バグチェック 0xC4: ドライバー _ 検証ツールで _ 検出された _ 違反Bug Check 0xC4: DRIVER_VERIFIER_DETECTED_VIOLATION

ドライバーの _ 検証ツールで _ 検出された _ 違反のバグチェックの値は、0x000000c4 です。The DRIVER_VERIFIER_DETECTED_VIOLATION bug check has a value of 0x000000C4. これは、ドライバーの検証ツールによって検出された致命的なエラーの一般的なバグチェックコードです。This is the general bug check code for fatal errors found by Driver Verifier. 詳細については、「 ドライバーの検証機能が有効になっている場合のバグチェックの処理」を参照してください。For more information, see Handling a Bug Check When Driver Verifier is Enabled.

重要

このトピックはプログラマーを対象としています。This topic is for programmers. コンピューターの使用中にブルー スクリーン エラー コードが表示される場合は、「ブルー スクリーン エラーのトラブルシューティング」を参照してください。If you are a customer who has received a blue screen error code while using your computer, see Troubleshoot blue screen errors.

ドライバー _ 検証ツールが _ 検出した _ 違反パラメーターDRIVER_VERIFIER_DETECTED_VIOLATION Parameters

パラメーター1は違反の種類を識別します。Parameter 1 identifies the type of violation. 残りのパラメーターの意味は、パラメーター1の値によって異なります。The meaning of the remaining parameters varies with the value of Parameter 1. パラメーター値については、次の表で説明します。The parameter values are described in the following table.

メモ このテーブルの5つの列をすべて表示できない場合は、次の操作を試してください。Note If you have trouble viewing all 5 columns in this table, try the following:

  • ブラウザーウィンドウを拡張して、最大サイズにします。Expand your browser window to full size.
  • テーブルにカーソルを置き、方向キーを使用して左右にスクロールします。Place the cursor in the table and use the arrow keys to scroll left and right.

0x00 から0x70 へ0x00 to 0x70

パラメーター 1Parameter 1 パラメータ 2Parameter 2 パラメーター3Parameter 3 パラメーター4Parameter 4 エラーの原因Cause of Error
0x000x00 現在の IRQLCurrent IRQL プールの種類Pool type バイト数Number of bytes ドライバーがゼロバイトプール割り当てを要求しました。The driver requested a zero-byte pool allocation.
0x010x01 現在の IRQLCurrent IRQL プールの種類Pool type 割り当てのサイズ (バイト単位)Size of allocation, in bytes ドライバーは、IRQL > APC_LEVEL でページングされたメモリを割り当てようとしました。The driver attempted to allocate paged memory with IRQL > APC_LEVEL.
0x020x02 現在の IRQLCurrent IRQL プールの種類Pool type 割り当てのサイズ (バイト単位)Size of allocation, in bytes ドライバーは、IRQL > DISPATCH_LEVEL で非ページメモリを割り当てようとしました。The driver attempted to allocate nonpaged memory with IRQL > DISPATCH_LEVEL.
0x030x03 呼び出し元は、の複数のページを割り当てようとしていますが、プールを成功させる必要がありますが、1ページはこの API で許可されている最大数です。The caller is trying to allocate more than one page of must succeed pool, but one page is the maximum allowed by this API.
0x100x10 無効なアドレスBad Address 00 00 ドライバーは、割り当て呼び出しから返されなかったアドレスを解放しようとしました。The driver attempted to free an address that was not returned from an allocate call.
0x110x11 現在の IRQLCurrent IRQL プールの種類Pool type プールのアドレスAddress of pool ドライバーは、IRQL > APC_LEVEL でページプールを解放しようとしました。The driver attempted to free paged pool with IRQL > APC_LEVEL.
0x120x12 現在の IRQLCurrent IRQL プールの種類Pool type プールのアドレスAddress of pool ドライバーは、IRQL > DISPATCH_LEVEL の非ページプールを解放しようとしました。The driver attempted to free nonpaged pool with IRQL > DISPATCH_LEVEL.
0x13 または0x140x13 or 0x14 予約済みReserved プールヘッダーへのポインターPointer to pool header プールヘッダーの内容Pool header contents ドライバーは既に解放されているメモリプールを解放しようとしました。The driver attempted to free memory pool which was already freed.
0x150x15 タイマーの入力Timer entry プールの種類Pool type 解放されるプールアドレスPool address being freed 呼び出し元が解放しようとしているプールには、アクティブなタイマーが含まれています。The pool the caller is trying to free contains an active timer.
0x160x16 予約済みReserved プールアドレスPool address 00 ドライバーが無効なアドレスでプールを解放しようとしたか、ドライバーが無効なパラメーターをメモリルーチンに渡しました。The driver attempted to free pool at a bad address, or the driver passed invalid parameters to a memory routine.
0X170X17 リソースエントリResource entry プールの種類Pool type 解放されるプールアドレスPool address being freed 呼び出し元が解放しようとしているプールには、アクティブなリソースグループが含まれています。The pool the caller is trying to free contains an active ERESOURCE.
0x300x30 現在の IRQLCurrent IRQL 要求された IRQLRequested IRQL 00 ドライバーが Keraiseirqlに無効なパラメーターを渡しました。The driver passed an invalid parameter to KeRaiseIrql. (パラメーターが、現在の IRQL より小さい値か、HIGH_LEVEL より大きい値です。(The parameter was either a value lower than the current IRQL, or a value higher than HIGH_LEVEL. 初期化されていないパラメーターを使用したことが原因である可能性があります)。This may be the result of using an uninitialized parameter.)
0x310x31 現在の IRQLCurrent IRQL 要求された IRQLRequested IRQL 0: 新しい IRQL が正しくありません 1: DPC ルーチン内で新しい IRQL が無効です0: New IRQL is bad 1: New IRQL is invalid inside a DPC routine ドライバーが Ke-irqlに無効なパラメーターを渡しました。The driver passed an invalid parameter to KeLowerIrql. (パラメーターが、現在の IRQL より大きい値か、HIGH_LEVEL より大きい値です。(The parameter was either a value higher than the current IRQL, or a value higher than HIGH_LEVEL. 初期化されていないパラメーターを使用したことが原因である可能性があります)。This may be the result of using an uninitialized parameter.)
~0x32 現在の IRQLCurrent IRQL スピンロックアドレスSpin lock address 00 ドライバーは、DISPATCH_LEVEL 以外の IRQL で KeReleaseSpinLock を呼び出しました。The driver called KeReleaseSpinLock at an IRQL other than DISPATCH_LEVEL. (これは、スピンロックが二重にリリースされていることが原因である可能性があります)。(This may be due to a double-release of a spin lock.)
0x330x33 現在の IRQLCurrent IRQL 高速ミューテックスアドレスFast mutex address 00 ドライバーは、IRQL > APC_LEVEL を含む高速ミューテックスを取得しようとしました。The driver attempted to acquire fast mutex with IRQL > APC_LEVEL.
0x340x34 現在の IRQLCurrent IRQL スレッド APC の無効化カウントThread APC disable count 高速ミューテックスアドレスFast mutex address ドライバーは、APC_LEVEL 以外の IRQL で高速ミューテックスを解放しようとしました。The driver attempted to release fast mutex at an IRQL other than APC_LEVEL.
0x350x35 現在の IRQLCurrent IRQL スピンロックアドレスSpin lock address 古い IRQLOld IRQL カーネルは、IRQL が DISPATCH_LEVEL と等しくないスピンロックを解放しました。The kernel released a spin lock with IRQL not equal to DISPATCH_LEVEL.
0x36 0x36 現在の IRQLCurrent IRQL スピンロック番号Spin lock number 古い IRQLOld IRQL カーネルは、DISPATCH_LEVEL と等しくない IRQL を持つキューに置かれたスピンロックを解放しました。The kernel released a queued spin lock with IRQL not equal to DISPATCH_LEVEL.
0x370x37 現在の IRQLCurrent IRQL スレッド APC の無効化カウントThread APC disable count リソースResource ドライバーはリソースを取得しようとしましたが、Apc が無効になっていません。The driver tried to acquire a resource, but APCs are not disabled.
0x380x38 現在の IRQLCurrent IRQL スレッド APC の無効化カウントThread APC disable count リソースResource ドライバーはリソースを解放しようとしましたが、Apc は無効になっていません。The driver tried to release a resource, but APCs are not disabled.
0x39)0x39 現在の IRQLCurrent IRQL スレッド APC の無効化カウントThread APC disable count MutexMutex ドライバーは、エントリの APC_LEVEL と等しくない IRQL を持つミューテックス "unsafe" を取得しようとしました。The driver tried to acquire a mutex "unsafe" with IRQL not equal to APC_LEVEL on entry.
0x3A0x3A 現在の IRQLCurrent IRQL スレッド APC の無効化カウントThread APC disable count MutexMutex ドライバーは、エントリの APC_LEVEL と等しくない IRQL を持つミューテックス "unsafe" を解放しようとしました。The driver tried to release a mutex "unsafe" with IRQL not equal to APC_LEVEL on entry.
0x3B0x3B 現在の IRQLCurrent IRQL 待機するオブジェクトObject to wait on タイムアウトパラメーターTime out parameter KeWaitXxx ルーチンは DISPATCH_LEVEL 以降で呼び出されています。KeWaitXxx routine is being called at DISPATCH_LEVEL or higher.
0x3C0x3C ルーチンに渡されたハンドルHandle passed to routine オブジェクトの種類Object type 00 ドライバーは、不適切なハンドルで Obreferenceobjectbyhandle を呼び出しました。The driver called ObReferenceObjectByHandle with a bad handle.
0x3D0x3D 00 00 無効なリソースのアドレスAddress of the bad resource ドライバーが不適切な (整列されていない) リソースを ExAcquireResourceExclusiveに渡しました。The driver passed a bad (unaligned) resource to ExAcquireResourceExclusive.
0x3E0x3E 00 00 00 このドライバーは、現在クリティカルなリージョンに存在しないスレッドの KeLeaveCriticalRegion を呼び出しました。The driver called KeLeaveCriticalRegion for a thread that is not currently in a critical region.
0x3F0x3F オブジェクトのアドレスObject address 新しいオブジェクト参照の数。New object reference count. -1: 逆参照ケース 1: 参照ケース-1: dereference case 1: reference case 00 ドライバーは、参照カウントが0のオブジェクトに Obreferenceobject を適用しました。または、 ObDereferenceObject が参照カウントが0のオブジェクトに適用されたドライバーです。The driver applied ObReferenceObject to an object that has a reference count of zero, or the driver applied ObDereferenceObject to an object that has a reference count of zero.
0x400x40 現在の IRQLCurrent IRQL スピンロックアドレスSpin lock address 00 KeAcquireSpinLockAtDpcLevelというドライバーは、IRQL < DISPATCH_LEVEL を呼び出しました。The driver called KeAcquireSpinLockAtDpcLevel with IRQL < DISPATCH_LEVEL.
0x410x41 現在の IRQLCurrent IRQL スピンロックアドレスSpin lock address 00 KeReleaseSpinLockFromDpcLevelというドライバーは、IRQL < DISPATCH_LEVEL を呼び出しました。The driver called KeReleaseSpinLockFromDpcLevel with IRQL < DISPATCH_LEVEL.
0x420x42 現在の IRQLCurrent IRQL スピンロックアドレスSpin lock address 00 KeAcquireSpinLockというドライバーは、IRQL > DISPATCH_LEVEL を呼び出しました。The driver called KeAcquireSpinLock with IRQL > DISPATCH_LEVEL.
0x510x51 割り当てのベースアドレスBase address of allocation 割り当てを超える参照のアドレスAddress of the reference beyond the allocation 課金されるバイト数Number of charged bytes 割り当ての終了後に書き込んだ後に、ドライバーがメモリを解放しようとしました。The driver attempted to free memory after having written past the end of the allocation. このパラメーターを使用したバグチェックは、ドライバー検証ツールのプール追跡オプションがアクティブな場合にのみ行われます。A bug check with this parameter occurs only when the Pool Tracking option of Driver Verifier is active.
0x520x52 割り当てのベースアドレスBase address of allocation ハッシュエントリHash entry 課金されるバイト数Number of charged bytes 割り当ての終了後に書き込んだ後に、ドライバーがメモリを解放しようとしました。The driver attempted to free memory after having written past the end of the allocation. このパラメーターを使用したバグチェックは、ドライバー検証ツールのプール追跡オプションがアクティブな場合にのみ行われます。A bug check with this parameter occurs only when the Pool Tracking option of Driver Verifier is active.
0x530x53 割り当てのベースアドレスBase address of allocation ヘッダーHeader 予約済みReserved 割り当ての終了後に書き込んだ後に、ドライバーがメモリを解放しようとしました。The driver attempted to free memory after having written past the end of the allocation. このパラメーターを使用したバグチェックは、ドライバー検証ツールのプール追跡オプションがアクティブな場合にのみ行われます。A bug check with this parameter occurs only when the Pool Tracking option of Driver Verifier is active.
0x540x54 割り当てのベースアドレスBase address of allocation 予約済みReserved プールのハッシュサイズPool hash size 割り当ての終了後に書き込んだ後に、ドライバーがメモリを解放しようとしました。The driver attempted to free memory after having written past the end of the allocation. このパラメーターを使用したバグチェックは、ドライバー検証ツールのプール追跡オプションがアクティブな場合にのみ行われます。A bug check with this parameter occurs only when the Pool Tracking option of Driver Verifier is active.
0x590x59 割り当てのベースアドレスBase address of allocation ListindexListindex 予約済みReserved 割り当ての終了後に書き込んだ後に、ドライバーがメモリを解放しようとしました。The driver attempted to free memory after having written past the end of the allocation. このパラメーターを使用したバグチェックは、ドライバー検証ツールのプール追跡オプションがアクティブな場合にのみ行われます。A bug check with this parameter occurs only when the Pool Tracking option of Driver Verifier is active.
0x600x60 ページプールから割り当てられたバイト数Bytes allocated from paged pool 非ページプールから割り当てられたバイト数Bytes allocated from nonpaged pool 解放されなかった割り当ての合計数Total number of allocations that were not freed ドライバーは、最初にプール割り当てを解放せずにアンロードされています。The driver is unloading without first freeing its pool allocations. このパラメーターを使用したバグチェックは、ドライバー検証ツールのプール追跡オプションがアクティブな場合にのみ行われます。A bug check with this parameter occurs only when the Pool Tracking option of Driver Verifier is active.
0x610x61 ページプールから割り当てられたバイト数Bytes allocated from paged pool 非ページプールから割り当てられたバイト数Bytes allocated from nonpaged pool 解放されなかった割り当ての合計数Total number of allocations that were not freed ドライバーのスレッドが、ドライバーのアンロード中にプールのメモリを割り当てようとしています。A driver thread is attempting to allocate pool memory while the driver is unloading. このパラメーターを使用したバグチェックは、ドライバー検証ツールのプール追跡オプションがアクティブな場合にのみ行われます。A bug check with this parameter occurs only when the Pool Tracking option of Driver Verifier is active.
0x620x62 ドライバーの名前Name of the driver 予約済みReserved ページングされたプールと非ページプールを含む、解放されなかった割り当ての合計数Total number of allocations that were not freed, including both paged and nonpaged pool ドライバーは、最初にプール割り当てを解放せずにアンロードされています。The driver is unloading without first freeing its pool allocations. このパラメーターを使用したバグチェックは、ドライバー検証ツールのプール追跡オプションがアクティブな場合にのみ行われます。A bug check with this parameter occurs only when the Pool Tracking option of Driver Verifier is active. バグチェックの原因となった割り当てに関する情報については、「! verifier 3 drivername.sys」と入力します。Type !verifier 3 drivername.sys for info on the allocations that were leaked that caused the bugcheck.
0x6F0x6F MDL アドレスMDL address ロックされている物理ページPhysical page being locked システムの最上位の物理ページHighest physical page in the system MmProbeAndLockPages PFN データベースにないページで呼び出されました。MmProbeAndLockPages called on pages not in PFN database. これは通常、独自のプライベート dualport RAM をロックするために、このルーチンを呼び出すドライバーです。This is typically a driver calling this routine to lock its own private dualport RAM. これは必要ではないだけでなく、連続していない物理 RAM があるコンピューター上のメモリを破壊することもできます。Not only is this not needed, it can also corrupt memory on machines with noncontiguous physical RAM.

