ln (一番近いシンボルの一覧表示)

ln コマンドは、指定されたアドレスの付近または近くにシンボルを表示します。

ln Address
ln /D Address 

パラメーター

アドレス
デバッガーがシンボルの検索を開始するアドレスを指定します。 最も近いシンボル (Address の前または後 ) が表示されます。 構文の詳細については、「アドレスとアドレス範囲 の構文」を参照してください

/d
デバッガー マークアップ言語 (DML) を使用して出力を表示します。 DML 出力には、最も近いシンボルを含むモジュールを探索するために使用できるリンクが含まれています。 また、ブレークポイントの設定に使用できるリンクも含まれています。

環境

モード

ユーザー モード、カーネル モード

対象サーバー

ライブ、クラッシュ ダンプ

プラットフォーム

すべて

解説

ln コマンドを使用 すると 、ポインターが指している位置を判断できます。 このコマンドは、破損したスタックを見て、どのプロシージャが呼び出しを行ったのか判断する場合にも役立ちます。

ソース行情報が使用可能な場合は、 ソース ファイル 名と行番号情報も表示されます。

ソース サーバー を使用 している場合は、ソース サーバーに関連する情報が 表示 されます。