デバイス コンソール (DevCon.exe) の例Device Console (DevCon.exe) Examples

ここでは、次のデバイスコンソール (DevCon) コマンドの例を紹介します。This section provides examples of the following Device Console (DevCon.exe) commands:

DevCon HwIDsDevCon HwIDs

例 1: すべてのハードウェア Id を検索するExample 1: Find all hardware IDs

例 2: パターンを使用してハードウェア Id を検索するExample 2: Find hardware IDs by using a pattern

例 3: クラスを使用してハードウェア Id を検索するExample 3: Find hardware IDs by using a class

DevCon クラスDevCon Classes

例 4: ローカルコンピューター上のクラスを一覧表示するExample 4: List classes on the local computer

例 5: リモートコンピューター上のクラスを一覧表示するExample 5: List classes on the remote computer

DevCon ListClassDevCon ListClass

例 6: デバイスセットアップクラスでデバイスを一覧表示するExample 6: List the devices in a device setup class

例 7: リモートコンピューター上の複数のクラスのデバイスを一覧表示するExample 7: List the devices in multiple classes on a remote computer

DevCon DriverFilesDevCon DriverFiles

例 8: すべてのドライバーファイルを一覧表示するExample 8: List all driver files

例 9: 特定のデバイスのドライバーファイルを一覧表示するExample 9: List the driver files of a particular device

DevCon DriverNodesDevCon DriverNodes

例 10: ハードウェア ID パターン別にドライバーパッケージを一覧表示するExample 10: List driver packages by hardware ID pattern

例 11: デバイスインスタンス ID パターン別にドライバーパッケージを一覧表示するExample 11: List driver packages by device instance ID pattern

DevCon リソースDevCon Resources

例 12: デバイスのクラスのリソースを一覧表示するExample 12: List resources of a class of devices

例 13: リモートコンピューター上のデバイスのリソースを ID で一覧表示するExample 13: List resources of device on a remote computer by ID

DevCon スタックDevCon Stack

例 14: 記憶装置のドライバースタックを表示するExample 14: Display the driver stack for storage devices

例 15: デバイスのセットアップクラスを検索するExample 15: Find the setup class of a device

例 16: リモートコンピューター上の関連するデバイスのスタックを表示するExample 16: Display the stack for related devices on a remote computer

DevCon ステータスDevCon Status

例 17: ローカルコンピューター上のすべてのデバイスの状態を表示するExample 17: Display the status of all devices on the local computer

例 18: デバイスインスタンス ID によってデバイスの状態を表示するExample 18: Display the status of a device by device instance ID

例 19: リモートコンピューター上の関連するデバイスの状態を表示するExample 19: Display the status of related devices on a remote computer

DevCon 検索DevCon Find

例 20: ハードウェア ID パターン別にデバイスを検索するExample 20: Find devices by hardware ID pattern

例 21: デバイスインスタンス ID またはクラスを使用してデバイスを検索するExample 21: Find devices by device instance ID or class

DevCon FindAllDevCon FindAll

例 22: セットアップクラスですべてのデバイスを検索 (および検索する)Example 22: Find (and find all) devices in a setup class

DevCon ClassFilterDevCon ClassFilter

例 23: セットアップクラスのフィルタードライバーを表示するExample 23: Display the filter drivers for a setup class

例 24: セットアップクラスにフィルタードライバーを追加するExample 24: Add a filter driver to a setup class

例 25: クラスリストにフィルタードライバーを挿入するExample 25: Insert a filter driver in the class list

例 26: フィルタードライバーを置き換えるExample 26: Replace a filter driver

例 27: フィルタードライバーの順序を変更するExample 27: Change the order of filter drivers

DevCon 有効化DevCon Enable

例 28: 特定のデバイスを有効にするExample 28: Enable a particular device

例 29: クラスによってデバイスを有効にするExample 29: Enable devices by class

DevCon の無効化DevCon Disable

例 30: デバイスを ID パターンで無効にするExample 30: Disable devices by an ID pattern

例 31: デバイスインスタンス ID でデバイスを無効にするExample 31: Disable devices by device instance ID

DevCon Update と UpdateNIDevCon Update and UpdateNI

例 32: 通信ポートのドライバーを更新するExample 32: Update the driver for communication ports

例 44: HAL を強制的に更新するExample 44: Forcibly update the HAL

DevCon インストールDevCon Install

例 33: デバイスをインストールするExample 33: Install a device

例 34: 無人セットアップを使用してデバイスをインストールするExample 34: Install a device using unattended setup

DevCon の削除DevCon Remove

例 35: デバイスインスタンス ID パターン別にデバイスを削除するExample 35: Remove devices by device instance ID pattern

例 36: 特定のネットワークデバイスを削除するExample 36: Remove a particular network device

DevCon 再スキャンDevCon Rescan

例 37: 新しいデバイスのコンピューターをスキャンするExample 37: Scan the computer for new devices

DevCon の再起動DevCon Restart

例 38: デバイスを再起動するExample 38: Restart a device

DevCon ステータスDevCon Status

例 39: ローカルコンピューターを再起動するExample 39: Reboot the local computer

DevCon SetHwIDDevCon SetHwID

例 40: レガシデバイスにハードウェア ID を割り当てるExample 40: Assign a hardware ID to a legacy device

例 41: リモートコンピューター上のすべてのレガシデバイスにハードウェア ID を追加するExample 41: Add a hardware ID to all legacy devices on a remote computer

例 42: リモートコンピューター上のすべてのレガシデバイスからハードウェア ID を削除するExample 42: Delete a hardware ID from all legacy devices on a remote computer

例 43: ハードウェア Id を追加、削除、交換するExample 43: Add, delete, and replace hardware IDs

例 44: HAL を強制的に更新するExample 44: Forcibly update the HAL

DevCon dp_追加、dp_削除、dp_列挙型DevCon dp_add, dp_deleted, dp_enum

例 45: ドライバーパッケージを追加および削除するExample 45: Add and Remove Driver Packages

例 1: すべてのハードウェア Id を検索するExample 1: Find all hardware IDs

DevCon 操作では Id と ID パターンを使用してデバイスを識別するため、DevCon を使用する際の一般的な最初の手順は、コンピューター上のデバイス用のハードウェア ID 参照ファイルを作成することです。Because DevCon operations use IDs and ID patterns to identify devices, a common first step in using DevCon is to create a hardware ID reference file for devices on the computer.

次のコマンドでは、Id とデバイスの説明を返す、 DevCon HwIDs操作が使用されています。The following command uses the DevCon HwIDs operation, which returns the IDs and the device description. ワイルドカード文字 ( * ) を使用して、ローカルコンピューター上のすべてのデバイスを表します。It uses the wildcard character (*) to represent all devices on the local computer.

devcon hwids *

出力の時間が長く、繰り返し使用されるため、出力をテキストファイルに保存して参照します。Because the output is lengthy and used repeatedly, save the output in a text file for reference.

次のコマンドは、ワイルドカード文字 ( * ) を使用して、コンピューター上のすべてのデバイスを表します。The following command uses the wildcard character (*) to represent all devices on the computer. リダイレクト文字 ( > ) を使用して、hwids ファイルにコマンドの出力を保存します。It uses the redirection character (>) to save the command output in the hwids.txt file.

devcon hwids * > hwids.txt

次のコマンドは、リモートコンピューター上のデバイスのハードウェア Id Server01 を検索します。The following command finds the hardware IDs of devices on a remote computer, Server01. /Mパラメーターを使用して、リモートコンピューターの名前を指定します。It uses the /m parameter to specify the name of the remote computer. このコマンドは、server01_hwids ファイルに出力をリダイレクトし、後で参照するために使用します。The command redirects the output to the server01_hwids.txt file for later reference.

このコマンド  、 ユーザーがリモートコンピューターに対して必要なアクセス許可を持っていない限り失敗します。Note   This command fails unless the user has the required permissions on the remote computer. リモートコンピューターで DevCon コマンドを実行するには、グループポリシー設定で、プラグアンドプレイサービスをリモートコンピューターで実行できるようにする必要があります。To run DevCon commands on a remote computer, the Group Policy setting must allow the Plug and Play service to run on the remote computer. Windows Vista および Windows 7 を実行しているコンピューターでは、グループポリシーによって、サービスへのリモートアクセスが既定で無効になります。On computers that run Windows Vista and Windows 7, the Group Policy disables remote access to the service by default. Windows Driver Kit (WDK) 8.1 および Windows Driver Kit (WDK) 8 を実行するコンピューターでは、リモートアクセスは使用できません。On computers that run Windows Driver Kit (WDK) 8.1 and Windows Driver Kit (WDK) 8, the remote access is unavailable.

devcon /m:\\server01 hwids * > server01_hwids.txt

例 2: パターンを使用してハードウェア Id を検索するExample 2: Find hardware IDs by using a pattern

特定のデバイスのハードウェア Id を検索するには、ハードウェア ID またはパターン、互換性のある ID またはパターン、デバイスインスタンス ID またはパターン、またはデバイスセットアップクラスの名前を入力します。To find the hardware IDs of a particular device, enter the hardware ID or pattern, the compatible ID or pattern, the device instance ID or pattern, or the name of the device setup class.

次のコマンドは、 DevCon HwIDs操作とパターンを使用して、コンピューター上のフロッピーディスクドライブのハードウェア id を検索します。The following command uses the DevCon HwIDs operation and a pattern to find the hardware IDs of the floppy disk drive on the computer. (ユーザーは、デバイス識別子のいずれかにパターンが表示されていることを前提としています)。このコマンドは、ワイルドカード文字 ( * ) を使用して、任意の id で "フロッピー" という単語の前または後にあるすべての文字を表します。(The user assumes that the pattern appears in one of the device identifiers.) The command uses the wildcard character (*) to represent all characters that might precede or follow the word "floppy" in any of the IDs.

devcon hwids *floppy*

応答として、コンピューター上のフロッピーディスクドライブのデバイスインスタンス ID、ハードウェア ID、および互換性のある ID が表示されます。In response, DevCon displays the device instance ID, hardware ID, and compatible ID of the floppy disk drive on the computer. これらの Id は、以降の DevCon コマンドで使用できます。You can use these IDs in subsequent DevCon commands.

FDC\GENERIC_FLOPPY_DRIVE\5&39194F6D&0&0
    Name: Floppy disk drive
    Hardware ID's:
        FDC\GENERIC_FLOPPY_DRIVE
    Compatible ID's:
        GenFloppyDisk
1 matching device(s) found.

この場合、"フロッピー" という語句は、コンピューター上の1つのデバイスのハードウェア ID または互換性のある ID で発生します。In this case, the phrase "floppy" occurs in the hardware ID or compatible ID of only one device on the computer. 複数のデバイスの ID で発生した場合は、Id に "フロッピー" が付いたすべてのデバイスが出力に表示されます。If it occurs in the ID of more than one device, all devices with "floppy" in their IDs appear in the output.

例 3: クラスを使用してハードウェア Id を検索するExample 3: Find hardware IDs by using a class

次のコマンドでは、 DevCon HwIDs操作とデバイスセットアップクラスを使用して、Ports デバイスセットアップクラスのすべてのデバイスのハードウェア id を検索します。The following command uses the DevCon HwIDs operation and a device setup class to find the hardware IDs of all devices in the Ports device setup class. クラス名の前の等号 ( = ) は、ID ではなくクラスであることを示します。The equal sign (=) preceding the class name indicates that it is a class, not an ID.

devcon hwids =ports

応答として、[ポートのセットアップ] クラスには、3つのデバイスのハードウェア Id と互換性 Id が表示されます。In response, DevCon displays the hardware IDs and compatible IDs of the three devices in the Ports setup class.

ACPI\PNP0401\4&B4063F4&0
    Name: ECP Printer Port (LPT1)
    Hardware ID's:
        ACPI\PNP0401
        *PNP0401
ACPI\PNP0501\1
    Name: Communications Port (COM1)
    Hardware ID's:
        ACPI\PNP0501
        *PNP0501
ACPI\PNP0501\2
    Name: Communications Port (COM2)
    Hardware ID's:
        ACPI\PNP0501
        *PNP0501
3 matching device(s) found.

