Windows Display Driver Model (WDDM) のアーキテクチャWindows Display Driver Model (WDDM) Architecture

Windows Vista 以降で使用可能な Windows Display Driver Model (WDDM) のディスプレイドライバーモデルアーキテクチャは、ユーザーモードとカーネルモードの部分で構成されています。The display driver model architecture for the Windows Display Driver Model (WDDM), available starting with Windows Vista, is composed of user-mode and kernel-mode parts. 次の図は、WDDM をサポートするために必要なアーキテクチャを示しています。The following figure shows the architecture required to support WDDM.

wddm アーキテクチャを示す図

グラフィックスハードウェアベンダーは、ユーザーモードの表示ドライバーとディスプレイミニポートドライバーを提供する必要があります。A graphics hardware vendor must supply the user-mode display driver and the display miniport driver. ユーザーモードの表示ドライバーは、Microsoft Direct3D ランタイムによって読み込まれるダイナミックリンクライブラリ (DLL) です。The user-mode display driver is a dynamic-link library (DLL) that is loaded by the Microsoft Direct3D runtime. ディスプレイミニポートドライバーは、Microsoft DirectX グラフィックスのカーネルサブシステムと通信します。The display miniport driver communicates with the Microsoft DirectX graphics kernel subsystem. ユーザーモード表示ドライバーとミニポートドライバーの表示の詳細については、「 Windows Display Driver Model (WDDM) リファレンス」を参照してください。For more information about the user-mode display driver and display miniport driver, see the Windows Display Driver Model (WDDM) Reference.