デスクトップ COSA/APN データベースの提出のテストTesting your desktop COSA/APN database submission

APN の更新要求を Microsoft に送信する前に、送信しようとしている APN エントリを MNO または MVNO が検証することが重要です。Before submitting an APN update request to Microsoft, it is important for the MNO or MVNO to validate the APN entries that they are about to submit. Microsoft はネットワークにアクセスできないため、送信されている値が有効で正しく動作していることを確認する必要があります。Microsoft does not have access to your network, so it is your responsibility to ensure the values that are being submitted are valid and work correctly.

Microsoft TAM にお問い合わせくださいContact your Microsoft TAM

APN 更新プログラムをテストして送信するための最初の手順は、TAM を使用して、Microsoft カスタマーサービスおよびサポートと共に MS 解決ケースを開くことです。The first step in testing and submitting your APN update is to work with your TAM to open a MS Solve case with Microsoft Customer Services and Support. このケースは、追跡を目的としています。This case is for tracking purposes. MS の解決ケースを開いた後、サポートエンジニアに次の情報を提供します。After a MS Solve case is opened, provide the following information to the support engineer:

  • APN 情報を含む完成したスプレッドシート。A completed spreadsheet that contains your APN information.

TAM がない場合:If you do not have a TAM:

  • (800) MICROSOFT (642-7676) を呼び出して、マイクロソフトカスタマーサポートサービスにお問い合わせください。Contact Microsoft Customer Services and Support by calling (800) MICROSOFT (642-7676).
  • COSA/APN データベースの更新が必要であることをカスタマーサービスに通知します。Inform the customer service representative that a COSA/APN database update is needed.
  • スプレッドシートをサポートエンジニアに提供します。Provide the spreadsheet to the support engineer.
  • 要求された場合は、必要に応じて、Windows 8 または Windows 10 を製品として指定します。If asked, specify Windows 8 or Windows 10 as the product, as appropriate.

注意

インシデントを開くにはクレジットカードを指定する必要がありますが、課金されることはありません。You will need to provide a credit card to open the incident, but you will not be charged.

デスクトップ COSA の送信をテストするTest your submission for desktop COSA

このプロセスは、Windows 10 バージョン1703以降で使用します。Use this process for Windows 10, version 1703 and later.

APN 情報が含まれている完成したスプレッドシートを TAM に送信すると、Microsoft はプロビジョニングパッケージ (ppkg) ファイルを作成し、そのファイルを返送して、APN をインストールしてテストできるようにします。After you have submitted your completed spreadsheet that contains your APN information to your TAM, Microsoft will create a provisioning package (.ppkg) file for you and return it to you so you can install and test your APN.

プロビジョニングパッケージファイルをインストールする方法の詳細については、「 プロビジョニングパッケージの適用」を参照してください。For more information about how to install a provisioning package file, see Apply a provisioning package.

ローカル COSA データベースを変更する (デスクトップ COSA)Modify the local COSA database (desktop COSA)

次の手順に従って、APN 情報スプレッドシートを完了し、それを TAM に送信した後に、Microsoft から受け取った更新された COSA プロビジョニングパッケージ (PPKG) をテストします。Follow these steps to test the updated COSA Provisioning Package (PPKG) you received from Microsoft after completing your APN information spreadsheet and submitting it to your TAM.

これらの手順を実行するには、PPKG ファイルを適用してテストするための Microsoft のスクリプトが必要です。These steps require a script from Microsoft to apply and test the PPKG file. 次のリンクを使用して、スクリプトの最新バージョンをダウンロード https://go.microsoft.com/fwlink/p/?linkid=866771 します。Use the following link to download the latest version of the script: https://go.microsoft.com/fwlink/p/?linkid=866771.

テスト PPKG ファイルを適用するApply the test PPKG file

重要

次の操作を実行する前に、元のプロビジョニングパッケージのバックアップを作成します。Create a backup of the original provisioning package before performing the following actions. 元のプロビジョニングパッケージは、「」にあり %systemroot%\Provisioning\Cosa\Microsoft\Microsoft.Windows.Cosa.Desktop.Client.ppkg ます。The original provisioning package is located here: %systemroot%\Provisioning\Cosa\Microsoft\Microsoft.Windows.Cosa.Desktop.Client.ppkg.

  1. デバイスから SIM を削除します (ある場合)。Remove any SIM from the device, if any.
  2. スクリプトと新しい PPKG ファイルをローカルディレクトリにコピーします。Copy the script and the new PPKG file to a local directory.
  3. 管理者特権でのコマンドプロンプトウィンドウを開き、スクリプトが格納されているディレクトリに移動します。Open an elevated Command Prompt window and change to the directory containing the script.
  4. この構文でスクリプトを実行して、PPKG を適用し ApplyCosaProvisioning.BAT -a <full path to the PPKG local directory> ます。Run the script with this syntax to apply the PPKG: ApplyCosaProvisioning.BAT -a <full path to the PPKG local directory>.
    1. 例: ApplyCosaProvisioning.BAT -a "C:\FromMicrosoft\Microsoft.Windows.Cosa.Desktop.Client.ppkg"For example: ApplyCosaProvisioning.BAT -a "C:\FromMicrosoft\Microsoft.Windows.Cosa.Desktop.Client.ppkg"
  5. SIM を挿入し、プロビジョニングを待機します。Insert the SIM and await provisioning.