例 4: ローカルコンピューター上のクラスを一覧表示するExample 4: List classes on the local computer

DevCon 操作ではデバイスのセットアップクラスを使用してデバイスを識別できるため、コンピューター上のデバイスのセットアップクラスであるデバイスの参照ファイルを作成すると便利です。Because DevCon operations can use the device setup class to identify devices, it is useful to create a reference file of the device setup classes of devices on the computer.

次のコマンドは、コンピューター上のすべてのクラスのリストと説明を返す、 DevCon クラス操作を使用します。The following command uses the DevCon Classes operation, which returns a list and description of all classes on the computer.

devcon classes

出力の時間が長く、繰り返し使用されるため、出力をテキストファイルに保存して参照します。Because the output is lengthy and used repeatedly, save the output in a text file for reference.

次のコマンドは、コンピューター上のすべてのデバイスクラスを表示します。The following command displays all device classes on the computer. リダイレクト文字 ( > ) を使用して、コマンドの出力を classes ファイルに保存します。It uses the redirection character (>) to save the command output in the classes.txt file.

devcon classes > classes.txt

例 5: リモートコンピューター上のクラスを一覧表示するExample 5: List classes on the remote computer

次のコマンドは、 DevCon クラス操作を使用して、リモートコンピューター上のデバイスセットアップクラス Server01 を一覧表示します。The following command uses the DevCon Classes operation to list the device setup classes on a remote computer, Server01:

devcon /m:\\server01 classes

出力の時間が長く、繰り返し使用されるため、出力をテキストファイルに保存して参照します。Because the output is lengthy and used repeatedly, save the output in a text file for reference.

次のコマンドは、リダイレクト文字 ( > ) を使用して、コマンドの出力を server01_classes ファイルに保存します。The following command uses the redirection character (>) to save the command output in the server01_classes.txt file.

devcon /m:\\server01 classes > server01_classes.txt

例 6: デバイスセットアップクラスでデバイスを一覧表示するExample 6: List the devices in a device setup class

次のコマンドは、 DevCon listclass操作を使用して、ネットワークアダプターのデバイスセットアップクラスである Net 内のデバイスを一覧表示します。The following command uses the DevCon ListClass operation to list the devices in Net, the device setup class for network adapters.

devcon listclass net

応答で、デバイスインスタンス ID と、Net setup クラスの各デバイスの説明が表示されます。In response, DevCon displays the device instance ID and description of each device in the Net setup class.

Listing 6 device(s) for setup class "Net" (Network adapters).
PCI\VEN_10B7&DEV_9200&SUBSYS_00BE1028&REV_78\4&BB7B4AE&0&60F0: 3Com 3C920 Integrated Fast Ethernet Controller (3C905C-TX Compatible)
ROOT\MS_L2TPMINIPORT\0000                                   : WAN Miniport (L2TP)
ROOT\MS_NDISWANIP\0000                                      : WAN Miniport (IP)
ROOT\MS_PPPOEMINIPORT\0000                                  : WAN Miniport (PPPOE)
ROOT\MS_PPTPMINIPORT\0000                                   : WAN Miniport (PPTP)
ROOT\MS_PTIMINIPORT\0000                                    : Direct Parallel

この表示は興味深いものですが、Net setup クラスのデバイスのハードウェア Id は提供されません。This display, although interesting, does not provide the hardware IDs of the devices in the Net setup class. 次のコマンドは、 DevCon HwIDs操作を使用して、Net setup クラスのデバイスを一覧表示します。The following command uses the DevCon HwIDs operation to list the devices in the Net setup class. DevCon HwIDsコマンドでは、クラス名の前に等号 ( = ) が付き、ID ではなくクラスであることを示します。In a DevCon HwIDs command, the class name is preceded by an equal sign (=) to indicate that it is a class, not an ID.

devcon hwids =net

結果の表示には、Net クラスに含まれるデバイスの一覧が表示されます。この表示には、デバイスのインスタンス ID、ハードウェア Id、および互換性のあるデバイスの Id がクラスに含まれています。The resulting display lists the devices in the Net class and includes the device instance ID, hardware IDs, and compatible IDs of devices in the class.

PCI\VEN_10B7&DEV_9200&SUBSYS_00BE1028&REV_78\4&BB7B4AE&0&60F0
    Name: 3Com 3C920 Integrated Fast Ethernet Controller (3C905C-TX Compatible)
    Hardware ID's:
        PCI\VEN_10B7&DEV_9200&SUBSYS_00BE1028&REV_78
        PCI\VEN_10B7&DEV_9200&SUBSYS_00BE1028
        PCI\VEN_10B7&DEV_9200&CC_020000
        PCI\VEN_10B7&DEV_9200&CC_0200
    Compatible ID's:
        PCI\VEN_10B7&DEV_9200&REV_78
        PCI\VEN_10B7&DEV_9200
        PCI\VEN_10B7&CC_020000
        PCI\VEN_10B7&CC_0200
 PCI\VEN_10B7
        PCI\CC_020000
 PCI\CC_0200
ROOT\MS_L2TPMINIPORT\0000
    Name: WAN Miniport (L2TP)
    Hardware ID's:
        ms_l2tpminiport
ROOT\MS_NDISWANIP\0000
    Name: WAN Miniport (IP)
    Hardware ID's:
        ms_ndiswanip
ROOT\MS_PPPOEMINIPORT\0000
    Name: WAN Miniport (PPPOE)
    Hardware ID's:
        ms_pppoeminiport
ROOT\MS_PPTPMINIPORT\0000
    Name: WAN Miniport (PPTP)
    Hardware ID's:
        ms_pptpminiport
ROOT\MS_PTIMINIPORT\0000
    Name: Direct Parallel
    Hardware ID's:
        ms_ptiminiport
6 matching device(s) found.

例 7: リモートコンピューター上の複数のクラスのデバイスを一覧表示するExample 7: List the devices in multiple classes on a remote computer

次のコマンドは、 DevCon ListClass操作を使用して、リモートコンピューターである Server01 上の DISKDRIVE、CDROM、およびテープドライブクラスのデバイスを一覧表示します。The following command uses the DevCon ListClass operation to list the devices in the DiskDrive, CDROM, and TapeDrive classes on Server01, a remote computer.

devcon /m:\\server01 listclass diskdrive cdrom tapedrive

応答として、[DevCon] は、リモートコンピューター上のこれらのクラスのデバイスを表示します。In response, DevCon displays the devices in those classes on the remote computer.

Listing 1 device(s) for setup class "DiskDrive" (Disk drives) on \\server01.
IDE\DISKWDC_WD204BA_____________________________16.13M16\4457572D414D3730323136333938203120202020: WDC WD204BA
Listing 1 device(s) for setup class "CDROM" (DVD/CD-ROM drives) on \\server01.
IDE\CDROMSAMSUNG_DVD-ROM_SD-608__________________2.2_____\4&13B4AFD&0&0.0.0: SAMSUNG DVD-ROM SD-608
No devices for setup class "TapeDrive" (Tape drives) on \\server01.

例 8: すべてのドライバーファイルを一覧表示するExample 8: List all driver files

次のコマンドは、 DevCon DriverFiles操作を使用して、システム上のデバイスが使用するドライバーのファイル名を一覧表示します。The following command uses the DevCon DriverFiles operation to list the file names of drivers that devices on the system use. このコマンドは、ワイルドカード文字 ( * ) を使用して、システム上のすべてのデバイスを示します。The command uses the wildcard character (*) to indicate all devices on the system. 出力は広いため、コマンドはリダイレクト文字 ( > ) を使用して、出力を参照ファイル driverfiles にリダイレクトします。Because the output is extensive, the command uses the redirection character (>) to redirect the output to a reference file, driverfiles.txt.

devcon driverfiles * > driverfiles.txt

例 9: 特定のデバイスのドライバーファイルを一覧表示するExample 9: List the driver files of a particular device

次のコマンドは、 DevCon DriverFiles操作を使用して、ローカルコンピューター上のマウスデバイスが使用するデバイスドライバーを検索します。The following command uses the DevCon DriverFiles operation to search for the device driver that the mouse device on the local computer uses. デバイスは、そのハードウェア Id の1つである HID\Vid_045e & Pid_0039 & Rev_0121 によって識別されます。It identifies the device by one of its hardware IDs, HID\Vid_045e&Pid_0039&Rev_0121. ハードウェア ID は、アンパサンド文字 ( & ) を含むため、引用符で囲まれています。The hardware ID is enclosed in quotation marks because it includes the ampersand character (&).

devcon driverfiles "HID\Vid_045e&Pid_0039&Rev_0121"

応答として、[DevCon] には、マウスデバイスをサポートする2つのデバイスドライバーが表示されます。In response, DevCon displays the two device drivers that support the mouse device.

HID\VID_045E&PID_0039\6&DC36FDE&0&0000
    Name: Microsoft USB IntelliMouse Optical
    Driver installed from c:\windows\inf\msmouse.inf [HID_Mouse_Inst]. 2 file(s)
 used by driver:
        C:\WINDOWS\System32\DRIVERS\mouhid.sys
        C:\WINDOWS\System32\DRIVERS\mouclass.sys
1 matching device(s) found.

例 10: ハードウェア ID パターン別にドライバーパッケージを一覧表示するExample 10: List driver packages by hardware ID pattern

次のコマンドは、 DevCon DriverNodesコマンドと ID パターンを使用して、ソフトウェアで列挙されたデバイスのドライバーノードを一覧表示します。The following command uses the DevCon DriverNodes command and an ID pattern to list the driver nodes of software-enumerated devices. パターンは、同じセットアップクラスに含まれていない可能性がある類似のデバイスに関する情報を見つけるのに役立ちます。Patterns are useful for finding information about similar devices that might not be in the same setup class.

次のコマンドでは、ID パターンsw\ * を使用して、ハードウェア id または互換性のある id が "sw" で始まるデバイス (ソフトウェアで列挙されたデバイス) を指定します。The following command uses the ID pattern sw\* to specify devices whose hardware IDs or compatible IDs begin with "sw," that is, software-enumerated devices.

devcon drivernodes sw*

応答として、ソフトウェアで列挙されたデバイスのドライバーノードがシステムに表示されます。In response, DevCon displays the driver nodes of software-enumerated devices on the system.

SW\{A7C7A5B0-5AF3-11D1-9CED-00A024BF0407}\{9B365890-165F-11D0-A195-0020AFD156E4}

 Name: Microsoft Kernel System Audio Device
DriverNode #0:
    Inf file is c:\windows\inf\wdmaudio.inf
    Inf section is WDM_SYSAUDIO
    Driver description is Microsoft Kernel System Audio Device
    Manufacturer name is Microsoft
    Provider name is Microsoft
    Driver date is 7/1/2001
    Driver version is 5.1.2535.0
    Driver node rank is 0
    Driver node flags are 00002244
        Inf is digitally signed
SW\{B7EAFDC0-A680-11D0-96D8-00AA0051E51D}\{9B365890-165F-11D0-A195-0020AFD156E4}

    Name: Microsoft Kernel Wave Audio Mixer
DriverNode #0:
    Inf file is c:\windows\inf\wdmaudio.inf
    Inf section is WDM_KMIXER
    Driver description is Microsoft Kernel Wave Audio Mixer
    Manufacturer name is Microsoft
    Provider name is Microsoft
    Driver date is 7/1/2001
    Driver version is 5.1.2535.0
    Driver node rank is 0
    Driver node flags are 00002244
        Inf is digitally signed
SW\{CD171DE3-69E5-11D2-B56D-0000F8754380}\{9B365890-165F-11D0-A195-0020AFD156E4}

    Name: Microsoft WINMM WDM Audio Compatibility Driver
DriverNode #0:
    Inf file is c:\windows\inf\wdmaudio.inf
    Inf section is WDM_WDMAUD
    Driver description is Microsoft WINMM WDM Audio Compatibility Driver
    Manufacturer name is Microsoft
    Provider name is Microsoft
    Driver date is 7/1/2001
    Driver version is 5.1.2535.0
    Driver node rank is 0
    Driver node flags are 00002244
        Inf is digitally signed
3 matching device(s) found.

