カーネルモード ドライバー フレームワークのデバッグ

Kernel-Mode Driver Framework (KMDF) のデバッグ拡張機能は、Wdfkd.dllに含まれている必要があります。

拡張機能ライブラリに含まれている拡張コマンドWdfkd.dll KMDF を使用するドライバーをデバッグできます。

Wdfkd.dll の拡張コマンドの説明については、「カーネルモード ドライバー フレームワーク 拡張機能 (Wdfkd.dll)」を参照してください

これらの拡張機能は、Microsoft Windows XP 以降のオペレーティング システムで使用できます。 一部の拡張機能には追加の制限があります。これらの制限は、個々の参照ページに書き込まれます。

メモ 新しい KMDF または UMDF ドライバーを作成する場合は、32 文字以下のドライバー名を選択する必要があります。 この長さの制限は、wdfglobals.h で定義されています。 ドライバー名が最大長を超えると、ドライバーの読み込みは失敗します。

この拡張ライブラリを使用するには、ライブラリをデバッガーに読み込む必要があります。 拡張機能ライブラリをデバッガーに読み込む方法については、「デバッガー拡張機能 DLL の読み込 み」を参照してください