デバッグ メッセージの読み取りとフィルター処理Reading and Filtering Debugging Messages

Dbgprintexvdbgprintexvdbgprintexwithprefix、およびKdPrintExルーチンは、指定された条件下でカーネルデバッガーにメッセージを送信します。The DbgPrintEx, vDbgPrintEx, vDbgPrintExWithPrefix, and KdPrintEx routines send a message to the kernel debugger under conditions that you specify. この手順では、優先度の低いメッセージを除外できます。This procedure enables you to filter out low-priority messages.

   Microsoft windows Server 2003 以前のバージョンの windows では、 DbgprintルーチンとKdPrintルーチンは、メッセージを無条件にカーネルデバッガーに送信します。Note   In Microsoft Windows Server 2003 and earlier versions of Windows, the DbgPrint and KdPrint routines send messages to the kernel debugger unconditionally. Windows Vista 以降のバージョンの Windows では、これらのルーチンは、 DbgprintexKdPrintExなどの条件に応じてメッセージを送信します。In Windows Vista and later versions of Windows, these routines send messages conditionally, like DbgPrintEx and KdPrintEx. どちらのバージョンの Windows を使用している場合でも、 Dbgprintexvdbgprintexvdbgprintexwithprefix、およびKdPrintExを使用する必要があります。これらのルーチンを使用すると、メッセージが送信される条件を制御できます。Whichever version of Windows you are using, you should use DbgPrintEx, vDbgPrintEx, vDbgPrintExWithPrefix, and KdPrintEx, because these routines enable you to control the conditions under which the message is sent.

デバッグメッセージをフィルター処理するにはTo filter debugging messages

  1. デバッガーに送信するメッセージごとに、ドライバーのコードでDbgprintexvdbgprintexvdbgprintexwithprefix、またはKdPrintExを使用します。For each message that you want to send to the debugger, use DbgPrintEx, vDbgPrintEx, vDbgPrintExWithPrefix, or KdPrintEx in your driver's code. 適切なコンポーネント名をComponentIdパラメーターに渡し、このメッセージの重大度または性質を反映するレベルパラメーターに値を渡します。Pass the appropriate component name to the ComponentId parameter, and pass a value to the Level parameter that reflects the severity or nature of this message. メッセージ自体は、 printfと同じ構文を使用して、 Formatパラメーターとargumentsパラメーターに渡されます。The message itself is passed to the Format and arguments parameters by using the same syntax as printf.

  2. 適切なコンポーネントフィルターマスクの値を設定します。Set the value of the appropriate component filter mask. 各コンポーネントには異なるマスクがあります。Each component has a different mask. マスクの値は、そのコンポーネントのメッセージのうち、どれが表示されるかを示します。The mask value indicates which of that component's messages are displayed. レジストリエディターを使用して、またはメモリ内でカーネルデバッガーを使用して、コンポーネントフィルターマスクを設定できます。You can set the component filter mask in the registry by using a registry editor or in memory by using a kernel debugger.

  3. コンピューターにカーネルデバッガーをアタッチします。Attach a kernel debugger to the computer. ドライバーがDbgprintexvdbgprintexvdbgprintexwithprefix、またはKdPrintExにメッセージを渡すたびに、 ComponentIdLevelに渡される値は、の値と比較されます。対応するコンポーネントフィルターマスク。Every time that your driver passes a message to DbgPrintEx, vDbgPrintEx, vDbgPrintExWithPrefix, or KdPrintEx, the values that are passed to ComponentId and Level are compared with the value of the corresponding component filter mask. これらの値が特定の条件を満たしている場合、メッセージはカーネルデバッガーに送信されて表示されます。If these values satisfy certain criteria, the message are sent to the kernel debugger and displayed. それ以外の場合、メッセージは送信されません。Otherwise, no message is sent.

詳細については、次のセクションを参照してください。For a full explanation, see the following section.

このページでは、 Dbgprintexへのすべての参照が、 KdPrintExVdbgprintex、およびvdbgprintexwithprefixにも同様に適用されることに  注意してください。Note   All references on this page to DbgPrintEx apply equally to KdPrintEx, vDbgPrintEx, and vDbgPrintExWithPrefix.