例 11: デバイスインスタンス ID パターン別にドライバーパッケージを一覧表示するExample 11: List driver packages by device instance ID pattern

次のコマンドは、 DevCon DriverNodes操作を使用して、デバイスインスタンス ID がルート\メディア、つまり列挙\Root\メディアレジストリサブキーのデバイスで始まるすべてのデバイスのドライバーパッケージを一覧表示します。The following command uses the DevCon DriverNodes operation to list the driver packages of all devices whose device instance IDs begin with ROOT\MEDIA, that is, devices in the Enum\Root\Media registry subkey. このコマンドは、at 文字 ( @ ) を使用して、その語句がデバイスインスタンス ID に含まれていることを示します。The command uses the at character (@) to indicate that the phrase is in the device instance ID.

devcon drivernodes @ROOT\MEDIA*

応答として、デバイスインスタンス ID が "ROOT\メディア" で始まるデバイスのドライバーノードが表示されます。In response, DevCon displays the driver nodes of devices whose device instance ID begins with "ROOT\MEDIA."

ROOT\MEDIA\MS_MMACM
    Name: Audio Codecs
DriverNode #0:
    Inf file is c:\windows\inf\wave.inf
    Inf section is MS_MMACM
    Driver description is Audio Codecs
    Manufacturer name is (Standard system devices)
    Provider name is Microsoft
    Driver date is 7/1/2001
    Driver version is 5.1.2535.0
    Driver node rank is 0
    Driver node flags are 00002240
        Inf is digitally signed
ROOT\MEDIA\MS_MMDRV
    Name: Legacy Audio Drivers
DriverNode #0:
    Inf file is c:\windows\inf\wave.inf
    Inf section is MS_MMDRV
    Driver description is Legacy Audio Drivers
    Manufacturer name is (Standard system devices)
    Provider name is Microsoft
    Driver date is 7/1/2001
    Driver version is 5.1.2535.0
    Driver node rank is 0
    Driver node flags are 00002240
        Inf is digitally signed
ROOT\MEDIA\MS_MMMCI
    Name: Media Control Devices
DriverNode #0:
    Inf file is c:\windows\inf\wave.inf
    Inf section is MS_MMMCI
    Driver description is Media Control Devices
    Manufacturer name is (Standard system devices)
    Provider name is Microsoft
    Driver date is 7/1/2001
    Driver version is 5.1.2535.0
    Driver node rank is 0
    Driver node flags are 00002240
        Inf is digitally signed
ROOT\MEDIA\MS_MMVCD
    Name: Legacy Video Capture Devices
DriverNode #0:
    Inf file is c:\windows\inf\wave.inf
    Inf section is MS_MMVCD
    Driver description is Legacy Video Capture Devices
    Manufacturer name is (Standard system devices)
    Provider name is Microsoft
    Driver date is 7/1/2001
    Driver version is 5.1.2535.0
    Driver node rank is 0
    Driver node flags are 00002240
        Inf is digitally signed
ROOT\MEDIA\MS_MMVID
    Name: Video Codecs
DriverNode #0:
    Inf file is c:\windows\inf\wave.inf
    Inf section is MS_MMVID
    Driver description is Video Codecs
    Manufacturer name is (Standard system devices)
    Provider name is Microsoft
    Driver date is 7/1/2001
    Driver version is 5.1.2535.0
    Driver node rank is 0
    Driver node flags are 00002240
        Inf is digitally signed
5 matching device(s) found.

例 12: デバイスのクラスのリソースを一覧表示するExample 12: List resources of a class of devices

次のコマンドは、 DevCon resources操作を使用して、Hdc デバイスセットアップクラスのデバイスに割り当てられたリソースを表示します。The following command uses the DevCon Resources operation to display the resources allocated to devices in the Hdc device setup class. このクラスには、IDE コントローラーが含まれています。This class includes IDE controllers. 等号 ( = ) は、ID ではなくクラスであることを示すために "hdc" の前に付加されます。The equal sign (=) is prepended to "hdc" to indicate that it is a class and not an ID.

devcon resources =hdc

応答として、ローカルコンピューター上の IDE コントローラーに割り当てられているリソースが表示されます。In response, DevCon lists the resources allocated to IDE controllers on the local computer.

PCI\VEN_8086&DEV_244B&SUBSYS_00000000&REV_02\3&29E81982&0&F9
    Name: Intel(r) 82801BA Bus Master IDE Controller
    Device is currently using the following resources:
        IO  : ffa0-ffaf
PCIIDE\IDECHANNEL\4&37E53584&0&0
    Name: Primary IDE Channel
    Device is currently using the following resources:
        IO  : 01f0-01f7
        IO  : 03f6-03f6
        IRQ : 14
PCIIDE\IDECHANNEL\4&37E53584&0&1
    Name: Secondary IDE Channel
    Device is currently using the following resources:
        IO  : 0170-0177
        IO  : 0376-0376
        IRQ : 15
3 matching device(s) found.

例 13: リモートコンピューター上のデバイスのリソースを ID で一覧表示するExample 13: List resources of device on a remote computer by ID

次のコマンドでは、 DevCon resources操作を使用して、リモートコンピューター Server01 上のシステムタイマーに割り当てられているリソースを一覧表示します。The following command uses the DevCon Resources operation to list the resources allocated to the system timer on Server01, a remote computer. このコマンドは、システム\タイマーのハードウェア ID PNP0100 を使用して、デバイスを指定します。The command uses the hardware ID of the system timer, ACPI\PNP0100, to specify the device.

devcon /m:\\Server01 resources *PNP0100

応答として、Server01 システムタイマーのリソースが表示されます。In response, DevCon displays the resources of the Server01 system timer.

ROOT\*PNP0100\PNPBIOS_8
    Name: System timer
    Device has the following resources reserved:
        IO  : 0040-005f
        IRQ : 0
1 matching device(s) found on \\server01.

次のコマンドでは、DevCon resources コマンドでリモートシステムタイマーのデバイスインスタンス ID を使用します。The following command uses the device instance ID of the remote system timer in the DevCon resources command. At 文字 ( @ ) は、文字列がハードウェア id または互換性のある id ではなく、デバイスインスタンス ID であることを示します。The at character (@) indicates that the string is a device instance ID, not a hardware ID or compatible ID.

devcon /m:\\Server01 resources @ACPI\PNP0100\4&b4063f4&0

例 14: 記憶装置のドライバースタックを表示するExample 14: Display the driver stack for storage devices

次のコマンドは、 DevCon Stack操作を使用して Volume setup クラスのデバイスを検索し、それらのデバイスに予想されるドライバースタックを表示します。The following command uses the DevCon Stack operation to search for devices in the Volume setup class and display the expected driver stack for those devices. 等号 ( = ) は、文字列がクラス名であることを示します。The equal sign (=) indicates that the string is a class name.

devcon stack =Volume

応答として、[DevCon] には、ボリュームクラスのデバイスに予想されるスタックが表示されます。In response, DevCon displays the expected stack for the devices in the Volume class. 返されるデータには、デバイスインスタンス ID と各デバイスの説明、デバイスセットアップクラスの GUID と名前、上位および下位のフィルタードライバーの名前、およびサービス (存在する場合) の制御が含まれます。The returned data includes the device instance ID and description of each device, the GUID and name of the device setup class, the names of upper and lower filter drivers, and controlling services (if any).

STORAGE\VOLUME\1&30A96598&0&SIGNATURE32323533OFFSET271167600LENGTH6E00D0C00
    Name: Generic volume
    Setup Class: {71A27CDD-812A-11D0-BEC7-08002BE2092F} Volume
    Class upper filters:
        VolSnap
    Controlling service:
        (none)
STORAGE\VOLUME\1&30A96598&0&SIGNATURE32323533OFFSET7E00LENGTH27115F800
    Name: Generic volume
    Setup Class: {71A27CDD-812A-11D0-BEC7-08002BE2092F} Volume
    Class upper filters:
        VolSnap
    Controlling service:
        (none)
2 matching device(s) found.

例 15: デバイスのセットアップクラスを検索するExample 15: Find the setup class of a device

DevCon Stack操作は、上位および下位のフィルタードライバーに加えて、デバイスのセットアップクラスを返します。The DevCon Stack operation returns the setup class of a device in addition to the upper and lower filter drivers. 次のコマンドは、デバイスインスタンス ID を検索し、デバイスインスタンス ID を使用してそのセットアップクラスを検索することによって、プリンタポートインターフェイスのセットアップクラスを検索します。The following commands find the setup class of the printer port interface by finding its device instance ID and then using the device instance ID to find its setup class.

次のコマンドは、 DevCon HwIDs操作を使用して、プリンターポートインターフェイスのデバイスインスタンス ID を検索します。プリンターポートのハードウェア id に "LPT" という語句を使用します。The following command uses the DevCon HwIDs operation to find the device instance ID of the printer port interface by using "LPT," a phrase in the printer port hardware ID.

devcon hwids *lpt*

応答として、DevCon はデバイスインスタンス ID (太字で表示) とプリンターポートインターフェイスのハードウェア ID を返します。In response, DevCon returns the device instance ID (displayed in bold text) and the hardware ID of the printer port interface.

LPTENUM\MICROSOFTRAWPORT\5&CA97D7E&0&LPT1
    Name: Printer Port Logical Interface
    Hardware ID's:
        LPTENUM\MicrosoftRawPort958A
        MicrosoftRawPort958A
1 matching device(s) found.

次のコマンドは、 DevCon Stack操作を使用して、デバイスインスタンス ID によって表されるデバイスのデバイスセットアップクラスを検索します。The next command uses the DevCon Stack operation to find the device setup class of the device represented by the device instance ID. A 文字 ( @ ) は、id をデバイスインスタンス id として識別します。An at character (@) identifies the ID as a device instance ID. ID はアンパサンド文字を含むため、引用符で囲まれています。The ID is enclosed in quotation marks because it includes ampersand characters.

devcon stack "@LPTENUM\MICROSOFTRAWPORT\5&CA97D7E&0&LPT1"

応答として、[DevCon] には、クラスを含むプリンタポートインターフェイスのドライバースタックが表示されます。In response, DevCon displays the driver stack for the printer port interface, including the class. プリンターポートがシステムクラスにあることが表示されます。The display reveals that the printer port is in the System class.

LPTENUM\MICROSOFTRAWPORT\5&CA97D7E&0&LPT1
    Name: Printer Port Logical Interface
    Setup Class: {4D36E97D-E325-11CE-BFC1-08002BE10318} System
    Controlling service:
        (none)
1 matching device(s) found.

次のコマンドは、 DevCon stack操作を使用して、リモートコンピューター Server01 上のミニポートドライバーデバイスに予想されるスタックを表示します。The following command uses the DevCon Stack operation to display the expected stack for miniport driver devices on Server01, a remote computer. このクラスは、ハードウェア ID または互換性 ID に "ミニポート" を含む Net setup クラスのデバイスを検索します。It searches for devices in the Net setup class that have "miniport" in their hardware ID or compatible ID.

このコマンドはまず、検索を Net setup クラスに限定し、次に "ミニポート" 文字列を検索します。Note that this command first limits the search to the Net setup class and then finds the "miniport" string. Net setup クラス以外のデバイスは検出されません。It does not find devices other than those in the Net setup class.

devcon /m:\\server01 stack =net *miniport*

応答として、Server01 上のミニポートドライバーに必要なスタックが表示されます。In response, DevCon displays the expected stack for miniport drivers on Server01.