元の PPKG ファイルを復元するRestore the original PPKG file

警告

Microsoft から受け取った新しい PPKG の検証が完了したら、常に次の手順で復元します。Once validation of the new PPKG received from Microsoft has completed, always restore it with the following steps. 元の PPKG に復元すると、Windows Update を介して最新の COSA 更新プログラムを確実に受信できるようになります。Restoring back to the original PPKG will ensure that you receive the latest COSA updates via Windows Update.

  1. 検証が完了したら、デバイスから SIM を削除します。Once validated, remove the SIM from the device.
  2. この構文を使用してスクリプトを実行し、元の PPKG を復元し ApplyCosaProvisioning.BAT -r ます。Run the script with this syntax to restore the original PPKG: ApplyCosaProvisioning.BAT -r.
  3. プロビジョニング用の SIM を挿入して、元の PPKG を読み取ります。Insert the SIM for provisioning to take effect, reading the original PPKG.

エラーが発生した場合にログを収集するCollect logs in case of failure

テストプロセス中にエラーが発生した場合にログを収集するには、次の手順を実行します。To collect logs in the event of a failure during the testing process, follow these steps:

  1. デバイスから SIM を削除します。Remove any SIM from the device.
  2. この構文でスクリプトを実行して、 netsh logging: を開始 ApplyCosaProvisioning.BAT -l します。Run the script with this syntax to start netsh logging: ApplyCosaProvisioning.BAT -l.
  3. SIM を挿入し、プロビジョニングが失敗するのを待ちます。Insert the SIM and wait for provisioning to fail.
  4. ツールのプロンプトに従ってログ記録を終了します。Follow the tool's prompts to end logging.
  5. Zip 形式で Microsoft にログを送信します。Send the logs to Microsoft in zipped format.

APN データベースの送信をテストします (apndatabase.xml)Test your submission for the APN database (apndatabase.xml)

Windows 10 バージョン1703より前の windows 10 の windows 8、Windows 8.1、およびバージョンの場合は、このプロセスを使用します。Use this process for Windows 8, Windows 8.1, and versions of Windows 10 before Windows 10, version 1703.

APN エントリが Microsoft に送信される前に動作することを確認するには、次の2つの方法があります。There are two ways that you can ensure that the APN entries work before submitting them to Microsoft:

現在のプロファイルの APN 値を編集していますEditing APN values for the current profile

APN がネットワークに接続できることをテストする簡単な方法は、現在のプロファイルを編集して、プロファイルにテストする APN を挿入することです。A simple way to test that an APN can connect to your network is to edit the current profile and insert the APN to test into the profile. このテストを実行するには、次の手順に従います。To perform this test, follow these steps:

注意

このテストでは完全なエクスペリエンスがシミュレートされません。詳細については、「 ローカル APN データベースの変更 」セクションを参照してください。This test does not simulate the full experience, which is described in the Modify the local APN database section.

  1. テストする APN 値に対応する SIM を PC に挿入します。Insert a SIM into the PC that works with the APN value you want to test.

  2. PC の電源を入れ、Windows にログオンして、Windows 接続マネージャーを開きます。Turn on the PC, log on to Windows, and open Windows Connection Manager. モバイルブロードバンド接続が表示されます。The mobile broadband connection should appear.

  3. モバイルブロードバンド接続を右クリックし、[ 接続プロパティの表示] を選択します。Right-click the mobile broadband connection, and then select View connection properties.

  4. このダイアログボックスにテストする APN の値を入力します。Enter the APN value to test into this dialog box.

  5. 変更を保存し、モバイルブロードバンドネットワークに接続します。Save your changes, and then try to connect to the mobile broadband network.

ローカル APN データベースを変更するModify the local APN database

APN 更新プログラムを送信する前に、ローカル APN データベースを編集するか、テスト用に新しい APN を作成する必要があります。Before you submit an APN update, you should editing the local APN database or creating a new one for testing. これにより、Windows 接続マネージャーが使用する APN 選択ロジックが完全にテストされるため、完全なエクスペリエンスを厳密にシミュレートできます。By doing this, you closely simulate the full experience because the APN selection logic that Windows Connection Manager uses is fully tested.

ローカル APN 接続データベースを変更するModify the local APN connectivity database

  1. ローカル apn データベースファイルから既存の値をコピー します。 PC 上のローカル apn データベースにある既存のエントリを表示し、これらのエントリを新しい XML ファイルにコピーします。Copy any existing values from the local APN database file -- View the existing entries in the local APN database on your PC and copy these entries into a new XML file. Apn データベースのローカルコピーに APN エントリがない場合は、この手順をスキップして、空の XML ファイルから開始します。If you don’t have any APN entries in the local copy of the APN database, skip this step and start with a blank XML file.

  2. 発行された apn スキーマに従って XML ファイル内の値を変更 します。 apn エントリが apn データベーススキーマ参照に従っていることを確認します。Modify values in the XML file according to the published APN schema – Ensure that your APN entries follow the APN database schema reference.

