ls、lsa (ソース行の一覧表示)

ls コマンドと lsa コマンド では、現在のソース ファイルの一連の行が表示され、現在のソース行番号が進まれます。

ls [.] [first] [, count] 
lsa [.] address [, first [, count]] 

パラメーター

.
デバッガー エンジンまたは .srcpath ( ソース パスの設定) コマンドが使用しているソース ファイルをコマンドで検索します。 ピリオド (.) が含まれていない場合 、lslsf (Load Source File) コマンドで最近読み込まれたファイルを使用します。

address
ソース表示を開始するアドレスを指定します。

構文の詳細については、「アドレスとアドレス範囲 の構文」を参照してください

first
表示する最初の行を指定します。 既定値は現在の行です。

count
表示する行の数量を指定します。 lsp -aコマンドを使用して既定値を変更しない限り、既定値は 20 (0x14) です。

環境

モード

ユーザー モード、カーネル モード

ターゲット

ライブ、クラッシュ ダンプ

プラットフォーム

すべて

Remarks

ls または lsa コマンドを実行すると、現在の行が、1 行を加えた最後の行として再定義されます。 現在の行は、将来の ls、lsa、および lsc コマンドで使用されます。

関連項目

lsc (現在のソースの一覧表示)

lsf、lsf- (ソース ファイルの読み込みまたはアンロード)