでは、出力保護に関して、Microsoft WMDRM/PlayReady® のコンプライアンス規則と堅牢性の規則に準拠している必要があります。Devices that run Windows 10 must be compliant with the Microsoft WMDRM/PlayReady® Compliance Rules and Robustness Rules with respect to output protections.

ビデオ出力ポートが必須または省略可能であるデバイスで、以下のビデオ出力ポートが Windows 10 でサポートされています。Windows 10 supports the following video output ports on devices where a video output port is required or optional:

  • HDMIHDMI
  • DVIDVI
  • DisplayPortDisplayPort
  • HD 15 (一般的な VGA 接続)HD-15 (typical VGA connection)
  • S-VideoS-Video
  • ComponentComponent
  • コンポジットComposite

6.8 UEFI とセキュア ブート6.8 UEFI and Secure Boot

Windows 10 デスクトップ エディション、Windows 10 Mobile、および Windows 10 IoT Core は、UEFI セキュア ブートを有効にした状態で出荷され、既定で UEFI モードとして起動する必要があります。Windows 10 for desktop editions and Windows 10 Mobile and IoT Core must boot into UEFI mode by default and ship with UEFI Secure Boot enabled. システム ファームウェアは、UEFI 仕様バージョン 2.3.1 以降に準拠する必要があります。System firmware must be compliant with the UEFI Specification Version 2.3.1 or higher.

特殊な目的の商用システム、ビルド ツー オーダー、およびカスタム イメージを使ったお客様用システムを対象とした OEM システムの場合、UEFI セキュア ブートを有効にして出荷する必要はありません。OEM systems for special purpose commercial systems, build to order, and customer systems with a custom image are not required to ship with UEFI Secure Boot enabled.

Windows 10 デスクトップ エディションと IoT Core のシステムでは、オプションとして、ファームウェアのセットアップを使用してセキュア ブートを無効にする機能をサポートできます。Windows 10 for desktop editions and IoT Core systems can optionally support the ability to disable Secure Boot via firmware setup. Windows 10 Mobile システムでは、セキュア ブートを無効にする機能は実装できません。Windows 10 Mobile systems must not implement the ability to disable Secure Boot. Windows 10 デスクトップ エディションと Windows 10 Mobile のシステムでは、測定値を PCR [7] に格納する必要があります。Windows 10 for desktop editions and Windows 10 Mobile systems must implement measurements into PCR [7].

  いずれのシステムでも、ブート サービス中または既存の EFI ブート サービスの終了後にセキュア ブートが無効になるようにプログラムで処理することは、許可されていません。Note  No systems should allow programmatic disabling of Secure Boot during boot services or after exiting EFI boot services.

6.9 ユーザー補助6.9 Accessibility

ほとんどの Windows 10 オペレーティング システムには、ナレーターというスクリーン リーダー機能が含まれています。Most Windows 10 operating systems include the Narrator screen reader feature for accessibility. メインのユーザー入力方法としてタッチが使用されるデバイスでナレーターが正しく動作するためには、少なくとも 4 つの同時コンタクトを報告できるタッチ コントローラーをデバイスに搭載する必要があります。For Narrator to work correctly on a device that uses touch for the primary means of user input, the device must include a touch controller that can report at least four simultaneous contacts. ユーザー補助の要件が適用される市場でデバイスの販売を計画する場合は、この点にご注意ください。OEMs should be aware of this when planning devices for markets with accessibility requirements.

ユーザー入出力デバイス接続点を用意する場合は、市販のアダプターの使用を通してまたは直接、業界標準の非独占形式に準拠した入出力接続を 1 つ以上用意します。Where providing user input or output device connection points, provide at least one input and/or output connection that conforms to an industry standard non-proprietary format, directly or through the use of commercially available adapters.

矩形のキーパッド レイアウトに配置する数字キーには、他のキーと触って区別できる 5 番キーを含める必要があります。Numeric keys arranged in a rectangular keypad layout must have the number five key tactilely distinct from the other keys. キー リピートがサポートされている場合は、リピート間隔を 2 秒以上に調整できる必要があります。If key repeat is supported, the delay before repeat must be adjustable to 2 seconds or more. キーストロークは、0.5 秒以上に調整できる必要があります。Keystroke should be adjustable of at least 0.5 seconds. また、すべてのロック コントロールまたは切り替えコントロールのステータスが視覚的に認識可能であり、また、接触と音のどちらかでも認識可能である必要があります。And, the status of all locking or toggle controls must be discernible visually and either through touch or sound.

すべての機械的に動作するコントロールとキーは、ユーザー補助の標準に準拠する必要があります。All mechanically operated controls and keys shall comply with accessibility standards. つまり、デスクトップまたはポータブル コンピューターの通常の動作に必要なすべてのコントロールとキーにアクセスできる必要があります。In other words, all controls and keys for the normal operation of a desktop or portable computer must be accessible. これには、キーボード、キーパッド、電源スイッチ、リセット ボタン、ドッキング ステーションのロック解除コントロール、および拡張カードやドライブの解除ボタンが含まれます。This includes the keyboard, keypad, power switch, reset button, unlocking controls for docking stations, and release buttons for expansion cards and drives.

