ドライバーの検証ツールのオプションの選択Selecting Driver Verifier Options

ドライバーの検証ツールオプションは、 検証コマンドラインを使用するか、Driver verifier マネージャーを使用して選択できます。Driver Verifier options can be selected by using the Verifier Command Line, or by using Driver Verifier Manager. Driver Verifier Manager には2つのバージョンがあります。1つは windows 2000 用、もう1つは windows XP 以降です。There are two versions of Driver Verifier Manager -- one for Windows 2000 and one for Windows XP and later.

検証ツールのコマンドラインVerifier Command Line

個々のオプションをアクティブ化または非アクティブ化するには、 /flags パラメーターの後に必要なオプションを指定します。To activate or deactivate individual options, specify the desired options after the /flags parameter.

(Windows 2000 のみ)I/o 検証のレベルを制御するには、 /iolevel パラメーターを使用します。(Windows 2000 only) To control the level of I/O Verification, use the /iolevel parameter.

(Windows XP 以降)標準オプションをアクティブにするには ( 特別なプール強制 IRQL チェックプール追跡I/o 検証DMA 検証、および デッドロック検出 )、 /標準 パラメーターを使用します。(Windows XP and later) To activate the standard options -- Special Pool, Force IRQL Checking, Pool Tracking, I/O Verification, DMA Verification, and Deadlock Detection -- use the /standard parameter. Windows Vista 以降、標準オプションには、 セキュリティチェックその他のチェックも含まれています。Starting with Windows Vista, the standard options also include Security Checks and Miscellaneous Checks. Windows 8 以降、標準オプションには、 DDI 準拠の確認も含まれています。Starting with Windows 8, the standard options also include DDI compliance checking.

(Windows Server 2003 以降)ディスクの 整合性チェックをアクティブ化するには、 /disk パラメーターを使用します。(Windows Server 2003 and later) To activate Disk Integrity Checking, use the /disk parameter.

すべてのオプションを非アクティブ化し、検証済みドライバーの一覧をクリアするには、 /reset パラメーターを使用します。To deactivate all options and clear the verified driver list, use the /reset parameter.

詳細については、「 Verifier コマンドライン 」を参照してください。See Verifier Command Line for details.

ドライバー検証マネージャー (Windows 2000)Driver Verifier Manager (Windows 2000)

個々のオプションを有効または無効にするには、[ 設定 ] タブを選択します。ドライバーの検証ツールのオプションは、[ 検証の種類 ] セクション (特別なプール強制 IRQL チェック低リソースシミュレーションプール追跡、および i/o 検証) に一覧表示されます。To activate or deactivate individual options, select the Settings tab. Driver Verifier's options are listed in the Verification Type section (Special Pool, Force IRQL Checking, Low Resources Simulation, Pool Tracking, and I/O Verification). アクティブ化するオプションを確認し、非アクティブ化するオプションをオフにします。Check whichever options you wish to activate, and clear those you wish to deactivate. I/o 検証が選択されている場合は、レベル1とレベル2のいずれかを選択できます (レベル2を選択すると、レベル1とレベル2の両方のテストが有効になります)。If I/O Verification is selected, you can choose between Level 1 and Level 2 (choosing Level 2 enables both Level 1 and Level 2 tests). 検証するドライバーを選択する方法については、「 検証するドライバーの選択」を参照してください。To choose which drivers you wish to verify, see Selecting Drivers to be Verified.

標準オプションをオンにするには ( 特別なプール強制 IRQL チェックプール追跡I/o 検証 レベル 2)、[ 設定 ] タブを選択します。[ 優先設定 ] ボタンをクリックします。To turn on the standard options -- Special Pool, Force IRQL Checking, Pool Tracking, and I/O Verification Level 2 -- select the Settings tab. Press the Preferred Settings button. このボタンは、[ すべてのドライバーの確認 ] オプションボタンも選択します。This button also selects the Verify All Drivers option button. 検証されたドライバーの一覧を変更する場合は、「 検証するドライバーの選択」を参照してください。それ以外の場合は、[ 適用] を押します。If you wish to now change the list of drivers verified, see Selecting Drivers to be Verified; otherwise, press Apply.

すべてのオプションを非アクティブ化し、[検証済みドライバー] の一覧をクリアするには、[ 設定 ] タブを選択します。[ すべてリセット ] ボタンを押します。To deactivate all options and clear the verified driver list, select the Settings tab. Press the Reset All button. 次に、[ 適用] をクリックします。Then press Apply.

ドライバー検証マネージャー (Windows XP 以降)Driver Verifier Manager (Windows XP and later)

Windows XP 以降では、ドライバー検証マネージャーがさまざまな方法でオプションを選択できます。In Windows XP and later, Driver Verifier Manager can select options in a variety of ways:

