!irql

!irql 拡張機能は、デバッガーが中断する前に、ターゲット コンピューター上のプロセッサの割り込み要求レベル (IRQL) を表示します。

!irql [Processor] 

パラメーター

プロセッサ
プロセッサを指定します。 プロセッサ番号を入力します。 このパラメーターを省略すると、デバッガーは現在のプロセッサの IRQL を表示します。

Dll

!irql 拡張機能 は、Windows Server 2003 以降のバージョンでのみ使用Windows。

Windows 2000

使用不可

Windows XP

使用不可

WindowsServer 2003 以降

Kdexts.dll

追加情報

IRQL の詳細については、Windows Driver Kit (WDK) のドキュメントと Microsoft Windows Internals by Mark Russinovich および David Solomon を参照してください。

Remarks

ターゲット コンピューターがデバッガーに割り込むと、IRQL が変更されますが、デバッガーのブレークの直前に有効だった IRQL が保存されます。 !irql 拡張機能には、 保存された IRQL が表示されます。

同様に、バグ チェックが発生し、クラッシュ ダンプ ファイルが作成されると、クラッシュ ダンプ ファイルに保存された IRQL は 、KeBugCheckEx ルーチンが実行された IRQL ではなく、バグ チェックの直後の IRQL になります。

どちらの場合も、x86 アーキテクチャを除き、現在の IRQL は DISPATCH _ LEVEL に発生します。 したがって、このようなイベントが複数発生した場合、表示される IRQL も DISPATCH LEVEL になります。デバッグ目的では _ 使用されません。

!pcr 拡張機能は、すべてのバージョンの Windowsに現在の IRQL を表示しますが、現在の IRQL は通常は役に立たしません。 バグ チェックまたはデバッガー接続の直前に存在していた IRQL の方が興味深く、これは !irql でのみ表示されます

無効なプロセッサ番号を指定した場合、またはカーネルの破損が発生した場合、デバッガーに "PRCB アドレスを取得できません" というメッセージが表示されます。

デュアル プロセッサ x86 コンピューターからのこの拡張機能からの出力の例を次に示します。

kd> !irql 0
Debugger saved IRQL for processor 0x0 -- 28 (CLOCK2_LEVEL)

kd> !irql 1
Debugger saved IRQL for processor 0x1 -- 0 (LOW_LEVEL)

デバッガーが詳細モードの場合は、IRQL 自体の説明が含まれます。

IRQL 番号の意味は、多くの場合、プロセッサによって異なります。 x64 プロセッサの例を次に示します。 IRQL 番号は前の例と同じですが、IRQL の意味は異なっています。

kd> !irql
Debugger saved IRQL for processor 0x0 -- 12 (SYNCH_LEVEL) [Synchronization level]