ポイント アンド プリントの概要

ポイントアンドプリント は、Windows 2000 以降のクライアントのユーザーが、ディスクやその他のインストールメディアを提供せずにリモートプリンターへの接続を作成できるようにする機能を意味する用語です。 必要なすべてのファイルと構成情報は、プリントサーバーからクライアントに自動的にダウンロードされます。

ポイントアンドプリントテクノロジには、プリントサーバーからクライアントコンピューターに送信するファイルを指定するための2つの方法が用意されています。

  • ファイルは、プリンタードライバーに関連付けることができます。 これらのファイルは、ドライバーを使用するすべての印刷キューに関連付けられています。

  • ファイルは、個々の印刷キューに関連付けることができます。

詳細については、「 プリンターのインストール時のポイントアンドプリントのサポート」を参照してください。

ユーザーアプリケーションが (Microsoft Windows SDK のドキュメントで説明されている) Addprinterconnection 接続関数を呼び出してプリンター接続を確立すると、次の操作が実行されます。

  • ドライバー関連のファイルとキューに関連付けられたファイルは、プリントサーバーからクライアントにダウンロードされます。

  • プリンターのキーの下にあるサーバーのレジストリに格納されているプリンターの構成パラメーターの現在の値は、クライアントにダウンロードされます。

詳細については、「 プリンター接続中のポイントアンドプリントのサポート」を参照してください。