ROOT\MS_L2TPMINIPORT\0000
    Name: WAN Miniport (L2TP)
    Setup Class: {4D36E972-E325-11CE-BFC1-08002BE10318} Net
    Controlling service:
        Rasl2tp
ROOT\MS_PPPOEMINIPORT\0000
    Name: WAN Miniport (PPPOE)
    Setup Class: {4D36E972-E325-11CE-BFC1-08002BE10318} Net
    Controlling service:
        RasPppoe
    Lower filters:
        NdisTapi
ROOT\MS_PPTPMINIPORT\0000
    Name: WAN Miniport (PPTP)
    Setup Class: {4D36E972-E325-11CE-BFC1-08002BE10318} Net
    Controlling service:
        PptpMiniport
    Lower filters:
        NdisTapi
ROOT\MS_PTIMINIPORT\0000
    Name: Direct Parallel
    Setup Class: {4D36E972-E325-11CE-BFC1-08002BE10318} Net
    Controlling service:
        Raspti
    Lower filters:
        PtiLink
4 matching device(s) found on \\Server01.

例 17: ローカルコンピューター上のすべてのデバイスの状態を表示するExample 17: Display the status of all devices on the local computer

次のコマンドでは、 DevCon status操作を使用して、ローカルコンピューター上のすべてのデバイスの状態を検索します。The following command uses the DevCon Status operation to find the status of all devices on the local computer. その後、ログ記録または後で確認するために、状態を .txt ファイルに保存します。It then saves the status in the status.txt file for logging or later review. このコマンドは、ワイルドカード文字 ( * ) を使用してすべてのデバイスを表し、リダイレクト文字 ( > ) を使用して、出力を test.txt ファイルにリダイレクトします。The command uses the wildcard character (*) to represent all devices and the redirection character (>) to redirect the output to the status.txt file.

devcon status * > status.txt

例 18: デバイスインスタンス ID によってデバイスの状態を表示するExample 18: Display the status of a device by device instance ID

特定のデバイスの状態を確認する最も信頼性の高い方法は、デバイスのデバイスインスタンス ID を使用することです。The most reliable way to find the status of a particular device is to use the device instance ID of the device.

次のコマンドは、ローカルコンピューター上の i/o コントローラーのデバイスインスタンス ID をDevCon Statusコマンドで使用します。The following command uses the device instance ID of the I/O controller on the local computer in a DevCon Status command. このコマンドには、デバイスのデバイスインスタンス ID、PCI\VEN_8086 & DEV_1130 & SUBSYS_00000000 & REV_02\3 & 29E81982 & 0 & 00 が含まれています。The command includes the device instance ID of the device, PCI\VEN_8086&DEV_1130&SUBSYS_00000000&REV_02\3&29E81982&0&00. ID のプレフィックスが付いた at 文字 ( @ ) は、デバイスインスタンス ID として文字列を識別します。The at character (@) prefixed to the ID identifies the string as a device instance ID. ID はアンパサンド文字を含むため、引用符で囲む必要があります。The ID must be enclosed in quotation marks because it includes ampersand characters.

devcon status "@PCI\VEN_8086&DEV_1130&SUBSYS_00000000&REV_02\3&29E81982&0&00"

応答として、[DevCon] に i/o コントローラーの状態が表示されます。In response, DevCon displays the status of the I/O controller.

PCI\VEN_8086&DEV_1130&SUBSYS_00000000&REV_02\3&29E81982&0&00
    Name: Intel(R) 82815 Processor to I/O Controller - 1130
    Driver is running.
1 matching device(s) found.

次のコマンドでは、 DevCon status操作を使用して、リモートコンピューター Server01 上の特定の記憶域に関連するデバイスの状態を表示します。The following command uses the DevCon Status operation to display the status of particular storage-related devices on Server01, a remote computer. 次のデバイスが検索されます。It searches for the following devices:

  • ディスクドライブ、GenDiskDisk drive, GenDisk

  • CD-ROM ドライブ、GenCdRomCD-ROM drive, GenCdRom

  • フロッピーディスクドライブ、FDC\GENERIC_フロッピー_ドライブFloppy disk drive, FDC\GENERIC_FLOPPY_DRIVE

  • ボリューム、記憶域\ボリュームVolumes, STORAGE\Volume

  • 論理ディスクマネージャー、ルート\DMIOLogical disk manager, ROOT\DMIO

  • ボリュームマネージャー、ルート\の FTDISKVolume manager, ROOT\FTDISK

  • フロッピーディスクコントローラー、ACPI\PNP0700Floppy disk controller, ACPI\PNP0700

コマンドでは、各 ID はスペースで区切られます。In the command, each ID is separated from the others by spaces. GenDisk と GenCdRom は互換性のある Id であるのに対し、他の Id はハードウェア Id です。Note that GenDisk and GenCdRom are compatible IDs, whereas the other IDs are hardware IDs.

devcon /m:\\server01 status GenDisk GenCdRom FDC\GENERIC_FLOPPY_DRIVE STORAGE\Volume ROOT\DMIO ROOT\FTDISK ACPI\PNP0700

応答で、各デバイスの状態が表示されます。In response, DevCon displays the status of each device.

FDC\GENERIC_FLOPPY_DRIVE\1&3A2146F1&0&0
    Name: Floppy disk drive
    Driver is running.
IDE\CDROMSAMSUNG_DVD-ROM_SD-608__________________2.2_____\4&13B4AFD&0&0.0.0
    Name: SAMSUNG DVD-ROM SD-608
    Driver is running.
IDE\DISKWDC_WD204BA_____________________________16.13M16\4457572D414D373032313633393820312
0202020
    Name: WDC WD204BA
    Driver is running.
ROOT\DMIO\0000
    Name: Logical Disk Manager
    Driver is running.
ROOT\FLOPPYDISK\0000
    Device has a problem: 28.
ROOT\FLOPPYDISK\0002
    Device has a problem: 01.
ROOT\FLOPPYDISK\0003
    Device has a problem: 01.
ROOT\FLOPPYDISK\0004
    Device is currently stopped.
ROOT\FTDISK\0000
    Name: Volume Manager
    Driver is running.
STORAGE\VOLUME\1&30A96598&0&SIGNATUREEA1AA9C7OFFSET1770DF800LENGTH3494AEA00
    Name: Generic volume
    Driver is running.
STORAGE\VOLUME\1&30A96598&0&SIGNATUREEA1AA9C7OFFSET7E00LENGTH1770CFC00
    Name: Generic volume
    Driver is running.
11 matching device(s) found on \\Server01.

例 20: ハードウェア ID パターン別にデバイスを検索するExample 20: Find devices by hardware ID pattern

次のコマンドでは、 DevCon Find操作を使用して、リモートコンピューター Server01 上のマウスデバイスを検索します。The following command uses the DevCon Find operation to search for mouse devices on Server01, a remote computer. 具体的には、Server01 コンピューターで、ハードウェア ID または互換性のある ID に "mou" が含まれているデバイスを検索します。Specifically, the command searches the Server01 computer for devices whose hardware ID or compatible ID includes "mou."

devcon /m:\\Server01 find *mou*

この場合、DevCon は2つのマウスデバイスの両方を検出しました。In this case, DevCon found both two mouse devices.

ROOT\*PNP0F03\1_0_21_0_31_0                                 : Microsoft PS/2 Mouse
ROOT\RDP_MOU\0000                                           : Terminal Server Mouse Driver

すべての DevCon 表示操作でもハードウェア Id が検出されるため、任意のディスプレイ操作を使用してハードウェア Id を検索できます。Because all DevCon display operations also find hardware IDs, you can use any display operation to search for hardware IDs. 出力に必要なコンテンツに基づいて操作を選択します。Select the operation based on the content that you need in the output. たとえば、ローカルコンピューター上のマウス関連デバイスで使用されているデバイスドライバーを検索するには、次のコマンドを送信します。For example, to find the device drivers that mouse-related devices on a local computer use, submit the following command.

devcon driverfiles *mou*

応答として、DevCon によってデバイスが検索され、ドライバーが一覧表示されます。In response, DevCon finds the devices and lists their drivers.

HID\VID_045E&PID_0039\6&DC36FDE&0&0000
    Name: Microsoft USB IntelliMouse Optical
    Driver installed from c:\windows\inf\msmouse.inf [HID_Mouse_Inst]. 2 file(s) used by d
river:
        C:\WINDOWS\System32\DRIVERS\mouhid.sys
        C:\WINDOWS\System32\DRIVERS\mouclass.sys
ROOT\RDP_MOU\0000
    Name: Terminal Server Mouse Driver
    Driver installed from c:\windows\inf\machine.inf [RDP_MOU]. 2 file(s) used by driver:
        C:\WINDOWS\System32\DRIVERS\termdd.sys
        C:\WINDOWS\System32\DRIVERS\mouclass.sys
2 matching device(s) found.

例 21: デバイスインスタンス ID またはクラスを使用してデバイスを検索するExample 21: Find devices by device instance ID or class

次のコマンドは、 DevCon Find操作を使用して、ローカルコンピューター上のすべてのレガシデバイスを表示します。The following commands use the DevCon Find operation to display all legacy devices on the local computer. レガシデバイスはハードウェア ID を持っていないため、デバイスインスタンス ID (レジストリパス)、ルート\レガシ、またはそのセットアップクラス LegacyDriver を使用して検索する必要があります。Because legacy devices do not have a hardware ID, you must search for them by their device instance ID (registry path), ROOT\LEGACY, or their setup class, LegacyDriver.

最初のコマンドは、デバイスインスタンス ID パターンを使ってレガシドライバーを検索します。The first command finds legacy drivers by a device instance ID pattern. ID パターンは、デバイスインスタンス ID を示すために先頭文字 ( @ ) で始まり、その後にワイルドカード文字 ( * ) が付けられます。これにより、ルート\レガシサブキーのすべてのデバイスが検索されます。The ID pattern is prefaced by the at character (@) to indicate a device instance ID and followed by the wildcard character (*) to find all devices in the ROOT\Legacy subkey.

devcon find @root\legacy*

2番目のコマンドは、LegacyDriver クラス内のすべてのデバイスを検索して、レガシデバイスを検索します。The second command finds legacy devices by searching for all devices in the LegacyDriver class.

devcon find =legacydriver

どちらのコマンドも同じ出力を生成します。この場合は、同じ27個のレガシデバイスが検索されます。Both commands produce the same output, in this case, finding the same 27 legacy devices.

ROOT\LEGACY_AFD\0000                                        : AFD Networking Support Environment
ROOT\LEGACY_BEEP\0000                                       : Beep
ROOT\LEGACY_DMBOOT\0000                                     : dmboot
ROOT\LEGACY_DMLOAD\0000                                     : dmload
ROOT\LEGACY_FIPS\0000                                       : Fips
ROOT\LEGACY_GPC\0000                                        : Generic Packet Classifier
ROOT\LEGACY_IPSEC\0000                                      : ipsec
ROOT\LEGACY_KSECDD\0000                                     : ksecdd
ROOT\LEGACY_MNMDD\0000                                      : mnmdd
ROOT\LEGACY_MOUNTMGR\0000                                   : mountmgr
ROOT\LEGACY_NDIS\0000                                       : ndis
ROOT\LEGACY_NDISTAPI\0000                                   : Remote Access NDIS TAPI Driver
ROOT\LEGACY_NDISUIO\0000                                    : NDIS Usermode I/O Protocol
ROOT\LEGACY_NDPROXY\0000                                    : NDProxy
ROOT\LEGACY_NETBT\0000                                      : netbt
ROOT\LEGACY_NULL\0000                                       : Null
ROOT\LEGACY_PARTMGR\0000                                    : PartMgr
ROOT\LEGACY_PARVDM\0000                                     : ParVdm
ROOT\LEGACY_RASACD\0000                                     : Remote Access Auto Connection Driver
ROOT\LEGACY_RDPCDD\0000                                     : RDPCDD
ROOT\LEGACY_RDPWD\0000                                      : RDPWD
ROOT\LEGACY_TCPIP\0000                                      : tcpip
ROOT\LEGACY_TDPIPE\0000                                     : TDPIPE
ROOT\LEGACY_TDTCP\0000                                      : TDTCP
ROOT\LEGACY_VGASAVE\0000                                    : VgaSave
ROOT\LEGACY_VOLSNAP\0000                                    : VolSnap
ROOT\LEGACY_WANARP\0000                                     : Remote Access IP ARP Driver
27 matching device(s) found.