0x70 を0x91 に0x70 to 0x91

パラメーター 1Parameter 1 パラメータ 2Parameter 2 パラメーター3Parameter 3 パラメーター4Parameter 4 エラーの原因Cause of Error
0x700x70 現在の IRQLCurrent IRQL MDL アドレスMDL address アクセス モードAccess mode MmProbeAndLockPagesというドライバーは、IRQL > DISPATCH_LEVEL を呼び出しました。The driver called MmProbeAndLockPages with IRQL > DISPATCH_LEVEL.
0x710x71 現在の IRQLCurrent IRQL MDL アドレスMDL address プロセスアドレスProcess address MmProbeAndLockProcessPages というドライバーは、IRQL > DISPATCH_LEVEL を呼び出しました。The driver called MmProbeAndLockProcessPages with IRQL > DISPATCH_LEVEL.
0x720x72 現在の IRQLCurrent IRQL MDL アドレスMDL address プロセスアドレスProcess address MmProbeAndLockSelectedPages というドライバーは、IRQL > DISPATCH_LEVEL を呼び出しました。The driver called MmProbeAndLockSelectedPages with IRQL > DISPATCH_LEVEL.
0x730x73 現在の IRQLCurrent IRQL 32ビット Windows:64 ビット Windows での物理アドレスの低32ビット:64 ビットの物理アドレスIn 32-bit Windows: Low 32 bits of the physical address In 64-bit Windows: the 64-bit physical address バイト数Number of bytes IRQL > DISPATCH_LEVEL の Mmmapiospace というドライバーが使用されています。The driver called MmMapIoSpace with IRQL > DISPATCH_LEVEL.
0x740x74 現在の IRQLCurrent IRQL MDL アドレスMDL address アクセス モードAccess mode ドライバーは、IRQL > DISPATCH_LEVEL を使用してカーネルモードで MmMapLockedPages を呼び出しました。The driver called MmMapLockedPages in kernel mode with IRQL > DISPATCH_LEVEL.
0x750x75 現在の IRQLCurrent IRQL MDL アドレスMDL address アクセス モードAccess mode ドライバーは、IRQL > APC_LEVEL を持つユーザーモードでの MmMapLockedPages を呼び出しました。The driver called MmMapLockedPages in user mode with IRQL > APC_LEVEL.
0x760x76 現在の IRQLCurrent IRQL MDL アドレスMDL address アクセス モードAccess mode ドライバーは、IRQL > DISPATCH_LEVEL を使用してカーネルモードで MmMapLockedPagesSpecifyCache を呼び出しました。The driver called MmMapLockedPagesSpecifyCache in kernel mode with IRQL > DISPATCH_LEVEL.
0x770x77 現在の IRQLCurrent IRQL MDL アドレスMDL address アクセス モードAccess mode ドライバーは、IRQL > APC_LEVEL を持つユーザーモードでの MmMapLockedPagesSpecifyCache を呼び出しました。The driver called MmMapLockedPagesSpecifyCache in user mode with IRQL > APC_LEVEL.
0x780x78 現在の IRQLCurrent IRQL MDL アドレスMDL address 00 MmUnlockPagesというドライバーは、IRQL > DISPATCH_LEVEL を呼び出しました。The driver called MmUnlockPages with IRQL > DISPATCH_LEVEL.
0x790x79 現在の IRQLCurrent IRQL マップされていない仮想アドレスVirtual address being unmapped MDL アドレスMDL address ドライバーは、IRQL > DISPATCH_LEVEL を使用してカーネルモードで MmUnmapLockedPages を呼び出しました。The driver called MmUnmapLockedPages in kernel mode with IRQL > DISPATCH_LEVEL.
0X7a)0x7A 現在の IRQLCurrent IRQL マップされていない仮想アドレスVirtual address being unmapped MDL アドレスMDL address ドライバーは、IRQL > APC_LEVEL を持つユーザーモードでの MmUnmapLockedPages を呼び出しました。The driver called MmUnmapLockedPages in user mode with IRQL > APC_LEVEL.
0x7B0x7B 現在の IRQLCurrent IRQL マップされていない仮想アドレスVirtual address being unmapped バイト数Number of bytes Mmunmapiospaceと IRQL > APC_LEVEL というドライバーが使用されています。The driver called MmUnmapIoSpace with IRQL > APC_LEVEL.
0x7C0x7C MDL アドレスMDL address MDL フラグMDL flags 00 このドライバーは MmUnlockPagesという名前で、ページが正常にロックされていない MDL を渡しました。The driver called MmUnlockPages, and passed an MDL whose pages were never successfully locked.
0x7D0x7D MDL アドレスMDL address MDL フラグMDL flags 00 このドライバーは MmUnlockPagesという名前で、ページプールからのページを含む MDL を渡しました。The driver called MmUnlockPages, and passed an MDL whose pages are from nonpaged pool. (ロックを解除することはできません)。(These should never be unlocked.)
0x7E0x7E 現在の IRQLCurrent IRQL DISPATCH_LEVELDISPATCH_LEVEL 00 MmAllocatePagesForMdlMmAllocatePagesForMdlEx、またはmmfreeDISPATCH_LEVELというドライバーは、IRQL > と呼ばれていました。The driver called MmAllocatePagesForMdl, MmAllocatePagesForMdlEx, or MmFreePagesFromMdl with IRQL > DISPATCH_LEVEL.
0x7F0x7F 現在の IRQLCurrent IRQL MDL アドレスMDL address MDL フラグMDL flags ドライバーは BuildMdlForNonPagedPool という名前で、ページプールからページを持つ MDL を渡しました。The driver called BuildMdlForNonPagedPool and passed an MDL whose pages are from paged pool.
0x800x80 現在の IRQLCurrent IRQL イベントアドレスEvent address 00 KeSetEventというドライバーは、IRQL > DISPATCH_LEVEL を呼び出しました。The driver called KeSetEvent with IRQL > DISPATCH_LEVEL.
0x810x81 MDL アドレスMDL address MDL フラグMDL flags 00 ドライバーは MmMapLockedPagesを呼び出しました。The driver called MmMapLockedPages. (BugCheckOnFailure パラメーターを FALSE に設定して、代わりに MmMapLockedPagesSpecifyCache を使用する必要があります)。(You should use MmMapLockedPagesSpecifyCache instead, with the BugCheckOnFailure parameter set to FALSE.)
0x820x82 MDL アドレスMDL address MDL フラグMDL flags 00 ドライバーは、BugCheckOnFailure パラメーターが TRUE と等しい MmMapLockedPagesSpecifyCache を呼び出しました。The driver called MmMapLockedPagesSpecifyCache with the BugCheckOnFailure parameter equal to TRUE. (このパラメーターは FALSE に設定する必要があります)。(This parameter should be set to FALSE.)
0x830x83 マップする物理アドレス範囲の開始Start of physical address range to map マップするバイト数Number of bytes to map ロックダウンされていない最初のページフレーム番号First page frame number that isn't locked down MDL ページをロックダウンせずに、 Mmmapiospace というドライバーが呼び出されました。The driver called MmMapIoSpace without having locked down the MDL pages. この呼び出しを行う前に、マップされている物理アドレス範囲によって表される物理ページがロックダウンされている必要があります。The physical pages represented by the physical address range being mapped must have been locked down prior to making this call.
0x850x85 MDL アドレスMDL address マップするページ数Number of pages to map ロックダウンされていない最初のページフレーム番号First page frame number that isn't locked down ドライバーは、MDL ページをロックダウンせずに MmMapLockedPages を呼び出しました。The driver called MmMapLockedPages without having locked down the MDL pages.
0x890x89 MDL アドレスMDL address MDL 内のメモリ以外のページへのポインターPointer to the non-memory page in the MDL MDL 内のメモリ以外のページ番号The non-memory page number in the MDL MDL は "i/o" とマークされていませんが、メモリ以外のページアドレスが含まれています。An MDL is not marked as "I/O", but it contains non-memory page addresses.
0x910x91 予約済みReserved 予約済みReserved 予約済みReserved ドライバーは、オペレーティングシステムでサポートされていないメソッドを使用してスタックを切り替えました。The driver switched stacks using a method that is not supported by the operating system. カーネルモードスタックを拡張する唯一の方法として、 Keexpandkernel Stackand吹き出しを使用する方法があります。The only supported way to extend a kernel mode stack is by using KeExpandKernelStackAndCallout.