コンポーネント名の識別Identifying the Component Name

各コンポーネントには、個別のフィルターマスクがあります。Each component has a separate filter mask. このマスクを使用すると、デバッガーは各コンポーネントのフィルターを個別に構成できます。This mask enables the debugger to configure the filter for each component separately.

各コンポーネントは、コンテキストに応じてさまざまな方法で参照されます。Each component is referred to in different ways, depending on the context. DbgprintexComponentIdパラメーターでは、コンポーネント名の先頭に "DPFLTR_" と "_ID" が付加されます。In the ComponentId parameter of DbgPrintEx, the component name is prefixed with "DPFLTR_" and suffixed with "_ID". レジストリのコンポーネントフィルターマスクは、コンポーネント自体と同じ名前になります。In the registry, the component filter mask has the same name as the component itself. デバッガーでは、コンポーネントフィルターマスクの先頭に "Kd_" と "_Mask" というプレフィックスが付いています。In the debugger, the component filter mask is prefixed with "Kd_" and suffixed with "_Mask".

Windows Driver Kit (WDK) の DPFLTR ヘッダーファイルには、(_XXXX_ID 形式の) コンポーネント名の完全な一覧があります。There is a complete list of component names (in DPFLTR_XXXX_ID format) in the Dpfilter.h header file in the Windows Driver Kit (WDK). これらのコンポーネント名のほとんどは、Windows 用に予約されており、Microsoft によって作成されるドライバー用に予約されています。Most of these component names are reserved for Windows and for drivers that are written by Microsoft.

独立系ハードウェアベンダー用に予約されているコンポーネント名は6つあります。There are six component names that are reserved for independent hardware vendors. ドライバーの出力と Windows コンポーネントの出力が混在しないようにするには、次のコンポーネント名のいずれかを使用する必要があります。To avoid mixing your driver's output with the output of Windows components, you should use one of the following component names.

コンポーネント名Component name ドライバーの種類Driver type

IHVVIDEOIHVVIDEO

ビデオドライバーVideo driver

IHVAUDIOIHVAUDIO

オーディオドライバーAudio driver

IHVNETWORKIHVNETWORK

ネットワークドライバーNetwork driver

IHVSTREAMINGIHVSTREAMING

カーネルストリーミングドライバーKernel streaming driver

IHVBUSIHVBUS

バスドライバーBus driver

IHVDRIVERIHVDRIVER

その他の種類のドライバーAny other type of driver

たとえば、ビデオドライバーを作成する場合は、DPFLTR_IHVVIDEO_ID をDbgprintexComponentIdパラメーターとして使用し、レジストリで値 name IHVVIDEO を使用して、 Kd_IHVVIDEO_Mask を参照します。 デバッガーで。For example, if you are writing a video driver, you would use DPFLTR_IHVVIDEO_ID as the ComponentId parameter of DbgPrintEx, use the value name IHVVIDEO in the registry, and refer to Kd_IHVVIDEO_Mask in the debugger.

Windows Vista 以降のバージョンの Windows では、 DbgprintおよびKdPrint send のすべてのメッセージが既定のコンポーネント (DPFLTR_default_ID) に関連付けられています。In Windows Vista and later versions of Windows, all messages that DbgPrint and KdPrint send are associated with the DEFAULT component (DPFLTR_DEFAULT_ID).

適切なレベルの選択Choosing the Correct Level

DbgprintexルーチンのLevelパラメーターの型は DWORD です。The Level parameter of the DbgPrintEx routine is of type DWORD. これは、重要度のビットフィールドを判断するために使用されます。It is used to determine the importance bitfield. Levelパラメーターとこのビットフィールドの間の接続は、レベルのサイズによって異なります。The connection between the Level parameter and this bitfield depends on the size of Level:

  • Levelが0から31までの数値と等しい場合、重要度ビットフィールドはビットシフトとして解釈されます。If Level is equal to a number between 0 and 31, inclusive, the importance bitfield is interpreted as a bit shift. 重要度ビットフィールドは、値 1 <<レベルに設定されます。The importance bitfield is set to the value 1 << Level. このため、 Levelに0から31までの値を選択した場合、ビットフィールドのビットセットは1つだけになります。Thus, if you choose a value between 0 and 31 for Level, the bitfield has exactly one bit set. Levelが0の場合、ビットフィールドは0x00000001 に相当します。If Level is 0, the bitfield is equivalent to 0x00000001. Levelが31の場合、ビットフィールドは0x80000000 に相当します。If Level is 31, the bitfield is equivalent to 0x80000000.

