バグ チェック 0x133 DPC_ウォッチドッグ_違反Bug Check 0x133 DPC_WATCHDOG_VIOLATION

DPC_ウォッチドッグ_違反のバグ チェックが 0x00000133 の値を持ちます。The DPC_WATCHDOG_VIOLATION bug check has a value of 0x00000133. このバグ チェックを示します、DPC ウォッチドッグが実行する、1 つの実行時間の長い遅延プロシージャ呼び出し (DPC) が検出されたか、またはシステムでは、長時間にわたる時間を費やして、割り込み要求レベル (IRQL) ためのディスパッチ_レベルまたはそれ以降。This bug check indicates that the DPC watchdog executed, either because it detected a single long-running deferred procedure call (DPC), or because the system spent a prolonged time at an interrupt request level (IRQL) of DISPATCH_LEVEL or above. パラメーター 1 の値は、1 つの DPC が、タイムアウトを超えたかどうかを示す、システムが累積的 IRQL のディスパッチに長時間を費やしたかどうか、または_レベルまたはそれ以降。The value of Parameter 1 indicates whether a single DPC exceeded a timeout, or whether the system cumulatively spent an extended period of time at IRQL DISPATCH_LEVEL or above. Dpc を 100 マイクロ秒より長く実行しないでくださいと Isr を 25 (マイクロ秒) よりも長く実行しないでください、ただし実際のタイムアウト値、システムは、非常に高いに設定されます。DPCs should not run longer than 100 microseconds and ISRs should not run longer than 25 microseconds, however the actual timeout values on the system are set much higher.

重要

このトピックはプログラマーを対象としています。This topic is for programmers. コンピューターを使用しているときに、エラー コードがブルー スクリーンが受信した顧客の場合を参照してください。トラブルシューティング ブルー スクリーン エラーします。If you are a customer who has received a blue screen error code while using your computer, see Troubleshoot blue screen errors.

DPC_ウォッチドッグ_違反パラメーターDPC_WATCHDOG_VIOLATION Parameters

パラメーター 1違反の種類を示します。Parameter 1 indicates the type of violation. その他のパラメーターの意味は、の値によって異なります。パラメーター 1します。The meaning of the other parameters depends on the value of Parameter 1.

パラメーター 1Parameter 1 パラメータ 2Parameter 2 3 番目のパラメーターParameter 3 パラメーター 4Parameter 4 エラーの原因Cause of Error

00

(ティック) の DPC 時間のカウントThe DPC time count (in ticks)

DPC 時間は、(ティック) に配分します。The DPC time allotment (in ticks).

予約済みReserved

1 つの DPC または ISR、その時間の配分を超えました。A single DPC or ISR exceeded its time allotment. 問題が発生したコンポーネントは、スタック トレースでは、通常識別できます。The offending component can usually be identified with a stack trace.

11

ウォッチドッグの期間The watchdog period

予約済みReserved

予約済みReserved

システムには、長期間 IRQL DISPATCH_LEVEL 以上の時間の累積的に費やされました。The system cumulatively spent an extended period of time at IRQL DISPATCH_LEVEL or above. 問題が発生したコンポーネントは、スタック トレースでは、通常識別できます。The offending component can usually be identified with a stack trace.

原因Cause

! 分析バグ チェックに関する情報を表示拡張機能をデバッグおよび根本原因を突き止めるに役に立ちます。The !analyze debug extension displays information about the bug check and can be helpful in determining the root cause.

パラメーター 1 = 0Parameter 1 = 0

この例では、501 のティック数は 500 の DPC 時間の単位を超えています。In this example, the tick count of 501 exceeds the DPC time allotment of 500. イメージの名前は、バグ チェックが発生したときに、このコードが実行されていることを示します。The image name indicates that this code was executing when the bug check occurred.

