WinDbg のコマンドライン オプションWinDbg Command-Line Options

WinDbg の初回ユーザーは、 windbg セクションを使用 したデバッグを開始する必要があります。First-time users of WinDbg should begin with the Debugging Using WinDbg section.

WinDbg コマンドラインでは、次の構文を使用します。The WinDbg command line uses the following syntax:

windbg [ -server ServerTransport | -remote ClientTransport ] [-lsrcpath ]
   [ -premote SmartClientTransport ] [-?] [-ee {masm|c++}] 
   [-clines lines] [-b] [-d] [-aExtension]  
   [-failinc] [-g] [-G] [-hd] [-j] [-n] [-noshell] [-o] [-openPrivateDumpByHandle Handle]
   [-Q | -QY] [-QS | -QSY] [-robp] [-secure] [-ses] [-sdce] 
   [-sicv] [-sins] [-snc] [-snul] [-sup] [-sflags 0xNumber] 
   [-T Title] [-v] [-log{o|a} LogFile] [-noinh] 
   [-i ImagePath] [-y SymbolPath] [-srcpath SourcePath] 
   [-k [ConnectType] | -kl | -kx ExdiOptions] [-c "command"] 
   [-pb] [-pd] [-pe] [-pr] [-pt Seconds] [-pv]
   [-W Workspace] [-WF Filename] [-WX] [-zp PageFile] 
   [ -p PID | -pn Name | -psn ServiceName | -z DumpFile | executable ] 

windbg -I[S] 

windbg -IU KeyString

windbg -IA[S] 

WinDbg コマンドラインオプションの説明は次のようになります。Descriptions of the WinDbg command-line options follow. -J を除き、すべてのコマンドラインオプションで大文字と小文字が区別されます。All command-line options are case-sensitive except for -j. 先頭のハイフンは、スラッシュ (/) に置き換えることができます。The initial hyphen can be replaced with a forward-slash (/).

-Remote または -server オプションを使用する場合は、コマンドラインの他のオプションの前に指定する必要があります。If the -remote or -server option is used, it must appear before any other options on the command line. 実行可能ファイル が指定されている場合は、コマンドラインで最後に指定する必要があります。実行可能 ファイル名の後のテキストは、独自のコマンドラインパラメーターとして実行可能プログラムに渡されます。If an executable is specified, it must appear last on the command line; any text after the executable name is passed to the executable program as its own command-line parameters.

パラメータParameters

-サーバー servertransport -server ServerTransport
他のデバッガーからアクセスできるデバッグサーバーを作成します。Creates a debugging server that can be accessed by other debuggers. 使用可能な Servertransport 値の詳細については、「 デバッグサーバーのアクティブ化」を参照してください。For an explanation of the possible ServerTransport values, see Activating a Debugging Server. このパラメーターを使用する場合は、コマンドラインの最初のパラメーターである必要があります。When this parameter is used, it must be the first parameters on the command line.

-リモート clienttransport -remote ClientTransport
デバッグクライアントを作成し、既に実行されているデバッグサーバーに接続します。Creates a debugging client, and connects to a debugging server that is already running. 使用可能な Clienttransport 値の詳細については、「 デバッグクライアントのアクティブ化」を参照してください。For an explanation of the possible ClientTransport values, see Activating a Debugging Client. このパラメーターを使用する場合は、コマンドラインの最初のパラメーターである必要があります。When this parameter is used, it must be the first parameters on the command line.

-premote smartclienttransport -premote SmartClientTransport
スマートクライアントを作成し、既に実行されているプロセスサーバーに接続します。Creates a smart client, and connects to a process server that is already running. Smartclienttransport の有効な値の説明については、「スマートクライアントのアクティブ化」を参照してください。For an explanation of the possible SmartClientTransport values, see Activating a Smart Client.

- 拡張機能 -a Extension
既定の拡張 DLL を設定します。Sets the default extension DLL. 既定値は kdextx86.dll または kdexts.dll です。The default is kdextx86.dll or kdexts.dll. "A" の後にスペースを入れないでください。また、.dll ファイル名拡張子を含めることはできません。There must be no space after the "a", and the .dll file name extension must not be included. この既定値を設定するその他の方法については、「 デバッガー拡張 dll の読み込み」を参照してください。For details, and other methods of setting this default, see Loading Debugger Extension DLLs.

