WinDbg での例外とイベントの構成Configuring Exceptions and Events in WinDbg

特定の方法で指定した例外やイベントに対応するように、WinDbg を構成できます。You can configure WinDbg to react to specified exceptions and events in a specific way. 例外ごとに、中断状態と処理状態を設定できます。For each exception, you can set the break status and the handling status. イベントごとに、中断状態を設定できます。For each event, you can set the break status.

中断状態を構成するには、次のいずれかの操作を行います。You can configure the break status by doing one of the following:

  • [デバッグ] メニューの [イベントフィルター ] をクリックし、[イベントフィルター ] ダイアログボックスの一覧から目的のイベントをクリックして、[有効]、[無効]、[出力]、または [無視] を選択します。Choose Event Filters from the Debug menu, click the event that you want from the list in the Event Filters dialog box, and then select Enabled, Disabled, Output, or Ignore.

  • SxesxeSXN、または sxe コマンドを使用します。Use the SXE, SXD, SXN, or SXI command.

処理状態を構成するには、次のいずれかの操作を行います。You can configure the handling status by doing one of the following:

  • [デバッグ] メニューの [イベントフィルター ] をクリックし、[イベントフィルター ] ダイアログボックスの一覧から目的のイベントをクリックして、[処理 済み] または [処理されない] を選択します。Choose Event Filters from the Debug menu, click the event that you want from the list in the Event Filters dialog box, and then select Handled or Not Handled.

  • SxesxeSXN、または sxe コマンドを使用します。Use the SXE, SXD, SXN, or SXI command.

例外とイベントの詳細については、「 例外とイベントの制御」を参照してください。For a detailed discussion of exceptions and events, see Controlling Exceptions and Events.