カーネル メモリ ダンプKernel Memory Dump

カーネルメモリダンプ には、クラッシュ時にカーネルによって使用されているすべてのメモリが含まれています。A Kernel Memory Dump contains all the memory in use by the kernel at the time of the crash.

この種類のダンプファイルは、完全なメモリダンプよりも大幅に小さくなっています。This kind of dump file is significantly smaller than the Complete Memory Dump. 通常、ダンプファイルは、システム上の物理メモリの約3分の1のサイズになります。Typically, the dump file will be around one-third the size of the physical memory on the system. この数量は、状況によって大きく異なります。This quantity will vary considerably, depending on your circumstances.

このダンプファイルには、未割り当てメモリ、またはユーザーモードアプリケーションに割り当てられたメモリは含まれません。This dump file will not include unallocated memory, or any memory allocated to user-mode applications. これには、Windows カーネルとハードウェアアブストラクションレイヤー (HAL) に割り当てられたメモリだけでなく、カーネルモードドライバーやその他のカーネルモードプログラムに割り当てられたメモリも含まれます。It only includes memory allocated to the Windows kernel and hardware abstraction layer (HAL), as well as memory allocated to kernel-mode drivers and other kernel-mode programs.

ほとんどの場合、このクラッシュダンプが最も役に立ちます。For most purposes, this crash dump is the most useful. これは、完全なメモリダンプよりも大幅に小さくなりますが、クラッシュに関係している可能性が低いメモリ部分のみを除外します。It is significantly smaller than the Complete Memory Dump, but it only omits those portions of memory that are unlikely to have been involved in the crash.

この種のダンプファイルには、クラッシュ時にメモリに存在するユーザーモードの実行可能ファイルのイメージが含まれていないため、これらの実行可能ファイルが重要になる場合は、実行可能イメージのパスも設定する必要があります。Since this kind of dump file does not contain images of any user-mode executables residing in memory at the time of the crash, you may also need to set the executable image path if these executables turn out to be important.

既定では、カーネルメモリダンプファイルは% SystemRoot% memory.dmp に書き込まれ \ ます。The Kernel Memory Dump file is written to %SystemRoot%\Memory.dmp by default.

2番目のバグチェックが発生し、別のカーネルメモリダンプ (または完全なメモリダンプ) が作成された場合、前のファイルは上書きされます。If a second bug check occurs and another Kernel Memory Dump (or Complete Memory Dump) is created, the previous file will be overwritten.

カーネルメモリダンプのデバッグ時にページのエラーメッセージが表示されないようにするには、[ 不足している _ _ ページを無視 する] コマンドを使用します。To suppress missing page error messages when debugging a Kernel Memory Dump, use the .ignore_missing_pages command.

関連トピックRelated topics

さまざまなカーネルモード ダンプ ファイルVarieties of Kernel-Mode Dump Files