0xA0 ~ 0xa00xA0 to 0x140

パラメーター 1Parameter 1 パラメータ 2Parameter 2 パラメーター3Parameter 3 パラメーター4Parameter 4 エラーの原因Cause of Error
0xA00xA0 読み取りまたは書き込み要求を行っている IRP へのポインターPointer to the IRP making the read or write request 下位デバイスのデバイスオブジェクトDevice object of the lower device エラーが検出されたセクターの数Number of the sector in which the error was detected ハードディスクで巡回冗長検査 (CRC) エラーが検出されました。A cyclic redundancy check (CRC) error was detected on a hard disk. このパラメーターを使用したバグチェックは、ドライバー検証ツールのディスク整合性チェックオプションがアクティブな場合にのみ行われます。A bug check with this parameter occurs only when the Disk Integrity Checking option of Driver Verifier is active.
0xA10xA1 読み取りまたは書き込み要求を行っている IRP のコピー。Copy of the IRP making the read or write request. (実際の IRP は完了しています)。(The actual IRP has been completed.) 下位デバイスのデバイスオブジェクトDevice object of the lower device エラーが検出されたセクターの数Number of the sector in which the error was detected セクター (非同期) で CRC エラーが検出されました。A CRC error was detected on a sector (asynchronously). このパラメーターを使用したバグチェックは、ドライバー検証ツールのディスク整合性チェックオプションがアクティブな場合にのみ行われます。A bug check with this parameter occurs only when the Disk Integrity Checking option of Driver Verifier is active.
0xA20xA2 読み取りまたは書き込み要求を行う IRP、またはこの IRP のコピーIRP making the read or write request, or a copy of this IRP 下位デバイスのデバイスオブジェクトDevice object of the lower device エラーが検出されたセクターの数Number of the sector in which the error was detected CRCDISK チェックサムのコピーが一致しません。The CRCDISK checksum copies don't match. ページングエラーが発生する可能性があります。This could be a paging error. このパラメーターを使用したバグチェックは、ドライバー検証ツールのディスク整合性チェックオプションがアクティブな場合にのみ行われます。A bug check with this parameter occurs only when the Disk Integrity Checking option of Driver Verifier is active.
0xB00xB0 MDL アドレスMDL address MDL フラグMDL flags 無効な MDL フラグIncorrect MDL flags ドライバーは、正しくないフラグを持つ MDL の MmProbeAndLockPages を呼び出しました。The driver called MmProbeAndLockPages for an MDL with incorrect flags. たとえば、ドライバーは、 MmBuildMdlForNonPagedPool によって作成された MDL を MmProbeAndLockPages に渡しました。For example, the driver passed an MDL created by MmBuildMdlForNonPagedPool to MmProbeAndLockPages.
0xB10xB1 MDL アドレスMDL address MDL フラグMDL flags 無効な MDL フラグIncorrect MDL flags ドライバーは、正しくないフラグを持つ MDL の MmProbeAndLockProcessPages を呼び出しました。The driver called MmProbeAndLockProcessPages for an MDL with incorrect flags. たとえば、ドライバーは、 MmBuildMdlForNonPagedPool によって作成された MDL を MmProbeAndLockProcessPages に渡しました。For example, the driver passed an MDL created by MmBuildMdlForNonPagedPool to MmProbeAndLockProcessPages.
0xB20xB2 MDL アドレスMDL address MDL フラグMDL flags 無効な MDL フラグIncorrect MDL flags ドライバーは、正しくないフラグを持つ MDL の MmMapLockedPages を呼び出しました。The driver called MmMapLockedPages for an MDL with incorrect flags. たとえば、ドライバーが既にシステムアドレスにマップされているか、MmMapLockedPages にロックされていない MDL を渡しました。For example, the driver passed an MDL that is already mapped to a system address or that was not locked to MmMapLockedPages.
0xB30xB3 MDL アドレスMDL address MDL フラグMDL flags MDL フラグが見つかりません (少なくとも1つが必要です)Missing MDL flags (at least one was expected) ドライバーは、正しくないフラグを持つ MDL の MmMapLockedPages を呼び出しました。The driver called MmMapLockedPages for an MDL with incorrect flags. たとえば、ドライバーが MmMapLockedPages にロックされていない MDL を渡したとします。For example, the driver passed an MDL that is not locked to MmMapLockedPages.
0xB40xB4 MDL アドレスMDL address MDL フラグMDL flags 予期しない部分的な MDL フラグUnexpected partial MDL flag このドライバーは、部分的な MDL の MmUnlockPages を呼び出しました。The driver called MmUnlockPages for a partial MDL. 部分的な MDL は、 Iobuildpartialmdlによって作成されたものです。A partial MDL is one that was created by IoBuildPartialMdl.
0xB50xB5 MDL アドレスMDL address MDL フラグMDL flags 予期しない部分的な MDL フラグUnexpected partial MDL flag MmUnmapLockedPages が部分的な MDL で呼び出されました ( Iobuildpartialmdlで作成)。MmUnmapLockedPages called on a partial MDL (created with IoBuildPartialMdl).
0xB60xB6 MDL アドレスMDL address MDL フラグMDL flags MDL フラグが見つかりませんMissing MDL flag MmUnmapLockedPages は、システムアドレスにマップされていない MDL で呼び出されました。MmUnmapLockedPages called on an MDL that is not mapped to a system address.
0xB70xB7 破損した物理ページの数。Number of physical pages corrupted. 最初の破損した物理ページ。First corrupted physical page. 最後に破損した物理ページ。Last corrupted physical page. スリープ状態の移行中に、システム BIOS の物理メモリが破損しています。The system BIOS has corrupted low physical memory during a sleep transition.
0xB80xB8 MDL アドレスMDL address MDL フラグMDL flags 予約済みReserved MDL によって記述されたページはまだマップされています。The pages that are described by the MDL are still mapped. ドライバーは、IoFreeMdl を呼び出す前にページをマップ解除する必要があります。The driver must unmap the pages before calling IoFreeMdl.
0xB90xB9 アドレスがマップ解除されています。Address being unmapped. MDL のアドレス。MDL address. 予約済みReserved 無効なユーザー領域のアドレスを使用して MmUnmapLockedPages が呼び出されました。MmUnmapLockedPages called with a bad user space address.
0xC00xC0 IRP のアドレスAddress of the IRP 00 予約済みReserved ドライバーは、割り込みが無効になっている IoCallDriver を呼び出しました。The driver called IoCallDriver with interrupts disabled.
0xC10xC1 ドライバーディスパッチルーチンのアドレスAddress of the driver dispatch routine 予約済みReserved 予約済みReserved 割り込みが無効になっているドライバーディスパッチルーチンが返されました。A driver dispatch routine was returned with interrupts disabled.
0xC20xC2 00 00 00 ドライバーは、割り込みが無効になった後に高速 i/o ディスパッチルーチンを呼び出しました。The driver called a Fast I/O dispatch routine after interrupts were disabled.
0xC30xC3 ドライバーの高速 i/o ディスパッチルーチンのアドレスAddress of the driver Fast I/O dispatch routine 予約済みReserved 予約済みReserved ドライバーの高速 i/o ディスパッチルーチンが返されましたが、割り込みが無効になっています。A driver Fast I/O dispatch routine was returned with interrupts disabled.
0xC50xC5 ドライバーディスパッチルーチンのアドレスAddress of the driver dispatch routine 現在のスレッドの APC の無効化カウントThe current thread's APC disable count ドライバーディスパッチルーチンを呼び出す前のスレッドの APC 無効化カウントThe thread's APC disable count prior to calling the driver dispatch routine ドライバーディスパッチルーチンによって、スレッドの APC の無効化カウントが変更されました。A driver dispatch routine has changed the thread's APC disable count. APC の disable count は、ドライバーが KeEnterCriticalRegionfsrtlenterfilesystemを呼び出すたび、またはミューテックスを取得するたびにデクリメントされます。The APC disable count is decremented each time a driver calls KeEnterCriticalRegion, FsRtlEnterFileSystem, or acquires a mutex. APC disable count は、ドライバーが KeLeaveCriticalRegionKeReleaseMutex、または fsrtlexitfilesystemを呼び出すたびに増分されます。The APC disable count is incremented each time a driver calls KeLeaveCriticalRegion, KeReleaseMutex, or FsRtlExitFileSystem. これらの呼び出しは常にペアになっている必要があるため、スレッドが終了するたびに、APC の disable count をゼロにする必要があります。Because these calls should always be in pairs, the APC disable count should be zero whenever a thread is exited. 負の値は、ドライバーが再度有効にすることなく、APC の呼び出しを無効にしたことを示します。A negative value indicates that a driver has disabled APC calls without re-enabling them. 正の値は、反転が true であることを示します。A positive value indicates that the reverse is true.
0xC60xC6 ドライバーの高速 i/o ディスパッチルーチンのアドレスAddress of the driver Fast I/O dispatch routine 現在のスレッドの APC の無効化カウントCurrent thread's APC disable count 高速 i/o ドライバーディスパッチルーチンを呼び出す前のスレッドの APC 無効化カウントThe thread's APC disable count prior to calling the Fast I/O driver dispatch routine ドライバーの高速 i/o ディスパッチルーチンによって、スレッドの APC の無効化回数が変更されました。A driver Fast I/O dispatch routine has changed the thread's APC disable count. APC の disable count は、ドライバーが KeEnterCriticalRegionfsrtlenterfilesystemを呼び出すたび、またはミューテックスを取得するたびにデクリメントされます。The APC disable count is decremented each time a driver calls KeEnterCriticalRegion, FsRtlEnterFileSystem, or acquires a mutex. APC disable count は、ドライバーが KeLeaveCriticalRegionKeReleaseMutex、または fsrtlexitfilesystemを呼び出すたびに増分されます。The APC disable count is incremented each time a driver calls KeLeaveCriticalRegion, KeReleaseMutex, or FsRtlExitFileSystem. これらの呼び出しは常にペアになっている必要があるため、スレッドが終了するたびに、APC の disable count をゼロにする必要があります。Because these calls should always be in pairs, the APC disable count should be zero whenever a thread is exited. 負の値は、ドライバーが再度有効にすることなく、APC の呼び出しを無効にしたことを示します。A negative value indicates that a driver has disabled APC calls without re-enabling them. 正の値は、反転が true であることを示します。A positive value indicates that the reverse is true.
0xCA0xCA ルックアサイドリストのアドレスAddress of the lookaside list 予約済みReserved 予約済みReserved ドライバーがルックアサイドリストを再初期化しようとしました。The driver has attempted to re-initialize a lookaside list.
0xCB0xCB ルックアサイドリストのアドレスAddress of the lookaside list 予約済みReserved 予約済みReserved ドライバーは、初期化されていないルックアサイドリストを削除しようとしました。The driver has attempted to delete an uninitialized lookaside list.
0xCC0xCC ルックアサイドリストのアドレスAddress of the lookaside list プール割り当ての開始アドレスStarting address of the pool allocation プール割り当てのサイズSize of the pool allocation ドライバーは、アクティブなルックアサイドリストを含むプールの割り当てを解放しようとしました。The driver has attempted to free a pool allocation that contains an active lookaside list.
0xCD0xCD ルックアサイドリストのアドレスAddress of the lookaside list 呼び出し元によって指定されたブロックサイズBlock size specified by the caller サポートされている最小ブロックサイズMinimum supported block size ドライバーは、割り当てブロックサイズが小さすぎるルックアサイドリストを作成しようとしました。The driver has attempted to create a lookaside list with an allocation block size that is too small.
0xD00xD0 ÷の構造体のアドレスAddress of the ERESOURCE structure 予約済みReserved 予約済みReserved ドライバーが、この構造体を再初期化しようとしました。The driver has attempted to re-initialize an ERESOURCE structure.
0xD10xD1 ÷の構造体のアドレスAddress of the ERESOURCE structure 予約済みReserved 予約済みReserved ドライバーは、初期化されていない÷構造を削除しようとしました。The driver has attempted to delete an uninitialized ERESOURCE structure.
0xD20xD2 ÷の構造体のアドレスAddress of the ERESOURCE structure プール割り当ての開始アドレスStarting address of the pool allocation プール割り当てのサイズSize of the pool allocation ドライバーは、アクティブなリソース構造を含むプールの割り当てを解放しようとしました。The driver has attempted to free a pool allocation that contains an active ERESOURCE structure.
0xD50xD5 選択したビルドバージョンのドライバーによって作成された IO_REMOVE_LOCK 構造体のアドレスAddress of the IO_REMOVE_LOCK structure created by the checked build version of the driver 現在の IoReleaseRemoveLock タグCurrent IoReleaseRemoveLock tag 予約済みReserved 現在の IoReleaseRemoveLock タグは、前の IoAcquireRemoveLock タグと一致しません。The current IoReleaseRemoveLock tag does not match the previous IoAcquireRemoveLock tag. IoReleaseRemoveLock を呼び出しているドライバーがチェックされたビルドに含まれていない場合、パラメーター2はドライバーに代わってドライバーの検証ツールによって作成されたシャドウ IO_REMOVE_LOCK 構造のアドレスです。If the driver calling IoReleaseRemoveLock is not in a checked build, Parameter 2 is the address of the shadow IO_REMOVE_LOCK structure created by Driver Verifier on behalf of the driver. この場合、ドライバーによって使用される IO_REMOVE_LOCK 構造体のアドレスはまったく使用されません。これは、ドライバーの検証ツールによってすべての削除ロック Api のロックアドレスが置き換えられるためです。In this case, the address of the IO_REMOVE_LOCK structure used by the driver is not used at all, because Driver Verifier is replacing the lock address for all the remove lock APIs. このパラメーターを使用したバグチェックは、ドライバーの検証ツールの i/o 検証オプションがアクティブな場合にのみ行われます。A bug check with this parameter occurs only when the I/O Verification option of Driver Verifier is active.
0xD60xD6 選択したビルドバージョンのドライバーによって作成された IO_REMOVE_LOCK 構造体のアドレスAddress of the IO_REMOVE_LOCK structure created by the checked build version of the driver 前の IoAcquireRemoveLock タグに一致しないタグTag that does not match previous IoAcquireRemoveLock tag 前の IoAcquireRemoveLock タグPrevious IoAcquireRemoveLock tag 現在の IoReleaseRemoveLockAndWait タグは、前の IoAcquireRemoveLock タグと一致しません。The current IoReleaseRemoveLockAndWait tag does not match the previous IoAcquireRemoveLock tag. IoReleaseRemoveLockを呼び出しているドライバーがチェックされたビルドではない場合、パラメーター2はドライバーに代わってドライバーの検証ツールによって作成されたシャドウ IO_REMOVE_LOCK 構造のアドレスです。If the driver calling IoReleaseRemoveLock is not a checked build, Parameter 2 is the address of the shadow IO_REMOVE_LOCK structure created by Driver Verifier on behalf of the driver. この場合、ドライバーによって使用される IO_REMOVE_LOCK 構造体のアドレスはまったく使用されません。これは、ドライバーの検証ツールによってすべての削除ロック Api のロックアドレスが置き換えられるためです。In this case, the address of the IO_REMOVE_LOCK structure used by the driver is not used at all, because Driver Verifier is replacing the lock address for all the remove lock APIs. このパラメーターを使用したバグチェックは、ドライバーの検証ツールの i/o 検証オプションがアクティブな場合にのみ行われます。A bug check with this parameter occurs only when the I/O Verification option of Driver Verifier is active.
0xD70xD7 ドライバーの検証ツールで内部的に使用される、チェックされたビルドの削除ロック構造のアドレスAddress of the checked build Remove Lock structure that is used internally by Driver Verifier ドライバーによって指定された削除ロック構造のアドレスAddress of the Remove Lock structure that is specified by the driver 予約済みReserved IoReleaseRemoveLockAndWaitを呼び出した後でも、他のスレッドがIoAcquireRemoveLockを呼び出してそのロックを使用している可能性があるため、削除ロックを再初期化することはできません。A Remove Lock cannot be re-initialized, even after it calls IoReleaseRemoveLockAndWait, because other threads might still be using that lock (by calling IoAcquireRemoveLock). ドライバーは、デバイス拡張機能内に Remove ロックを割り当てて、1回だけ初期化します。The driver should allocate the Remove Lock inside its device extension, and initialize it a single time. ロックは、デバイス拡張機能と共に削除されます。The lock will be deleted together with the device extension.
0xDA0xDA ドライバーの開始アドレスStarting address of the driver ドライバー内の WMI コールバックアドレスWMI callback address inside the driver 予約済みReserved WMI コールバック関数が登録解除されていないドライバーをアンロードしようとしました。An attempt was made to unload a driver that has not deregistered its WMI callback function.
0xDB0xDB デバイスオブジェクトのアドレスAddress of the device object 予約済みReserved 予約済みReserved WMI から登録解除されていないデバイスオブジェクトを削除しようとしました。An attempt was made to delete a device object that was not deregistered from WMI.
0xDC0xDC 予約済みReserved 予約済みReserved 予約済みReserved 無効な RegHandle 値が関数 Etwunregister 解除のパラメーターとして指定されました。An invalid RegHandle value was specified as a parameter of the function EtwUnregister.
0xDD0xDD EtwRegister への呼び出しのアドレスAddress of the call to EtwRegister アンロードドライバーの開始アドレスStarting address of the unloading driver Windows 8 以降のバージョンでは、このパラメーターは ETW RegHandle の値です。For Windows 8 and later versions, this parameter is the ETW RegHandle value. Etwunregister 解除を呼び出さずにドライバーをアンロードしようとしました。An attempt was made to unload a driver without calling EtwUnregister.
0xDF0xDF 同期オブジェクトアドレスSynchronization object address 00 00 同期オブジェクトは、セッションアドレス空間にあります。The synchronization object is in session address space. 同期オブジェクトは、セッションのアドレス空間では許可されません。これは、別のセッションまたはセッションの仮想アドレス空間を持たないシステムスレッドからの操作が可能であるためです。Synchronization objects are not allowed in session address space because they can be manipulated from another session or from system threads that have no session virtual address space.
0xE00xE0 パラメーターとして使用されるユーザーモードアドレスUser-mode address that is used as a parameter パラメーターとして使用されるアドレス範囲のサイズ (バイト単位)Size ,in bytes, of the address range that is used as a parameter 予約済みReserved ユーザーモードアドレスをパラメーターとして指定したオペレーティングシステムカーネル関数が呼び出されました。A call was made to an operating system kernel function that specified a user-mode address as a parameter.
0xE10xE1 同期オブジェクトのアドレスAddress of the synchronization object 予約済みReserved 予約済みReserved 同期オブジェクトのアドレスが無効であるか、またはページング可能であることが検出されました。A synchronization object was found to have an address that was either invalid or pageable.
0xE20xE2 IRP のアドレスAddress of the IRP IRP に存在するユーザーモードアドレスUser-mode address present in the IRP 予約済みReserved Irp >Irp->requestormode が Kernelmode でに設定されている IRP は、そのメンバーの1つとしてユーザーモードアドレスを持っていることがわかりました。An IRP with Irp->RequestorMode set to KernelMode was found to have a user-mode address as one of its members.
0xE30xE3 API の呼び出しのアドレスAddress of the call to the API API でパラメーターとして使用されるユーザーモードアドレスUser-mode address used as a parameter in the API 予約済みReserved ドライバーが、パラメーターとしてユーザーモードアドレスを持つカーネルモード ZwXxx ルーチンを呼び出しました。A driver has made a call to a kernel-mode ZwXxx routine with a user-mode address as a parameter.
0xE40xE4 API の呼び出しのアドレスAddress of the call to the API 形式が正しくない UNICODE_STRING 構造体のアドレスAddress of the malformed UNICODE_STRING structure 予約済みReserved ドライバーが、パラメーターとして不適切な形式の UNICODE_STRING 構造を持つカーネルモード ZwXxx ルーチンを呼び出しました。A driver has made a call to a kernel-mode ZwXxx routine with a malformed UNICODE_STRING structure as a parameter.
0xE50xE5 現在の IRQLCurrent IRQL 予約済みReserved 予約済みReserved 無効な IRQL でカーネル API が呼び出されました。A call was made to a Kernel API at the incorrect IRQL.
0xE60xE6 Zw API 呼び出しを行うドライバー内のアドレスAddress inside the driver making the Zw API call 現在の IRQLCurrent IRQL 特殊なカーネル Apc。Special kernel APCs. カーネル Zw API が IRQL = PASSIVE_LEVEL で呼び出されませんでした。特殊なカーネル Apc が有効になっています。Kernel Zw API was not called at IRQL = PASSIVE_LEVEL and with special kernel APCs enabled.
0xEA0xEA 現在の IRQLCurrent IRQL スレッドの APC の無効化カウントThe thread's APC disable count Pushlock のアドレスAddress of the pushlock Apc が有効になっている間に、ドライバーが pushlock を取得しようとしました。A driver has attempted to acquire a pushlock while APCs are enabled.
0xEB0xEB 現在の IRQLCurrent IRQL スレッドの APC の無効化カウントThe thread's APC disable count Pushlock のアドレスAddress of the pushlock Apc が有効になっている間に、ドライバーが pushlock を解放しようとしました。A driver has attempted to release a pushlock while APCs are enabled.
0xF00xF0 コピー先のバッファーのアドレスAddress of the destination buffer ソースバッファーのアドレスAddress of the source buffer コピーするバイト数Number of bytes to copy コピー元とコピー先のバッファーが重複する memcpy 関数を呼び出したドライバー。A driver called the memcpy function with overlapping source and destination buffers.
0xF50xF5 NULL ハンドルのアドレスAddress of the NULL handle オブジェクトの種類Object type 予約済みReserved ドライバーが Obreferenceobjectbyhandleに NULL ハンドルを渡しました。A driver passed a NULL handle to ObReferenceObjectByHandle.
0xF60xF6 参照されている値の処理Handle value being referenced 現在のプロセスのアドレスAddress of the current process 無効な参照を実行するドライバー内のアドレスAddress inside the driver that performs the incorrect reference ドライバーは、カーネルモードとしてユーザーモードハンドルを参照します。A driver references a user-mode handle as kernel mode.
0xF70xF7 呼び出し元によって指定された値を処理しますHandle value specified by the caller 呼び出し元によって指定されたオブジェクトの種類Object type specified by the caller 呼び出し元によって指定された AccessModeAccessMode specified by the caller ドライバーがシステムプロセスのコンテキストでカーネルハンドルのユーザーモード参照を試行しています。A driver is attempting a user-mode reference for a kernel handle in the context of the system process.
0xFA0xFA 完了ルーチンアドレス。Completion routine address. 完了ルーチンを呼び出す前の IRQL 値IRQL value before it calls the completion routine 完了ルーチンを呼び出した後の現在の IRQL 値Current IRQL value, after it calls the completion routine IRP の完了ルーチンが、ルーチンが呼び出された IRQL と異なる IRQL で返されました。The IRP completion routine returned at an IRQL that was different from the IRQL the routine was called at.
0xFB0xFB 完了ルーチンのアドレスCompletion routine address 現在のスレッドの APC の無効化カウントCurrent thread's APC disable count IRP の完了ルーチンを呼び出す前のスレッドの APC の無効化回数The thread's APC disable count before it calls the IRP completion routine スレッドの APC 無効化カウントは、ドライバーの IRP 完了ルーチンによって変更されました。The thread's APC disable count was changed by the driver's IRP completion routine. APC の disable count は、ドライバーが KeEnterCriticalRegionfsrtlenterfilesystemを呼び出すたび、またはミューテックスを取得するたびにデクリメントされます。The APC disable count is decremented each time a driver calls KeEnterCriticalRegion, FsRtlEnterFileSystem, or acquires a mutex. APC disable count は、ドライバーが KeLeaveCriticalRegionKeReleaseMutex、または fsrtlexitfilesystemを呼び出すたびに増分されます。The APC disable count is incremented each time a driver calls KeLeaveCriticalRegion, KeReleaseMutex, or FsRtlExitFileSystem. これらの呼び出しは常にペアになっている必要があるため、スレッドが終了するたびに、APC の disable count をゼロにする必要があります。Because these calls should always be in pairs, the APC disable count should be zero whenever a thread is exited. 負の値は、ドライバーが再度有効にすることなく、APC の呼び出しを無効にしたことを示します。A negative value indicates that a driver has disabled APC calls without re-enabling them. 正の値は、反転が true であることを示します。A positive value indicates that the reverse is true.
0xFC0xFC 無効な API 呼び出しを行うドライバー内のアドレス。Address inside the driver making the incorrect API call. ApcContext 値を指定します。Provided ApcContext value. 予約済みReserved サポートされていない ApcContext 値を使用して、(カーネルモードから) ZwNotifyChangeKey を呼び出しています。Calling ZwNotifyChangeKey (from kernel mode) with unsupported ApcContext value.

