OID _ スイッチ _ NIC の _ 切断

Hyper-V 拡張可能スイッチのプロトコル エッジは、OID _ SWITCH _ NIC _ DISCONNECT のオブジェクト識別子 (OID) セット要求を発行して、拡張可能スイッチ ポートとネットワーク アダプター間の接続が切断されているという、基になる拡張可能スイッチ拡張機能に通知します。 接続が完全に取り下がった後、拡張可能スイッチのプロトコル エッジは 、OID SWITCH NIC DELETE の OID セット要求 _ _ を発行 _ します

NDIS _ OID _ REQUEST 構造体の InformationBuffer メンバーには 、NDIS _ SWITCH NIC パラメーター構造体へのポインター _ が _ 含まれています。

解説

NDIS SWITCH NIC _ _ _ PARAMETERS 構造体 の Index メンバーは、切断通知が行われたネットワーク アダプターのインデックスを指定します。 指定した Index 値を持つ ネットワーク アダプターは 、PortId メンバーによって指定された拡張可能スイッチ ポートに接続されます。 これらのインデックス値の詳細については、「ネットワーク アダプターのインデックス値 」を参照してください

OID SWITCH NIC DISCONNECT の OID セット要求を処理する場合、拡張機能は次のガイドライン _ に _ 従う必要 _ があります。

  • 拡張機能は、OID 要求 に関連付けられている NDIS _ SWITCH NIC _ _ パラメーター 構造体を変更する必要はありません。

  • OID SWITCH NIC DISCONNECT 要求は、拡張スイッチ接続が、指定されたネットワーク アダプターと拡張可能スイッチ ポートの間で切断されているという通知 _ _ のみを拡張機能 _ に通知します。 拡張機能は、この OID 要求を処理した後、次の操作を行う必要があります。

    • OID SWITCH NIC DISCONNECT OID 要求が発行された拡張可能スイッチ ポートで、ネットワーク アダプター接続へのパケット トラフィック _ _ _ を生成します。

    • ReferenceSwitchNic を呼び出して、拡張可能スイッチ ポートで指定されたネットワーク アダプター接続の拡張可能スイッチ参照カウンターをインクリメントします。

    • OID SWITCH NIC DISCONNECT OID 要求が発行された基になるネットワーク アダプターに 、OID _ SWITCH _ NIC _ 要求の OID 要求を転送または _ _ _ 送信します。

      OID SWITCH NIC DISCONNECT が発行される前に拡張スイッチ参照カウンターをインクリメントするために ReferenceSwitchNic という拡張機能を呼び出した場合、拡張機能は引き続き OID 要求を転送または送信 _ _ _ できます。

    • OID SWITCH NIC DISCONNECT OID 要求が発行された基になるネットワーク アダプターから NDIS 状態 _ スイッチ _ _ NIC _ の状態を転送または _ _ _ 発信します。

      OID SWITCH NIC DISCONNECT が発行される前に拡張スイッチ参照カウンターをインクリメントするために ReferenceSwitchNic という拡張機能を呼び出した場合でも、拡張機能は NDIS 状態表示を転送または発信できます _ _ _ 。

      拡張が拡張スイッチ参照カウンターをインクリメントするために 以前に ReferenceSwitchNic を呼び出した場合、その呼び出しを同期して、OID 要求または NDIS 状態表示を、Hyper-V 拡張可能スイッチ OID 要求を管理するコードと同期する必要はありません。 拡張機能が参照カウンターをインクリメントした後、拡張可能スイッチ インターフェイスは 、OID SWITCH NIC DELETE の OID セット要求 _ _ を発行 _ します

  • 拡張機能は常に、この OID セット要求を基になる拡張機能に転送する必要があります。 拡張機能は要求を完了する必要があります。

  • 拡張可能スイッチ外部ネットワーク アダプターは、基になる 1 つ以上の物理アダプターにバインドできます。 外部ネットワーク アダプターにバインドされている物理ネットワーク アダプターごとに、拡張可能スイッチのプロトコル エッジは、OID SWITCH NIC DISCONNECT の個別の OID セット要求 _ _ を発行 _ します。 各 OID セット要求は、異なるネットワーク アダプター接続インデックス値を指定します。 これらのインデックス値の詳細については、「ネットワーク アダプターのインデックス値 」を参照してください

    拡張機能では、基になる各物理アダプターの接続状態を維持する必要があります。 物理ネットワーク アダプターを外部ネットワーク アダプターにバインドできるさまざまな構成の詳細については、「物理ネットワーク アダプター構成の種類」 を参照してください

拡張機能は、OID SWITCH NIC DISCONNECT の独自の OID _ セット要求を _ 発行 _ しることはできません。

拡張可能スイッチ ポートとネットワーク アダプター接続の状態の詳細については 、「Hyper-V 拡張可能スイッチ ポートとネットワーク アダプターの状態」を参照してください。

戻り値の状態コード

拡張可能スイッチの基になるミニポート エッジは、OID SWITCH NIC DISCONNECT の OID クエリ要求を完了し、次 _ _ の状態 _ コードを返します。

状態コード 説明

NDIS_STATUS_SUCCESS

OID 要求は正常に完了しました。

必要条件

Version

NDIS 6.30 以降でサポートされています。

Header

Ntddndis.h (Ndis.h を含む)

関連項目


NDIS _ OID _ 要求

NDIS _ スイッチ _ NIC _ パラメーター

OID _ スイッチ _ NIC _ の削除

OID _ スイッチ _ ポート _ 配列

ReferenceSwitchPort