Windows Driver Kit (WDK) のダウンロードDownload the Windows Driver Kit (WDK)

WDK は、Windows ドライバーの開発、テスト、展開に使用します。The WDK is used to develop, test, and deploy Windows drivers.

Windows Insider Program に参加して WDK Insider Preview ビルドを入手してください。Join the Windows Insider Program to get WDK Insider Preview builds. Windows Insider Preview ビルドのインストール手順については、「プレビュー バージョンの Windows Driver Kit (WDK) のインストール」をご覧ください。For installation instructions for the Windows Insider Preview builds, see Installing preview versions of the Windows Driver Kit (WDK).

ランタイム要件Runtime requirements

Windows 7 以降で Windows 10 バージョン 2004 WDK を実行し、それを使用してこれらのオペレーティング システムのドライバーを開発することができます。You can run the Windows 10, version 2004 WDK on Windows 7 and later, and use it to develop drivers for these operating systems:

クライアントの OSClient OS サーバーの OSServer OS
Windows 10Windows 10 Windows Server 2019、Windows Server 2016Windows Server 2019, Windows Server 2016
Windows 8.1Windows 8.1 Windows Server 2012 R2Windows Server 2012 R2
Windows 8Windows 8 Windows Server 2012Windows Server 2012
Windows 7Windows 7 Windows Server 2008 R2 SP1Windows Server 2008 R2 SP1

WDK for Windows 10 バージョン 2004WDK for Windows 10, version 2004

ダウンロード アイコン 手順 1:Visual Studio 2019 をインストールするStep 1: Install Visual Studio 2019

WDK には Visual Studio が必要です。The WDK requires Visual Studio. Visual Studio のシステム要件について詳しくは、Visual Studio 2019 のシステム要件に関する記事をご覧ください。For more information about system requirements for Visual Studio, see Visual Studio 2019 System Requirements.

このリリースのドライバー開発は、Visual Studio 2019 の次のエディションでサポートされています。The following editions of Visual Studio 2019 support driver development for this release:

Visual Studio 2019 のインストール時に、 [C++ によるデスクトップ開発] ワークロードを選択します。When you install Visual Studio 2019, select the Desktop development with C++ workload. Windows 10 ソフトウェア開発キット (SDK) が自動的に含められ、右側の [概要] ウィンドウに表示されます。The Windows 10 Software Development Kit (SDK) is automatically included, and is displayed in the right-hand Summary pane. WDK for Windows 10 バージョン 2004 と互換性のある SDK のバージョンは、既定の SDK でない可能性があることに注意してください。Note that the version of the SDK that is compatible with the WDK for Windows 10, version 2004 may not be the default SDK. 正しい SDK を選択するには:To select the correct SDK:

Visual Studio インストーラー[個別のコンポーネント] タブで、Windows 10 SDK (10.0.19041.0) を検索し、そのバージョンを選択してからインストールします。In Visual Studio Installer , on the Individual components tab, search for Windows 10 SDK (10.0.19041.0), select this version and continue with install. Visual Studio によって、Windows 10 SDK (10.0.19041.1) がマシンに自動的にインストールされることにご注意ください。Note that Visual Studio will automatically install Windows 10 SDK (10.0.19041.1) on your machine.

既に Visual Studio 2019 がインストールされている場合は、Visual Studio のインストールで [変更] ボタンを使用して Windows 10 SDK (10.0.19041.1) をインストールできます。If you already have Visual Studio 2019 installed, you can install the Windows 10 SDK (10.0.19041.1) by using the Modify button in Visual Studio install.

WDK では Spectre 軽減策が既定で有効になっていますが、開発対象のアーキテクチャごとに Visual Studio を使用して Spectre 軽減ライブラリをインストールする必要があります。WDK has Spectre mitigation enabled by default but requires spectre mitigated libraries to be installed with Visual Studio for each architecture you are developing for. さらに、ARM または ARM64 用のドライバーを開発するには、Visual Studio を使用してそれらのアーキテクチャ用のビルド ツールもインストールする必要があります。Additionally, developing drivers for ARM/ARM64 require the build tools for these architectures to also be installed with Visual Studio. これらの項目を特定するには、システムにインストールされている最新バージョンの MSVC を把握しておく必要があります。To locate these items you will need to know the latest version of MSVC installed on your system.

