Windows 用デバッグ ツールのダウンロード

Windows デバッガー (WinDbg) を使用すると、コードの実行時にカーネル モードとユーザー モードのコードをデバッグし、クラッシュ ダンプを分析して、CPU レジスタを調べることができます。

Windows のデバッグの概要については、「Getting Started with Windows Debugging」(Windows のデバッグの概要) をご覧ください。

WinDbg Preview の小さなロゴ。 WinDbg Preview のダウンロード

WinDbg Preview は、最新の外観、高速なウィンドウ、本格的なスクリプトの操作性を備えた WinDbg の新しいバージョンです。 拡張可能なオブジェクト指向のデバッガー データ モデルを中心に構築されています。 WinDbg プレビューは、現行の WinDbg と同じ基本エンジンを使用しているため、すべてのコマンド、拡張機能、ワークフローがこれまでどおり動作します。

以前の WinDbg Preview の小さなロゴ。 Windows 10 向けデバッグ ツール (WinDbg)

Windows 向けデバッグ ツール (WinDbg) を SDK から入手する:Windows 10 SDK。 Windows 用デバッグ ツールを Visual Studio の一部として使用できないため、Windows 10 SDK ページのダウンロード リンクを使用します。

Windows 向けのデバッグ ツールだけが必要で、Windows 10 向けの Windows Driver Kit (WDK) は不要な場合、Windows Software Development Kit (SDK) からスタンドアロン コンポーネントとしてデバッグ ツールをインストールできます。

SDK インストール ウィザードで、Windows 向けデバッグ ツール を選び、それ以外のすべてのコンポーネントの選択を解除します。

デバッガーのチェック ボックスだけがオンになっている SDK ダウンロードのオプション。

SDK が既にインストールされている場合に、Windows 向けデバッグ ツールを追加する

Windows SDK が既にインストールされている場合、 [設定] を開き、 [アプリと機能] に移動し、 [Windows ソフトウェア開発キット (Windows SDK)] を選択し、 [変更] を選択してインストールを変更し、 [Windows 向けデバッグ ツール] を追加します。


以前のバージョンの Windows 向けのデバッグ ツールが必要な場合

以前のバージョンの Windows 向けのデバッガー ツールをダウンロードするには、「Windows SDK とエミュレーターのアーカイブ」からデバッグするバージョン向けの Windows SDK をダウンロードする必要があります。 SDK のインストール ウィザードで、Windows 向けデバッグ ツール を選び、それ以外のすべてのコンポーネントの選択を解除します。

デバッガーについての詳細情報

WinDbg およびその他のデバッガーの詳細情報については、「Debugging Tools for Windows (WinDbg、KD、CDB、NTSD)」を参照してください。