DRM の要件DRM Requirements

このセクションでは、Microsoft Windows Hardware Quality Lab (WHQL) による DRM 準拠テストに合格するために、オーディオミニポートドライバーが満たす必要のある要件を示します。This section presents the requirements that an audio miniport driver must meet to pass DRM-compliance testing by Microsoft Windows Hardware Quality Lab (WHQL). これらの要件は、特に、WaveCyclic および WavePciオーディオミニポートドライバーに適用されます。これは、ポートクラスライブラリ (Portcls) の WavePci および WaveCyclic ポートドライバーに対応するハードウェア固有のものです。These requirements apply specifically to WaveCyclic and WavePci audio miniport drivers, which are hardware-specific counterparts to the WavePci and WaveCyclic port drivers in the Port Class Library (Portcls.sys). DRM 準拠テストは、現在 USB ドライバーでは使用できません。DRM-compliance testing is not currently available for USB drivers.

Windows Me および Windows XP 以降では、信頼できるオーディオドライバーのみが DRM で保護されたコンテンツを再生できます。In Windows Me and in Windows XP and later, only trusted audio drivers can play DRM-protected content. Windows は、ドライバーの .cat (カタログ) ファイルに保存されている DRM 固有のデジタル署名を使って、信頼されたドライバーを識別します。Windows identifies a trusted driver by means of a DRM-specific digital signature that is stored in the driver's .cat (catalog) files. Microsoft は、WHQL によって管理されるハードウェア互換性テストの一部として DRM 準拠テストに合格するドライバーに対してのみ DRM 署名を発行します。Microsoft issues a DRM signature only for a driver that passes the DRM-compliance test as part of the hardware-compatibility testing administered by WHQL.

Windows Me ドライバーの場合、DRM 準拠テストはオプションであり、ハードウェアベンダーの要求でのみ実行されます。For Windows Me drivers, the DRM-compliance test is optional and is performed only at the hardware vendor's request. DRM 署名は、Windows ロゴ署名に加えて、とは別のものです。The DRM signature is separate from and in addition to the Windows-logo signature. Windows ロゴテストに合格しても DRM 準拠テストではないドライバーは、DRM セキュリティで保護されていないコンテンツを再生できることに注意してください。Note that a driver that passes the Windows-logo test but not the DRM-compliance test still can play content that is not protected by DRM security.

ただし、Windows XP 以降では、DRM 準拠テストは、WHQL テストの必須部分です。For Windows XP and later, however, the DRM-compliance test is a required part of WHQL testing. ドライバーは、"Windows XP 用に設計" ロゴを修飾するために、DRM 準拠テストに合格する必要があります。A driver must pass the DRM-compliance test in order to qualify for the "Designed for Windows XP" logo.

DRM 準拠テストでは、次の操作を行うために、信頼できるオーディオドライバーが必要です。The DRM-compliance test requires a trusted audio driver to do the following:

  • オーディオミニポートドライバーは、 IDrmAudioStreamインターフェイスをそのストリームオブジェクトに実装する必要があります。この場合、IID_IDrmAudioStream に対してクエリを実行する場合は、IDrmAudioStream 型のオブジェクトを返す必要があります。The audio miniport driver must implement the IDrmAudioStream interface in its stream objects, which must return an object of type IDrmAudioStream if queried for IID_IDrmAudioStream.

  • コピー防止が要求された場合 (Drmrights)。CopyProtect = TRUE)、オーディオドライバーは、現在再生されているストリームをキャプチャする機能を無効にする必要があります。When copy protection is requested (DRMRIGHTS.CopyProtect = TRUE), the audio driver must disable the ability to capture the stream currently being played back. つまり、ドライバーは、保護されていないデジタルコンテンツを、ハードディスク、EEPROM、メモリカード、メモリスティックを含む任意の形式の不揮発性ストレージに保存することはできません。This means that the driver must not save the unprotected digital content to any form of nonvolatile storage, which includes hard disk, EEPROM, memory card, and memory stick. また、ドライバーは出力 D/A コンバーターで capture マルチプレクサーを無効にし、それ以外の場合はデジタルコンテンツのループバックを防止する必要があります。Also, the driver must disable the capture multiplexer on an output D/A converter and otherwise prevent the loopback of digital content.

  • オーディオドライバーからデバイスのデジタルオーディオ出力を無効にするように求められた場合 (DRMRIGHTS)。DigitalOutputDisable = TRUE) では、標準の相互接続スキームを使用して標準インターフェイス経由でコンテンツを送信できるすべてのデジタルオーディオ出力を無効にする必要があります。When an audio driver is asked to disable the digital audio output on the device (DRMRIGHTS.DigitalOutputDisable = TRUE), it must disable all digital audio outputs that are capable of transmitting content over a standard interface through a standard interconnection scheme. デジタル出力は、--S/PDIF、IEEE 1394、パラレル、シリアル、モデム、およびネットワークポートに厳密に限定されていません。Digital outputs include--but are not strictly limited to--S/PDIF, IEEE 1394, parallel, serial, modem, and network ports. (現時点では、この要件は USB には適用されません)。(This requirement does not currently apply to USB.)

  • セキュリティで保護されたコンテンツを処理する場合、オーディオドライバーは、信頼されていないドライバーをそのスタックにアタッチすることはできません。When handling secure content, an audio driver must never attach an untrusted driver to its stack. つまり、オーディオドライバーは、DRM 署名も含まれる他のコンポーネントのみに依存する必要があります。In other words, the audio driver must rely only on other components that also contain DRM signatures. このドライバーでは、DRM 署名のないコンポーネントへのオーディオデータの転送を容易にすることはできません。The driver must never facilitate the transfer of audio data to any component that does not have a DRM signature. 特に、ドライバーがデジタルコンテンツを別のコンポーネントに渡す場合、ドライバーはカーネルの DRM Api を使用して、この事実をDrmk システムドライバーに通知する必要があります。In particular, if a driver passes digital content to another component, the driver must use the DRM APIs in the kernel to inform the DRMK system driver of this fact.

DRM 準拠テストを渡すだけでなく、オーディオデバイスとドライバーでは、カーネル内の DRM コンポーネントを無効にしたり、管理したりする操作のモードをユーザーが選択できないようにする必要があります。In addition to passing the DRM-compliance test, the audio device and driver must not allow a user to select a mode of operation that defeats or subverts the DRM components in the kernel. 具体的には、ドライバーは、レジストリ設定、ユーザーコントロールパネル、または DRM 機能を無効にするその他の手段を提供してはなりません。Specifically, the driver must not provide registry settings, user control panels, or other means of disabling the DRM functions.