  • Levelが32から0xffffffff の範囲の数値の場合、重要度ビットフィールドはレベル自体の値に設定されます。If Level is a number between 32 and 0xFFFFFFFF inclusive, the importance bitfield is set to the value of Level itself.

したがって、ビットフィールドを0x00004000 に設定する場合は、 Levelを0x00004000 として、または単に14として指定できます。Thus, if you want to set the bitfield to 0x00004000, you can specify Level as 0x00004000 or simply as 14. このシステムの結果、一部のビットフィールド値 (完全にゼロのビットフィールドを含む) を生成することはできません。As a consequence of this system, some bitfield values cannot be produced--including a bitfield that is entirely zero.

次の定数は、 Levelの値を設定するのに役立ちます。The following constants can be useful for setting the value of Level. これらのファイルは、次のように定義されています。They are defined in the Dpfilter.h WDK header file:

#define DPFLTR_ERROR_LEVEL 0
#define DPFLTR_WARNING_LEVEL 1
#define DPFLTR_TRACE_LEVEL 2
#define DPFLTR_INFO_LEVEL 3
#define DPFLTR_MASK 0x80000000

Levelパラメーターを使用する簡単な方法の1つは、0 ~ 31 の値を常に使用することです。これは、ビット0、1、2、および3を DPFLTR_XXXX_レベルで指定された意味で使用し、他のビットを使用して任意のものを意味します。One easy way to use the Level parameter is to always use values between 0 and 31--using the bits 0, 1, 2, and 3 with the meaning given by DPFLTR_XXXX_LEVEL, and using the other bits to mean whatever you choose.

Levelパラメーターを使用するもう1つの簡単な方法は、常に明示的なビットフィールドを使用することです。Another easy way to use the Level parameter is to always use explicit bitfields. このメソッドを選択する場合は、ビットフィールドで DPFLTR_マスク値のビットごとの OR を使用できます。If you choose this method, you may wish to use a bitwise OR of the value DPFLTR_MASK with your bitfield. この値により、32未満の値が誤って使用されることはありません。This value ensures that you do not accidentally use a value less than 32.

Windows がメッセージレベルを使用する方法とドライバーの互換性を確保するには、重大なエラーが発生した場合に、重要度ビットフィールドの最低ビット (0x1) のみを設定する必要があります。To make your driver compatible with the way that Windows uses message levels, you should set only the lowest bit (0x1) of the importance bitfield if a serious error occurs. 32未満のレベル値を使用している場合、この値は DPFLTR_ERROR_level に相当します。If you are using Level values less than 32, this value corresponds to DPFLTR_ERROR_LEVEL. 重要度ビットフィールドが設定されている場合は、ドライバーが実行されているコンピューターに他のユーザーがカーネルデバッガーをアタッチするたびに、メッセージが表示されます。If the importance bitfield is set, your message will be viewed any time that someone attaches a kernel debugger to a computer on which your driver is running.

適切な状況では、警告、トレース、および情報の各レベルを使用します。Use the warning, trace, and information levels in the appropriate situations. 他のビットは、役に立つ任意の目的に使用できます。You can use other bits for any purposes that you find useful. この機能により、さまざまな種類のメッセージを選択して表示または非表示にすることができます。This ability enables you to have a wide variety of message types that can be selectively seen or hidden.

Windows Vista 以降のバージョンの Windows では、 DbgprintおよびKdPrintによって送信されたすべてのメッセージは、DPFLTR_INFO_レベルと同じレベルdbgprintexおよびKdPrintExメッセージのように動作します。In Windows Vista and later versions of Windows, all messages sent by DbgPrint and KdPrint behave like DbgPrintEx and KdPrintEx messages with Level equal to DPFLTR_INFO_LEVEL. つまり、これらのメッセージには、重要度ビットフィールドの3番目のビットが設定されています。In other words, these messages have the third bit of their importance bitfield set.

