ドライバーの開発、テスト、および展開

Windows のドライバー開発環境と Windows デバッガーは、Microsoft Visual Studio に統合されています。 この統合されたドライバー開発環境では、ドライバーのコーディング、ビルド、パッケージ化、展開、デバッグ、テストに必要なツールのほとんどが Visual Studio のユーザー インターフェイスに用意されています。

統合開発環境をセットアップするには、まず Visual Studio をインストールしてから WDK をインストールします。 Visual Studio と WDK の入手方法について詳しくは、こちらをご覧ください。 Debugging Tools for Windows は、WDK のインストールに含まれています。

WDK は MSBuild.exe を使います。MSBuild.exe は、Visual Studio ユーザー インターフェイスとコマンド ライン ツールの両方で使うことができます。 Visual Studio の環境で作成されたドライバーは、Project ファイルと Solution ファイルを使って、プロジェクトまたはプロジェクトのグループを記述します。 Visual Studio 環境には、レガシの Sources ファイルと Dirs ファイルを Project ファイルと Solution ファイルに変換するツールが用意されています。

Visual Studio 開発環境には、次のテンプレートが用意されています。

  • 新しいドライバー
  • ドライバー パッケージ
  • 新しいテスト
  • 既存のテストの拡張
  • カスタム ドライバーの展開スクリプト

Visual Studio 環境では、ビルド プロセスが自動的にドライバー パッケージを作成して署名するように、ビルド プロセスを構成することができます。 Visual Studio で静的分析ツールと実行時分析ツールを利用できます。 ドライバーが再ビルドされるたびに、自動的にドライバーがテスト用のターゲット コンピューターに展開されるように、ターゲット コンピューターを構成できます。 Visual Studio で、ターゲット コンピューターに対してカーネル モード デバッグ セッションを確立できます。 豊富な実行時テストのセットから選択することも、独自のテストを作成することもできます。

このセクションのトピックでは、ドライバーの開発、展開、テストに含まれるさまざまなタスクを Visual Studio を使って実行する方法を示します。