例 22: セットアップクラスですべてのデバイスを検索 (および検索する)Example 22: Find (and find all) devices in a setup class

次のコマンドは、 DevCon FindAll操作を使用して、コンピューター上のすべてのデバイスを Net setup クラスで検索します。The following command uses the DevCon FindAll operation to find all devices on the computer in the Net setup class. 等号 ( = ) は、NET が ID ではなくセットアップクラスであることを示します。The equal sign (=) indicates that Net is a setup class and not an ID.

devcon findall =net

応答として、[DevCon] には、Net setup クラスに次の7つのデバイスが一覧表示されます。In response, DevCon lists the following seven devices in the Net setup class. 最初の6つは標準のミニポートドライバーデバイスです。The first six are standard miniport driver devices. 7番目のデバイス (RAS 非同期アダプター) は、ソフトウェアで列挙されたデバイス (SW\*) であり、必要になるまでインストールされません。The seventh device, the RAS async adapter, is a software-enumerated device (SW\*) that is not installed until it is needed.

PCI\VEN_10B7&DEV_9200&SUBSYS_00BE1028&REV_78\4&BB7B4AE&0&60F0: 3Com 3C920 Integrated Fast
Ethernet Controller (3C905C-TX Compatible)
ROOT\MS_L2TPMINIPORT\0000                                   : WAN Miniport (L2TP)
ROOT\MS_NDISWANIP\0000                                      : WAN Miniport (IP)
ROOT\MS_PPPOEMINIPORT\0000                                  : WAN Miniport (PPPOE)
ROOT\MS_PPTPMINIPORT\0000                                   : WAN Miniport (PPTP)
ROOT\MS_PTIMINIPORT\0000                                    : Direct Parallel
SW\{EEAB7790-C514-11D1-B42B-00805FC1270E}\ASYNCMAC          : RAS Async Adapter
7 matching device(s) found.

次のコマンドは、以前のDevcon findallコマンドと同じパラメーターを使用して、 devcon find コマンドを実行して、 Devcon finddevcon findall操作を比較します。The following command compares the DevCon Find and DevCon FindAll operations by running a DevCon Find command with the same parameters as the previous DevCon FindAll command.

devcon find =net

応答として、[DevCon] には、Net setup クラスに次の6つのデバイスが一覧表示されます。In response, DevCon lists the following six devices in the Net setup class.

PCI\VEN_10B7&DEV_9200&SUBSYS_00BE1028&REV_78\4&BB7B4AE&0&60F0: 3Com 3C920 Integrated Fast
Ethernet Controller (3C905C-TX Compatible)
ROOT\MS_L2TPMINIPORT\0000                                   : WAN Miniport (L2TP)
ROOT\MS_NDISWANIP\0000                                      : WAN Miniport (IP)
ROOT\MS_PPPOEMINIPORT\0000                                  : WAN Miniport (PPPOE)
ROOT\MS_PPTPMINIPORT\0000                                   : WAN Miniport (PPTP)
ROOT\MS_PTIMINIPORT\0000                                    : Direct Parallel
6 matching device(s) found.

現在インストールされているデバイスのみを返すDevCon Findコマンドは、デバイスがインストールされていないため、ソフトウェアで列挙されたデバイスの一覧を表示しません。Predictably, the DevCon Find command, which returns only currently installed devices, does not list the software-enumerated device because the device is not installed.

例 23: セットアップクラスのフィルタードライバーを表示するExample 23: Display the filter drivers for a setup class

次のコマンドは、 DevCon ClassFilter操作を使用して、DiskDrive setup クラスの上位フィルタードライバーを表示します。The following command uses the DevCon ClassFilter operation to display the upper filter drivers for the DiskDrive setup class. このコマンドには classfilter 演算子が含まれていないため、DevCon にはクラスのフィルタードライバーが表示されますが、変更されることはありません。Because this command includes no classfilter operators, DevCon displays the filter drivers for the class, but does not change them.

devcon classfilter DiskDrive upper

これに対して、DevCon は DiskDrive クラスの上位フィルタードライバーを表示し、変更されていないことを確認します。In response, DevCon displays the upper filter drivers for the DiskDrive class and confirms that it did not change them. この場合、DiskDrive セットアップクラスのデバイスでは、PartMgr の上位フィルタードライバーが使用されていることが表示されます。In this case, the display shows that devices in the DiskDrive setup class use the PartMgr.sys upper filter driver.

Class filters unchanged.
    PartMgr

例 24: セットアップクラスにフィルタードライバーを追加するExample 24: Add a filter driver to a setup class

次のコマンドは、 DevCon classfilter操作を使用して、DiskDrive セットアップクラスの上位フィルタードライバーの一覧に架空のフィルター disklog を追加します。The following command uses the DevCon ClassFilter operation to add a fictitious filter, Disklog.sys, to the list of upper filter drivers for the DiskDrive setup class.

このコマンドは、add after ( + ) classfilter 演算子を使用して、partmgr ドライバーの後に disklog ドライバーを読み込み、partmgr が既に処理したデータを受信できるようにします。This command uses the add-after (+) ClassFilter operator to load the Disklog driver after the PartMgr driver so that it receives data that PartMgr.sys has already processed.

コマンドが開始されると、仮想カーソルは最初のフィルタードライバーの前に配置されます。When the command starts, the virtual cursor is positioned before the first filter driver. このファイルは特定のドライバーには配置されていないため、DevCon は、フィルタードライバーの一覧の末尾に Disklog ドライバーを追加します。Because it is not positioned on a particular driver, DevCon adds the Disklog driver to the end of the filter driver list.

このコマンドでは、 /rパラメーターも使用します。このパラメーターは、クラスフィルターの変更を有効にする必要がある場合にシステムを再起動します。The command also uses the /r parameter, which reboots the system if it is necessary to make the class filter change effective.

devcon /r classfilter DiskDrive upper +Disklog

応答として、DiskDrive クラスの現在の上位フィルタードライバーが表示されます。In response, DevCon displays the current upper filter drivers for the DiskDrive class.

Class filters changed. Class devices must be restarted for changes to take effect.
    PartMgr
    Disklog

ドライバー名のスペルを間違えた場合、またはシステムにインストールされていないドライバーを追加しようとした場合、コマンドは失敗します。If you misspell the driver name, or try to add a driver that isn't installed on the system, the command fails. DevCon では、ドライバーがサービスとして登録されている場合を除き、ドライバーが追加されません。ただし、ドライバーが Services レジストリサブキーにサブキーを持っている場合 (HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services)。DevCon does not add a driver unless the driver is registered as a service, that is, unless the driver has a subkey in the Services registry subkey (HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services).

次のコマンドは、この保護機能をテストします。The following command tests this safeguard feature. "Disklog" ではなく "Disklgg" を、DiskDrive クラスの上位フィルターの一覧に追加しようとします。It attempts to add "Disklgg" (instead of "Disklog") to the list of upper filters for the DiskDrive class. 出力は、コマンドが失敗したことを示しています。The output demonstrates that the command fails.

devcon /r classfilter DiskDrive upper +Disklgg
devcon failed.

例 25: クラスリストにフィルタードライバーを挿入するExample 25: Insert a filter driver in the class list

次のコマンドは、 DevCon classfilter操作を使用して、DiskDrive セットアップクラスの上位フィルタードライバーの一覧に架空のフィルタードライバー myfilter を追加します。The following command uses the DevCon ClassFilter operation to add a fictitious filter driver, MyFilter.sys, to the list of upper filter drivers for the DiskDrive setup class. コマンドは、の読み込み順序で、PartMgr と Disklog の間に MyFilter を配置します。The command places MyFilter.sys between PartMgr.sys and Disklog.sys in the load order.

devcon /r classfilter DiskDrive upper @Disklog -MyFilter

次の一覧は、コマンドが送信される前の DiskDrive クラスのフィルタードライバーを示しています。The following list shows the filter drivers for the DiskDrive class before the command is submitted.

    PartMgr
    Disklog

最初のサブコマンドである@Disklogは、配置演算子 ( @ ) を使用して、disklog フィルタードライバーに仮想カーソルを配置します。The first subcommand, @Disklog, uses the positioning operator (@) to place the virtual cursor on the Disklog filter driver. 2番目のサブコマンドである -myfilterは、前に追加する演算子 ( - ) を使用して、disklog. Sys の前に myfilter を追加します。The second subcommand, -MyFilter, uses the add-before operator (-) to add MyFilter.sys before Disklog.sys.

このコマンドでは、 /rパラメーターも使用します。このパラメーターは、クラスフィルターの変更を有効にする必要がある場合にシステムを再起動します。The command also uses the /r parameter, which reboots the system if it is necessary to make the class filter change effective.

この例では、配置演算子が不可欠です。The positioning operator is essential in this example. DevCon が classfilter サブコマンドを処理する前に、仮想カーソルはリストの先頭にあり、フィルタードライバーには配置されていません。Before DevCon processes any classfilter subcommands, the virtual cursor is at the beginning of the list and is not positioned on any filter drivers. カーソルがドライバーに配置されていないときに [before ( + )] 演算子を使用すると、そのドライバーが一覧の先頭に追加されます。If you use the add-before (+) operator when the cursor is not on positioned on a driver, DevCon adds the driver to the beginning of the list. カーソルがドライバーに配置されていないときに追加後 ( - ) 演算子を使用すると、ドライバーが一覧の末尾に追加されます。If you use the add-after (-) operator when the cursor is not positioned on a driver, it adds the driver to the end of the list.

応答として、DiskDrive クラスの現在の上位フィルタードライバーが表示されます。In response, DevCon displays the current upper filter drivers for the DiskDrive class.

Class filters changed. Class devices must be restarted for changes to take effect.
    PartMgr
    MyFilter
    Disklog

次のコマンドを使用して、MyFilter ドライバーを追加し、それを PartMgr と Disklog の間に配置することもできます。You can also use the following command to add the MyFilter driver and to place it between PartMgr and Disklog. この例では、最初のサブコマンドである@PartMgrは、仮想カーソルを partmgr フィルタードライバーに配置します。In this example, the first subcommand, @PartMgr, positions the virtual cursor on the PartMgr filter driver. 2番目のサブコマンドである + Myfilterは、後に追加演算子 (+) を使用して、partmgr の後に myfilter. sys を追加します。The second subcommand, +MyFilter, uses the add-after operator (+) to add MyFilter.sys after PartMgr.

devcon /r classfilter DiskDrive upper @PartMgr +MyFilter

例 26: フィルタードライバーを置き換えるExample 26: Replace a filter driver

次のコマンドでは、 DevCon ClassFilter操作を使用して、DiskDrive セットアップクラスのフィルタードライバーの一覧にある新しい改良されたバージョンの MyNewFilter を使用して、myfilter. sys の元のコピーを置き換えます。The following command uses the DevCon ClassFilter operation to replace the original copy of MyFilter.sys with a new and improved version, MyNewFilter.sys, in the list of filter drivers for the DiskDrive setup class.

devcon /r classfilter DiskDrive upper !MyFilter +MyNewFilter

次の一覧は、コマンドが送信される前の DiskDrive クラスのフィルタードライバーを示しています。The following list shows the filter drivers for the DiskDrive class before the command is submitted.

    PartMgr
    MyFilter
    Disklog

最初のサブコマンドは、delete 演算子 ( ! ) を使用して、DiskDrive クラスの上位フィルタードライバーの一覧から myfilter を削除します。The first subcommand uses the delete operator (!) to delete MyFilter from the list of upper filter drivers for the DiskDrive class. (C:\Windows\System32\Drivers ディレクトリの MyFilter .sys ファイルには影響しません)。(It does not affect the MyFilter.sys file in the C:\Windows\System32\Drivers directory.)