-b -b
このオプションはサポートされなくなりました。This option is no longer supported.

-c " command " -c " command "
起動時に実行する初期デバッガーコマンドを指定します。Specifies the initial debugger command to run at start-up. このコマンドは引用符で囲む必要があります。This command must be enclosed in quotation marks. 複数のコマンドは、セミコロンで区切ることができます。Multiple commands can be separated with semicolons. (長いコマンドリストがある場合は、それをスクリプトに配置してから、 -c オプションを、$、$ $ < > < > < 、$ $ > < (スクリプトファイルの実行)コマンドで使用する方が簡単な場合があります)。(If you have a long command list, it may be easier to put them in a script and then use the -c option with the $<, $><, $><, $$>< (Run Script File) command.)

デバッグクライアントを開始する場合、このコマンドはデバッグサーバーを対象としている必要があります。If you are starting a debugging client, this command must be intended for the debugging server. Lsrcpath などのクライアント固有のコマンドは使用できません。Client-specific commands, such as .lsrcpath, are not allowed.

-clines lines -clines lines
リモートデバッグ中にアクセスできるコマンド履歴のコマンドの概数を設定します。Sets the approximate number of commands in the command history which can be accessed during remote debugging. 詳細と、この数を変更するその他の方法については、「 デバッガーコマンドの使用」を参照してください。For details, and for other ways to change this number, see Using Debugger Commands.

-d -d
(カーネルモードのみ)再起動後、カーネルモジュールが読み込まれるとすぐに、デバッガーはターゲットコンピューターを中断します。(Kernel mode only) After a reboot, the debugger will break into the target computer as soon as a kernel module is loaded. (これは、 -b オプションの中断よりも前のものです)。詳細およびこの状態を変更するその他の方法については、「 ターゲットコンピューターのクラッシュと再起動 」を参照してください。(This break is earlier than the break from the -b option.) See Crashing and Rebooting the Target Computer for details and for other methods of changing this status.

-ee {masm | c++} -ee {masm|c++}
既定の式エバリュエーターを設定します。Sets the default expression evaluator. Masm が指定されている場合は、masm 式の構文が使用されます。If masm is specified, MASM expression syntax will be used. C++ が指定されている場合、c++ 式の構文が使用されます。If c++ is specified, C++ expression syntax will be used. -Ee オプションを省略した場合、MASM 式の構文が既定値として使用されます。If the -ee option is omitted, MASM expression syntax is used as the default. 詳細については、「 式の評価 」をご覧ください。See Evaluating Expressions for details.

-failinc -failinc
デバッガーが疑わしいシンボルをすべて無視します。Causes the debugger to ignore any questionable symbols. ユーザーモードまたはカーネルモードのミニダンプファイルをデバッグする場合、このオプションを使用すると、イメージをマップできないモジュールをデバッガーで読み込むことができなくなります。When debugging a user-mode or kernel-mode minidump file, this option will also prevent the debugger from loading any modules whose images can't be mapped. 詳細およびその他の制御方法については、「 Symopt _ EXACT _ SYMBOLS」を参照してください。For details and for other methods of controlling this, see SYMOPT_EXACT_SYMBOLS.

-g -g
(ユーザーモードのみ)ターゲットアプリケーションの最初のブレークポイントを無視します。(User mode only) Ignores the initial breakpoint in target application. このオプションを選択すると、別のブレークポイントが設定されていない限り、開始された後、または WinDbg がアタッチされた後も、ターゲットアプリケーションは実行を継続します。This option will cause the target application to continue running after it is started or WinDbg attaches to it, unless another breakpoint has been set. 詳細については、 最初のブレークポイント を参照してください。See Initial Breakpoint for details.