0x105 を0x140 に0x105 to 0x140

パラメーター 1Parameter 1 パラメータ 2Parameter 2 パラメーター3Parameter 3 パラメーター4Parameter 4 エラーの原因Cause of Error
0x1050x105 IRP のアドレスAddress of the IRP 00 00 ドライバーは、IoFreeIrp ではなく ExFreePool を使用して IRP を解放します。The driver uses ExFreePool instead of IoFreeIrp to release the IRP.
0x10A0x10A 00 00 00 ドライバーは、アイドル状態のプロセスに対してプールクォータの課金を試行します。The driver attempts to charge pool quota to the Idle process.
0x10B0x10B 00 00 00 ドライバーは、DPC ルーチンからプールクォータの課金を試行します。The driver attempts to charge pool quota from a DPC routine. 現在のプロセスコンテキストが定義されていないため、これは正しくありません。This is incorrect because the current process context is undefined.
0x1100x110 00 00 00 割り込みサービスルーチンのアドレスAddress of the Interrupt Service Routine ISR を実行する前に保存された拡張コンテキストのアドレスAddress of the extended context that was saved before it executed the ISR 拡張コンテキストのアドレスは、ISR の実行後に保存されましたAddress of the extended context was saved after it executed the ISR ドライバーの割り込みサービスルーチン (ISR) によって、拡張スレッドコンテキストが破損しました。The interrupt service routine (ISR) for the driver has corrupted the extended thread context.
0x1110x111 割り込みサービスルーチンのアドレスAddress of the Interrupt Service Routine ISR を実行する前の IRQLIRQL before executing ISR ISR の実行後の IRQLIRQL after executing ISR 割り込みサービスルーチンが変更された IRQL を返しました。The interrupt Service Routine returned a changed IRQL.
0x1150x115 デッドロックが発生する可能性がある、シャットダウンを担当するスレッドのアドレス。The address of the thread responsible for the shutdown, that might be deadlocked. 00 00 ドライバーの検証ツールによって、システムの実行時間が20分を超え、シャットダウンが完了していないことが検出されました。Driver Verifier detected that the system has taken longer than 20 minutes and shutdown is not complete.
0x11A0x11A 現在の IRQLCurrent IRQL 00 00 ドライバーは、IRQL > APC_LEVEL で KeEnterCriticalRegion を呼び出します。The driver calls KeEnterCriticalRegion at IRQL > APC_LEVEL.
0x11B0x11B 現在の IRQLCurrent IRQL 00 00 ドライバーは、IRQL > APC_LEVEL で KeLeaveCriticalRegion を呼び出します。The driver calls KeLeaveCriticalRegion at IRQL > APC_LEVEL.
0x1200x120 IRQL 値のアドレスAddress of the IRQL value 待機するオブジェクトのアドレスAddress of the Object to wait on タイムアウト値のアドレスAddress of Timeout value スレッドは、IRQL > DISPATCH_LEVEL で待機します。The thread waits at IRQL > DISPATCH_LEVEL. KeWaitForSingleObject または KeWaitForMultipleObjects の呼び出し元は、IRQL <= DISPATCH_LEVEL で実行する必要があります。Callers of KeWaitForSingleObject or KeWaitForMultipleObjects must run at IRQL <= DISPATCH_LEVEL.
0x1210x121 IRQL 値のアドレスAddress of the IRQL value 待機するオブジェクトのアドレスAddress of the Object to wait on タイムアウト値のアドレスAddress of Timeout value スレッドは IRQL equals DISPATCH_LEVEL で待機し、タイムアウトは NULL になります。The thread waits at IRQL equals DISPATCH_LEVEL and the Timeout is NULL. KeWaitForSingleObject または KeWaitForMultipleObjects の呼び出し元は、IRQL <= DISPATCH_LEVEL で実行できます。Callers of KeWaitForSingleObject or KeWaitForMultipleObjects can run at IRQL <= DISPATCH_LEVEL. NULL ポインターがタイムアウトに指定されている場合、オブジェクトがシグナル状態になるまで、呼び出し元のスレッドは待機状態のままになります。If a NULL pointer is supplied for Timeout, the calling thread remains in a wait state until the Object is signaled.
0x1220x122 IRQL 値のアドレスAddress of the IRQL value 待機するオブジェクトのアドレスAddress of the Object to wait on タイムアウト値のアドレスAddress of the Timeout value スレッドが DISPATCH_LEVEL で待機し、タイムアウト値がゼロ (0) と等しくありません。The thread waits at DISPATCH_LEVEL and Timeout value is not equal to zero (0). タイムアウト! = 0 の場合、KeWaitForSingleObject または KeWaitForMultipleObjects の呼び出し元は、IRQL <= APC_LEVEL で実行する必要があります。If the Timeout != 0, the callers of KeWaitForSingleObject or KeWaitForMultipleObjects must run at IRQL <= APC_LEVEL.
0x1230x123 待機するオブジェクトのアドレスAddress of the Object to wait on 00 00 KeWaitForSingleObject または KeWaitForMultipleObjects の呼び出し元が、この待機をモードとして指定しましたが、オブジェクトはカーネルスタック上にあります。The caller of KeWaitForSingleObject or KeWaitForMultipleObjects specified the wait as UserMode, but the Object is on the kernel stack.
0x1300x130 作業項目のアドレスAddress of work item 00 00 作業項目はセッションアドレス空間にあります。The work item is in session address space. セッションアドレス空間では、別のセッションまたはセッションの仮想アドレス空間を持たないシステムスレッドから操作できるため、作業項目は許可されません。Work items are not allowed in session address space because they can be manipulated from another session or from system threads that have no session virtual address space.
0x1310x131 作業項目のアドレスAddress of work item 00 00 作業項目は、ページング可能なメモリ内にあります。The work item is in pageable memory. 作業項目は DISPATCH_LEVEL で使用されるため、非ページングメモリ内に存在する必要があります。Work items have to be in nonpageable memory because the kernel uses them at DISPATCH_LEVEL.
0x1350x135 IRP のアドレスAddress of IRP Iocancelirp呼び出しからこの IRP の完了までの許容時間 (ミリ秒)Number of milliseconds allowed between the IoCancelIrp call and the completion for this IRP 00 取り消された IRP は、キャンセルされた IRP を完了するのに予想以上に長い時間がかかっていた可能性があります。The canceled IRP did not completed in the expected time The driver took longer than expected to complete the canceled IRP.
0x13A0x13A 解放されているプールブロックのアドレスAddress of the pool block being freed 値が正しくありませんIncorrect value 間違った値のアドレスAddress of the incorrect value ドライバーが Exfreepool を呼び出しました。ドライバー検証ツールは、プールの使用状況を追跡するために使用される内部値の1つでエラーを検出します。The driver has called ExFreePool and Driver Verifier detects an error in one of the internal values that is used to track pool usage.
0x13B0x13B 解放されているプールブロックのアドレスAddress of the pool block being freed 間違った値のアドレスAddress of the incorrect value 間違ったメモリページへのポインターのアドレスAddress of a pointer to the incorrect memory page ドライバーが Exfreepool を呼び出しました。ドライバー検証ツールは、プールの使用状況を追跡するために使用される内部値の1つでエラーを検出します。The driver has called ExFreePool and Driver Verifier detects an error in one of the internal values that is used to track pool usage.
0x13C0x13C 解放されているプールブロックのアドレスAddress of the pool block being freed 値が正しくありませんIncorrect value 間違った値のアドレスAddress of the incorrect value ドライバーが Exfreepool を呼び出しました。ドライバー検証ツールは、プールの使用状況を追跡するために使用される内部値の1つでエラーを検出します。The driver has called ExFreePool and Driver Verifier detects an error in one of the internal values that is used to track pool usage.
0x13D0x13D 解放されているプールブロックのアドレスAddress of the pool block being freed 間違った値のアドレスAddress of the incorrect value 正しい値が必要です。Correct value that was expected ドライバーが Exfreepool を呼び出しました。ドライバー検証ツールは、プールの使用状況を追跡するために使用される内部値の1つでエラーを検出します。The driver has called ExFreePool and Driver Verifier detects an error in one of the internal values that is used to track pool usage.
0x13E0x13E 呼び出し元によって指定されたプールブロックアドレスPool block address specified by the caller ドライバーの検証ツールによって追跡されたプールブロックアドレスPool block address tracked by Driver Verifier ドライバーの検証ツールによって追跡されるプールブロックアドレスへのポインターPointer to the pool block address that is tracked by Driver Verifier Exfreepoolの呼び出し元によって指定されたプールブロックアドレスが、ドライバーの検証ツールによって追跡されるアドレスと異なります。The pool block address specified by the caller of ExFreePool is different from the address tracked by Driver Verifier.
0x13F0x13F 解放されているプールブロックのアドレスAddress of the pool block being freed 解放されるバイト数Number of bytes being freed ドライバーの検証ツールによって追跡されたバイト数へのポインターPointer to the number of bytes tracked by Driver Verifier Exfreepoolへの呼び出しで解放されるメモリのバイト数が、ドライバーの検証ツールによって追跡されるバイト数と異なります。The number of bytes of memory being freed in the call to ExFreePool is different from the number of bytes tracked by Driver Verifier.
0x1400x140 現在の IRQLCurrent IRQL MDL アドレスMDL address この MDL と関連付けられた仮想アドレスAssociated virtual address with this MDL ロックされていない MDL は、ページング可能なメモリまたは tradable メモリから構築されています。A non-locked MDL was constructed from either pageable or tradable memory.
0x1410x141 ドライバーが割り当てを要求した物理アドレスの最高値Highest physical address the driver requested for allocation 割り当てるバイト数Number of bytes to allocate 00 ドライバーは、物理メモリを 4 GB 未満で明示的に要求しています。The driver is explicitly requesting physical memory under 4GB.