2番目のサブコマンドは、後に追加演算子 ( + ) を使用して、削除されたドライバーが占有する位置に新しいフィルタードライバーを配置します。The second subcommand uses the add-after operator (+) to place the new filter driver in the position that the deleted driver occupied. Delete 演算子は、削除されたフィルターが適用されている位置にカーソルを置いているので、[前へ] ( - ) と [後に追加] ( + ) の各演算子は同じ効果を持ちます)。Because the delete operator leaves the cursor in the position that the deleted filter occupied, the add-before (-) and add-after (+) operators have the same effect.)

このコマンドでは、 /rパラメーターも使用します。このパラメーターは、クラスフィルターの変更を有効にする必要がある場合にシステムを再起動します。The command also uses the /r parameter, which reboots the system if it is necessary to make the class filter change effective.

これに対して、DevCon は DiskDrive クラスの新しいクラスフィルター構成を表示します。In response, DevCon shows the new class filter configuration for the DiskDrive class.

Class filters changed. Class devices must be restarted for changes to take effect.
    PartMgr
    MyNewFilter
    Disklog

例 27: フィルタードライバーの順序を変更するExample 27: Change the order of filter drivers

次のコマンドでは、 DevCon ClassFilter操作を使用して、DiskDrive setup クラスのフィルタードライバーの順序を変更します。The following command uses the DevCon ClassFilter operation to change the order of filter drivers for the DiskDrive setup class. 具体的には、2番目と3番目のフィルタードライバーの順序を逆にします。Specifically, it reverses the order of the second and third filter drivers.

devcon /r classfilter DiskDrive upper !Disklog =@PartMgr +Disklog

次の一覧は、コマンドが送信される前の DiskDrive クラスのフィルタードライバーを示しています。The following list shows the filter drivers for the DiskDrive class before the command is submitted. また、コマンドの意図された結果も示します。It also shows the intended result of the command.

変更前Before クリック後After

PartMgrPartMgr

PartMgrPartMgr

MyNewFilterMyNewFilter

DisklogDisklog

DisklogDisklog

MyNewFilterMyNewFilter

最初のサブコマンドは、delete 演算子 ( !) を使用して、一覧から disklog を削除します。The first subcommand uses the delete operator (!) to delete Disklog from the list. 2番目のサブコマンドは、start 演算子 ( =) を使用して仮想カーソルを開始位置に戻し、配置演算子 ( @) を使用して partmgr ドライバーにカーソルを置きます。The second subcommand uses the start operator (=) to move the virtual cursor back to the starting position and then uses the positioning operator (@) to place the cursor on the PartMgr driver. 仮想カーソルはリスト内を前方にのみ移動するため、start 演算子が必要です。The start operator is necessary because the virtual cursor moves only forward through the list. 最後のサブコマンドは、後に追加演算子 ( +) を使用して、partmgr の後に disklog を追加します。The final subcommand uses the add-after operator (+) to add Disklog after PartMgr.

これに対して、DevCon は DiskDrive クラスの新しいクラスフィルター構成を表示します。In response, DevCon shows the new class filter configuration for the DiskDrive class.

Class filters changed. Class devices must be restarted for changes to take effect.
    PartMgr
    Disklog
    MyNewFilter

例 28: 特定のデバイスを有効にするExample 28: Enable a particular device

次のコマンドは、 DevCon Enable操作を使用して、システムの問題を修正するために無効になっているプログラム可能な割り込みコントローラーを有効にします。The following command uses the DevCon Enable operation to enable a programmable interrupt controller that had been disabled to correct a system problem. コントローラーのハードウェア ID *PNP0000 にはアスタリスクが含まれているため、コマンドは、単一引用符 ( ' ) を使用して、コマンドで指定されているとおりにハードウェア id を正確に検索するように DevCon に指示します。Because the controller hardware ID *PNP0000 includes an asterisk, the command uses the single quote character (') to direct DevCon to find the hardware ID precisely as it is specified in the command. それ以外の場合、アスタリスクはワイルドカード文字として解釈されます。Otherwise, the asterisk would be interpreted as a wildcard character.

devcon enable '*PNP0000

応答として、デバイスのデバイスインスタンス ID が表示され、デバイスを有効にするためにシステムを再起動する必要があることが示されます。In response, DevCon displays the device instance ID of the device and explains that you must reboot the system to enable the device.

ACPI\PNP0000\4&B4063F4&0                                    : Enabled on reboot
Not all of 1 device(s) enabled, at least one requires reboot to complete the operation.

システムを再起動するには、手動で行うか、またはDevCon Reboot操作を使用します。You can respond by rebooting the system, either manually, or by using the DevCon Reboot operation.

次のコマンドは、 /rパラメーターを前のコマンドに追加します。The following command adds the /r parameter to the previous command. /Rパラメーターを指定すると、操作を完了するために再起動が必要な場合にのみ、システムが再起動されます。The /r parameter reboots the system only if rebooting is required to complete an operation.

devcon /r enable '*PNP0000

これに対して、DevCon はデバイスを有効にし、システムを再起動して有効にします。In response, DevCon enables the device and then reboots the system to make the enabling effective.

システムが起動したら、DevCon status コマンドを使用して、デバイスが有効になっていることを確認します。When the system starts, use a DevCon status command to confirm that the device is enabled.

devcon status '*PNP0000

ACPI\PNP0000\4&B4063F4&0
    Name: Programmable interrupt controller
    Driver is running.

例 29: クラスによってデバイスを有効にするExample 29: Enable devices by class

次のコマンドは、 DevCon Enableコマンドで printer setup クラスを指定することにより、コンピューター上のすべてのプリンターデバイスを有効にします。The following command enables all printer devices on the computer by specifying the Printer setup class in a DevCon Enable command. このコマンドには、有効にする必要がある場合にシステムを再起動する /rパラメーターが含まれています。The command includes the /r parameter, which reboots the system if it is necessary to make the enabling effective.

devcon /r enable =Printer

応答として、DevCon はプリンタクラスにあるプリンタのデバイスインスタンス ID を表示し、有効になっていることを報告します。In response, DevCon displays the device instance ID of the printer that it found in the Printer class and reports that it is enabled. コマンドに /rパラメーターが含まれていても、プリンターを有効にするために再起動が必要ないため、システムは再起動されませんでした。Although the command included the /r parameter, the system did not reboot because a reboot was not required to enable the printer.

LPTENUM\HEWLETT-PACKARDDESKJET_1120C\1&7530F08&0&LPT1.4        : Enabled
1 device(s) enabled.

例 30: デバイスを ID パターンで無効にするExample 30: Disable devices by an ID pattern

次のコマンドは、 DevCon disable操作を使用して、ローカルコンピューター上の USB デバイスを無効にします。The following command uses the DevCon Disable operation to disable the USB devices on the local computer. デバイスは、ハードウェア ID パターン (USB*) によって識別されます。It identifies the devices by a hardware ID pattern (USB*). このパターンは、ハードウェア ID または互換性のある ID が "USB" で始まる任意のデバイスと一致します。This pattern will match any device whose hardware ID or compatible ID begins with "USB." コマンドには、 /rパラメーターが含まれています。このパラメーターは、無効化を有効にする必要がある場合にシステムを再起動します。The command includes the /r parameter, which reboots the system if it is necessary to make the disabling effective.

メモ デバイスを無効にするために ID パターンを使用する前に、影響を受けるデバイスを決定します。Note Before using an ID pattern to disable a device, determine which devices will be affected. これを行うには、 devcon STATUS USB\ * または * * DEVCON hwids USB\* * * のように、表示コマンドでパターンを使用します。To do so, use the pattern in a display command, such as devcon status USB\* or **devcon hwids USB\***.

devcon /r disable USB*

応答として、[DevCon] には、USB デバイスのデバイスインスタンス Id と、無効になっているレポートが表示されます。In response, DevCon displays the device instance IDs of the USB devices and reports that they are disabled. コマンドに /rパラメーターが含まれていても、デバイスを無効にするために再起動が必要ないため、システムは再起動されませんでした。Although the command included the /r parameter, the system did not reboot because a reboot was not required to disable the devices.

USB\ROOT_HUB\4&2A40B465&0
: Disabled
USB\ROOT_HUB\4&7EFA360&0
: Disabled
USB\VID_045E&PID_0039\5&29F428A4&0&2
: Disabled
3 device(s) disabled.

例 31: デバイスインスタンス ID でデバイスを無効にするExample 31: Disable devices by device instance ID

次のコマンドは、 DevCon disable操作を使用して、ローカルコンピューター上の USB デバイスを無効にします。The following command uses the DevCon Disable operation to disable the USB devices on the local computer. このコマンドは、各 ID の前にある at 文字 ( @ ) で示されているように、デバイスのインスタンス id でデバイスを識別します。This command identifies the devices by their device instance IDs as indicated by the at character (@) that precedes each ID. 各デバイスインスタンス ID は、スペースで区別されます。Each device instance ID is separated from the others by a space.

また、デバイスインスタンス Id にはアンパサンド文字 ( & ) が含まれるため、引用符で囲まれています。Also, because the device instance IDs include the ampersand character (&), they are enclosed in quotation marks. コマンドには、 /rパラメーターが含まれています。このパラメーターは、無効化を有効にする必要がある場合にシステムを再起動します。The command includes the /r parameter, which reboots the system if it is necessary to make the disabling effective.

devcon /r disable "@USB\ROOT_HUB\4&2A40B465&0" "@USB\ROOT_HUB\4&7EFA360&0" "@USB\VID_045E&PID_0039\5&29F428A4&0&2"

応答として、[DevCon] には、USB デバイスのデバイスインスタンス Id と、無効になっているレポートが表示されます。In response, DevCon displays the device instance IDs of the USB devices and reports that they are disabled. コマンドに /rパラメーターが含まれていても、デバイスを無効にするために再起動が必要ないため、システムは再起動されませんでした。Although the command included the /r parameter, the system did not reboot because a reboot was not required to disable the devices.

USB\ROOT_HUB\4&2A40B465&0
: Disabled
USB\ROOT_HUB\4&7EFA360&0
: Disabled
USB\VID_045E&PID_0039\5&29F428A4&0&2
: Disabled
3 device(s) disabled.

例 32: 通信ポートのドライバーを更新するExample 32: Update the driver for communication ports

次のコマンドは、 DevCon 更新操作を使用して、システム上の通信ポートの現在のデバイスドライバーを、テスト用の .inf ファイルで指定されたテストドライバーと置き換えます。The following command uses the DevCon Update operation to replace the current device driver for communication ports on the system with a test driver specified in the test.inf file. このコマンドは、ハードウェア ID 全体が *PNP0501 (アスタリスクを含む) であるデバイスにのみ影響します。The command affects only devices whose entire hardware ID is *PNP0501 (including the asterisk).

このコマンドを使用すると、システム上の署名されたドライバーをテストやトラブルシューティングのための代替ドライバーに置き換えたり、デバイスを同じドライバーの最新バージョンに関連付けたりすることができます。You can use this command to replace signed drivers on the system with alternate drivers for testing or troubleshooting, or to associate the devices with the newest version of the same drivers.

devcon update c:\windows\inf\test.inf *PNP0501

応答として、ドライバーが Windows ロゴテストに合格していないことを示すハードウェアインストールの警告が表示されます。In response, DevCon displays a Hardware Installation warning explaining that the driver has not passed Windows Logo testing. ダイアログボックスの [続行] ボタンをクリックすると、インストールが続行されます。If you click the Continue Anyway button on the dialog box, the installation continues.

次に、[DevCon] で次の成功メッセージが表示されます。Then, DevCon displays the following success message.

Updating drivers for *PNP0501 from c:\windows\inf\test.inf.
Drivers updated successfully.