-G -G
(ユーザーモードのみ)プロセスの終了時に最後のブレークポイントを無視します。(User mode only) Ignores the final breakpoint at process termination. 通常、デバッグセッションは、イメージの実行プロセス中に終了します。Typically, the debugging session ends during the image run-down process. このオプションを指定すると、子が終了するとすぐにデバッグセッションが終了します。This option will cause the debugging session to end immediately when the child terminates. これはコマンド sxd epr を入力した場合と同じ効果があります。This has the same effect as entering the command sxd epr. 詳細については、「 例外とイベントの制御」を参照してください。For more information, see Controlling Exceptions and Events.

-hd -hd
(ユーザーモードのみ)デバッグヒープを使用しないことを指定します。(User mode only) Specifies that the debug heap should not be used.

-I [S] -I[S]
WinDbg を事後分析デバッガーとしてインストールします。Installs WinDbg as the postmortem debugger. 詳細については、「 事後分析デバッグの有効化」を参照してください。For details, see Enabling Postmortem Debugging.

この操作が試行されると、成功または失敗のメッセージが表示されます。After this action is attempted, a success or failure message is displayed. 含まれている場合 、このプロシージャは正常に実行されると、サイレントモードで実行されます。エラーメッセージのみが表示されます。If S is included, this procedure is done silently if it is successful; only failure messages are displayed.

-I パラメーターを他のパラメーターと共に使用することはできません。The -I parameter must not be used with any other parameters. このコマンドでは、windbg を開始することはできませんが、WinDbg ウィンドウはすぐに表示されます。This command will not actually start WinDbg, although a WinDbg window may appear for a moment.

-IA [S] -IA[S]
ファイル拡張子 .dmp、mdmp、および wew と共に、レジストリに WinDbg を関連付けます。Associates WinDbg with the file extensions .dmp, .mdmp, and .wew in the registry. この操作が試行されると、成功または失敗のメッセージが表示されます。After this action is attempted, a success or failure message is displayed. 含まれている場合 、このプロシージャは正常に実行されると、サイレントモードで実行されます。エラーメッセージのみが表示されます。If S is included, this procedure is done silently if it is successful; only failure messages are displayed. この関連付けが行われた後、これらの拡張機能のいずれかを使用してファイルを選択して保持 (または右クリック) すると、WinDbg が開始されます。After this association is made, selecting and holding (or right-clicking) a file with one of these extensions will start WinDbg.

-IA パラメーターを他のパラメーターと共に使用することはできません。The -IA parameter must not be used with any other parameters. このコマンドでは、windbg を開始することはできませんが、WinDbg ウィンドウはすぐに表示されます。This command will not actually start WinDbg, although a WinDbg window may appear for a moment.

-IU keystring -IU KeyString
Url 型としてデバッガーのリモート処理を登録し、ユーザーが URL を使用してデバッガーのリモートクライアントを自動起動できるようにします。Registers debugger remoting as an URL type so that users can auto-launch a debugger remote client with an URL. Keystring の形式は remdbgeng://RemotingOption です。KeyString has the format remdbgeng://RemotingOption. Remotingoption は、「 デバッグクライアントをアクティブ化する」で定義されているトランスポートプロトコルを定義する文字列です。RemotingOption is a string that defines the transport protocol as defined in the topic Activating a Debugging Client. この操作が成功した場合、メッセージは表示されません。失敗した場合は、エラーメッセージが表示されます。If this action succeeds, no message is displayed; if it fails, an error message is displayed.

-IU パラメーターは、他のパラメーターと共に使用することはできません。The -IU parameter must not be used with any other parameters. WinDbg ウィンドウはしばらく表示される場合がありますが、このコマンドは実際には WinDbg を開始しません。Although a WinDbg window may appear for a moment, this command will not actually start WinDbg.

-i ImagePath -i ImagePath
エラーを生成した実行可能ファイルの場所を指定します。Specifies the location of the executables that generated the fault. パスにスペースが含まれている場合は、引用符で囲む必要があります。If the path contains spaces, it should be enclosed in quotation marks.

-j -j
ジャーナルを許可します。Allow journaling.

