プロセス サーバー (ユーザー モード)Process Servers (User Mode)

プロセスサーバーを使用したリモートデバッグでは、サーバーコンピューター上で プロセスサーバー と呼ばれる小規模なアプリケーションを実行します。Remote debugging through a process server involves running a small application called a process server on the server computer. その後、ユーザーモードのデバッガーがクライアントコンピューターで開始されます。Then a user-mode debugger is started on the client computer. このデバッガーは実際の処理をすべて実行するため、 スマートクライアント と呼ばれます。Since this debugger will be doing all of the actual processing, it is called the smart client.

Windows 用デバッグツールパッケージには、ユーザーモードで使用するために、DbgSrv (dbgsrv.exe) と呼ばれるプロセスサーバーが含まれています。The Debugging Tools for Windows package includes a process server called DbgSrv (dbgsrv.exe) for use in user mode.

この2台のコンピューターは、同じバージョンの Windows を実行している必要はありません。すべてのバージョンの Windows を実行している可能性があります。The two computers do not have to be running the same version of Windows; they can be running any version of Windows. ただし、クライアントで使用されるデバッガーバイナリと、サーバーで使用される DbgSrv バイナリは、Windows パッケージ用デバッグツールの同じリリースからのものである必要があります。However, the debugger binaries used on the client and the DbgSrv binary used on the server must be from the same release of the Debugging Tools for Windows package. このメソッドは、ダンプファイルのデバッグには使用できません。This method cannot be used for dump-file debugging.

このリモートセッションをセットアップするために、プロセスサーバーが最初にセットアップされ、スマートクライアントがアクティブ化されます。To set up this remote session, the process server is set up first, and then the smart client is activated. 任意の数のスマートクライアントが1つのプロセスサーバーを介して動作できます。これらのデバッグセッションは個別に保持され、相互に干渉することはありません。Any number of smart clients can operate through a single process server -- these debugging sessions will remain separate and will not interfere with each other. デバッグセッションが終了すると、プロセスサーバーは引き続き実行され、新しいデバッグセッションに使用できます。If a debugging session is ended, the process server will continue to run and can be used for new debugging sessions.

このセクションの内容In this section