ハードウェア コントロールは、特に、震えを伴ったり、協調動作が制限されたりしているユーザーの偶発的なアクティブ化を防ぐ必要性と、力を入れなくてもアクティブ化できるようにする必要性のバランスを取る必要があります。Hardware controls need to balance between the need to prevent accidental activation, especially for users with tremors or limited coordination, and the need to allow activation without using excessive force. コントロールとキーをアクティブ化するために必要な力は、5 lbs The force required to activate controls and keys shall be 5 lbs. (22.2 N) 以下にする必要があります。(22.2 N) maximum. つまり、機械的に動作するコントロールは、特定の動き (手首を捻る、固く握る、つまむ) または大変な努力 (5 ポンドを超える力) を必要とせず、片手で操作できる必要があります。In other words, mechanically operated controls must be usable with one hand, without particular motions (twisting of the wrist, tight grasping, pinching) or considerable exertion (more than five pounds of force).

すべての機能のユーザーがデバイスを想定どおりに操作して制御できるように、エクスペリエンスの操作可能な部分を目視せずに識別するための手段を提供します。Provide a means to discern without vision each operable part of the experience such that users of all abilities are able to manipulate and control a device as expected. たとえば、視覚碍障のあるユーザーがデバイスを操作できる必要があります。Example, visually impaired users should be able to operate the device.

ハードウェアの目的が共同利用で、音声出力が使用できる場合は、操作の音声モードを開始する手段を触ってわかるようにする必要があります。Where hardware is intended for shared use and speech output is available, a tactile indication of the means to initiate the speech mode of operation shall be provided.

1 か所で使用するように意図された、建造物に設置された製品または独立した据え置き型の製品は、移動範囲が限られているユーザー (車椅子に乗っている人など) 用に配置されたすべての機能にアクセスするために必要なすべてのコントロールを備えている必要があります。Architecturally installed or free-standing non-portable products intended to be used in one location must have all controls necessary to access full functionality positioned for users with limited reach (such as for people who use wheelchairs).

情報を伝達する唯一の視覚的手段として色を使用しないでください。Do not use color as the only visual means of conveying information. ユーザーに色合いの識別、アクションの指定、応答の指示、または視覚要素の区別を要求するような方法で色を使用しないでください。Do not use color in a way that requires the user to discriminate between hues, indicate an action, prompt a response, or distinguish a visual element.

セクション 7.0 用語集:用語と略語Section 7.0 Glossary: Terms and abbreviations

用語Term 定義Definition
3GPP3GPP Third Generation Partnership Project (第 3 世代パートナーシップ プロジェクト)Third Generation Partnership Project
A-GNSSA-GNSS Assisted Global Navigation Satellite System (アシスト型全地球航法衛星システム)Assisted Global Navigation Satellite System
ARMARM Advanced RISC MachinesAdvanced RISC Machines
CDMACDMA Code Division Multiple Access (符号分割多重アクセス)Code Division Multiple Access
DDIDDI Display driver interface (ディスプレイ ドライバー インターフェイス)Display Driver Interface
DEPDEP データ実行防止Data Execution Prevention
DHDH Device host (デバイス ホスト)Device host
e•MMCe•MMC Embedded MultiMediaCardEmbedded MultiMediaCard
EPTEPT Extended Page TablesExtended Page Tables
EV-DOEV-DO Evolution-Data OptimizedEvolution-Data Optimized
FHDFHD Full High-Definition (フル HD)Full High-Definition
GDIGDI Graphics-device interface (グラフィックス デバイス インターフェイス)Graphics Device Interface
GPRSGPRS General Packet Radio SystemGeneral Packet Radio System
GPSGPS Global Positioning System (全地球測位システム)Global Positioning System
GSMGSM Global System for Mobile CommunicationGlobal System for Mobile Communication
HACHAC Hearing Aid Compatibility (補聴器両立性)Hearing Aid Compatibility
HSPAHSPA High-Speed Packet Access (高速パケット アクセス)High-Speed Packet Access
LTELTE Long-Term Evolution (ロング ターム エボリューション)Long-Term Evolution
MbpsMbps メガ (1,000,000) ビット/秒Mega (1,000.000) bits per second
MBpsMBps メガ (1,000,000) バイト/秒Mega (1,000,000) Bytes per second
NPTNPT Nested Page TablesNested Page Tables
NXNX No-eXecute プロセッサ機能No-eXecute processor feature
OEMOEM Original Equipment Manufacturer (相手先ブランド供給)Original Equipment Manufacturer
OMAOMA Open Mobile AllianceOpen Mobile Alliance
PAEPAE Physical Address Extension (物理アドレス拡張)Physical Address Extension
qHDqHD Quad High-DefinitionQuad High-Definition
RAMRAM Random Access Memory (ランダム アクセス メモリ)Random Access Memory
RBDSRBDS Radio Broadcast Data SystemRadio Broadcast Data System
RDSRDS Radio Data SystemRadio Data System
RILRIL Microsoft Radio Interface LayerMicrosoft Radio Interface Layer
SDSD Secure Digital カードSecure Digital card
SESE セキュリティ要素Secure Element
SOCSOC System on a ChipSystem on a chip
SSE2SSE2 Streaming SIMD Extensions 2Streaming SIMD Extensions 2
SUPLSUPL Secure User Plane LocationSecure User Plane Location
SWPSWP Single wire protocolSingle wire protocol
TPMTPM トラステッド プラットフォーム モジュールTrusted Platform Module
TTYTTY Teletypewriter (テレタイプライター)Teletypewriter
UEFIUEFI Unified Extensible Firmware InterfaceUnified Extensible Firmware Interface
UIUI ユーザー インターフェイスUser Interface
UFSUFS Universal Flash StorageUniversal Flash Storage
UICCUICC Universal Integrated Circuit CardUniversal Integrated Circuit Card
UMTSUMTS Universal Mobile Telecommunications SystemUniversal Mobile Telecommunications System
USBUSB Universal Serial Bus (ユニバーサル シリアル バス)Universal Serial Bus