-k [Connecttype] -k [ConnectType]
(カーネルモードのみ)カーネルデバッグセッションを開始します。(Kernel mode only) Starts a kernel debugging session. 詳細については、「 WinDbg を使用したライブ Kernel-Mode デバッグ」を参照してください。For details, see Live Kernel-Mode Debugging Using WinDbg. -K が、その後に connecttype オプションを指定せずに使用されている場合は、コマンドラインの最後のエントリである必要があります。If -k is used without any ConnectType options following it, it must be the final entry on the command line.

-kl ダイバージェンス -kl
(カーネルモードのみ)デバッガーと同じコンピューター上でカーネルデバッグセッションを開始します。(Kernel mode only) Starts a kernel debugging session on the same machine as the debugger.

-kx exdioptions -kx ExdiOptions
(カーネルモードのみ)EXDI ドライバーを使用して、カーネルデバッグセッションを開始します。(Kernel mode only) Starts a kernel debugging session using an EXDI driver. EXDI ドライバーについては、このドキュメントでは説明しません。EXDI drivers are not described in this documentation. ハードウェアプローブまたはハードウェアシミュレーターへの EXDI インターフェイスがある場合は、デバッグ情報について Microsoft にお問い合わせください。If you have an EXDI interface to your hardware probe or hardware simulator, please contact Microsoft for debugging information.

-ログ{o | a} ログ ファイル -log{o|a} LogFile
ログファイルへの情報のログ記録を開始します。Begins logging information to a log file. 指定したログファイルが既に存在する場合は、 -logo が使用されていると上書きされます。If the specified log file already exists, it will be overwritten if -logo is used. Loga が使用されている場合は、出力がファイルに追加されます。If loga is used, the output will be appended to the file. 詳細については、「 WinDbg でのログファイルの保持」を参照してください。For more details, see Keeping a Log File in WinDbg.

-lsrcpath -lsrcpath
リモートクライアントのローカルソースパスを設定します。Sets the local source path for a remote client. このオプションは、コマンドラインで -remote の後に指定する必要があります。This option must follow -remote on the command line.

-n -n
ノイズシンボルの読み込み: シンボルハンドラーからの詳細出力を有効にします。Noisy symbol load: Enables verbose output from symbol handler. 詳細およびその他の制御方法については、「 Symopt _ DEBUG」を参照してください。For details and for other methods of controlling this, see SYMOPT_DEBUG.

-noinh -noinh
(ユーザーモードのみ)デバッガーによって作成されたプロセスがデバッガーからハンドルを継承できないようにします。(User mode only) Prevents processes created by the debugger from inheriting handles from the debugger. これを制御するその他の方法については、「 WinDbg を使用した User-Mode プロセスのデバッグ」を参照してください。For other methods of controlling this, see Debugging a User-Mode Process Using WinDbg.

-noprio -noprio
優先順位を変更しないようにします。Prevents any priority change. このパラメーターを指定すると、WinDbg がアクティブな間、CPU 時間の優先順位を取得できなくなります。This parameter will prevent WinDbg from taking priority for CPU time while active.

-noshell -noshell
すべて のシェル コマンドを禁止します。Prohibits all .shell commands. この禁止は、新しいデバッグセッションが開始された場合でも、デバッガーが実行されている限り最後に実行されます。This prohibition will last as long as the debugger is running, even if a new debugging session is begun. 詳細と、シェルコマンドを無効にするその他の方法については、「 シェルコマンドの使用」を参照してください。For details, and for other ways to disable shell commands, see Using Shell Commands.

-o -o
(ユーザーモードのみ)ターゲットアプリケーション (子プロセス) によって起動されたすべてのプロセスをデバッグします。(User mode only) Debugs all processes launched by the target application (child processes). 既定では、デバッグ中のプロセスによって作成されたプロセスは、通常どおり実行されます。By default, processes created by the one you are debugging will run as they normally do.

-openprivatedumpbyhandle ハンドル -openPrivateDumpByHandle Handle
デバッグするクラッシュダンプファイルのハンドルを指定します。Specifies the handle of a crash dump file to debug.