0x1000 から 0x100B-デッドロック0x1000 to 0x100B - Deadlocks

パラメーター 1Parameter 1 パラメータ 2Parameter 2 パラメーター3Parameter 3 パラメーター4Parameter 4 エラーの原因Cause of Error
0x10000x1000 リソースのアドレスAddress of the resource 予約済みReserved 予約済みReserved 自己デッドロック: 現在のスレッドは、共有のみを所有しているリソースを再帰的かつ排他的に取得しようとしました。Self-deadlock: The current thread has tried to recursively and exclusively acquire a resource which it only owns shared. このパラメーターを使用したバグチェックは、ドライバー検証ツールのデッドロック検出オプションがアクティブな場合にのみ行われます。A bug check with this parameter occurs only when the Deadlock Detection option of Driver Verifier is active.
0x10010x1001 デッドロックの最終的な原因であるリソースのアドレスAddress of the resource that was the final cause of the deadlock 予約済みReserved 予約済みReserved デッドロック: ロック階層違反が見つかりました。Deadlock: A lock hierarchy violation has been found. このパラメーターを使用したバグチェックは、ドライバー検証ツールのデッドロック検出オプションがアクティブな場合にのみ行われます。A bug check with this parameter occurs only when the Deadlock Detection option of Driver Verifier is active. (詳細については、 ! デッドロック 拡張機能を使用してください。)(Use the !deadlock extension for further information.)
0x10020x1002 リソースのアドレスAddress of the resource 予約済みReserved 予約済みReserved 初期化されていないリソース: 最初に初期化されずにリソースが取得されました。Uninitialized resource: A resource has been acquired without having been initialized first. このパラメーターを使用したバグチェックは、ドライバー検証ツールのデッドロック検出オプションがアクティブな場合にのみ行われます。A bug check with this parameter occurs only when the Deadlock Detection option of Driver Verifier is active.
0x10030x1003 デッドロック状態になっているリソースのアドレスAddress of the resource that is being released deadlocked 最初に解放される必要があるリソースのアドレスAddress of the resource that should have been released first 予約済みReserved 予期しないリリース: リソースが正しくない順序で解放されました。Unexpected release: A resource has been released in an incorrect order. このパラメーターを使用したバグチェックは、ドライバー検証ツールのデッドロック検出オプションがアクティブな場合にのみ行われます。A bug check with this parameter occurs only when the Deadlock Detection option of Driver Verifier is active.
0x10040x1004 リソースのアドレスAddress of the resource リソースを取得したスレッドのアドレスAddress of the thread that acquired the resource 現在のスレッドのアドレスAddress of the current thread 予期しないスレッド: 間違ったスレッドによってリソースが解放されます。Unexpected thread: The wrong thread releases a resource. このパラメーターを使用したバグチェックは、ドライバー検証ツールのデッドロック検出オプションがアクティブな場合にのみ行われます。A bug check with this parameter occurs only when the Deadlock Detection option of Driver Verifier is active.
0x10050x1005 リソースのアドレスAddress of the resource 予約済みReserved 予約済みReserved 複数の初期化: リソースが複数回初期化されています。Multiple initialization: A resource is initialized more than one time. このパラメーターを使用したバグチェックは、ドライバー検証ツールのデッドロック検出オプションがアクティブな場合にのみ行われます。A bug check with this parameter occurs only when the Deadlock Detection option of Driver Verifier is active.
0x10070x1007 リソースのアドレスAddress of the resource 予約済みReserved 予約済みReserved リソースの取得解除: リソースが取得される前に解放されます。Unacquired resource: A resource is released before it has been acquired. このパラメーターを使用したバグチェックは、ドライバー検証ツールのデッドロック検出オプションがアクティブな場合にのみ行われます。A bug check with this parameter occurs only when the Deadlock Detection option of Driver Verifier is active.
0x10080x1008 ロックアドレスLock address 予約済みReserved 予約済みReserved ドライバーは、このロックの種類に一致しない API を使用してロックを取得しようとしました。The driver tried to acquire a lock by using an API that is mismatched for this lock type.
0x10090x1009 ロックアドレスLock address 予約済みReserved 予約済みReserved ドライバーは、このロックの種類に一致しない API を使用してロックを解除しようとしました。The driver tried to release a lock by using an API that is mismatched for this lock type.
0x100A0x100A 所有者スレッドアドレスOwner thread address 予約済みReserved 終了したスレッドがロックを所有しています。The terminated thread owns the lock.
0x100B0x100B ロックアドレスLock address 所有者スレッドアドレスOwner thread address 予約済みReserved 削除されたロックは、まだスレッドによって所有されています。The deleted lock is still owned by a thread.
0x10100x1010 書き込み IRP が発行されたデバイスオブジェクト。Device object to which the Write IRP was issued. IRP のアドレス。The address of the IRP. MDL が記述するバッファーの仮想アドレスを System-Space します。System-Space Virtual Address for the buffer that the MDL describes. 書き込み Irp の不変の MDL バッファーの内容が変更されました。Invariant MDL buffer contents for Write Irp were modified.
0x10110x1011 書き込み IRP が発行されたデバイスオブジェクト。Device object to which the Write IRP was issued. IRP のアドレス。The address of the IRP. MDL が記述するバッファーの仮想アドレスを System-Space します。System-Space Virtual Address for the buffer that the MDL describes. Read Irp の不変の MDL バッファーの内容が、ダミーページでサポートされているディスパッチまたはバッファーで変更されました。Invariant MDL buffer contents for Read Irp were modified during dispatch or buffer backed by dummy pages.
0x10120x1012 違反を説明する文字列へのポインター。A pointer to the string describing the violation. この破損に関係するデータ (使用されていない場合は 0)。Data that is involved in this corruption (0 if not used). この破損に関係するデータ (使用されていない場合は 0)。Data that is involved in this corruption (0 if not used). 検証機能拡張機能の状態ストレージで破損が検出されました。Verifier extension state storage detected corruption.
0x10130x1013 ドライバーオブジェクトへのポインター。A pointer to the driver object. キャプチャされた元の i/o コールバックへのポインター。A pointer to the captured original I/O callbacks. 予約済み (未使用)。Reserved (unused). 検証ツールは、キャプチャされた元の i/o コールバックで内部の破損を検出しました。Verifier detected internal corruption in the captured original I/O callbacks.

0x2000 から 0x2005-コードの整合性の問題0x2000 to 0x2005 - Code Integrity Issues

パラメーター 1Parameter 1 パラメータ 2Parameter 2 パラメーター3Parameter 3 パラメーター4Parameter 4 エラーの原因Cause of Error
0x20000x2000 エラーが検出されたドライバーのコード内のアドレス。The address in the driver's code where the error was detected. プールの種類。Pool Type. プールタグ (指定されている場合)。Pool Tag (if provided). コードの整合性の問題: 呼び出し元が実行可能なプールの種類を指定しました。Code Integrity Issue: The caller specified an executable pool type. (必要な値: NonPagedPoolNx)(Expected: NonPagedPoolNx)
0x20010x2001 エラーが検出されたドライバーのコード内のアドレス。The address in the driver's code where the error was detected. ページ保護 (WIN32_PROTECTION_MASK)。Page Protection (WIN32_PROTECTION_MASK). 00 コードの整合性の問題: 呼び出し元が実行可能ページの保護を指定しました。Code Integrity Issue: The caller specified an executable page protection. (必要なのは、消去された PAGE_EXECUTE * ビット)(Expected: cleared PAGE_EXECUTE* bits)
0x20020x2002 エラーが検出されたドライバーのコード内のアドレス。The address in the driver's code where the error was detected. ページの優先度 (MM_PAGE_PRIORITY、MdlMapping *)。Page Priority (MM_PAGE_PRIORITY logically OR'd with MdlMapping*). 00 コードの整合性の問題: 呼び出し元は、実行可能な MDL マッピングを指定しました。Code Integrity Issue: The caller specified an executable MDL mapping. (必要な値: MdlMappingNoExecute)(Expected: MdlMappingNoExecute)
0x20030x2003 イメージファイル名 (Unicode 文字列)。The image file name (Unicode string). セクションヘッダーのアドレス。The address of the section header. セクション名 (UTF-8 でエンコードされた文字列)。The section name (UTF-8 encoded string). コードの整合性の問題: イメージには、実行可能ファイルと書き込み可能なセクションが含まれています。Code Integrity Issue: The image contains an executable and writable section.
0x20040x2004 イメージファイル名 (Unicode 文字列)。The image file name (Unicode string). セクションヘッダーのアドレス。The address of the section header. セクション名 (UTF-8 でエンコードされた文字列)。The section name (UTF-8 encoded string). コードの整合性の問題: イメージに、ページがアラインされていないセクションが含まれています。Code Integrity Issue: The image contains a section that is not page aligned.
0x20050x2005 イメージファイル名 (Unicode 文字列)。The image file name (Unicode string). IAT ディレクトリ。IAT Directory. セクション名 (UTF-8 でエンコードされた文字列)。The section name (UTF-8 encoded string). コードの整合性の問題: イメージには、実行可能なセクションに配置されている IAT が含まれています。Code Integrity Issue: The image contains an IAT located in an executable section.

0xA001 から 0xA00D-VM スイッチの問題0xA001 to 0xA00D - VM Switch Issues

パラメーター 1Parameter 1 パラメータ 2Parameter 2 パラメーター3Parameter 3 パラメーター4Parameter 4 エラーの原因Cause of Error
0xA0010xA001 NetBufferList オブジェクトへのポインターA pointer to the NetBufferList object 仮想スイッチオブジェクトへのポインター (NULL 以外の場合)A pointer to the virtual switch object (if NON-NULL) 予約済み (未使用)Reserved (unused) VM スイッチ: 呼び出し元が指定した NetBufferList の SourceHandle を設定する必要があります。VM Switch: The SourceHandle for the caller-supplied NetBufferList must be set. AllocateNetBufferListForwardingContextルーチンを参照してください。See the AllocateNetBufferListForwardingContext routine.
0xA0020xA002 NetBufferList オブジェクトへのポインターA pointer to the NetBufferList object 仮想スイッチオブジェクトへのポインター (NULL 以外の場合)。A pointer to the virtual switch object (if NON-NULL). 予約済み (未使用)Reserved (unused) VM スイッチ: 呼び出し元によって指定された NetBufferList の転送詳細が0ではありません。VM Switch: The caller supplied NetBufferList's forwarding detail is not zero. AllocateNetBufferListForwardingContextルーチンを参照してください。See the AllocateNetBufferListForwardingContext routine.
0xA0030xA003 NetBufferList オブジェクトへのポインターA pointer to the NetBufferList object 仮想スイッチオブジェクトへのポインター (NULL 以外の場合)。A pointer to the virtual switch object (if NON-NULL). 予約済み (未使用)Reserved (unused) VM スイッチ: 呼び出し元が、パケットヘッダーまたはルーティングコンテキストが NULL の NetBufferList を提供しました。VM Switch: The caller supplied a NetBufferList with packet header or routing context that is NULL. 拡張可能なスイッチのデータパスについては、「パケット管理のガイドライン」を参照してください。See Packet Management Guidelines for the Extensible Switch Data Path.
0xA0040xA004 無効なポートの IDID of invalid port NIC インデックスNIC Index 仮想スイッチオブジェクトへのポインター (NULL 以外の場合)。A pointer to the virtual switch object (if NON-NULL). VM スイッチ: 呼び出し元によって、無効なポートと NIC インデックスの組み合わせが指定されました。VM Switch: The caller specified an invalid Port and NIC index combination. Hyper-v 拡張可能スイッチポートとネットワークアダプターの状態」を参照してください。See Hyper-V Extensible Switch Port and Network Adapter States.
0xA0050xA005 NetBufferList オブジェクトへのポインターA pointer to the NetBufferList object 対象のリストへのポインター。A pointer to the Destination list. 仮想スイッチオブジェクトへのポインター (NULL 以外の場合)。A pointer to the virtual switch object (if NON-NULL). VM スイッチ: 呼び出し元によって無効な宛先が指定されました。VM Switch: The caller supplied an invalid destination. AddNetBufferListDestination 」および「 Updatenetbufferlistdestinations」を参照してください。See AddNetBufferListDestination and UpdateNetBufferListDestinations.
0xA0060xA006 NetBufferList オブジェクトへのポインターA pointer to the NetBufferList object 仮想スイッチオブジェクトへのポインター (NULL 以外の場合)。A pointer to the virtual switch object (if NON-NULL). 予約済み (未使用)Reserved (unused) VM スイッチ: 呼び出し元が、無効なソース NIC またはポートオブジェクトを指定しました。VM Switch: The caller supplied an invalid source NIC or Port object. Hyper-v 拡張可能スイッチポートとネットワークアダプターの状態」を参照してください。See Hyper-V Extensible Switch Port and Network Adapter States.
0xA0070xA007 NetBufferList オブジェクトへのポインターA pointer to the NetBufferList object 仮想スイッチオブジェクトへのポインター (NULL 以外の場合)。A pointer to the virtual switch object (if NON-NULL). 予約済み (未使用)Reserved (unused) VM スイッチ: 呼び出し元により、無効な宛先リストが指定されました。VM Switch: The caller supplied an invalid destination list. AddNetBufferListDestination 」および「 Updatenetbufferlistdestinations」を参照してください。See AddNetBufferListDestination and UpdateNetBufferListDestinations.
0xA0080xA008 親 NIC オブジェクトParent NIC object NIC インデックスNIC index 仮想スイッチオブジェクトへのポインター (NULL 以外の場合)。A pointer to the virtual switch object (if NON-NULL). VM スイッチ: 許可されていないときに NIC を参照しようとしています。VM Switch: Attempting to reference a NIC when not allowed. Hyper-v 拡張可能スイッチポートとネットワークアダプターの状態」を参照してください。See Hyper-V Extensible Switch Port and Network Adapter States.
0xA0090xA009 参照されているポートPort being referenced 仮想スイッチオブジェクトへのポインター (NULL 以外の場合)A pointer to the virtual switch object (if NON-NULL) 予約済み (未使用)Reserved (unused) VM スイッチ: 許可されていないときにポートを参照しようとしました。VM Switch: Attempt to reference a port when not allowed. Hyper-v 拡張可能スイッチポートとネットワークアダプターの状態」を参照してください。See Hyper-V Extensible Switch Port and Network Adapter States.
0xA00A0xA00A NetBufferList オブジェクトへのポインターA pointer to the NetBufferList object ContextTypeInfo オブジェクトContextTypeInfo object 予約済み (未使用)Reserved (unused) VM スイッチ: エラーコンテキストが既に設定されています。VM Switch: Failure context is already set. SetNetBufferListSwitchContext」を参照してください。See SetNetBufferListSwitchContext.
0xA00B0xA00B NetBufferList オブジェクトへのポインターA pointer to the NetBufferList object NDIS_SWITCH_REPORT_FILTERED_NBL_FLAGS_ *NDIS_SWITCH_REPORT_FILTERED_NBL_FLAGS_* 仮想スイッチオブジェクトへのポインター (NULL 以外の場合)A pointer to the virtual switch object (if NON-NULL) VM スイッチ: ドロップ NetBufferList に指定された方向が無効です。VM Switch: Invalid direction provided for dropped NetBufferList. ReportFilteredNetBufferLists」を参照してください。See ReportFilteredNetBufferLists.
0xA00C0xA00C NetBufferList オブジェクトへのポインターA pointer to the NetBufferList object 送信フラグの値Send Flags value 仮想スイッチオブジェクトへのポインター (NULL 以外の場合)A pointer to the virtual switch object (if NON-NULL) VM スイッチ: NDIS_SEND_FLAGS_SWITCH_SINGLE_SOURCE フラグが設定されている場合、NetBufferList chain には複数のソースポートがあります。VM Switch: NetBufferList chain has multiple source ports when NDIS_SEND_FLAGS_SWITCH_SINGLE_SOURCE flag is set. Hyper-v 拡張可能スイッチの送信フラグと受信フラグ」を参照してください。See Hyper-V Extensible Switch Send and Receive Flags.
0xA00D0xA00D NetBufferList オブジェクトへのポインターA pointer to the NetBufferList object 仮想スイッチコンテキストへのポインターA pointer to the virtual switch context 仮想スイッチオブジェクトへのポインター (NULL 以外の場合)A pointer to the virtual switch object (if NON-NULL) VM スイッチ: NDIS_RECEIVE_FLAGS_SWITCH_DESTINATION_GROUP フラグが設定されている場合、チェーン内の1つ以上の NetBufferLists に無効な宛先があります。VM Switch: One or more NetBufferLists in chain have invalid destination when NDIS_RECEIVE_FLAGS_SWITCH_DESTINATION_GROUP flag is set. Hyper-v 拡張可能スイッチの送信フラグと受信フラグ」を参照してください。See Hyper-V Extensible Switch Send and Receive Flags.
0xA00E0xA00E NetBufferLists オブジェクトへのポインター。A pointer to the NetBufferLists object. 仮想スイッチコンテキストへのポインター。A pointer to the virtual switch context. 仮想スイッチオブジェクトへのポインター (NULL 以外の場合)。A pointer to the virtual switch object (if NON-NULL). VM スイッチ: VMS_NBL_ROUTING_CONTEXT_FLAG_NO_WNV_PROCESSING フラグが設定されている場合、WNV を介して NetBufferList を完了しようとしています。VM Switch: Attempting to complete NetBufferList through WNV when VMS_NBL_ROUTING_CONTEXT_FLAG_NO_WNV_PROCESSING flag is set.