コンポーネントフィルターマスクの設定Setting the Component Filter Mask

コンポーネントフィルターマスクを設定するには、次の2つの方法があります。There are two ways to set a component filter mask:

  • ターゲットコンピューターでは、レジストリキー HKEY_ローカル_コンピューター\システム\CurrentControlSet\コントロール\セッションマネージャー\デバッグ印刷フィルターに、コンポーネントフィルターマスクを使用してアクセスできます。On the target computer, you can access the component filter mask in the registry key HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Session Manager\Debug Print Filter. レジストリエディターを使用して、このキーを作成または開きます。Using a registry editor, create or open this key. このキーの下で、必要なコンポーネントの名前を使用して、大文字での値を作成します (たとえば、 DEFAULTまたはIHVDRIVER)。Under this key, create a value with the name of the desired component, in uppercase letters (for example, DEFAULT or IHVDRIVER). この値には、コンポーネントのフィルターマスクとして使用する DWORD 値を設定します (たとえば、DPFLTR_INFO_LEVEL メッセージを表示するには、DPFLTR_エラー_レベルに加え、すべてのメッセージを表示するにはマスクを0Xf ですに設定します)。Set this value equal to the DWORD value that you want to use as the component filter mask (for example, 0x8 to display DPFLTR_INFO_LEVEL messages, in addition to DPFLTR_ERROR_LEVEL, or set the mask to 0xF to display all messages).

  • カーネルデバッガーがアクティブになっている場合は、の _ _ シンボルに格納されているアドレスを逆参照することにより、コンポーネントフィルターマスクの値にアクセスできます。ここで、 xxxxは目的のコンポーネント名です。If a kernel debugger is active, it can access the component filter mask value by dereferencing the address that is stored in the symbol Kd_XXXX_Mask, where XXXX is the desired component name. このマスクの値を WinDbg または KD で表示するには、 dd (表示 dword) コマンドを使用するか、 ED (enter dword) コマンドで新しいコンポーネントフィルターマスクを入力します。You can display the value of this mask in WinDbg or KD with the dd (Display DWORD) command, or enter a new component filter mask with the ed (Enter DWORD) command. シンボルがあいまいになる危険性がある場合は、このシンボルを nt! として指定します 。Kd_ XXXX _Maskです。If there is a danger of symbol ambiguity, you might want to specify this symbol as nt!Kd_XXXX_Mask.

レジストリに格納されているフィルターマスクは、ブート中に有効になります。Filter masks that are stored in the registry take effect during boot. デバッガーによって作成されたフィルターマスクはすぐに有効になり、対象のコンピューターが再起動されるまで保持されます。Filter masks that are created by the debugger take effect immediately and persist until the target computer is restarted. デバッガーはレジストリに設定されている値を上書きできますが、コンポーネントフィルターマスクは、対象のコンピューターが再起動された場合にレジストリで指定された値に戻ります。The debugger can override a value that is set in the registry, but the component filter mask returns to the value that is specified in the registry if the target computer is restarted.

また、WIN2000 というシステム全体のマスクもあります。There is also a system-wide mask called WIN2000. 既定では、このマスクは0x1 と同じですが、他のすべてのコンポーネントと同様に、レジストリまたはデバッガーを使用して変更できます。By default, this mask is equal to 0x1, but you can change it through the registry or the debugger like all other components. フィルター処理を実行すると、各コンポーネントフィルターマスクは、最初にビットごとの OR を使用して、WIN2000 マスクと結合されます。When filtering is performed, each component filter mask is first combined with the WIN2000 mask by using a bitwise OR. 特に、この組み合わせは、マスクが指定されていないコンポーネントが既定で0x1 に設定されていることを意味します。In particular, this combination means that components whose masks have never been specified default to 0x1.

メッセージを表示するための条件Criteria for Displaying the Message

Dbgprintexがカーネルモードコードで呼び出されると、Windows はLevelによって指定されたメッセージの重要度ビットフィールドと、 ComponentIdによって指定されたコンポーネントのフィルターマスクを比較します。When DbgPrintEx is called in kernel-mode code, Windows compares the message importance bitfield that is specified by Level with the filter mask of the component that is specified by ComponentId.

   levelパラメーターが 0 ~ 31 の場合、重要度ビットフィールドは 1 <<レベルと同じであることに注意してください。Note   Recall that when the Level parameter is between 0 and 31, the importance bitfield is equal to 1 << Level. しかし、 levelパラメーターが32以上の場合、重要度ビットフィールドは単にlevelと等しくなります。But when the Level parameter is 32 or higher, the importance bitfield is simply equal to Level.

