!analyze!analyze

! Analyze 拡張機能には、現在の例外またはバグチェックに関する情報が表示されます。The !analyze extension displays information about the current exception or bug check.

User-ModeUser-Mode

    !analyze [-v] [-f | -hang] [-D BucketID] 
    !analyze -c [-load KnownIssuesFile | -unload | -help ]

Kernel-ModeKernel-Mode

    !analyze [-v] [-f | -hang] [-D BucketID] 
    !analyze -c [-load KnownIssuesFile | -unload | -help ]
    !analyze -show BugCheckCode [BugParameters]

パラメータParameters

-v -v
詳細出力を表示します。Displays verbose output.

-f-f
! # 例外出力を生成します。Generates the !analyze exception output. デバッガーで例外が検出されない場合でも例外分析を表示するには、このパラメーターを使用します。Use this parameter to see an exception analysis even when the debugger does not detect an exception.

-ハング-hang
は、停止したアプリケーションの出力の 分析 を生成します。Generates !analyze hung-application output. このパラメーターは、ターゲットでバグチェックまたは例外が発生したが、アプリケーションがハングした理由を分析して問題に関連している場合に使用します。Use this parameter when the target has experienced a bug check or exception, but an analysis of why an application hung is more relevant to your problem. カーネルモードでは、 ! analyze -hang は、システムが保持しているロックを調査し、DPC キューチェーンをスキャンします。In kernel mode, !analyze -hang investigates locks that the system holds and then scans the DPC queue chain. ユーザーモードでは、 ! analyze -hang はスレッドスタックを分析し、スレッドが他のスレッドをブロックしているかどうかを判断します。In user mode, !analyze -hang analyzes the thread stack to determine whether any threads are blocking other threads.

この拡張機能をユーザーモードで実行する前に、現在のスレッドを、現在のスレッドが別のスレッドに変更された可能性があるため、応答を停止した (つまり、ハングした) スレッドに変更することを検討してください。Before you run this extension in user mode, consider changing the current thread to the thread that you think has stopped responding (that is, hung), because the exception might have changed the current thread to a different one.

-D BucketID -D BucketID
指定した BucketID に関連する項目のみを表示します。Displays only those items that are relevant to the specified BucketID.

*-バグチェック***コード の [ バグパラメーター を表示します] -show BugCheckCode [BugParameters]
バグチェック コード によって指定されたバグチェックに関する情報を表示します。Displays information about the bug check specified by BugCheckCode. 複数のバグチェックパラメーターは、スペースで区切られ て指定し ます。BugParameters specifies up to four bug check parameters separated by spaces. これらのパラメーターを使用すると、検索をさらに絞り込むことができます。These parameters enable you to further refine your search.

-c -c
デバッガーが既知の問題を検出した場合に、実行を継続します。Continues execution when the debugger encounters a known issue. 問題が "既知の" 問題でない場合、デバッガーはターゲットに分割されたままになります。If the issue is not a "known" issue, the debugger remains broken into the target.

-C オプションは、次のサブパラメーターと共に使用できます。You can use the -c option with the following subparameters. これらのサブパラメーターは、既知の問題の一覧を構成します。These subparameters configure the list of known issues. 実行が単独で発生することはありません。They do not cause execution to occur by themselves. ! Analyze - c **** - を1回以上実行するまでは、 ! analyze -c を使用しても効果はありません。Until you run !analyze -c **** -load at least one time, !analyze -c has no effect.

-knownの既知のファイルを読み込み KnownIssuesFile ます-load KnownIssuesFile
指定された既知の問題のファイルを読み込みます。Loads the specified known-issues file. Knownているファイル のパスとファイル名を指定します。KnownIssuesFile specifies the path and file name of this file. このファイルは XML 形式である必要があります。This file must be in XML format. サンプルファイルは、 \ デバッガーのインストールディレクトリの「analyze continue」 (sdk サンプルの \ 分析) _ サブディレクトリにあります。You can find a sample file in the sdk\samples\analyze_continue subdirectory of the debugger installation directory. (このファイルを使用するには、Windows 用デバッグツールの完全インストールを実行している必要があります)。(You must have performed a full installation of Debugging Tools for Windows to have this file.)

Knownissue ファイル ファイルの既知の問題の一覧は、 -c -c **** -unload を使用するか、 -c **** -load を再度使用するまで (その時点で古いデータが置き換えられるまで)、後のすべての c コマンドに使用されます。The list of known issues in the KnownIssuesFile file is used for all later -c commands until you use -c **** -unload, or until you use -c **** -load again (at which point the new data replaces the old data).

-アンロード-unload
既知の問題の現在の一覧をアンロードします。Unloads the current list of known issues.

-ヘルプ-help
デバッガーコマンドウィンドウ! analyze -c extension commands 拡張機能のヘルプを表示します。Displays help for the !analyze -c extension commands extension in the Debugger Command window.

DLLDLL

Ext.dllExt.dll

追加情報Additional Information

ユーザーモード例外およびカーネルモードの停止エラー (つまりクラッシュ) のサンプル分析については、 ! analyze が triage.ini ファイルを使用する方法の詳細については、「 ! analyze 拡張機能の使用」を参照してください。For sample analysis of a user-mode exception and of a kernel-mode stop error (that is, crash), and for more information about how !analyze uses the triage.ini file, see Using the !analyze Extension.

注釈Remarks

ユーザーモードでは、 ! analyze は現在の例外に関する情報を表示します。In user mode, !analyze displays information about the current exception.

カーネルモードでは、 ! analyze は最新のバグチェックに関する情報を表示します。In kernel mode, !analyze displays information about the most recent bug check. バグチェックが行われると、 ! analyze 表示が自動的に生成されます。If a bug check occurs, the !analyze display is automatically generated. ! Analyze -v を使用すると、追加情報を表示できます。You can use !analyze -v to show additional information. 基本的なバグチェックパラメーターのみを表示する場合は、. バグチェック (バグチェックデータの表示) コマンドを使用できます。If you want to see only the basic bug check parameters, you can use the .bugcheck (Display Bug Check Data) command.

User-Mode Driver Framework (UMDF) バージョン2.15 以降を使用するドライバーの場合、 ! analyze は、umdf 検証エラーとハンドルされない例外に関する情報を提供します。For drivers that use User-Mode Driver Framework (UMDF) version 2.15 or later, !analyze provides information about UMDF verifier failures and unhandled exceptions. この機能は、ユーザーモードのメモリダンプファイルを分析するときに、カーネルモードのデバッグを実行するときにも使用できます。This functionality is available when performing live kernel-mode debugging, as well when analyzing a user-mode memory dump file. UMDF ドライバーがクラッシュした場合、 ! analyze は担当するドライバーを識別しようとします。For UMDF driver crashes, !analyze attempts to identify the responsible driver.