!drvobj

! drvobj 拡張機能を使用 すると、特定のオブジェクトに関する詳細情報がDRIVER_OBJECT。

!drvobj DriverObject [Flags] 

パラメーター

DriverObject
ドライバー オブジェクトを指定します。 これは、ドライバーの構造体またはDRIVER_OBJECTの 16 進数アドレスを指定できます。

フラグ
次のビットの任意の組み合わせを指定できます。 (既定値は 0x01)。

ビット 0 (0x1)
ドライバーが所有するデバイス オブジェクトをディスプレイに含める。

ビット 1 (0x2)
ドライバーのディスパッチ ルーチンのエントリ ポイントが表示されます。

ビット 2 (0x4)
ドライバーが所有するデバイス オブジェクトの詳細情報を一覧表示します (ビット 0 (0x1) が必要)。

DLL

Kdexts.dll

追加情報

この拡張プラグ アンド プレイの例とアプリケーションについては、「デバッグの詳細」を参照してください。 ドライバー オブジェクトの詳細については、Windows Driver Kit (WDK) のドキュメントと Microsoft Windows Internals by Mark Russinovich および David Solomon を参照してください。

注釈

DriverObject でデバイスの名前が指定されているのにプレフィックスが指定されていない場合は、プレフィックス "\Driver\" と見なされます。 このコマンドは、式エバリュエーターを使用する前に 、DriverObject が有効なアドレスまたはデバイス名である場合に確認します。

DriverObject がアドレスの場合は、そのオブジェクトが構造体のDRIVER_OBJECTがあります。 これは、ドライバーの DriverEntry ルーチンに渡される引数を調 べることで取得 できます。

この拡張機能コマンドは、指定されたドライバーによって作成されたデバイス オブジェクトの一覧を表示します。 また、このドライバー オブジェクトに登録されている高速 I/O ルーチンもすべて表示されます。

Symbios Logic 810 SCSI ミニポート ドライバーの例を次に示します。

kd> bp DriverEntry          //  breakpoint at DriverEntry

kd> g
symc810!DriverEntry+0x40:    
80006a20: b07e0050 stl     t2,50(sp)

kd> r a0  //address of DevObj (the first parameter)
a0=809d5550

kd> !drvobj 809d5550   //  display the driver object
Driver object is for:
\Driver\symc810
Device Object list:
809d50d0

! devobj 809d50d0 を使用して、デバイス オブジェクトに関する情報を取得することもできます。