Windows は、重要度ビットフィールドとコンポーネントフィルターマスクに対して AND 演算を実行します。Windows performs an AND operation on the importance bitfield and the component filter mask. 結果が0以外の場合は、メッセージがデバッガーに送信されます。If the result is nonzero, the message is sent to the debugger.

Example

最後に起動する前に、デバッグ印刷フィルターキーに次の値を作成したとします。Suppose that before the last boot, you created the following values in the Debug Print Filter key:

  • DWORD 0x2 と等しい値を持つ IHVVIDEO。IHVVIDEO, with a value equal to DWORD 0x2.

  • IHVBUS。これは DWORD 0x7FF に相当します。IHVBUS, equal to DWORD 0x7FF.

ここで、カーネルデバッガーで次のコマンドを発行します。Now you issue the following commands in the kernel debugger:

kd> ed Kd_IHVVIDEO_Mask 0x8 
kd> ed Kd_IHVAUDIO_Mask 0x7 

この時点で、IHVVIDEO コンポーネントのフィルターマスクは0x8 で、IHVAUDIO コンポーネントのフィルターマスクは0x7 で、IHVBUS コンポーネントのフィルターマスクは0x7FF です。At this point, the IHVVIDEO component has a filter mask of 0x8, the IHVAUDIO component has a filter mask of 0x7, and the IHVBUS component has a filter mask of 0x7FF.

ただし、これらのマスクは、ビットごとの OR を使用して、WIN2000 システム全体のマスク (通常は0x1 に等しい) と自動的に結合されるため、IHVVIDEO mask は実質的に0x9 と同じになります。However, because these masks are automatically combined with the WIN2000 system-wide mask (which is usually equal to 0x1) by using a bitwise OR, the IHVVIDEO mask is effectively equal to 0x9. フィルターマスクがまったく設定されていないコンポーネント (たとえば、IHVSTREAMING または DEFAULT) には、フィルターマスクとして0x1 が割り当てられています。Components whose filter masks have not been set at all (for instance, IHVSTREAMING or DEFAULT) have a filter mask of 0x1.

ここで、次の関数呼び出しがさまざまなドライバーで発生するとします。Now suppose that the following function calls occur in various drivers:

DbgPrintEx( DPFLTR_IHVVIDEO_ID,  DPFLTR_INFO_LEVEL,   "First message.\n");
DbgPrintEx( DPFLTR_IHVAUDIO_ID,  7,                   "Second message.\n");
DbgPrintEx( DPFLTR_IHVBUS_ID,    DPFLTR_MASK | 0x10,  "Third message.\n");
DbgPrint( "Fourth message.\n");

最初のメッセージのレベルパラメーターは、DPFLTR_INFO_level に等しいレベルです (3)。The first message has its Level parameter equal to DPFLTR_INFO_LEVEL, which is 3. この値は32未満であるため、ビットシフトとして扱われるので、ビットフィールドの重要度が低くなります。Because this value is less than 32, it is treated as a bit shift, resulting in an importance bitfield of 0x8. この値は、AND 演算を使用して0x9 の有効な IHVVIDEO コンポーネントフィルターマスクと結合され、0以外の結果が得られます。This value is then combined with the effective IHVVIDEO component filter mask of 0x9 by using an AND operation, giving a nonzero result. そのため、最初のメッセージがデバッガーに送信されます。So the first message is transmitted to the debugger.

2番目のメッセージのレベルパラメーターは7です。The second message has its Level parameter equal to 7. この場合も、この値はビットシフトとして扱われるので、ビットフィールドの重要性があります。Again, this value is treated as a bit shift, resulting in an importance bitfield of 0x80. この値は AND 演算を使用して0x7 の IHVAUDIO コンポーネントフィルターマスクと結合され、結果は0になります。This value is then combined with the IHVAUDIO component filter mask of 0x7 by using an AND operation, giving a result of zero. そのため、2番目のメッセージは転送されません。So the second message is not transmitted.

3番目のメッセージには、DPFLTR_MASK | と等しいレベルパラメーターがあります。0x10.The third message has its Level parameter equal to DPFLTR_MASK | 0x10. この値は31を超えているため、重要度ビットフィールドは、0x80000010 に設定されているLevelの値と同じになります。This value is greater than 31, and therefore the importance bitfield is set equal to the value of Level--in other words, to 0x80000010. この値は、AND 演算を使用して、IHVBUS コンポーネントフィルターマスクである0x7FF と結合され、0以外の結果が得られます。This value is then combined with the IHVBUS component filter mask of 0x7FF by using an AND operation, giving a nonzero result. そのため、3番目のメッセージがデバッガーに送信されます。So the third message is transmitted to the debugger.