0x00020002 0x00020022-DDI コンプライアンス規則違反0x00020002 to 0x00020022 - DDI Compliance Rule Violations

パラメーター 1Parameter 1 パラメータ 2Parameter 2 パラメーター3Parameter 3 パラメーター4Parameter 4 エラーの原因Cause of Error
0x000200020x00020002 違反した規則条件を説明する文字列へのポインター。Pointer to the string that describes the violated rule condition. ルールの状態変数へのポインター (省略可能)。Optional pointer to the rule state variable(s). 予約済みReserved このドライバーは、DDI コンプライアンス規則 IrqlApcLteに違反しました。The driver violated the DDI compliance rule IrqlApcLte. この規則は、IRQL <= APC_LEVEL の場合にのみ、ドライバーが Obgetobjectsecurity および obgetobjectsecurity を呼び出す必要があることを指定します。The rule specifies that the driver must call ObGetObjectSecurity and ObReleaseObjectSecurity only when IRQL <= APC_LEVEL.
0x000200030x00020003 違反した規則条件を説明する文字列へのポインター。Pointer to the string that describes the violated rule condition. ルールの状態変数へのポインター (省略可能)。Optional pointer to the rule state variable(s). 予約済みReserved このドライバーは、DDI コンプライアンス規則 Irqldispatchに違反しました。The driver violated the DDI compliance rule IrqlDispatch. IrqlDispatch ルールでは、ドライバーが特定のルーチンを呼び出す必要があることを指定します。 IRQL = DISPATCH_LEVELThe IrqlDispatch rule specifies that the driver must call certain routines only when IRQL = DISPATCH_LEVEL
0x000200040x00020004 違反した規則条件を説明する文字列へのポインター。Pointer to the string that describes the violated rule condition. ルールの状態変数へのポインター (省略可能)。Optional pointer to the rule state variable(s). 予約済みReserved このドライバーは、DDI コンプライアンス規則 IrqlExAllocatePoolに違反しました。The driver violated the DDI compliance rule IrqlExAllocatePool. IrqlExAllocatePool 規則は、IRQL<= DISPATCH_LEVEL の場合にのみ、ドライバーが ExallocatepoolwithtagExallocatepoolwithtagpriority を呼び出すように指定します。The IrqlExAllocatePool rule specifies that the driver calls ExAllocatePoolWithTag and ExAllocatePoolWithTagPriority only when at IRQL<=DISPATCH_LEVEL.
0x000200050x00020005 違反した規則条件を説明する文字列へのポインター。Pointer to the string that describes the violated rule condition. ルールの状態変数へのポインター (省略可能)。Optional pointer to the rule state variable(s). 予約済みReserved このドライバーは、DDI コンプライアンス規則 IrqlExApcLte1に違反しました。The driver violated the DDI compliance rule IrqlExApcLte1. IrqlExApcLte1 規則は、ドライバーが ExAcquireFastMutex と ExTryToAcquireFastMutex を呼び出すことを指定します。これは、IRQL <= APC_LEVEL でのみ行います。The IrqlExApcLte1 rule specifies that the driver calls ExAcquireFastMutex and ExTryToAcquireFastMutex only at IRQL <= APC_LEVEL.
0x000200060x00020006 違反した規則条件を説明する文字列へのポインター。Pointer to the string that describes the violated rule condition. ルールの状態変数へのポインター (省略可能)。Optional pointer to the rule state variable(s). 予約済みReserved このドライバーは、DDI コンプライアンス規則 IrqlExApcLte2に違反しました。The driver violated the DDI compliance rule IrqlExApcLte2. IrqlExApcLte2 規則は、IRQL <= APC_LEVEL の場合にのみ、ドライバーが特定のルーチンを呼び出すように指定します。The IrqlExApcLte2 rule specifies that the driver calls certain routines only when IRQL <= APC_LEVEL.
0x000200070x00020007 違反した規則条件を説明する文字列へのポインター。Pointer to the string that describes the violated rule condition. ルールの状態変数へのポインター (省略可能)。Optional pointer to the rule state variable(s). 予約済みReserved このドライバーは、DDI コンプライアンス規則 IrqlExApcLte3に違反しました。The driver violated the DDI compliance rule IrqlExApcLte3. IrqlExApcLte3 規則は、IRQL <= APC_LEVEL の場合にのみ、ドライバーが特定のエグゼクティブサポートルーチンを呼び出す必要があることを指定します。The IrqlExApcLte3 rule specifies that the driver must call certain executive support routines only when IRQL <= APC_LEVEL.
0x000200080x00020008 違反した規則条件を説明する文字列へのポインター。Pointer to the string that describes the violated rule condition. ルールの状態変数へのポインター (省略可能)。Optional pointer to the rule state variable(s). 予約済みReserved このドライバーは、DDI コンプライアンス規則 IrqlExPassiveに違反しました。The driver violated the DDI compliance rule IrqlExPassive. IrqlExPassive 規則は、IRQL = PASSIVE_LEVEL 場合にのみ、ドライバーが特定のエグゼクティブサポートルーチンを呼び出す必要があることを指定します。The IrqlExPassive rule specifies that the driver must call certain executive support routines only when IRQL = PASSIVE_LEVEL.
0x000200090x00020009 違反した規則条件を説明する文字列へのポインター。Pointer to the string that describes the violated rule condition. ルールの状態変数へのポインター (省略可能)。Optional pointer to the rule state variable(s). 予約済みReserved このドライバーは、DDI コンプライアンス規則 IrqlIoApcLteに違反しました。The driver violated the DDI compliance rule IrqlIoApcLte. IrqlIoApcLte 規則は、IRQL <= APC_LEVEL の場合にのみ、ドライバーが特定の i/o マネージャールーチンを呼び出す必要があることを指定します。The IrqlIoApcLte rule specifies that the driver must call certain I/O manager routines only when IRQL <= APC_LEVEL.
0x0002000A0x0002000A 違反した規則条件を説明する文字列へのポインター。Pointer to the string that describes the violated rule condition. ルールの状態変数へのポインター (省略可能)。Optional pointer to the rule state variable(s). 予約済みReserved このドライバーは、DDI コンプライアンス規則 IrqlIoPassive1に違反しました。The driver violated the DDI compliance rule IrqlIoPassive1. IrqlIoPassive1 規則は、IRQL = PASSIVE_LEVEL 場合にのみ、ドライバーが特定の i/o マネージャールーチンを呼び出す必要があることを指定します。The IrqlIoPassive1 rule specifies that the driver must call certain I/O manager routines only when IRQL = PASSIVE_LEVEL.
0x0002000B0x0002000B 違反した規則条件を説明する文字列へのポインター。Pointer to the string that describes the violated rule condition. ルールの状態変数へのポインター (省略可能)。Optional pointer to the rule state variable(s). 予約済みReserved このドライバーは、DDI コンプライアンス規則 IrqlIoPassive2に違反しました。The driver violated the DDI compliance rule IrqlIoPassive2. IrqlIoPassive2 規則は、IRQL = PASSIVE_LEVEL 場合にのみ、ドライバーが特定の i/o マネージャールーチンを呼び出す必要があることを指定します。The IrqlIoPassive2 rule specifies that the driver must call certain I/O manager routines only when IRQL = PASSIVE_LEVEL.
0x0002000C0x0002000C 違反した規則条件を説明する文字列へのポインター。Pointer to the string that describes the violated rule condition. ルールの状態変数へのポインター (省略可能)。Optional pointer to the rule state variable(s). 予約済みReserved このドライバーは、DDI コンプライアンス規則 IrqlIoPassive3に違反しました。The driver violated the DDI compliance rule IrqlIoPassive3. IrqlIoPassive3 規則は、IRQL = PASSIVE_LEVEL 場合にのみ、ドライバーが特定の i/o マネージャールーチンを呼び出す必要があることを指定します。The IrqlIoPassive3 rule specifies that the driver must call certain I/O manager routines only when IRQL = PASSIVE_LEVEL.
0x0002000D0x0002000D 違反した規則条件を説明する文字列へのポインター。Pointer to the string that describes the violated rule condition. ルールの状態変数へのポインター (省略可能)。Optional pointer to the rule state variable(s). 予約済みReserved このドライバーは、DDI コンプライアンス規則 IrqlIoPassive4に違反しました。The driver violated the DDI compliance rule IrqlIoPassive4. IrqlIoPassive4 規則は、IRQL = PASSIVE_LEVEL 場合にのみ、ドライバーが特定の i/o マネージャールーチンを呼び出す必要があることを指定します。The IrqlIoPassive4 rule specifies that the driver must call certain I/O manager routines only when IRQL = PASSIVE_LEVEL.
0x0002000E0x0002000E 違反した規則条件を説明する文字列へのポインター。Pointer to the string that describes the violated rule condition. ルールの状態変数へのポインター (省略可能)。Optional pointer to the rule state variable(s). 予約済みReserved このドライバーは、DDI コンプライアンス規則 IrqlIoPassive5に違反しました。The driver violated the DDI compliance rule IrqlIoPassive5. IrqlIoPassive5 規則は、IRQL = PASSIVE_LEVEL 場合にのみ、ドライバーが特定の i/o マネージャールーチンを呼び出す必要があることを指定します。The IrqlIoPassive5 rule specifies that the driver must call certain I/O manager routines only when IRQL = PASSIVE_LEVEL.
0x0002000F0x0002000F 違反した規則条件を説明する文字列へのポインター。Pointer to the string that describes the violated rule condition. ルールの状態変数へのポインター (省略可能)。Optional pointer to the rule state variable(s). 予約済みReserved このドライバーは、DDI コンプライアンス規則 IrqlKeApcLte1に違反しました。The driver violated the DDI compliance rule IrqlKeApcLte1. IrqlKeApcLte1 規則は、IRQL <= APC_LEVEL の場合にのみ、ドライバーが特定のカーネルルーチンを呼び出す必要があることを指定します。The IrqlKeApcLte1 rule specifies that the driver must call certain kernel routines only when IRQL <= APC_LEVEL.
0x000200100x00020010 違反した規則条件を説明する文字列へのポインター。Pointer to the string that describes the violated rule condition. ルールの状態変数へのポインター (省略可能)。Optional pointer to the rule state variable(s). 予約済みReserved このドライバーは、DDI コンプライアンス規則 IrqlKeApcLte2に違反しました。The driver violated the DDI compliance rule IrqlKeApcLte2. IrqlKeApcLte2 規則は、IRQL <= APC_LEVEL の場合にのみ、ドライバーが特定のカーネルルーチンを呼び出す必要があることを指定します。The IrqlKeApcLte2 rule specifies that the driver must call certain kernel routines only when IRQL <= APC_LEVEL.
0x000200110x00020011 違反した規則条件を説明する文字列へのポインター。Pointer to the string that describes the violated rule condition. ルールの状態変数へのポインター (省略可能)。Optional pointer to the rule state variable(s). 予約済みReserved このドライバーは、DDI コンプライアンス規則 IrqlKeDispatchLteに違反しました。The driver violated the DDI compliance rule IrqlKeDispatchLte. IrqlKeDispatchLte 規則は、IRQL <= DISPATCH_LEVEL の場合にのみ、ドライバーが特定のカーネルルーチンを呼び出す必要があることを指定します。The IrqlKeDispatchLte rule specifies that the driver must call certain kernel routines only when IRQL <= DISPATCH_LEVEL.
0x000200150x00020015 違反した規則条件を説明する文字列へのポインター。Pointer to the string that describes the violated rule condition. ルールの状態変数へのポインター (省略可能)。Optional pointer to the rule state variable(s). 予約済みReserved このドライバーは、DDI コンプライアンス規則 IrqlKeReleaseSpinLockに違反しました。The driver violated the DDI compliance rule IrqlKeReleaseSpinLock. IrqlKeReleaseSpinLock 規則は、IRQL = DISPATCH_LEVEL 場合にのみ、ドライバーが KeReleaseSpinLock を呼び出す必要があることを指定します。The IrqlKeReleaseSpinLock rule specifies that the driver must call KeReleaseSpinLock only when IRQL = DISPATCH_LEVEL.
0x000200160x00020016 違反した規則条件を説明する文字列へのポインター。Pointer to the string that describes the violated rule condition. ルールの状態変数へのポインター (省略可能)。Optional pointer to the rule state variable(s). 予約済みReserved このドライバーは、DDI コンプライアンス規則 IrqlKeSetEventに違反しました。The driver violated the DDI compliance rule IrqlKeSetEvent. IrqlKeSetEvent ルールは、wait が FALSE に設定されている場合に、 KeSetEvent ルーチンが irql <= DISPATCH_LEVEL でのみ呼び出されることを指定します。また、WAIT が TRUE に設定されている場合は、irql <= APC_LEVEL を指定します。The IrqlKeSetEvent rule specifies that the KeSetEvent routine is only called at IRQL <= DISPATCH_LEVEL when Wait is set to FALSE, and at IRQL <= APC_LEVEL when Wait is set to TRUE.
0x000200190x00020019 違反した規則条件を説明する文字列へのポインター。Pointer to the string that describes the violated rule condition. ルールの状態変数へのポインター (省略可能)。Optional pointer to the rule state variable(s). 予約済みReserved このドライバーは、DDI コンプライアンスルール Irqlmmapclteに違反しました。The driver violated the DDI compliance rule IrqlMmApcLte. IrqlMmApcLte ルールでは、IRQL <= APC_LEVEL の場合にのみ、ドライバーが特定のメモリマネージャールーチンを呼び出す必要があることを指定します。The IrqlMmApcLte rule specifies that the driver must call certain memory manager routines only when IRQL <= APC_LEVEL.
0x0002001A0x0002001A 違反した規則条件を説明する文字列へのポインター。Pointer to the string that describes the violated rule condition. ルールの状態変数へのポインター (省略可能)。Optional pointer to the rule state variable(s). 予約済みReserved このドライバーは、DDI コンプライアンス規則 Irqlmmdispatchに違反しました。The driver violated the DDI compliance rule IrqlMmDispatch. IrqlMmDispatch ルールでは、IRQL = DISPATCH_LEVEL の場合にのみ、ドライバーが MmFreeContiguousMemory を呼び出す必要があることを指定します。The IrqlMmDispatch rule specifies that the driver must call MmFreeContiguousMemory only when IRQL = DISPATCH_LEVEL.
0x0002001B0x0002001B 違反した規則条件を説明する文字列へのポインター。Pointer to the string that describes the violated rule condition. ルールの状態変数へのポインター (省略可能)。Optional pointer to the rule state variable(s). 予約済みReserved このドライバーは、DDI コンプライアンス規則 IrqlObPassiveに違反しました。The driver violated the DDI compliance rule IrqlObPassive. IrqlObPassive 規則は、IRQL = PASSIVE_LEVEL 場合にのみ、ドライバーが Obreferenceobjectbyhandle を呼び出す必要があることを指定します。The IrqlObPassive rule specifies that the driver must call ObReferenceObjectByHandle only when IRQL = PASSIVE_LEVEL.
0x0002001C0x0002001C 違反した規則条件を説明する文字列へのポインター。Pointer to the string that describes the violated rule condition. ルールの状態変数へのポインター (省略可能)。Optional pointer to the rule state variable(s). 予約済みReserved このドライバーは、DDI コンプライアンス規則 IrqlPsPassiveに違反しました。The driver violated the DDI compliance rule IrqlPsPassive. IrqlPsPassive 規則は、IRQL = PASSIVE_LEVEL 場合にのみ、ドライバーが特定のプロセスおよびスレッドマネージャールーチンを呼び出す必要があることを指定します。The IrqlPsPassive rule specifies that the driver must call certain process and thread manager routines only when IRQL = PASSIVE_LEVEL.
0x0002001D0x0002001D 違反した規則条件を説明する文字列へのポインター。Pointer to the string that describes the violated rule condition. 内部規則の状態のアドレス (! ruleinfo の2番目の引数)。Address of internal rule state (second argument to !ruleinfo). 補足状態のアドレス (! ruleinfo の3番目の引数)。Address of supplemental states (third argument to !ruleinfo). このドライバーは、DDI コンプライアンス規則 Irqlreturnに違反しました。The driver violated the DDI compliance rule IrqlReturn.
0x0002001E0x0002001E 違反した規則条件を説明する文字列へのポインター。Pointer to the string that describes the violated rule condition. ルールの状態変数へのポインター (省略可能)。Optional pointer to the rule state variable(s). 予約済みReserved このドライバーは、DDI コンプライアンス規則 IrqlRtlPassiveに違反しました。The driver violated the DDI compliance rule IrqlRtlPassive. IrqlRtlPassive 規則は、IRQL = PASSIVE_LEVEL 場合にのみ、ドライバーが RtlDeleteRegistryValue を呼び出す必要があることを指定します。The IrqlRtlPassive rule specifies that the driver must call RtlDeleteRegistryValue only when IRQL = PASSIVE_LEVEL.
0x0002001F0x0002001F 違反した規則条件を説明する文字列へのポインター。Pointer to the string that describes the violated rule condition. ルールの状態変数へのポインター (省略可能)。Optional pointer to the rule state variable(s). 予約済みReserved このドライバーは、DDI コンプライアンス規則 IrqlZwPassiveに違反しました。The driver violated the DDI compliance rule IrqlZwPassive. IrqlZwPassive 規則は、IRQL = PASSIVE_LEVEL 場合にのみ、ドライバーが Zwclose を呼び出す必要があることを指定します。The IrqlZwPassive rule specifies that the driver must call ZwClose only when IRQL = PASSIVE_LEVEL.
0x000200220x00020022 違反した規則条件を説明する文字列へのポインター。Pointer to the string that describes the violated rule condition. 予約済み (未使用)Reserved (unused) 予約済み (未使用)Reserved (unused) このドライバーは、DDI コンプライアンス規則 IrqlIoDispatchに違反しました。The driver violated the DDI compliance rule IrqlIoDispatch.
0x000200230x00020023 違反した規則条件を説明する文字列へのポインター。A pointer to the string describing the violated rule condition. 予約済み (未使用)。Reserved (unused). 予約済み (未使用)。Reserved (unused). このドライバーは、DDI コンプライアンス規則 IrqlIoRtlZwPassiveに違反しました。The driver violated the DDI compliance rule IrqlIoRtlZwPassive. IrqlIoRtlZwPassive 規則は、ドライバーが IRQL = PASSIVE_LEVEL で実行されている場合にのみ、規則に記載されている DDIs を呼び出すように指定します。The IrqlIoRtlZwPassive rule specifies that the driver calls the DDIs listed in the rule only when it is executing at IRQL = PASSIVE_LEVEL.
0x000200240x00020024 違反した規則条件を説明する文字列へのポインター。A pointer to the string describing the violated rule condition. 予約済み (未使用)。Reserved (unused). 予約済み (未使用)。Reserved (unused). このドライバーは、DDI コンプライアンス規則 Irqlntifsapcpassiveに違反しています。The driver violated the DDI compliance rule IrqlNtifsApcPassive. IrqlNtifsApcPassive 規則では、ドライバーが IRQL = PASSIVE_LEVEL または IRQL <= APC_LEVEL のいずれかで実行されている場合にのみ、規則に記載されている DDIs を呼び出すように指定します。The IrqlNtifsApcPassive rule specifies that the driver calls the DDIs listed in the rule only when it is executing either at IRQL = PASSIVE_LEVEL or at IRQL <= APC_LEVEL.
0x000200250x00020025 違反した規則条件を説明する文字列へのポインター。A pointer to the string describing the violated rule condition. 予約済み (未使用)。Reserved (unused). 予約済み (未使用)。Reserved (unused). ドライバーが Microsoft 内部 DDI コンプライアンスルール IrqlKeMore に違反しました。The driver violated the Microsoft internal DDI compliance rule IrqlKeMore.

