バグチェック 0x133 DPC _ ウォッチドッグ _ 違反Bug Check 0x133 DPC_WATCHDOG_VIOLATION

DPC _ ウォッチドッグ _ 違反のバグチェックには、0x00000133 という値が指定されています。The DPC_WATCHDOG_VIOLATION bug check has a value of 0x00000133. このバグチェックは、DPC ウォッチドッグが実行されたことを示します。これは、実行時間の長い遅延プロシージャ呼び出し (DPC) が1回実行されたか、またはシステムがディスパッチレベル以上の割り込み要求レベル (IRQL) で長時間かかっていたことが原因 _ です。This bug check indicates that the DPC watchdog executed, either because it detected a single long-running deferred procedure call (DPC), or because the system spent a prolonged time at an interrupt request level (IRQL) of DISPATCH_LEVEL or above. パラメーター1の値は、1つの DPC がタイムアウトを超えたかどうか、またはシステム累積的が IRQL ディスパッチレベル以上で長時間を費やしたかどうかを示し _ ます。The value of Parameter 1 indicates whether a single DPC exceeded a timeout, or whether the system cumulatively spent an extended period of time at IRQL DISPATCH_LEVEL or above. Dpc は100マイクロ秒を超えて実行することはできず、Isr は25マイクロ秒より長く実行することはできません。ただし、システムの実際のタイムアウト値ははるかに高く設定されています。DPCs should not run longer than 100 microseconds and ISRs should not run longer than 25 microseconds, however the actual timeout values on the system are set much higher.

重要

このトピックはプログラマーを対象としています。This topic is for programmers. コンピューターの使用中にブルー スクリーン エラー コードが表示される場合は、「ブルー スクリーン エラーのトラブルシューティング」を参照してください。If you are a customer who has received a blue screen error code while using your computer, see Troubleshoot blue screen errors.

DPC _ ウォッチドッグ _ 違反パラメーターDPC_WATCHDOG_VIOLATION Parameters

パラメーター 1 は違反の種類を示します。Parameter 1 indicates the type of violation. 他のパラメーターの意味は、 パラメーター 1 の値によって異なります。The meaning of the other parameters depends on the value of Parameter 1.

パラメーター 1Parameter 1 パラメータ 2Parameter 2 パラメーター3Parameter 3 パラメーター4Parameter 4 エラーの原因Cause of Error

00

DPC 時間数 (ティック単位)The DPC time count (in ticks)

DPC 時間の割り当て (ティック単位)。The DPC time allotment (in ticks).

予約済みReserved

1つの DPC または ISR がその時間の配分を超えました。A single DPC or ISR exceeded its time allotment. 問題のあるコンポーネントは通常、スタックトレースで識別できます。The offending component can usually be identified with a stack trace.

11

ウォッチドッグ期間The watchdog period

予約済みReserved

予約済みReserved

システム累積的は、IRQL DISPATCH_LEVEL 以上にわたって長時間かかっていました。The system cumulatively spent an extended period of time at IRQL DISPATCH_LEVEL or above. 問題のあるコンポーネントは通常、スタックトレースで識別できます。The offending component can usually be identified with a stack trace.

原因Cause

! [デバッグ拡張機能の 分析 ] には、バグチェックに関する情報が表示され、根本原因を特定するのに役立ちます。The !analyze debug extension displays information about the bug check and can be helpful in determining the root cause.

パラメーター 1 = 0Parameter 1 = 0

この例では、ティック数501は、DPC 時間の500を超えています。In this example, the tick count of 501 exceeds the DPC time allotment of 500. イメージ名は、バグチェックが発生したときにこのコードが実行されたことを示します。The image name indicates that this code was executing when the bug check occurred.

0: kd> !analyze -v
*******************************************************************************
*                                                                             *
*                        Bugcheck Analysis                                    *
*                                                                             *
*******************************************************************************

DPC_WATCHDOG_VIOLATION (133)
The DPC watchdog detected a prolonged run time at an IRQL of DISPATCH_LEVEL
or above.
Arguments:
Arg1: 0000000000000000, A single DPC or ISR exceeded its time allotment. The offending
    component can usually be identified with a stack trace.
Arg2: 0000000000000501, The DPC time count (in ticks).
Arg3: 0000000000000500, The DPC time allotment (in ticks).
Arg4: 0000000000000000

...

IMAGE_NAME:  BthA2DP.sys
...

次のデバッガーコマンドを使用して、パラメーター0のエラーに関する詳細情報を収集します。Use the following debugger commands to gather more information for failures with a parameter of 0:

k (スタックバックトレースを表示) を実行して、停止コードの発生時に実行されていたコードを確認します。k (Display Stack Backtrace) to look at what code was running when the stop code occurred.

U, ub, uu (Unassemble) コマンドを使用して、実行されていたコードの詳細を詳しく調べることができます。You may want to use the u, ub, uu (Unassemble) command to look deeper into the specifics of a the code that was running.

! Pcr拡張機能は、特定のプロセッサのプロセッサ制御領域 (pcr) の現在の状態を表示します。The !pcr extension displays the current status of the Processor Control Region (PCR) on a specific processor. では、出力は Prcb のアドレスになります。In the output will be the address of the Prcb

                     Prcb: fffff80309974180

[Dt] (表示の種類) コマンドを使用して、DPC および Dpc ウォッチドッグに関する追加情報を表示できます。You can use the dt (Display Type) command to display additional information about the DPCs and the DPC Watchdog. アドレスには、! pcr 出力に示されている Prcb を使用します。For the address use the Prcb listed in the !pcr output:

dt nt!_KPRCB fffff80309974180 Dpc* 

パラメーター 1 = 1Parameter 1 = 1

パラメーターが1の場合、コードの問題のある領域でコードが停止しないことがあります。For parameter of 1, the code may not stop in the offending area of code. この例では、イベントトレースを使用して、どのドライバーが通常の実行時間を超えているかを追跡しようとしています。In this case one approach is to use the event tracing to attempt to track down which driver is exceeding it's normal execution duration.

詳細については、以下のトピックを参照してください。For more information see the following topics:

Windows デバッガー (WinDbg) を使用したクラッシュ ダンプ分析Crash dump analysis using the Windows debuggers (WinDbg)

WinDbg によるカーネルモード ダンプ ファイルの分析Analyzing a Kernel-Mode Dump File with WinDbg

! Analyze 拡張機能! Analyzeを使用するUsing the !analyze Extension and !analyze

注釈Remarks

一般に、この停止コードは、特定の条件下でのドライバーコードの不具合が原因で発生します。これは、割り当てられた時間枠内で作業が完了しないためです。In general this stop code is caused by faulty driver code that under certain conditions, does not complete its work within the allotted time frame.

この問題に Windows デバッガーを使用することができない場合は、いくつかの基本的なトラブルシューティング手法を使用する必要があります。If you are not equipped to use the Windows debugger to this problem, you should use some basic troubleshooting techniques.

  • ドライバーがバグチェックメッセージに示されている場合、問題を特定するには、ドライバーを無効にします。If a driver is identified in the bug check message, to isolate the issue, disable the driver. ドライバーの更新プログラムについては、製造元に確認してください。Check with the manufacturer for driver updates.

  • バグチェック0x133 の原因となっているデバイスまたはドライバーを特定するのに役立つ追加のエラーメッセージについては、イベントビューアーのシステムログを確認してください。Check the System Log in Event Viewer for additional error messages that might help identify the device or driver that is causing bug check 0x133.

  • インストールされている新しいハードウェアに、インストールされている Windows のバージョンとの互換性があることを確認します。Confirm that any new hardware that is installed is compatible with the installed version of Windows. たとえば、 Windows 10 の仕様では、必要なハードウェアに関する情報を取得できます。For example, you can get information about required hardware at Windows 10 Specifications.

  • 一般的なトラブルシューティング情報については、「 Blue Screen Data」を参照してください。For additional general troubleshooting information, see Blue Screen Data.