4番目のメッセージは、 Dbgprintexルーチンではなく、 dbgprintルーチンに渡されました。The fourth message was passed to the DbgPrint routine instead of the DbgPrintEx routine. Windows Server 2003 以前のバージョンの Windows では、 Dbgprintに渡されるメッセージは常に転送されます。In Windows Server 2003 and earlier versions of Windows, messages that are passed to DbgPrint are always transmitted. Windows Vista 以降のバージョンの Windows では、 Dbgprintに渡されたメッセージには常に既定のフィルターが適用されます。In Windows Vista and later versions of Windows, messages that are passed to DbgPrint are always given a default filter. 重要度ビットフィールドは、1 << DPFLTR_INFO_レベル (0x00000008) に相当します。The importance bitfield is equal to 1 << DPFLTR_INFO_LEVEL, which is 0x00000008. このルーチンのコンポーネントは、既定値です。The component for this routine is DEFAULT. 既定のコンポーネントのフィルターマスクを設定していないので、値は0x1 です。Because you have not set the DEFAULT component filter mask, it has a value of 0x1. AND 演算を使用してこのマスクと重要度ビットフィールドを組み合わせると、結果は0になります。When this mask is combined with the importance bitfield by using an AND operation, the result is zero. 4番目のメッセージは転送されません。So the fourth message is not transmitted.

DbgPrint バッファーとデバッガーDbgPrint Buffer and the Debugger

DbgprintdbgprintexvdbgprintexvdbgprintexwithprefixKdPrint、またはKdPrintExルーチンがメッセージをデバッガーに送信すると、書式設定された文字列がdbgprintバッファーに送信されます。When the DbgPrint, DbgPrintEx, vDbgPrintEx, vDbgPrintExWithPrefix, KdPrint, or KdPrintEx routine transmits a message to the debugger, the formatted string is sent to the DbgPrint buffer. このバッファーの内容は、GFlags のバッファー DbgPrint 出力オプションを使用してこの表示を無効にしていない限り、デバッガーコマンドウィンドウに直ちに表示されます。The contents of this buffer are displayed immediately in the Debugger Command window, unless you disabled this display by using the Buffer DbgPrint Output option of GFlags.

このディスプレイを無効にした場合は、 ! dbgprint拡張コマンドを使用することによってのみ、dbgprint バッファーの内容を表示できます。If you disabled this display, you can view the contents of the DbgPrint buffer only by using the !dbgprint extension command. デバッガー拡張機能の詳細については、「 Windows デバッグ」を参照してください。For information about debugger extensions, see Windows Debugging.

DbgprintdbgprintexvdbgprintexvdbgprintexwithprefixKdPrint、またはKdPrintExを1回呼び出すと、512バイトの情報のみが転送されます。Any single call to DbgPrint, DbgPrintEx, vDbgPrintEx, vDbgPrintExWithPrefix, KdPrint, or KdPrintEx transmits only 512 bytes of information. 512バイトより長い出力は失われます。Any output longer than the 512 bytes is lost. DbgPrint バッファー自体は、Windows の無料ビルドで最大 4 KB のデータを保持でき、Windows のチェックされたビルドで最大 32 KB のデータを保持できます。The DbgPrint buffer itself can hold up to 4 KB of data on a free build of Windows, and up to 32 KB of data on a checked build of Windows. Windows Server 2003 以降のバージョンの Windows では、KDbgCtrl ツールを使用して、DbgPrint バッファーのサイズを変更できます。On Windows Server 2003 and later versions of Windows, you can use the KDbgCtrl tool to alter the size of the DbgPrint buffer. このツールは、Windows 用デバッグツールの一部です。This tool is part of Debugging Tools for Windows.

ComponentIdLevelの値によってメッセージがフィルターで除外される場合、そのメッセージはデバッグ接続を介して送信されません。If a message is filtered out because of its ComponentId and Level values, it is not transmitted across the debugging connection. このため、このメッセージをデバッガーで表示する方法はありません。Therefore, there is no way to display this message in the debugger.