0x00040003 から 0x00043006-DDI コンプライアンス規則違反0x00040003 to 0x00043006 - DDI Compliance Rule Violations

パラメーター 1Parameter 1 パラメータ 2Parameter 2 パラメーター3Parameter 3 パラメーター4Parameter 4 エラーの原因Cause of Error
0x000400030x00040003 違反した規則条件を説明する文字列へのポインター。Pointer to the string that describes the violated rule condition. 内部規則の状態のアドレス (! ruleinfo の2番目の引数)。Address of internal rule state (second argument to !ruleinfo). 補足状態のアドレス (! ruleinfo の3番目の引数)。Address of supplemental states (third argument to !ruleinfo). このドライバーは、DDI コンプライアンス規則 CriticalRegionsに違反しました。The driver violated the DDI compliance rule CriticalRegions.
0x000400060x00040006 違反した規則条件を説明する文字列へのポインター。Pointer to the string that describes the violated rule condition. 内部規則の状態のアドレス (! ruleinfo の2番目の引数)。Address of internal rule state (second argument to !ruleinfo). 補足状態のアドレス (! ruleinfo の3番目の引数)。Address of supplemental states (third argument to !ruleinfo). このドライバーは、DDI コンプライアンス規則 QueuedSpinLockに違反しました。The driver violated the DDI compliance rule QueuedSpinLock.
0x000400070x00040007 違反した規則条件を説明する文字列へのポインター。Pointer to the string that describes the violated rule condition. 内部規則の状態のアドレス (! ruleinfo の2番目の引数)。Address of internal rule state (second argument to !ruleinfo). 補足状態のアドレス (! ruleinfo の3番目の引数)。Address of supplemental states (third argument to !ruleinfo). このドライバーは、DDI コンプライアンス規則 QueuedSpinLockReleaseに違反しました。The driver violated the DDI compliance rule QueuedSpinLockRelease.
0x000400090x00040009 違反した規則条件を説明する文字列へのポインター。Pointer to the string that describes the violated rule condition. 内部規則の状態のアドレス (! ruleinfo の2番目の引数)。Address of internal rule state (second argument to !ruleinfo). 補足状態のアドレス (! ruleinfo の3番目の引数)。Address of supplemental states (third argument to !ruleinfo). このドライバーは、DDI コンプライアンスルール スピンロックに違反しました。The driver violated the DDI compliance rule SpinLock.
0x0004000A0x0004000A 違反した規則条件を説明する文字列へのポインター。Pointer to the string that describes the violated rule condition. 内部規則の状態のアドレス (2 番目の引数は! ruleinfo)Address of internal rule state (second argument to !ruleinfo) 補足状態のアドレス (! ruleinfo の3番目の引数)。Address of supplemental states (third argument to !ruleinfo). このドライバーは、DDI コンプライアンス規則 SpinlockReleaseに違反しました。The driver violated the DDI compliance rule SpinlockRelease.
0x0004000E0x0004000E 違反した規則条件を説明する文字列へのポインター。Pointer to the string that describes the violated rule condition. 内部規則の状態のアドレス (! ruleinfo の2番目の引数)。Address of internal rule state (second argument to !ruleinfo). 補足状態のアドレス (! ruleinfo の3番目の引数)。Address of supplemental states (third argument to !ruleinfo). このドライバーは、DDI コンプライアンス規則 GuardedRegionsに違反しました。The driver violated the DDI compliance rule GuardedRegions.
0x0004100B0x0004100B 違反した規則条件を説明する文字列へのポインター。Pointer to the string that describes the violated rule condition. 予約済み (未使用)Reserved (unused) 予約済み (未使用)Reserved (unused) このドライバーは、DDI コンプライアンスルール Requestedpowerirpに違反しました。The driver violated the DDI compliance rule RequestedPowerIrp.
0x0004100F0x0004100F 違反した規則条件を説明する文字列へのポインター。Pointer to the string that describes the violated rule condition. 内部規則の状態のアドレス (! ruleinfo の2番目の引数)。Address of internal rule state (second argument to !ruleinfo). 補足状態のアドレス (! ruleinfo の3番目の引数)。Address of supplemental states (third argument to !ruleinfo). このドライバーは、DDI コンプライアンス規則 IoSetCompletionExCompleteIrpに違反しました。The driver violated the DDI compliance rule IoSetCompletionExCompleteIrp.
0x000430060x00043006 違反した規則条件を説明する文字列へのポインター。Pointer to the string that describes the violated rule condition. 予約済み (未使用)Reserved (unused) 予約済み (未使用)Reserved (unused) このドライバーは、DDI コンプライアンス規則 PnpRemoveに違反しました。The driver violated the DDI compliance rule PnpRemove.

0x00081001 ~ 0x00081001-AVStream ドライバーのコンプライアンス規則違反0x00081001 to 0x00082005 - AVStream Driver Compliance Rule Violations

パラメーター 1Parameter 1 パラメータ 2Parameter 2 パラメーター3Parameter 3 パラメーター4Parameter 4 エラーの原因Cause of Error
0x000810010x00081001 違反した規則条件を説明する文字列へのポインター。Pointer to the string that describes the violated rule condition. 内部規則の状態のアドレス (! ruleinfo の2番目の引数)。Address of internal rule state (second argument to !ruleinfo). 補足状態のアドレス (! ruleinfo の3番目の引数)。Address of supplemental states (third argument to !ruleinfo). このドライバーは、DDI コンプライアンス規則 KsDeviceMutexに違反しました。The driver violated the DDI compliance rule KsDeviceMutex.
0x000810020x00081002 違反した規則条件を説明する文字列へのポインター。Pointer to the string that describes the violated rule condition. 内部規則の状態のアドレス (! ruleinfo の2番目の引数)。Address of internal rule state (second argument to !ruleinfo). 補足状態のアドレス (! ruleinfo の3番目の引数)。Address of supplemental states (third argument to !ruleinfo). このドライバーは、DDI のコンプライアンス規則 Ksstreamポインタの複製に違反しました。The driver violated the DDI compliance rule KsStreamPointerClone.
0x000810030x00081003 違反した規則条件を説明する文字列へのポインター。Pointer to the string that describes the violated rule condition. 予約済み (未使用)Reserved (unused) 予約済み (未使用)Reserved (unused) このドライバーは、DDI コンプライアンス規則 Ksstreampointerlock ロックに違反しました。The driver violated the DDI compliance rule KsStreamPointerLock.
0x000810040x00081004 違反した規則条件を説明する文字列へのポインター。Pointer to the string that describes the violated rule condition. 内部規則の状態のアドレス (! ruleinfo の2番目の引数)。Address of internal rule state (second argument to !ruleinfo). 補足状態のアドレス (! ruleinfo の3番目の引数)。Address of supplemental states (third argument to !ruleinfo). このドライバーは、DDI コンプライアンス規則 Ksstreamポインタ unlockに違反しました。The driver violated the DDI compliance rule KsStreamPointerUnlock.
0x000810050x00081005 違反した規則条件を説明する文字列へのポインター。Pointer to the string that describes the violated rule condition. 予約済み (未使用)Reserved (unused) 予約済み (未使用)Reserved (unused) このドライバーは、DDI コンプライアンス規則 Kscallbackreturnに違反しました。The driver violated the DDI compliance rule KsCallbackReturn.
0x000810060x00081006 違反した規則条件を説明する文字列へのポインター。Pointer to the string that describes the violated rule condition. 内部規則の状態のアドレス (! ruleinfo の2番目の引数)。Address of internal rule state (second argument to !ruleinfo). 補足状態のアドレス (! ruleinfo の3番目の引数)。Address of supplemental states (third argument to !ruleinfo). このドライバーは、DDI コンプライアンス規則 Ksirqldevicecallbacksに違反しました。The driver violated the DDI compliance rule KsIrqlDeviceCallbacks.
0x000810070x00081007 違反した規則条件を説明する文字列へのポインター。Pointer to the string that describes the violated rule condition. 内部規則の状態のアドレス (! ruleinfo の2番目の引数)。Address of internal rule state (second argument to !ruleinfo). 補足状態のアドレス (! ruleinfo の3番目の引数)。Address of supplemental states (third argument to !ruleinfo). このドライバーは、DDI コンプライアンス規則 Ksirqlfiltercallbacks バックに違反しました。The driver violated the DDI compliance rule KsIrqlFilterCallbacks.
0x000810080x00081008 違反した規則条件を説明する文字列へのポインター。Pointer to the string that describes the violated rule condition. 内部規則の状態のアドレス (! ruleinfo の2番目の引数)。Address of internal rule state (second argument to !ruleinfo). 補足状態のアドレス (! ruleinfo の3番目の引数)。Address of supplemental states (third argument to !ruleinfo). このドライバーは、DDI コンプライアンス規則 Ksirqlpincallbacks バックに違反しました。The driver violated the DDI compliance rule KsIrqlPinCallbacks.
0x000810090x00081009 違反した規則条件を説明する文字列へのポインター。Pointer to the string that describes the violated rule condition. 予約済み (未使用)Reserved (unused) 予約済み (未使用)Reserved (unused) このドライバーは、DDI コンプライアンス規則 KsIrqlDDIsに違反しました。The driver violated the DDI compliance rule KsIrqlDDIs.
0x0008100A0x0008100A 違反した規則条件を説明する文字列へのポインター。Pointer to the string that describes the violated rule condition. 内部規則の状態のアドレス (! ruleinfo の2番目の引数)。Address of internal rule state (second argument to !ruleinfo). 補足状態のアドレス (! ruleinfo の3番目の引数)。Address of supplemental states (third argument to !ruleinfo). このドライバーは、DDI コンプライアンス規則 Ksfiltermutexに違反しました。The driver violated the DDI compliance rule KsFilterMutex.
0x0008100B0x0008100B 違反した規則条件を説明する文字列へのポインター。Pointer to the string that describes the violated rule condition. 内部規則の状態のアドレス (! ruleinfo の2番目の引数)。Address of internal rule state (second argument to !ruleinfo). 補足状態のアドレス (! ruleinfo の3番目の引数)。Address of supplemental states (third argument to !ruleinfo). このドライバーは、DDI コンプライアンス規則 Ksprocessingmutexに違反しました。The driver violated the DDI compliance rule KsProcessingMutex.
0x0008100C0x0008100C 違反した規則条件を説明する文字列へのポインター。Pointer to the string that describes the violated rule condition. 内部規則の状態のアドレス (! ruleinfo の2番目の引数)。Address of internal rule state (second argument to !ruleinfo). 補足状態のアドレス (! ruleinfo の3番目の引数)。Address of supplemental states (third argument to !ruleinfo). このドライバーは、DDI コンプライアンス規則 Ksinvalidstreampointerに違反しました。The driver violated the DDI compliance rule KsInvalidStreamPointer.
0x000820010x00082001 違反した規則条件を説明する文字列へのポインター。Pointer to the string that describes the violated rule condition. 内部規則の状態のアドレス (! ruleinfo の2番目の引数)。Address of internal rule state (second argument to !ruleinfo). 補足状態のアドレス (! ruleinfo の3番目の引数)。Address of supplemental states (third argument to !ruleinfo). このドライバーは、DDI コンプライアンス規則 KsTimedPinSetDeviceStateに違反しました。The driver violated the DDI compliance rule KsTimedPinSetDeviceState.
0x000820020x00082002 違反した規則条件を説明する文字列へのポインター。Pointer to the string that describes the violated rule condition. 内部規則の状態のアドレス (! ruleinfo の2番目の引数)。Address of internal rule state (second argument to !ruleinfo). 補足状態のアドレス (! ruleinfo の3番目の引数)。Address of supplemental states (third argument to !ruleinfo). このドライバーは、DDI コンプライアンス規則 KsTimedDeviceCallbacksに違反しました。The driver violated the DDI compliance rule KsTimedDeviceCallbacks.
0x000820030x00082003 違反した規則条件を説明する文字列へのポインター。Pointer to the string that describes the violated rule condition. 内部規則の状態のアドレス (! ruleinfo の2番目の引数)。Address of internal rule state (second argument to !ruleinfo). 補足状態のアドレス (! ruleinfo の3番目の引数)。Address of supplemental states (third argument to !ruleinfo). このドライバーは、DDI コンプライアンス規則 KsTimedFilterCallbacksに違反しました。The driver violated the DDI compliance rule KsTimedFilterCallbacks.
0x000820040x00082004 違反した規則条件を説明する文字列へのポインター。Pointer to the string that describes the violated rule condition. 内部規則の状態のアドレス (! ruleinfo の2番目の引数)。Address of internal rule state (second argument to !ruleinfo). 補足状態のアドレス (! ruleinfo の3番目の引数)。Address of supplemental states (third argument to !ruleinfo). このドライバーは、DDI コンプライアンス規則 KsTimedPinCallbacksに違反しました。The driver violated the DDI compliance rule KsTimedPinCallbacks.
0x000820050x00082005 違反した規則条件を説明する文字列へのポインター。Pointer to the string that describes the violated rule condition. 内部規則の状態のアドレス (! ruleinfo の2番目の引数)。Address of internal rule state (second argument to !ruleinfo). 補足状態のアドレス (! ruleinfo の3番目の引数)。Address of supplemental states (third argument to !ruleinfo). このドライバーは、DDI コンプライアンス規則 KsTimedProcessingMutexに違反しました。The driver violated the DDI compliance rule KsTimedProcessingMutex.