-p PID -p PID
デバッグする10進プロセス ID を指定します。Specifies the decimal process ID to be debugged. これは、既に実行中のプロセスをデバッグするために使用されます。This is used to debug a process that is already running.

-pb -pb
(ユーザーモードのみ)ターゲットプロセスにアタッチするときに、デバッガーが初期のブレークインを要求できないようにします。(User mode only) Prevents the debugger from requesting an initial break-in when attaching to a target process. これは、アプリケーションが既に中断されている場合や、ターゲットに中断スレッドを作成しないようにする必要がある場合に役立ちます。This can be useful if the application is already suspended, or if you wish to avoid creating a break-in thread in the target.

-pd -pd
(ユーザーモードのみ)デバッグセッションの終了時にターゲットアプリケーションが終了しないようにします。(User mode only) Causes the target application not to be terminated at the end of the debugging session. 詳細については 、「WinDbg でのデバッグセッションの終了 」を参照してください。See Ending a Debugging Session in WinDbg for details.

-pe -pe
(ユーザーモードのみ)ターゲットアプリケーションが既にデバッグされていることを示します。(User mode only) Indicates that the target application is already being debugged. 詳細について は、「ターゲットアプリケーションへの再アタッチ 」を参照してください。See Re-attaching to the Target Application for details.

-pn -pn Name
デバッグするプロセスの名前を指定します。Specifies the name of the process to be debugged. (この名前は一意である必要があります)。これは、既に実行中のプロセスをデバッグするために使用されます。(This name must be unique.) This is used to debug a process that is already running.

-pr -pr
(ユーザーモードのみ)デバッガーがアタッチされたときに、実行中のターゲットプロセスを起動します。(User mode only) Causes the debugger to start the target process running when it attaches to it. これは、アプリケーションが既に中断されていて、実行を再開する場合に便利です。This can be useful if the application is already suspended and you wish it to resume execution.

-psn ServiceName -psn ServiceName
デバッグするプロセスに含まれるサービスの名前を指定します。Specifies the name of a service contained in the process to be debugged. これは、既に実行中のプロセスをデバッグするために使用されます。This is used to debug a process that is already running.

-pt -pt Seconds
ブレークタイムアウトを秒単位で指定します。Specifies the break timeout, in seconds. 既定値は 30 です。The default is 30. 詳細について は、「ターゲットの制御 」を参照してください。See Controlling the Target for details.

-pv -pv
(ユーザーモードのみ)デバッガーをターゲットプロセス noninvasively にアタッチするように指定します。(User mode only) Specifies that the debugger should attach to the target process noninvasively. 詳細については、「 Noninvasive デバッグ (ユーザーモード)」を参照してください。For details, see Noninvasive Debugging (User Mode).

-Q -Q
"ワークスペースの保存" を抑制します。Suppresses the "Save Workspace?" ] ダイアログ ボックスでオプションを指定するときは、表を参考にしてください。dialog box. ワークスペースは自動的には保存されません。Workspaces are not automatically saved. 詳細については、「 ワークスペースの使用」を ご覧ください。See Using Workspaces for details.

-QS -QS
"ソースの再読み込み" を抑制します。Suppresses the "Reload Source?" ] ダイアログ ボックスでオプションを指定するときは、表を参考にしてください。dialog box. ソースファイルは自動的に再読み込みされません。Source files are not automatically reloaded.

-QSY -QSY
"ソースの再読み込み" を抑制します。Suppresses the "Reload Source?" を選択すると、ソースファイルが自動的に再読み込みされます。dialog box and automatically reloads source files.

-QY -QY
"ワークスペースの保存" を抑制します。Suppresses the "Save Workspace?" ] ダイアログボックスが自動的にワークスペースを保存します。dialog box and automatically saves workspaces. 詳細については、「 ワークスペースの使用」を ご覧ください。See Using Workspaces for details.

-robp -robp
これにより、CDB は読み取り専用メモリページにブレークポイントを設定できます。This allows CDB to set a breakpoint on a read-only memory page. (既定では、このような操作は失敗します)。(The default is for such an operation to fail.)

