WIA Core コンポーネント

次の図は、WIA コンポーネントを示しています。

wia コアコンポーネントを示す図。

WIA サービス (wiaservc.dll) は、 svchost.exe と呼ばれる汎用ホストによってホストされます。 Wiaservc.dll は、(図では USD1、USD2、USD3 というラベルが付いた) 1 つ以上のユーザーモードのイメージドライバーと通信し、それぞれが特定の種類のカーネルモードドライバーと通信します。 Windows には、USB、SCSI、および serial ( usbscan.sysscsiscan.sys、および serscan.sys) の3種類のバス抽象化が用意されています。

クライアント側では、アプリケーションは、TWAIN と互換性のあるアプリケーション (「 TWAIN-Compatible アプリケーションのサポート」を参照) または WIA アプリケーションのいずれかになります。 TWAIN アプリケーションは、データソースマネージャーを呼び出し、 sti.dll のインスタンスと通信する変換コンポーネントである wiadss.dll を呼び出します。 Sti.dll は、WIA サービスと通信するスタブです。 これに対し、WIA アプリケーションは sti.dll に直接呼び出しを行います。