HID アプリケーションプログラミングインターフェイス (API)HID Application Programming Interface (API)

HID Api には、デバイスの検出とセットアップ、データの移動、レポートの作成/解釈という3つのカテゴリがあります。There are three categories of HID APIs: device discovery and setup, data movement, and report creation/interpretation.

デバイスの検出とセットアップDevice Discovery and Setup

これらの HID Api は、HID デバイスのプロパティを識別し、そのデバイスとの通信を確立するために使用されます。These HID APIs are used to identify the properties of a HID device and to establish communication with that device. アプリケーションでは、これらの Api を使用して最上位レベルのコレクションを識別します。Applications use these APIs to identify a Top Level Collection.

データの移動Data Movement

これらの HID Api は、アプリケーションと選択されたデバイスの間でデータを移動するために使用されます。These HID APIs are used to move data between an application and a selected device.

レポートの作成と解釈Report Creation and Interpretation

カスタムハードウェアの開発者は、デバイスによって発行された各レポートのサイズと形式を知ることができます。Developers of custom hardware know the size and format of each Report issued by their device. この場合、アプリケーションは、入力および出力レポートのバッファーを構造体にキャストし、データを使用できます。In this case the application can cast the input and output Report buffers to structs and consume the data.

一般的な機能を公開するすべてのデバイス (たとえば、再生ボタンが押されたときに検出する必要がある音楽アプリケーション) との通信を目的とした HID アプリケーションの開発者は、HID レポートのサイズと形式がわからない場合があります。Developers of HID applications intended to communicate with all devices that expose common functionality (for example a music application that must detect when a play button is pressed) may not know the size and format of the HID Reports. このカテゴリのアプリケーションは、特定の最上位レベルのコレクションと特定の使用状況を認識します。This category of application understands certain Top Level Collections and certain usages.

デバイスから受信したレポートを解釈したり、送信するレポートを作成したりするには、アプリケーションでレポート記述子を利用して、レポート内の特定の使用状況があるかどうか、およびレポート内の値の単位を確認する必要があります。To interpret the Reports received from a device or to create Reports to be sent the application must leverage the Report Descriptor to determine if and where a particular Usage is located in the Reports and (potentially) the units of values in the Reports. このような場合は、HID 解析が必要です。In these cases HID parsing is required. Windows では、Api (HidP_*) によって使用される HID パーサーを提供しています。これを使用すると、デバイスでサポートされている使用法の種類を検出したり、レポート内でその使用状況を確認したり、デバイスの使用状況の状態を変更するためのレポートを作成したりできます。Windows provides a HID parser for use by drivers and applications via APIs (HidP_*) that can be used to discover the types of usages supported by a device, determine the state of such usages in a Report, or to build a Report to change the state of a usage in the device.

これらは、HID パーサー Api です。These are the HID parser APIs.