-sdce -sdce
シンボルの読み込み中に、デバッガーが ファイルアクセスエラー メッセージを表示します。Causes the debugger to display File access error messages during symbol load. 詳細およびその他の制御方法については、「 Symopt _ FAIL _ 重大な _ エラー」を参照してください。For details and for other methods of controlling this, see SYMOPT_FAIL_CRITICAL_ERRORS.

-セキュリティ保護 -secure
保護モードをアクティブにします。Activates Secure Mode.

-ses -ses
デバッガーがすべてのシンボルファイルの厳密な評価を実行し、疑わしいシンボルをすべて無視します。Causes the debugger to perform a strict evaluation of all symbol files and ignore any questionable symbols. 詳細およびその他の制御方法については、「 Symopt _ EXACT _ SYMBOLS」を参照してください。For details and for other methods of controlling this, see SYMOPT_EXACT_SYMBOLS.

-sflags 0x Number -sflags 0x Number
すべてのシンボルハンドラーオプションを一度に設定します。Sets all the symbol handler options at once. Number0x で始まる16進数の数字にする必要があります。 0x が指定されていない10進数を使用できますが、シンボルオプションはバイナリフラグであるため、16進数を使用することをお勧めします。Number should be a hexadecimal number prefixed with 0x -- a decimal without the 0x is permitted, but the symbol options are binary flags and therefore hexadecimal is recommended. このオプションは、すべてのシンボルハンドラーの既定値をオーバーライドするため、注意して使用する必要があります。This option should be used with care, since it will override all the symbol handler defaults. 詳細については、「 シンボルオプションの設定」を参照してください。For details, see Setting Symbol Options.

-sicv -sicv
シンボルハンドラーが CV レコードを無視するようにします。Causes the symbol handler to ignore the CV record. 詳細およびこれを制御するその他の方法については、「 Symopt _ IGNORE _ cvrec」を参照してください。For details and for other methods of controlling this, see SYMOPT_IGNORE_CVREC.

-sins -sins
デバッガーがシンボルパスと実行可能イメージパス環境変数を無視するようにします。Causes the debugger to ignore the symbol path and executable image path environment variables. 詳細については、「 Symopt _ IGNORE _ NT _ SYMPATH」を参照してください。For details, see SYMOPT_IGNORE_NT_SYMPATH.

-snc -snc
デバッガーが C++ 変換を無効にします。Causes the debugger to turn off C++ translation. 詳細およびその他の制御方法については、「 Symopt _ NO _ CPP」を参照してください。For details and for other methods of controlling this, see SYMOPT_NO_CPP.

-snul -snul
非修飾名に対するシンボルの自動読み込みを無効にします。Disables automatic symbol loading for unqualified names. 詳細およびその他の制御方法については、「 Symopt _ NO _ 非修飾 _ 読み込み」を参照してください。For details and for other methods of controlling this, see SYMOPT_NO_UNQUALIFIED_LOADS.

-srcpath SourcePath -srcpath SourcePath
ソースファイルの検索パスを指定します。Specifies the source file search path. 複数のパスはセミコロン (;) で区切ります。Separate multiple paths with a semicolon (;). パスにスペースが含まれている場合は、引用符で囲む必要があります。If the path contains spaces, it should be enclosed in quotation marks. 詳細について、およびこのパスを変更するその他の方法については、「 ソースパス」を参照してください。For details, and for other ways to change this path, see Source Path.

-sup -sup
シンボルを検索するたびに、シンボルハンドラーがパブリックシンボルテーブルを検索します。Causes the symbol handler to search the public symbol table during every symbol search. 詳細およびその他の制御方法については、「 Symopt _ AUTO _ PUBLICS」を参照してください。For details and for other methods of controlling this, see SYMOPT_AUTO_PUBLICS.

-T タイトル -T Title
WinDbg ウィンドウのタイトルを設定します。Sets WinDbg window title.

-v -v
デバッガーからの詳細出力を有効にします。Enables verbose output from debugger.

