API レイヤー化

概要

API レイヤー化では、Windows 10 の UWP ベース エディションに含まれている API および DDI、または選別された一連の Win32 API の API および DDI のみを Windows ドライバー パッケージのバイナリが呼び出す必要があります。 API レイヤー化は、DCHU 設計原則に含まれていた "U" 要件の延長です。

どのプラットフォームが API でサポートされているのかを確かめるには、API のドキュメント ページにアクセスし、要件セクションのターゲット プラットフォーム エントリを確認してください。 Windows ドライバーでは、ターゲット プラットフォームUniversal (機能のサブセットがすべての Windows 製品で利用できることを意味します) としてリストされている API または DDI のみを使用する必要があります。

Windows API セット」ページでは、特定のプラットフォームで API を使用できるかどうかを判断するための、ベスト プラクティスとツールのセットについて説明しています。

API レイヤー化の検証

ApiValidator は、Windows ドライバーの API レイヤー化のコンプライアンスを検証するために使用される主なツールです。 ApiValidator は、Windows Driver Kit (WDK) の一部として同梱されています。

ApiValidator を使用して、Windows ドライバーが API レイヤー化の要件を満たしていることを確認する方法の詳細については、「Windows ドライバーの検証」を参照してください。