また、devcon UpdateNI操作 ( devcon 更新操作の非対話型バージョン) を使用してドライバーを更新することもできます。You can also use the DevCon UpdateNI operation, the noninteractive version of the DevCon Update operation, to update drivers. Devcon UpdateNI操作はdevcon Update操作と同じですが、応答を必要とし、プロンプトに対する既定の応答を想定しているすべてのユーザープロンプトが抑制される点が異なります。The DevCon UpdateNI operation is identical to the DevCon Update operation except that it suppresses all user prompts that require a response and assumes the default response to the prompt.

次のコマンドは、 DevCon UpdateNI操作を使用して、テストドライバーをインストールします。The following command uses the DevCon UpdateNI operation to install the test driver.

devcon updateni c:\windows\inf\test.inf *PNP0501

この場合、DevCon ではハードウェアのインストールの警告は表示されません。In this case, DevCon does not display the Hardware Installation warning. 代わりに、既定の応答である [インストールの停止] を前提としています。Instead, it assumes the default response, Stop Installation. その結果、DevCon はドライバーを更新できず、エラーメッセージが表示されます。As a result, DevCon cannot update the drivers and displays a failure message.

Updating drivers for *PNP0501 from c:\windows\inf\test.inf.
devcon failed.

例 33: デバイスをインストールするExample 33: Install a device

次のコマンドは、 DevCon インストール操作を使用して、ローカルコンピューターにキーボードデバイスをインストールします。The following command uses the DevCon Install operation to install a keyboard device on the local computer. このコマンドには、デバイス (PNP030b) の INF ファイルへの完全なパスと、ハードウェア ID (*) が含まれています。The command includes the full path to the INF file for the device (keyboard.inf) and a hardware ID (*PNP030b).

devcon /r install c:\windows\inf\keyboard.inf *PNP030b

これに対して、DevCon は、デバイスがインストールされていることを報告します。つまり、新しいデバイス用のデバイスノードが作成され、デバイスのドライバーファイルが更新されています。In response, DevCon reports that it has installed the device, that is, it has created a device node for the new device and updated the driver files for the device.

Device node created. Install is complete when drivers files are updated...
Updating drivers for *PNPO30b from c:\windows\inf\keyboard.inf
Drivers updated successfully.

例 34: 無人セットアップを使用してデバイスをインストールするExample 34: Install a device using unattended setup

次の例は、Microsoft Windows XP の無人インストール中に Microsoft Loopback Adapter をインストールする方法を示しています。The following example shows how to install the Microsoft Loopback Adapter during an unattended installation of Microsoft Windows XP.

無人セットアップ中にこのデバイスをインストールするには、まず、次のファイルをフロッピーディスクに追加します。例: devcon と netloop (C:\Windows\inf\netloop. .inf)。To install this device during an unattended setup, begin by adding the following files to a floppy disk: devcon.exe and netloop.inf (C:\Windows\inf\netloop.inf).

次に、無人セットアップファイルの [GUIRunOnce] セクションに、次の DevCon コマンドを追加します。Then, to the [GUIRunOnce] section of the unattended setup file, add the following DevCon command:

a:\devcon /r install a:\Netloop.inf '*MSLOOP

このコマンドは、ハードウェア ID (*MSLOOP) を使用して、ループバックアダプターを識別します。This command identifies the loopback adapter by using its hardware ID, *MSLOOP. "*MSLOOP" の前にある一重引用符文字は、文字列を文字どおりに解釈するように DevCon に指示します。つまり、ワイルドカード文字としてではなく、ハードウェア ID の一部としてアスタリスクを解釈します。The single quote character preceding "*MSLOOP" tells DevCon to interpret the string literally, that is, to interpret the asterisk as part of the hardware ID, not as a wildcard character.

また、このコマンドは、インストール時に、DevCon が Netloop .inf ファイル (フロッピーディスク上) を使用することも指定します。The command also specifies that DevCon use the Netloop.inf file (on the floppy disk) in the installation. /Rパラメーターを指定すると、インストールを完了するために再起動が必要な場合にのみ、コンピューターが再起動されます。The /r parameter reboots the computer only if a reboot is necessary to complete the installation.

最後に、ネットワーク構成設定を無人セットアップファイルに追加し、無人セットアップを実行します。Finally, add network configuration settings to the unattended setup file and run the unattended setup.

例 35: デバイスインスタンス ID パターン別にデバイスを削除するExample 35: Remove devices by device instance ID pattern

次のコマンドは、 DevCon remove操作を使用して、コンピューターからすべての USB デバイスを削除します。The following command uses the DevCon Remove operation to remove all USB devices from the computer. デバイスは、"USB\" 文字列で始まる任意のデバイスインスタンス ID (レジストリパス) に一致するデバイスインスタンス ID パターンによって識別されます。It identifies the devices by a device instance ID pattern that matches any device instance ID (registry path) that begins with the "USB\" string. At 文字 ( @ ) は、デバイスインスタンス ID をハードウェア id または互換性 id と区別します。The at character (@) distinguishes the device instance ID from a hardware ID or compatible ID. このコマンドには、削除プロシージャを有効にする必要がある場合にシステムを再起動する /rパラメーターも含まれています。The command also includes the /r parameter that reboots the system if it is required to make the remove procedure effective.

警告 パターンを使用してデバイスを削除する前に、影響を受けているデバイスを特定します。Warning Before removing any devices by using a pattern, determine which devices are affected. これを行うには、表示コマンドでパターンを使用します。たとえば、devcon status @usb\\\ * または devcon hwids @usb\\\ * のようにします。To do so, use the pattern in a display command, such as devcon status @usb\\\* or devcon hwids @usb\\\*.

devcon /r remove @usb\*

応答として、[DevCon] は、削除したデバイスのデバイスインスタンス ID を表示します。In response, DevCon displays the device instance ID of the devices that it removed.

USB\ROOT_HUB\4&2A40B465&0                             : Removed
USB\ROOT_HUB\4&7EFA360&0                              : Removed
USB\VID_045E&PID_0039\5&29F428A4&0&2                  : Removed
3 device(s) removed.

例 36: 特定のネットワークデバイスを削除するExample 36: Remove a particular network device

次のコマンドは、 DevCon Remove操作を使用して、ローカルコンピューターから NDISWAN ミニポートドライバーをアンインストールします。The following command uses the DevCon Remove operation to uninstall the NDISWAN miniport driver from the local computer. このコマンドは、Net クラスを指定し、ハードウェア ID または互換性のある ID に "ndiswan" が含まれるクラスのデバイスを指定することによって検索を調整します。The command specifies the Net class and then refines the search by specifying devices in the class whose hardware ID or compatible ID include "ndiswan." このコマンドには、 /rパラメーターも含まれています。このパラメーターは、削除の手順を有効にするために再起動が必要な場合にシステムを再起動します。The command also includes the /r parameter, which reboots the system if rebooting is required to make the remove procedure effective.

警告 パターンを使用してデバイスを削除する前に、影響を受けるデバイスを決定します。Warning Before removing any devices by using a pattern, determine which devices will be affected. これを行うには、表示コマンドでこのパターンを使用します。たとえば、 devcon status = net *ndiswan\ * または * * devcon hwids = net *ndiswan\* * * のようにします。To do so, use the pattern in a display command, such as devcon status =net *ndiswan\* or **devcon hwids =net *ndiswan\***.

devcon /r remove =net *ndiswan*

応答として、[DevCon] には、削除したデバイスのデバイスインスタンス ID が表示されます。In response, DevCon displays the device instance ID of the device that it removed.

ROOT\MS_NDISWANIP\0000 : Removed 1 device(s) removed.

例 37: 新しいデバイスのコンピューターをスキャンするExample 37: Scan the computer for new devices

次のコマンドは、 DevCon 再スキャン操作を使用して、ローカルコンピューターで新しいデバイスをスキャンします。The following command use the DevCon Rescan operation to scan the local computer for new devices.

devcon rescan

応答として、DevCon はシステムをスキャンしたが、新しいデバイスが検出されなかったことを報告します。In response, DevCon reports that it scanned the system but found no new devices.

Scanning for new hardware.
Scanning completed.

また、リモートコンピューターでは、 DevCon 再スキャンコマンドを使用することもできます。You can also use a DevCon Rescan command on a remote computer. 次のコマンドは、コマンドに /mパラメーターを追加することによって、リモートコンピューター Server01 のDevCon 再スキャン操作を実行します。The following command runs the DevCon Rescan operation on Server01, a remote computer, by adding the /m parameter to the command.

devcon /m:\\server01 rescan

例 38: デバイスを再起動するExample 38: Restart a device

次のコマンドは、 DevCon restart操作を使用して、ローカルコンピューター上のループバックアダプターを再起動します。The following command uses the DevCon Restart operation to restart the loopback adapter on the local computer. このコマンドは、検索を Net setup クラスに限定し、そのクラス内で、ループバックアダプタ、ルート\*MSLOOP\0000のデバイスインスタンス ID を指定します。The command limits the search to the Net setup class and, within that class, specifies the device instance ID of the loopback adapter, ROOT\*MSLOOP\0000. At 文字 ( @ ) は、デバイスインスタンス ID として文字列を識別します。The at character (@) identifies the string as an device instance ID. 単一引用符文字 ( ' ) は、リテラル検索を要求します。これにより、DEVCON は ID のアスタリスクをワイルドカード文字として解釈できなくなります。The single quote character ('), which requests a literal search, prevents DevCon from interpreting the asterisk in the ID as a wildcard character.

devcon restart =net @'ROOT\*MSLOOP\0000

応答として、デバイスのデバイスインスタンス ID を表示し、結果を報告します。In response, DevCon displays the device instance ID of the device and reports the result.

ROOT\*MSLOOP\0000                                              : Restarted
1 device(s) restarted.

例 39: ローカルコンピューターを再起動するExample 39: Reboot the local computer

次のコマンドは、 DevCon reboot操作を使用して、ローカルコンピューター上のオペレーティングシステムを再起動し、再起動をハードウェアインストールに関連付けます。The following command uses the DevCon Reboot operation to reboot the operating system on the local computer and to associate the reboot with a hardware installation. /Rパラメーターとは異なり、 DevCon の再起動操作は、別の操作からのリターンコードに依存しません。Unlike the /r parameter, the DevCon Reboot operation does not depend on the return code from another operation.

このコマンドは、システムを再起動する必要があるスクリプトおよびバッチファイルに含めることができます。You can include this command in scripts and batch files that require the system to reboot.

devcon reboot

応答として、DevCon はコンピューターを再起動している (ローカルコンピューターを再起動している) ことを示すメッセージを表示します。In response, DevCon displays a message indicating that it is restarting the computer (Rebooting local machine).

DevCon は、標準のExitWindowsEx関数を使用して再起動します。DevCon uses the standard ExitWindowsEx function to reboot. ユーザーがコンピューター上のファイルを開いている場合、またはプログラムが終了しない場合、ユーザーがファイルを閉じるかプロセスを終了するためにシステムプロンプトに応答するまで、システムは再起動されません。If the user has open files on the computer or a program will not close, the system does not reboot until the user has responded to system prompts to close the files or end the process.

例 40: レガシデバイスにハードウェア ID を割り当てるExample 40: Assign a hardware ID to a legacy device

次のコマンドでは、 DevCon SetHwID操作を使用して、ハードウェア ID、ビープ音をレガシビープ音デバイスに割り当てています。The following command uses the DevCon SetHwID operation to assign the hardware ID, beep, to the legacy beep device.

このコマンドでは、デバイスのデバイスインスタンス ID、ルート\レガシ_ビープ音\0000 を使用します。これは、ビープ音のレガシデバイスにハードウェア Id も互換性 Id もないためです。The command uses the device instance ID of the device, ROOT\LEGACY_BEEP\0000, because the beep legacy device has no hardware IDs or compatible IDs. この例では、at 文字 ( @ ) を使用して、文字列がデバイスインスタンス ID であることを示しています。It uses the at character (@) to indicate that the string is a device instance ID.

このコマンドでは、シンボルパラメーターを使用して ID を配置することはありません。The command does not use any symbol parameters to position the ID. 既定では、[DevCon] はハードウェア ID リストの末尾に新しいハードウェア Id を追加します。By default, DevCon adds new hardware IDs to the end of a hardware ID list. この場合、デバイスには他のハードウェア Id がないため、配置は関係ありません。In this case, because the device has no other hardware IDs, placement is irrelevant.

devcon sethwid @ROOT\LEGACY_BEEP\0000 := beep

応答として、デバイスのハードウェア ID の一覧にビープ音が追加されたことを示すメッセージが表示されます。In response, DevCon displays a message indicating that it is added beep to the hardware ID list for the device. また、結果として得られるハードウェア ID の一覧も表示されます。It also displays the resulting hardware ID list. この場合、一覧にはハードウェア ID が1つだけあります。In this case, there is only one hardware ID in the list.

ROOT\LEGACY_BEEP\0000                              : beep
Modified 1 hardware ID(s).

例 41: リモートコンピューター上のすべてのレガシデバイスにハードウェア ID を追加するExample 41: Add a hardware ID to all legacy devices on a remote computer

次のコマンドは、 DevCon SetHwID操作を使用して、Server1 リモートコンピューター上のすべてのレガシデバイスのハードウェア id の一覧に、ハードウェア id (レガシ) を追加します。The following command uses the DevCon SetHwID operation to add the hardware ID, legacy, to the list of hardware IDs for all legacy devices on the Server1 remote computer.

このコマンドは、 - symbol パラメーターを使用して、デバイスのハードウェア id リストの末尾に新しいハードウェア id を追加します。これは、デバイスの1つに優先ハードウェア id が作成された場合に当てはまります。The command uses the - symbol parameter to add the new hardware ID to the end of the hardware ID list for the device, in case a preferred hardware ID has been created for one of the devices. /Mパラメーターを使用して、リモートコンピューターを指定します。It uses the /m parameter to specify the remote computer. また、デバイスインスタンス id パターン @ROOT\\レガシ\ を使用して、コンピューター上のレガシデバイスを識別します。つまり、デバイスインスタンス id が *ROOT\legacyで始まるすべてのデバイスを識別します。It also uses a device instance ID pattern, @ROOT\\LEGACY\, to identify the legacy devices on the computer, that is, all devices whose device instance ID begins with *ROOT\LEGACY.

devcon /m:\\Server1 sethwid @ROOT\LEGACY* := -legacy

応答として、該当するすべてのデバイスについて、結果として得られるハードウェア ID の一覧が表示されます。In response, DevCon displays the resulting hardware ID lists for all affected devices.

ROOT\LEGACY_AFD\0000                                        : legacy
ROOT\LEGACY_BEEP\0000                                    : beep,legacy
ROOT\LEGACY_CRCDISK\0000                                    : legacy
ROOT\LEGACY_DMBOOT\0000                                     : legacy
ROOT\LEGACY_DMLOAD\0000                                     : legacy
ROOT\LEGACY_FIPS\0000                                       : legacy
...
ROOT\LEGACY_WANARP\0000                                     : legacy
Modified 27 hardware ID(s).

同じハードウェア ID をデバイスのグループに割り当てた後、他の DevCon 操作を使用して、1つのコマンドでデバイスを表示および変更できます。After you assign the same hardware ID to a group of devices, you can use the other DevCon operations to view and change the devices in a single command.

たとえば、次のコマンドは、すべてのレガシデバイスの状態を表示します。For example, the following command displays the status of all legacy devices.

devcon status legacy

例 42: リモートコンピューター上のすべてのレガシデバイスからハードウェア ID を削除するExample 42: Delete a hardware ID from all legacy devices on a remote computer

次のコマンドは、 DevCon SetHwID操作を使用して、Server1 リモートコンピューター上のすべてのレガシデバイスのハードウェア id の一覧から、ハードウェア id (レガシ) を削除します。The following command uses the DevCon SetHwID operation to delete the hardware ID, legacy, from the list of hardware IDs for all legacy devices on the Server1 remote computer.

このコマンドは、 /mパラメーターを使用してリモートコンピューターを指定します。The command uses the /m parameter to specify the remote computer. ハードウェア ID (レガシ) を使用して、そのハードウェア id を持つすべてのデバイスを識別します。It uses the hardware ID, legacy, to identify all devices that have that hardware ID. 次に、を使用します Then, it uses the ! レガシハードウェア ID を削除するシンボルパラメーター。symbol parameter to delete the legacy hardware ID.

devcon /m:\\Server1 sethwid legacy := !legacy

応答として、該当するすべてのデバイスについて、結果として得られるハードウェア ID の一覧が表示されます。In response, DevCon displays the resulting hardware ID lists for all affected devices.

ROOT\LEGACY_AFD\0000                                        :
ROOT\LEGACY_BEEP\0000                                    : beep
ROOT\LEGACY_CRCDISK\0000                                    :
ROOT\LEGACY_DMBOOT\0000                                     :
ROOT\LEGACY_DMLOAD\0000                                     :
ROOT\LEGACY_FIPS\0000                                       :
...
ROOT\LEGACY_WANARP\0000                                     :
Modified 27 hardware ID(s).

例 43: ハードウェア Id を追加、削除、交換するExample 43: Add, delete, and replace hardware IDs

次の一連の例は、 DevCon SetHwID操作のさまざまな機能を使用する方法を示しています。The following series of examples shows how to use the varied features of the DevCon SetHwID operation.

このシリーズでは、デバイスインスタンス ID、ルート\devicex\0000を使用して、架空のデバイスである devicex を使用します。This series uses a fictitious device, DeviceX, with the device instance ID, ROOT\DeviceX\0000. DevCon を使用する前に、デバイスには次のハードウェア Id の一覧があります。Before using DevCon, the device had the following list of hardware IDs:

Hw3 Hw4

次のコマンドは、 + 記号を使用して、 Hw1Hw2を devicex のハードウェア id の一覧の先頭に追加します。The following command uses the + symbol to add Hw1 and Hw2 to the beginning of a list of hardware IDs for DeviceX. Hw2は既に一覧に表示されているため、移動され、追加されることはありません。Because Hw2 already appears in the list, it is moved, not added. このコマンドは、デバイスインスタンス ID でデバイスを識別します。これは、ID の前のアット文字 ( @ ) で示されます。The command identifies the device by its device instance ID, as indicated by the at character (@) preceding the ID.

devcon sethwid @ROOT\DEVICEX\0000 := +Hw1 Hw2

応答として、デバイスの新しいハードウェア ID の一覧が表示されます。In response, DevCon displays the new hardware ID list for the device. Hw1Hw2は、指定された順序でリストの先頭に表示されることに注意してください。Note that Hw1 and Hw2 appear at the beginning of the list in the specified order.

ROOT\DEVICEX\0000                         : Hw1,Hw2,Hw3,Hw4
Modified 1 hardware ID(s).

また、DevCon は、1つのハードウェア ID リスト、つまり1つのデバイスのハードウェア ID リストを変更したことを報告します。Also, DevCon reports that it modified one hardware ID list, that is, the hardware ID list of one device.

次のコマンドは、を使用します The following command uses the ! Hw1ハードウェア ID を削除するためのシンボル。symbol to delete the Hw1 hardware ID. 次に、シンボルパラメーターを指定せずに、ハードウェア ID Hw5を一覧表示します。It then lists the hardware ID, Hw5, without a symbol parameter. シンボルパラメーターを指定しない場合、SetHwID は、デバイスのハードウェア ID リストの末尾にハードウェア ID を追加します。Without symbol parameters, SetHwID adds the hardware ID to the end of the hardware ID list for the device.

このコマンドは、 DevCon SetHwID操作の他のシンボルパラメーターとは異なり、 !This command demonstrates that, unlike the other symbol parameters for the DevCon SetHwID operation, the ! シンボルは、そのプレフィックスとなるハードウェア ID にのみ適用されます。symbol applies only to the hardware ID that it prefixes.

devcon sethwid @ROOT\DeviceX\0000 := !Hw1 Hw5

応答として、[DevCon] のハードウェア ID の一覧が表示されます。In response, DevCon displays the resulting hardware ID list for DeviceX.

ROOT\DEVICEX\0000                         : Hw2,Hw3,Hw4,Hw5
Modified 1 hardware ID(s).

次のコマンドは、= パラメーターを使用して、リスト内のすべてのハードウェア id を、DeviceX の1つのハードウェア ID Devxに置き換えます。The following command uses the = parameter to replace all hardware IDs in the list for DeviceX with a single hardware ID, DevX.

devcon sethwid @ROOT\DeviceX\0000 := =DevX

応答として、[DevCon] のハードウェア ID の一覧が表示されます。In response, DevCon displays the resulting hardware ID list for DeviceX.

ROOT\DEVICEX\0000                         : DevX
Modified 1 hardware ID(s).

成功メッセージは、1つのデバイスのハードウェア ID が DevCon によって変更されたことを示します。The success message indicates that DevCon modified the hardware ID of one device.

例 44: HAL を強制的に更新するExample 44: Forcibly update the HAL

次の例は、DevCon を使用してコンピューター上の HAL を更新する方法を示しています。The following example shows how to use DevCon to update the HAL on the computer. この例で、テスト担当者は、コンピューターに最適なユニプロセッサ APCI APIC HAL を、テスト目的でマルチプロセッサ APCI APIC HAL に置き換えます。In this example, a tester wants to replace the uniprocessor APCI APIC HAL that is best suited to the computer with a multiprocessor APCI APIC HAL for testing purposes.

最初のコマンドは、 DevCon SetHwID操作を使用して、HAL のハードウェア id をacpiapic_up、ユニプロセッサ hal のハードウェア id をacpiapic_mp(マルチプロセッサ hal のハードウェア id) に変更します。The first command uses the DevCon SetHwID operation to change the hardware ID of the HAL from acpiapic_up, the hardware ID for uniprocessor HALs, to acpiapic_mp, the hardware ID for multiprocessor HALs.

HAL の INF ファイルには、ユニプロセッサとマルチプロセッサの両方の Hal のドライバーが含まれているため、ハードウェア ID を変更する必要があります。You must change the hardware ID because the INF file for the HAL includes drivers for both uniprocessor and multiprocessor HALs. システムは、デバイスのハードウェア ID に基づいて、INF ファイルから最適なドライバーを選択します。The system selects the most appropriate driver from the INF file based on the hardware ID of the device. ハードウェア ID を変更しない場合、 DevCon Updateコマンドは単にユニプロセッサ HAL ドライバーを再インストールします。If you do not change the hardware ID, then the DevCon Update command would simply reinstall the uniprocessor HAL driver.

次のコマンドでは、ID の前の @ 文字で示されているように、コマンドは、インスタンス Id、ルート\ACPI_hal\0000で hal を識別します。In the following command, the command identifies the HAL by its instance ID, ROOT\ACPI_HAL\0000, as indicated by the @ character preceding the ID. このコマンドは、 + 文字を使用して、HAL の一覧の最初のハードウェア ID をmp_acpiapicします。The command uses the + character to make acpiapic_mp the first hardware ID in the list for the HAL. 次に、を使用します Then, it uses the ! acpiapic を削除する文字。 HAL の Id の一覧から _ します。character to delete the acpiapic_up hardware ID from the list of IDs for the HAL.

devcon sethwid @ROOT\ACPI_HAL\0000 := +acpiapic_mp !acpiapic_up

応答として、[DevCon] には、HAL の次の新しいハードウェア ID の一覧が表示されます。In response, DevCon displays the following new hardware ID list for the HAL.

ROOT\ACPI_HAL\0000                         : acpiapic_mp
Modified 1 hardware ID(s).

次のコマンドは、 DevCon 更新操作を使用して、HAL のドライバーを更新します。The following command uses the DevCon Update operation to update the driver for the HAL.

devcon update c:\windows\inf\hal.inf acpiapic_mp

次に、[DevCon] で次の成功メッセージが表示されます。Then, DevCon displays the following success message.

Updating drivers for acpiapic_mp from c:\windows\inf\hal.inf.
Drivers updated successfully.