-W ワークスペース -W Workspace
指定された名前付きワークスペースを読み込みます。Loads the given named workspace. ワークスペース名にスペースが含まれている場合は、引用符で囲みます。If the workspace name contains spaces, enclose it in quotation marks. この名前のワークスペースが存在しない場合は、この名前で新しいワークスペースを作成するか、読み込みの試行を破棄するかを選択できます。If no workspace of this name exists, you will be given the option of creating a new workspace with this name or abandoning the load attempt. 詳細については、「 ワークスペースの使用」を参照してください。For details, see Using Workspaces.

-WF ファイル名 -WF Filename
指定されたファイルからワークスペースを読み込みます。Loads the workspace from the given file. Filename には、ファイルと拡張子 (通常は wew) を含める必要があります。Filename should include the file and the extension (usually .wew). ワークスペース名にスペースが含まれている場合は、引用符で囲みます。If the workspace name contains spaces, enclose it in quotation marks. この名前のワークスペースファイルが存在しない場合は、この名前で新しいワークスペースファイルを作成するか、読み込みの試行を破棄するかを選択できます。If no workspace file with this name exists, you will be given the option of creating a new workspace file with this name or abandoning the load attempt. 詳細については、「 ワークスペースの使用」を参照してください。For details, see Using Workspaces.

-WX -WX
ワークスペースの自動読み込みを無効にします。Disables automatic workspace loading. 詳細については、「 ワークスペースの使用」を参照してください。For details, see Using Workspaces.

-y シンボルパス -y SymbolPath
シンボルの検索パスを指定します。Specifies the symbol search path. 複数のパスはセミコロン (;) で区切ります。Separate multiple paths with a semicolon (;). パスにスペースが含まれている場合は、引用符で囲む必要があります。If the path contains spaces, it should be enclosed in quotation marks. 詳細およびこのパスを変更するその他の方法については、「 シンボルパス」を参照してください。For details, and for other ways to change this path, see Symbol Path.

-z ダンプファイル -z DumpFile
デバッグするクラッシュダンプファイルの名前を指定します。Specifies the name of a crash dump file to debug. パスとファイル名にスペースが含まれている場合、引用符で囲む必要があります。If the path and file name contain spaces, this must be surrounded by quotation marks. 複数 ダンプファイルを同時に開くことができます。その際、それぞれに異なる ダンプファイル 値を指定します。It is possible to open several dump files at once by including multiple -z options, each followed by a different DumpFile value. 詳細については、「 User-Mode ダンプファイルを分析する 」または「 WinDbg を使用して Kernel-Mode ダンプファイルを分析する」を参照してください。For details, see Analyzing a User-Mode Dump File or Analyzing a Kernel-Mode Dump File with WinDbg.

-zp ページファイル -zp PageFile
変更されたページファイルの名前を指定します。Specifies the name of a modified page file. これは、ダンプファイルをデバッグしていて、 ページイン (Page In Memory) コマンドを使用する場合に便利です。This is useful if you are debugging a dump file and want to use the .pagein (Page In Memory) command. 標準の Windows ページファイルで -zp を使用することはできません。特別に変更されたページファイルのみ使用できます。You cannot use -zp with a standard Windows page file -- only specially-modified page files can be used.

実行可能ファイル executable
実行可能プロセスのコマンドラインを指定します。Specifies the command line of an executable process. これは、新しいプロセスを起動してデバッグするために使用されます。This is used to launch a new process and debug it. これは、コマンドラインの最後の項目である必要があります。This has to be the final item on the command line. 実行可能ファイル名の後にあるすべてのテキストが、実行可能ファイルに引数文字列として渡されます。All text after the executable name is passed to the executable as its argument string. 詳細については、「 WinDbg を使用した User-Mode プロセスのデバッグ」を参照してください。For details, see Debugging a User-Mode Process Using WinDbg.

-? -?
この HTML ヘルプウィンドウをポップアップ表示します。Pops up this HTML Help window.

コマンドラインからデバッガーを実行する場合は、アプリケーションのファイル名の後に対象アプリケーションの引数を指定します。When you are running the debugger from the command line, specify arguments for the target application after application's file name. 次に例を示します。For instance:

windbg myexe arg1 arg2