Debugging Tools for Windows (WinDbg、KD、CDB、NTSD)

ここでは、Debugging Tools for Windows の概要について説明します。 このツール セットには、WinDbg および他のデバッガーが含まれます。

Debugging Tools for Windows のインストール

Debugging Tools for Windows は、開発キットの一部として、またはスタンドアロン ツール セットとして入手できます。

  • WDK の一部として

    Debugging Tools for Windows は Windows Driver Kit (WDK) に含まれています。 WDK を入手するには、「Windows Driver Kit (WDK) のダウンロード」をご覧ください。

  • Windows SDK の一部として

    Debugging Tools for Windows は Windows ソフトウェア開発キット (SDK) に含まれています。 インストーラーまたは ISO イメージをダウンロードするには、Windows デベロッパー センターの「Windows 10 SDK」を参照してください。

  • スタンドアロン ツール セットとして

    Windows SDK または WDK なしで、Debugging Tools for Windows のみをインストールするには、Windows SDK のインストールを開始し、機能の一覧で[Debugging Tools for Windows] のみを選択してインストールします (その他すべての機能を選択を解除します)。 インストーラーまたは ISO イメージをダウンロードするには、Windows デベロッパー センターの「Windows 10 SDK」を参照してください。

Windows のデバッグの概要

Windows のデバッグの概要については、「Getting Started with Windows Debugging」(Windows のデバッグの概要) をご覧ください。

カーネル モード ドライバーのデバッグの概要については、「ユニバーサル ドライバーをデバッグする - ステップ バイ ステップ ラボ (Echo カーネル モード))」をご覧ください。 このステップ バイ ステップ ラボでは、WinDbg を使用して、カーネルモード ドライバー フレームワーク (KMDF) を使用するサンプル ドライバー、Echo をデバッグする方法を説明します。

デバッグ環境

コンピューターに Visual Studio と WDK がインストールされている場合は、6 つのデバッグ環境を使用できます。 これらの環境について詳しくは、「デバッグ環境」を参照してください。

これらのデバッグ環境で提供されるユーザー インターフェイスはすべて、基になる同じデバッグ エンジンに対するものであり、このエンジンは Windows Symbolic Debugger Engine (Dbgeng.dll) で実装されます。 このデバッグ エンジンは "Windows デバッガー" とも呼ばれ、6 つのデバッグ環境の総称も "Windows デバッガー" です。

注意

Visual Studio は独自のデバッグ環境とデバッグ エンジンを備えており、それらはまとめて "Visual Studio デバッガー" と呼ばれます。 Visual Studio でのデバッグについては、「Visual Studio でのデバッグ」をご覧ください。 C# のようなマネージド コードをデバッグする場合は、通常、Visual Studio デバッガーを使用して始めるのが最も簡単な方法です。

Windows デバッガー

Windows デバッガーは x86 ベース、x64 ベース、ARM ベースのプロセッサで実行でき、これらの同じアーキテクチャで実行されるコードをデバッグできます。 デバッガーとデバッグ対象のコードは、同じコンピューター上で実行されることも、別々のコンピューターで実行されることもあります。 いずれの場合も、デバッガーが実行されるコンピューターは "ホスト コンピューター" と呼ばれ、デバッグ対象のコンピューターは "ターゲット コンピューター" と呼ばれます。 Windows デバッガーでは、ホストとターゲットの両方のコンピューターについて、次のバージョンの Windows がサポートされます。

  • Windows 10 および Windows Server 2016
  • Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2
  • Windows 8 と Windows Server 2012
  • Windows 7 と Windows Server 2008 R2

シンボルとシンボル ファイル

シンボル ファイルには、実行可能なバイナリの実行時に必要とされないさまざまなデータが格納されますが、シンボル ファイルはコードのデバッグ時には非常に便利です。 シンボル ファイルの作成と使用の詳細については、「Symbols for Windows debugging (WinDbg, KD, CDB, NTSD)」 (Windows のデバッグで使用するシンボル (WinDbg、KD、CDB、NTSD)) を参照してください。

ブルー スクリーンとクラッシュ ダンプ ファイル

Windows の動作が停止してブルー スクリーンが表示された場合は、コンピューターはデータの損失を防ぐためにすぐにシャットダウンされて、バグ チェック コードが表示されます。 詳細については、「Bug Checks (Blue Screens)」(バグ チェック (ブルー スクリーン)) を参照してください。 WinDbg およびその他の Windows デバッガーを使用して、Windows のシャットダウン時に作成されるクラッシュ ダンプ ファイルを分析します。 詳細については、「Crash dump analysis using the Windows debuggers (WinDbg) 」(Windows デバッガーを用いたクラッシュ ダンプ分析 (WinDbg)) を参照してください。

ツールとユーティリティ

デバッガーだけでなく、Debugging Tools for Windows にはデバッグに役立つ一連のツールが含まれています。 ツールの詳細な一覧については、「Tools Included in Debugging Tools for Windows」(Debugging Tools for Windows に含まれるツール) を参照してください。

その他のドキュメント

Debugging Tools for Windows に関するその他の情報については、「Debugging Resources」 (デバッグに関するリソース) を参照してください。 Windows 10 での新機能については、「Debugging Tools for Windows: New for Windows 10」 (Debugging Tools for Windows: Windows 10 での新機能) を参照してください。