TTD ヒープ オブジェクト

説明

TTD ヒープ オブジェクト は、トレースの過程で発生するヒープ呼び出しに関する情報を提供するために使用されます。

Properties

すべてのヒープ オブジェクトには、これらのプロパティがあります。

プロパティ 説明
アクション 発生したアクションについて説明します。 指定できる値は、Alloc、ReAlloc、Free、Create、Protect、Lock、Unlock、Destroy です。
ヒープ Win32 ヒープのハンドル。

条件付きプロパティ

ヒープ オブジェクトによっては、次のプロパティの一部を持つ場合があります。

プロパティ 説明
Address 割り当てられたオブジェクトのアドレス。
PreviousAddress 割り当てられたオブジェクトが割り当てられる前のアドレス。 Address が PreviousAddress と同じではない場合、再割り当てによってメモリが移動されました。
サイズ 割り当てられたオブジェクトのサイズや要求されたサイズ。
BaseAddress ヒープ内の割り当てられたオブジェクトのアドレス。 解放されるアドレス (Free) を表したり、オブジェクトが再割り当てされる前のオブジェクトのアドレス (ReAlloc) を表したりできます。
フラグ 意味は API によって異なります。
結果 ヒープ API 呼び出しの結果。 0 以外は成功を意味し、0 は失敗を意味します。
ReserveSize ヒープ用に予約するメモリの量。
CommitSize ヒープの初期コミット サイズ。
MakeReadOnly 0 以外の値は、ヒープを読み取り専用にする要求を示します。0 の値は、ヒープを読み取り/書き込みする必要がある場合に示します。

Children

Object 説明
TimeStart り当 ての開始位置を記述する位置オブジェクト。
TimeEnd り当 ての最後の位置を記述する位置オブジェクト。

使用例

この dx コマンドを使用して、-g オプションを使用してグリッドにヒープ メモリを表示します。

0:0:000> dx -g @$cursession.TTD.Data.Heap()
=======================================================================================================================================================
=                          = Action     = Heap          = Address       = Size      = Flags  = (+) TimeStart = (+) TimeEnd = Result = PreviousAddress =
=======================================================================================================================================================
= [0x0] : [object Object]  - Alloc      - 0xaf0000      - 0xb0cfd0      - 0x4c      - 0x0    - FAB:17B1      - FAD:40      -        -                 =
= [0x1] : [object Object]  - Alloc      - 0xaf0000      - 0xb07210      - 0x34      - 0x8    - FB1:9         - FB3:74      -        -                 =
= [0x2] : [object Object]  - Alloc      - 0xaf0000      - 0xb256d8      - 0x3c      - 0x8    - E525:174      - E526:E1     -        -                 =

ヒープ操作を表す API のセットが選択されている場合、出力は "正規化されたデータ" と表現できます。 適切なパラメーターから抽出されたデータは、統一された方法で表示されます。

[TimeStart] または [TimeEnd] をクリックすると、トレース内のそのポイントに移動します。

特定のエントリの横にある parameters フィールドをクリックして、使用可能なパラメーター情報を表示します。

dx -r1 @$cursession.TTD.Data.Heap()[2].@"Parameters"
@$cursession.TTD.Data.Heap()[2].@"Parameters"                
    [0x0]            : 0x16c7d780000
    [0x1]            : 0x280000
    [0x2]            : 0x20
    [0x3]            : 0x0

関連項目

Time Travel Debugging - Time Travel Debugging オブジェクトの概要

Time Travel Debugging - 概要