  • アクティブなオプションを正確に制御するには、[ カスタム設定の作成 ] タスクを選択し、[ 次へ] をクリックします。To control exactly which options are active, select the Create custom settings task and press Next. 次の画面で、[ 完全な一覧から個々の設定を選択] を選択し、[ 次へ] をクリックします。On the next screen, select Select individual settings from a full list, and press Next. 次の画面には、ドライバー検証ツールのすべてのオプション (特別なプール、プール追跡、強制 IRQL チェック、i/o 検証、強化された i/o 検証、デッドロック検出、DMA 検証、および Windows Server 2003 以降のディスク整合性チェック) が示されています。The next screen lists all of Driver Verifier's options (Special Pool, Pool Tracking, Force IRQL Checking, I/O Verification, Enhanced I/O Verification, Deadlock Detection, DMA Verification, and Low Resources Simulation -- plus Disk Integrity Checking in Windows Server 2003 and later). Windows Vista 以降のオプションには、 セキュリティチェックその他のチェックも含まれています。Starting with Windows Vista, the options also include Security Checks and Miscellaneous Checks. Windows 8 以降では、オプションには、 Power Framework 遅延ファジー処理、 DDI 準拠チェックスタックに対する不変の mdl チェック、および ドライバーに対する不変の mdl チェックも含まれます。Starting with Windows 8, the options also include Power Framework Delay Fuzzing, DDI compliance checking, Invariant MDL Checking for Stack, and Invariant MDL Checking for Driver. Windows 8.1 以降では、 NDIS/WIFI 検証カーネル同期遅延ファジーVM スイッチ検証体系的な低リソースシミュレーションなどのオプションもあります。Starting with Windows 8.1, the options also include NDIS/WIFI verification, Kernel synchronization delay fuzzing, VM switch verification, and Systematic low resources simulation. アクティブ化するオプションを確認します。Check whichever options you wish to activate.

  • 定義済みのオプションセットから選択するには、[ カスタム設定の作成 ] タスクを選択し、[ 次へ] をクリックします。To choose from predefined sets of options, select the Create custom settings task and press Next. 次の画面で、[ 定義済みの設定を有効にする ] を選択し、いずれかのチェックボックスをオンにします。On the next screen, select Enable predefined settings and select any of the check boxes. 標準設定 を選択すると、特別なプール、強制 IRQL チェック、プールの追跡、i/o 検証、DMA 検証、およびデッドロック検出が有効になります。Selecting the Standard settings enables Special Pool, Force IRQL Checking, Pool Tracking, I/O Verification, DMA Verification, and Deadlock Detection. Windows Vista 以降では、標準オプションを選択することで、 セキュリティチェックその他のチェックも有効になります。Starting with Windows Vista, selecting the standard options also enables Security Checks and Miscellaneous Checks. Windows 8 以降では、標準オプションを選択すると、 DDI のコンプライアンスチェックも有効になります。Starting with Windows 8, selecting the standard options also enables DDI compliance checking. [ 低リソースシミュレーション ] チェックボックスをオンにすると、リソース不足のシミュレーションが有効になります。Selecting the Low resource simulation check box enables Low Resources Simulation. [ 拡張 I/o 検証 ] チェックボックスをオンにすると、強化された i/o 検証が有効になります。Selecting the Enhanced I/O Verification check box enables Enhanced I/O Verification. Windows Server 2003 以降では、[ ディスクの整合性 チェック] チェックボックスをオンにすると、ディスクの整合性チェックが有効になります。In Windows Server 2003 and later, selecting the Disk integrity checking check box enables Disk Integrity Checking.

  • 標準オプションを選択するには、[ 標準設定の作成 ] タスクを選択します。To choose the standard options, select the Create standard settings task. 標準設定には、特別なプール、強制 IRQL チェック、プール追跡、i/o 検証、DMA 検証、およびデッドロック検出が含まれます。The standard settings include Special Pool, Force IRQL Checking, Pool Tracking, I/O Verification, DMA Verification, and Deadlock Detection. Windows Vista 以降では、標準設定に セキュリティチェックその他のチェックも含まれています。Starting with Windows Vista, the standard settings also include Security Checks and Miscellaneous Checks. Windows 8 以降では、標準設定には、 DDI 準拠の確認も含まれています。Starting with Windows 8, the standard settings also include DDI compliance checking.

Windows Vista 以降では、上に示した最初の2つの方法のいずれかを使用して [ 低リソースのシミュレーション ] チェックボックスをオンにした場合、次の画面は、低リソースシミュレーションの確率、アプリケーション、プールタグ、およびシステム開始遅延時間のオプションを設定するための画面です。Note that starting with Windows Vista, if the Low resources simulation check box is selected using either of the first two methods listed above, the next screen is the screen for setting the Probability, Applications, Pool Tags, and System Start Delay Time options for Low Resources Simulation. これらのオプションを目的の値に設定します。Set these options to the desired values.

これらの手順のいずれかが完了したら、[ 次へ] をクリックします。When you have completed one of these steps, press Next. 次の手順については、「 検証するドライバーの選択 」を参照してください。See Selecting Drivers to be Verified for the next step.

すべてのオプションを非アクティブ化し、[検証済みドライバー] の一覧をクリアするには、[ 既存の設定を削除 ] タスクを選択します。To deactivate all options and clear the verified driver list, select the Delete existing settings task. 次に、[ 完了] をクリックします。Then press Finish.

再起動が必要Reboot Required

Windows Vista 以降では、 DDI 準拠の確認電源フレームワークの遅延ファジー化、 Storport 検証、または SCSI 検証を除き、すべてのオプションのアクティブ化と非アクティブ化を行うことができます。Beginning in Windows Vista, you can activate and deactivate all options without restarting ("rebooting") the computer except for DDI compliance checking, Power Framework Delay Fuzzing, Storport Verification, or SCSI Verification. 詳細については、「 Volatile 設定の使用」を参照してください。For details, see Using Volatile Settings.

Windows Vista より前のシステムでは、再起動せずに特定のオプションを有効または無効にすることができますが、少なくとも1つのドライバーでドライバー検証を有効にした後で、コンピューターを再起動する必要があります。On systems prior to Windows Vista, you can activate and deactivate certain options without rebooting, but only after you have enabled Driver Verifier on at least one driver then rebooted the computer. 詳細については、「 Volatile 設定の使用」を参照してください。For details, see Using Volatile Settings.