BIOS コードのデバッグ

BIOS コードは標準のアセンブリコードから構築されていないため、異なるデバッグ手法が必要です。

X86 ベースのプロセッサでは、BIOS は16ビットコードを使用します。 このコードを逆アセンブルするには、 ux (X86 BIOS の Unassemble) コマンドを使用します。 Intel マルチプロセッサ仕様 (MP) に関する情報を表示するには、 ! mp 拡張機能を使用します。

Acpi bios コードをデバッグしている場合、acpi BIOS は ACPI コンピューターの言語 (AML) で記述されているため、上記のコマンドは機能しません。 このコードを逆アセンブルするには、 ! amli uを使用する必要があります。 この種のデバッグの詳細については、「 ACPI デバッグ」を参照してください。