0x00091001 から 0X00091001-NDIS DDI コンプライアンス規則違反0x00091001 to 0x0009400C - NDIS DDI Compliance Rule Violations

パラメーター 1Parameter 1 パラメータ 2Parameter 2 パラメーター3Parameter 3 パラメーター4Parameter 4 エラーの原因Cause of Error
0x000910010x00091001 違反した規則条件を説明する文字列へのポインター。Pointer to the string that describes the violated rule condition. 内部規則の状態のアドレス (! ruleinfo の2番目の引数)。Address of internal rule state (second argument to !ruleinfo). 補足状態のアドレス (! ruleinfo の3番目の引数)。Address of supplemental states (third argument to !ruleinfo). このドライバーは、DDI コンプライアンス規則 NdisOidCompleteに違反しました。The driver violated the DDI compliance rule NdisOidComplete.
0x000910020x00091002 違反した規則条件を説明する文字列へのポインター。Pointer to the string that describes the violated rule condition. 内部規則の状態のアドレス (! ruleinfo の2番目の引数)。Address of internal rule state (second argument to !ruleinfo). 補足状態のアドレス (! ruleinfo の3番目の引数)。Address of supplemental states (third argument to !ruleinfo). このドライバーは、DDI コンプライアンス規則 NdisOidDoubleCompleteに違反しました。The driver violated the DDI compliance rule NdisOidDoubleComplete.
0x0009100E0x0009100E 違反した規則条件を説明する文字列へのポインター。Pointer to the string that describes the violated rule condition. 内部規則の状態のアドレス (! ruleinfo の2番目の引数)。Address of internal rule state (second argument to !ruleinfo). 補足状態のアドレス (! ruleinfo の3番目の引数)。Address of supplemental states (third argument to !ruleinfo). このドライバーは、DDI コンプライアンス規則 NdisOidDoubleRequestに違反しました。The driver violated the DDI compliance rule NdisOidDoubleRequest.
0x000920030x00092003 違反した規則条件を説明する文字列へのポインター。Pointer to the string that describes the violated rule condition. 内部規則の状態のアドレス (! ruleinfo の2番目の引数)。Address of internal rule state (second argument to !ruleinfo). 補足状態のアドレス (! ruleinfo の3番目の引数)。Address of supplemental states (third argument to !ruleinfo). ドライバーが NDIS/WIFI 検証ルール NdisTimedOidCompleteに違反しました。The driver violated the NDIS/WIFI verification rule NdisTimedOidComplete.
0x0009200D0x0009200D 違反した規則条件を説明する文字列へのポインター。Pointer to the string that describes the violated rule condition. 内部規則の状態のアドレス (! ruleinfo の2番目の引数)。Address of internal rule state (second argument to !ruleinfo). 補足状態のアドレス (! ruleinfo の3番目の引数)。Address of supplemental states (third argument to !ruleinfo). ドライバーが NDIS/WIFI 検証ルール NdisTimedDataSendに違反しました。The driver violated the NDIS/WIFI verification rule NdisTimedDataSend.
0x0009200F0x0009200F 違反した規則条件を説明する文字列へのポインター。Pointer to the string that describes the violated rule condition. 内部規則の状態のアドレス (! ruleinfo の2番目の引数)。Address of internal rule state (second argument to !ruleinfo). 補足状態のアドレス (! ruleinfo の3番目の引数)。Address of supplemental states (third argument to !ruleinfo). ドライバーが NDIS/WIFI 検証ルール NdisTimedDataHangに違反しました。The driver violated the NDIS/WIFI verification rule NdisTimedDataHang.
0x000920100x00092010 違反した規則条件を説明する文字列へのポインター。Pointer to the string that describes the violated rule condition. 内部規則の状態のアドレス (! ruleinfo の2番目の引数)。Address of internal rule state (second argument to !ruleinfo). 補足状態のアドレス (! ruleinfo の3番目の引数)。Address of supplemental states (third argument to !ruleinfo). ドライバーが NDIS/WIFI 検証ルール NdisFilterTimedPauseCompleteに違反しました。The driver violated the NDIS/WIFI verification rule NdisFilterTimedPauseComplete.
0x000920110x00092011 違反した規則条件を説明する文字列へのポインター。Pointer to the string that describes the violated rule condition. 内部規則の状態のアドレス (! ruleinfo の2番目の引数)。Address of internal rule state (second argument to !ruleinfo). 補足状態のアドレス (! ruleinfo の3番目の引数)。Address of supplemental states (third argument to !ruleinfo). ドライバーが NDIS/WIFI 検証ルール NdisFilterTimedDataSendに違反しました。The driver violated the NDIS/WIFI verification rule NdisFilterTimedDataSend.
0x000920120x00092012 違反した規則条件を説明する文字列へのポインター。Pointer to the string that describes the violated rule condition. 内部規則の状態のアドレス (! ruleinfo の2番目の引数)。Address of internal rule state (second argument to !ruleinfo). 補足状態のアドレス (! ruleinfo の3番目の引数)。Address of supplemental states (third argument to !ruleinfo). ドライバーが NDIS/WIFI 検証ルール NdisFilterTimedDataReceiveに違反しました。The driver violated the NDIS/WIFI verification rule NdisFilterTimedDataReceive.
0x000930040x00093004 違反した規則条件を説明する文字列へのポインター。Pointer to the string that describes the violated rule condition. 内部規則の状態のアドレス (! ruleinfo の2番目の引数)。Address of internal rule state (second argument to !ruleinfo). 補足状態のアドレス (! ruleinfo の3番目の引数)。Address of supplemental states (third argument to !ruleinfo). ドライバーが NDIS/WIFI 検証ルール WlanAssociationに違反しました。The driver violated the NDIS/WIFI verification rule WlanAssociation.
0x000930050x00093005 違反した規則条件を説明する文字列へのポインター。Pointer to the string that describes the violated rule condition. 内部規則の状態のアドレス (! ruleinfo の2番目の引数)。Address of internal rule state (second argument to !ruleinfo). 補足状態のアドレス (! ruleinfo の3番目の引数)。Address of supplemental states (third argument to !ruleinfo). ドライバーが NDIS/WIFI 検証ルール WlanConnectionRoamingに違反しました。The driver violated the NDIS/WIFI verification rule WlanConnectionRoaming.
0x000930060x00093006 違反した規則条件を説明する文字列へのポインター。Pointer to the string that describes the violated rule condition. 内部規則の状態のアドレス (! ruleinfo の2番目の引数)。Address of internal rule state (second argument to !ruleinfo). 補足状態のアドレス (! ruleinfo の3番目の引数)。Address of supplemental states (third argument to !ruleinfo). ドライバーが NDIS/WIFI 検証ルール WlanDisassociationに違反しました。The driver violated the NDIS/WIFI verification rule WlanDisassociation.
0x000931010x00093101 違反した規則条件を説明する文字列へのポインター。Pointer to the string describing the violated rule condition. 予約済み (未使用)Reserved (unused) 予約済み (未使用)Reserved (unused) ドライバーが NDIS/WIFI 検証ルール WlanAssertに違反しました。The driver violated the NDIS/WIFI verification rule WlanAssert.
0x000940070x00094007 違反した規則条件を説明する文字列へのポインター。Pointer to the string that describes the violated rule condition. 内部規則の状態のアドレス (! ruleinfo の2番目の引数)。Address of internal rule state (second argument to !ruleinfo). 補足状態のアドレス (! ruleinfo の3番目の引数)。Address of supplemental states (third argument to !ruleinfo). ドライバーが NDIS/WIFI 検証ルール WlanTimedAssociationに違反しました。The driver violated the NDIS/WIFI verification rule WlanTimedAssociation.
0x000940080x00094008 違反した規則条件を説明する文字列へのポインター。Pointer to the string that describes the violated rule condition. 内部規則の状態のアドレス (! ruleinfo の2番目の引数)。Address of internal rule state (second argument to !ruleinfo). 補足状態のアドレス (! ruleinfo の3番目の引数)。Address of supplemental states (third argument to !ruleinfo). ドライバーが NDIS/WIFI 検証ルール WlanTimedConnectionRoamingに違反しました。The driver violated the NDIS/WIFI verification rule WlanTimedConnectionRoaming.
0x000940090x00094009 違反した規則条件を説明する文字列へのポインター。Pointer to the string that describes the violated rule condition. 内部規則の状態のアドレス (! ruleinfo の2番目の引数)。Address of internal rule state (second argument to !ruleinfo). 補足状態のアドレス (! ruleinfo の3番目の引数)。Address of supplemental states (third argument to !ruleinfo). ドライバーが NDIS/WIFI 検証ルール WlanTimedConnectRequestに違反しました。The driver violated the NDIS/WIFI verification rule WlanTimedConnectRequest.
0x0009400B0x0009400B 違反した規則条件を説明する文字列へのポインター。Pointer to the string that describes the violated rule condition. 内部規則の状態のアドレス (! ruleinfo の2番目の引数)。Address of internal rule state (second argument to !ruleinfo). 補足状態のアドレス (! ruleinfo の3番目の引数)。Address of supplemental states (third argument to !ruleinfo). ドライバーが NDIS/WIFI 検証ルール WlanTimedLinkQualityに違反しました。The driver violated the NDIS/WIFI verification rule WlanTimedLinkQuality.
0x0009400C0x0009400C 違反した規則条件を説明する文字列へのポインター。Pointer to the string that describes the violated rule condition. 内部規則の状態のアドレス (! ruleinfo の2番目の引数)。Address of internal rule state (second argument to !ruleinfo). 補足状態のアドレス (! ruleinfo の3番目の引数)。Address of supplemental states (third argument to !ruleinfo). ドライバーが NDIS/WIFI 検証ルール WlanTimedScanに違反しました。The driver violated the NDIS/WIFI verification rule WlanTimedScan.

原因Cause

原因の説明については、「Parameters」セクションの各コードの説明を参照してください。See the description of each code in the Parameters section for a description of the cause. 詳細については、 ! analyze-v 拡張機能を使用して取得できます。Further information can be obtained by using the !analyze -v extension.

解決方法Resolution

このバグチェックは、ドライバーの検証ツールで1つ以上のドライバーを監視するように指示されている場合にのみ発生します。This bug check can only occur when Driver Verifier has been instructed to monitor one or more drivers. ドライバーの検証ツールを使用しない場合は、非アクティブ化する必要があります。If you did not intend to use Driver Verifier, you should deactivate it. また、この問題の原因となったドライバーを削除することも考えられます。You might also consider removing the driver that caused this problem.

ドライバーライターの場合は、このバグチェックで取得した情報を使用して、コード内のバグを修正します。If you are the driver writer, use the information obtained through this bug check to fix the bugs in your code.

ドライバーの検証機能の詳細については、「 Driver verifier」を参照してください。For full details on Driver Verifier, see Driver Verifier.

注釈Remarks

_プールの _ 種類のコードは、Ntddk で列挙されます。The _POOL_TYPE codes are enumerated in Ntddk.h. 特に、 0 (ゼロ) は非ページプールを示し、 1 (1) はページプールを示します。In particular, 0 (zero) indicates nonpaged pool and 1 (one) indicates paged pool.

(Windows 8 以降のバージョンの windows)DDI 準拠の確認でバグチェックが行われる場合は、ドライバーのソースコードに対して 静的ドライバー検証ツールを実行し、バグチェックの原因となった ddi コンプライアンス規則 (パラメーター1の値によって識別される) を指定します。(Windows 8 and later versions of Windows) If DDI compliance checking causes a bug check, run Static Driver Verifier on the driver source code and specify the DDI compliance rule (identified by the parameter 1 value) that caused the bug check. 静的ドライバーの検証ツールは、ソースコード内の問題の原因を特定するのに役立ちます。Static Driver Verifier can help you locate the cause of the problem in your source code.

関連項目See also

ドライバーの検証ツールが有効な場合のバグ チェックの処理Handling a Bug Check When Driver Verifier is Enabled