  3. ハードウェア id を生成 する–ハードウェア id は、SIM の特性をデータベース内の APN エントリと一致させる1つまたは複数のハードウェア id 文字列を指定します。Generate your hardware IDs – Hardware IDs specify one or more hardware identification strings that match the SIM characteristics to an APN entry in the database. 各文字列は、 HardwareId 要素によって指定されます。Each string is specified by a HardwareId element. ハードウェア Id を生成するには、mbidgenerator.exe を使用することをお勧めします。We recommend that you use mbidgenerator.exe to generate your hardware IDs. 詳細については、「mbidgenerator.exe を使用した ハードウェア id の生成」を参照してください。For more information, see Using mbidgenerator.exe to generate hardware IDs.

  4. 生成したファイルが、発行された apn データベーススキーマに準拠していることを検証 します。生成したファイルが apn データベーススキーマ参照に準拠していることを確認するために、常にスキーマチェックを実行します。Validate that the file you generated conforms to the published APN database schema -- Always perform a schema check to ensure that the file you have generated conforms to the APN database schema reference.

  5. 新しいデータベースを使用して、PC 上の APN 接続データベースを上書きします。Overwrite the APN connectivity database on the PC with your new database

    1. 管理者特権でのコマンドプロンプトで、「 cd% systemroot% \ system32 」と入力し、enter キーを押します。From an elevated command prompt, type cd %systemroot%\system32 and then press ENTER.

    2. Takeown/f. \ApnDatabase.xml 」と入力し、enter キーを押します。Type takeown /f .\ApnDatabase.xml and then press ENTER.

    3. Icacls .\ApnDatabase.xml/grant% username%: F 」と入力し、enter キーを押します。Type icacls .\ApnDatabase.xml /grant %username%:F and then press ENTER.

    4. カスタマイズしたバージョンの ApnDatabase.xml ファイルをディレクトリにコピーします。Copy your customized version of the ApnDatabase.xml file to the directory.

  6. APN エントリがローカル APN データベースに存在することを確認します。Validate that the APN entries exist in the local APN database:

    1. 次のコマンドを実行して、既存のモバイルブロードバンドプロファイルがないことを確認します。 netsh mb show profilesEnsure that there are no existing mobile broadband profiles by running the following command: netsh mb show profiles

    2. モバイルブロードバンドプロファイルが存在する場合は、「 netsh mb profile interface = < interface name > name = < profile name > 」と入力します。If a mobile broadband profile exists, type netsh mb profile interface=<Interface name> name=<Profile name>

    3. 次のコマンドを実行して、デバイスにプロビジョニングされたコンテキストがないことを確認します。 netsh mb show provisionedcontext interface = < interface name >Ensure that the device doesn’t have a provisioned context by running the following command: netsh mb show provisionedcontext interface=<Interface name>

      メモ デバイスがプロビジョニングされたコンテキストを提供する場合、Windows は、ローカルの APN データベースではなく、そのプロビジョニングされたコンテキストの APN を使用します。また、APNs をテストすることはできません。Note If the device provides a provisioned context, Windows will use the APN from that provisioned context instead of the local APN database and you will not able to test your APNs. デバイスにプロビジョニングされたコンテキストがある場合は、プロビジョニングされたコンテキストを提供しない別のデバイスを取得する必要があります。If the device has a provisioned context, you need to acquire another device that doesn’t provide a provisioned context.

    4. Windows 接続マネージャーを開きます。Open Windows Connection Manager. このファイルには、範囲内にある Wi-Fi とモバイルブロードバンドネットワークが表示されます。It will show the Wi-Fi and mobile broadband networks that are within range.

    5. モバイルネットワークを選択し、[ 接続] をクリックします。Select the Mobile Network, and then click Connect.

    6. SIM のプロパティに一致する APNs が複数ある場合、Windows 接続マネージャーは、接続が正常に行われるまで、一致する各 APNs を試行します。If you have multiple APNs that match the SIM properties, Windows Connection Manager will try each of the matching APNs until a successful connection takes place. APNs 接続がない場合は、Windows 接続マネージャーによってエラーが表示されるか、カスタム apn エントリ画面が表示され、ユーザーはカスタム APN を入力できます。If none of the APNs connect, Windows Connection Manager will either show an error or show a custom APN entry screen, allowing the user to enter a custom APN.

      メモ APN データベースで指定した自動接続の順序は、APNs の試行順序を決定するために使用されます。Note The auto-connect order that you specify in the APN database is used to determine the order in which APNs are tried.

    7. APN データベースに APN が1つしかない場合、Windows はオペレータネットワークに自動的に接続します。If you have only one APN in the APN database, Windows will automatically connect to the operator network.

注意

接続プロファイルにどの APN が適用されたかを確認するには、Windows 接続マネージャーを開き、ネットワークのモバイルブロードバンドエントリを右クリックして、[ プロパティ] をクリックします。You can see which APN was applied to the connection profile by opening Windows Connection Manager, right-clicking the Mobile Broadband entry for your network, and then clicking Properties.