0: kd> !analyze -v
*******************************************************************************
*                                                                             *
*                        Bugcheck Analysis                                    *
*                                                                             *
*******************************************************************************

DPC_WATCHDOG_VIOLATION (133)
The DPC watchdog detected a prolonged run time at an IRQL of DISPATCH_LEVEL
or above.
Arguments:
Arg1: 0000000000000000, A single DPC or ISR exceeded its time allotment. The offending
    component can usually be identified with a stack trace.
Arg2: 0000000000000501, The DPC time count (in ticks).
Arg3: 0000000000000500, The DPC time allotment (in ticks).
Arg4: 0000000000000000

...

IMAGE_NAME:  BthA2DP.sys
...

0 のパラメーターを使用したエラーの詳細情報を収集するのにには、次のデバッガー コマンドを使用します。Use the following debugger commands to gather more information for failures with a parameter of 0:

k (Display Stack Backtrace) 停止コードが発生したときに実行されたどのようなコードを確認します。k (Display Stack Backtrace) to look at what code was running when the stop code occurred.

詳細を掘り下げて u、ub の uu (Unassemble) コマンドを使用することも、コードを実行しています。You may want to use the u, ub, uu (Unassemble) command to look deeper into the specifics of a the code that was running.

! Pcr 拡張機能は、特定のプロセッサのプロセッサ コントロール リージョン (PCR) の現在の状態を表示します。The !pcr extension displays the current status of the Processor Control Region (PCR) on a specific processor. 出力は、Prcb のアドレスであります。In the output will be the address of the Prcb

                     Prcb: fffff80309974180

使用することができます、 dt (型の表示) Dpc と DPC ウォッチドッグに関する追加情報を表示するコマンド。You can use the dt (Display Type) command to display additional information about the DPCs and the DPC Watchdog. アドレスの記載 Prcb を使用して、! pcr 出力。For the address use the Prcb listed in the !pcr output:

dt nt!_KPRCB fffff80309974180 Dpc* 

パラメーター 1 = 1Parameter 1 = 1

1 のパラメーターに、コードはコードの問題のある領域に停止しません可能性があります。For parameter of 1, the code may not stop in the offending area of code. ここで 1 つは、どのドライバーが通常の実行期間を超えているを追跡しようとするイベントのトレースを使用します。In this case one approach is to use the event tracing to attempt to track down which driver is exceeding it's normal execution duration.

詳細については、以下のトピックを参照してください。For more information see the following topics:

クラッシュ ダンプ分析の Windows デバッガー (WinDbg) の使用方法Crash dump analysis using the Windows debuggers (WinDbg)

WinDbg をカーネル モードのダンプ ファイルの分析Analyzing a Kernel-Mode Dump File with WinDbg

使用して、! 拡張機能を分析! 分析Using the !analyze Extension and !analyze

注釈Remarks

一般にこの停止コードは、障害のあるドライバー コードを特定の状況では、割り当てられた時間内には、その作業が完了しない原因です。In general this stop code is caused by faulty driver code that under certain conditions, does not complete its work within the allotted time frame.

この問題を Windows デバッガーを使用する備えていない場合は、基本的なトラブルシューティングの手法を使用してください。If you are not equipped to use the Windows debugger to this problem, you should use some basic troubleshooting techniques.

  • ドライバーにバグの確認メッセージで識別される場合は、この問題を分離するドライバー無効にします。If a driver is identified in the bug check message, to isolate the issue, disable the driver. ドライバーの更新プログラムの製造元に確認してください。Check with the manufacturer for driver updates.

  • デバイスまたは 0x133 のバグ チェックが原因となっているドライバーの特定に役立つ可能性がある追加のエラー メッセージをイベント ビューアーのシステム ログを確認します。Check the System Log in Event Viewer for additional error messages that might help identify the device or driver that is causing bug check 0x133.

  • インストールされている新しいハードウェアが Windows のインストールされているバージョンと互換性があることを確認します。Confirm that any new hardware that is installed is compatible with the installed version of Windows. たとえばに必要なハードウェアに関する情報を取得できますWindows 10 の仕様します。For example, you can get information about required hardware at Windows 10 Specifications.

  • その他の一般的なトラブルシューティング情報を参照してください。 青い画面データします。For additional general troubleshooting information, see Blue Screen Data.