ご自分のシステムにインストールされている MSVC の最新バージョンを確認するには、 Visual Studio インストーラー で、 [インストールの詳細] の右側のペインにある ワークロード ページ に移動して、 [C++ によるデスクトップ開発] を展開し、 MSVC v142 - VS 2019 C++ x64/x86 ビルド ツール (V14.xx) を見つけます (注: xx は利用可能な最新のバージョン)。To find the latest version of MSVC installed on your system, in Visual Studio Installer go to workload page , on the right pane under installation details , expand Desktop development with C++ and locate the MSVC v142 - VS 2019 C++ x64/x86 build tools (V14.xx) - note where xx should be the highest version available.

この情報 (v14.xx) をメモして [個別のコンポーネント] に移動し、 v14.xx を検索します。With this information (v14.xx), go to Individual components and search for v14.xx . これにより、Spectre 軽減ライブラリを含む、すべてのアーキテクチャのツール セットが返されます。This will return the tool sets for all architectures, including Spectre mitigated libs. 開発対象のドライバー アーキテクチャを選択します。Select the driver architecture you are developing for.

たとえば、v14.25 を検索すると、以下が返されます。For example, searching for v14.25 returns the following:

MSVC v142 - VS 2019 C++ ARM build tools (v14.25)
MSVC v142 - VS 2019 C++ ARM Spectre-mitigated libs (v14.25)
MSVC v142 - VS 2019 C++ ARM64 build tools (v14.25)
MSVC v142 - VS 2019 C++ ARM64 Spectre-mitigated libs (v14.25)
MSVC v142 - VS 2019 C++ x64/x86 build tools (v14.25)
MSVC v142 - VS 2019 C++ x64/x86 Spectre-mitigated libs (v14.25)

ダウンロード アイコン 手順 2:WDK for Windows 10 バージョン 2004 のインストールStep 2: Install WDK for Windows 10, version 2004

WDK の既定のインストールには、WDK Visual Studio 拡張機能が含まれています。The WDK Visual Studio extension is included in the default WDK installation.

Enterprise WDK (EWDK) for Windows 10 バージョン 2004Enterprise WDK (EWDK) for Windows 10, version 2004

EWDK は、ドライバーを構築するためのスタンドアロン自己完結型コマンドライン環境です。The EWDK is a standalone, self-contained command-line environment for building drivers. これには、Visual Studio Build Tools、SDK、WDK が含まれています。It includes the Visual Studio Build Tools, the SDK, and the WDK. EWDK の最新の公開バージョンには、Visual Studio 2019 Build Tools 16.3.0 と MSVC ツールセット v14.23 が含まれています。The latest public version of the EWDK contains Visual Studio 2019 Build Tools 16.3.0 and MSVC toolset v14.23. まず、ISO をマウントし、 LaunchBuildEnv を実行してください。To get started, mount the ISO and run LaunchBuildEnv .

EWDK では、.NET Framework バージョン 4.7.2 も必要です。The EWDK also requires the .NET Framework version 4.7.2. .NET Framework のその他の要件の詳細については、「.NET Framework のシステム要件」を参照してください。For more information about other requirements for the .NET Framework, see .NET Framework system requirements.

ダウンロード アイコン EWDK with Visual Studio Build ToolsEWDK with Visual Studio Build Tools

Visual Studio インターフェイスと共に、EWDK に用意されているビルド ツールを使用できます。You can use the Visual Studio interface with the build tools provided in the EWDK.

  1. EWDK ISO をマウントします。Mount the EWDK ISO.
  2. LaunchBuildEnv.cmd を実行します。Run LaunchBuildEnv.cmd.
  3. ステップ 2 で作成した環境で、「 SetupVSEnv 」と入力し、 Enter キーを押します。In the environment created in step 2, type SetupVSEnv , and then press Enter .
  4. 同じ環境から、完全なファイル パスを使用して devenv.exe を起動します。Launch devenv.exe from the same environment, using the full file path. 例: C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\2019\\%Community|Professionial|Enterprise%\Common7\IDE\devenv.exeExample: C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\2019\\%Community|Professionial|Enterprise%\Common7\IDE\devenv.exe

Visual Studio のメジャー バージョンは EWDK のバージョンと一致している必要があることにご注意ください。Note that the Visual Studio major version should match with the version in the EWDK. たとえば、Visual Studio 2019 は、VS16.X のビルド ツールが含まれている EWDK で使用できます。For example, Visual Studio 2019 works with the EWDK that contain VS16.X build tools.

Windows 10 向けのドライバー サンプルDriver samples for Windows 10

ドライバー サンプルをダウンロードするには、次のいずれかを実行します。To download the driver samples, do one of the following: