!dbgprint!dbgprint

! Dbgprint 拡張機能には、以前に dbgprint バッファーに送信された文字列が表示されます。The !dbgprint extension displays a string that was previously sent to the DbgPrint buffer.

!dbgprint

DLLDLL

Windows 2000Windows 2000

Kdextx86.dllKdextx86.dll

Windows XP 以降Windows XP and later

Kdexts.dllKdexts.dll

追加情報Additional Information

DbgprintKdPrintdbgprintexKdPrintEx の詳細については、「出力をデバッガーに送信する」を参照してください。For information about DbgPrint, KdPrint, DbgPrintEx, and KdPrintEx, see Sending Output to the Debugger.

注釈Remarks

カーネルモードルーチン DbgprintKdPrintDbgprintex、および KdPrintEx は、ターゲットコンピューター上のバッファーに書式設定された文字列を送信します。The kernel-mode routines DbgPrint, KdPrint, DbgPrintEx, and KdPrintEx send a formatted string to a buffer on the target computer. この文字列は、このような印刷機能が無効になっていない限り、ホストコンピューター上のデバッガーコマンドウィンドウに自動的に表示されます。The string is automatically displayed in the Debugger Command window on the host computer unless such printing has been disabled.

一般に、このバッファーに送信されたメッセージは、デバッガーのコマンドウィンドウに自動的に表示されます。Generally, messages sent to this buffer are displayed automatically in the Debugger Command window. ただし、この表示は、グローバルフラグ (gflags.exe) ユーティリティを使用して無効にすることができます。However, this display can be disabled through the Global Flags (gflags.exe) utility. また、この表示はローカルカーネルデバッグ中に自動的には表示されません。Moreover, this display does not automatically appear during local kernel debugging. 詳細については、「 デバッグメッセージの読み取りとフィルター処理」の「Dbgprint Buffer」を参照してください。For more information, see "The DbgPrint Buffer" in Reading and Filtering Debugging Messages.

! Dbgprint 拡張機能を使用すると、このバッファーの内容が表示されます (自動印刷が無効になっているかどうかに関係なく)。The !dbgprint extension causes the contents of this buffer to be displayed (regardless of whether automatic printing has been disabled). コンポーネントと重要度レベルに基づいてフィルターで除外されたメッセージは表示されません。It will not show messages that have been filtered out based on their component and importance level. (このフィルター処理の詳細については、「 デバッグメッセージの読み取りとフィルター処理」を参照してください)。(For details on this filtering, see Reading and Filtering Debugging Messages.)