WinUSB (Winusb.sys) のインストールWinUSB (Winusb.sys) Installation

1つのアプリケーションのみによってアクセスされるデバイスなど、特定のユニバーサルシリアルバス (USB) デバイスについては、ドライバーを実装する代わりに、デバイスのカーネルモードスタックにwinusb (winusb .sys) を USB デバイスの関数ドライバーとしてインストールできます。For certain Universal Serial Bus (USB) devices, such as devices that are accessed by only a single application, you can install WinUSB (Winusb.sys) in the device's kernel-mode stack as the USB device's function driver instead of implementing a driver.

このトピックは次のセクションで構成されます。This topic contains these sections:

INF ファイルを使用せずに WinUSB を自動インストールするAutomatic installation of WinUSB without an INF file

OEM または独立系ハードウェアベンダー (IHV) は、Winusb を Windows 8 以降のバージョンのオペレーティングシステムに自動的にインストールするようにデバイスを構築できます。As an OEM or independent hardware vendor (IHV), you can build your device so that the Winusb.sys gets installed automatically on Windows 8 and later versions of the operating system. このようなデバイスは、WinUSB デバイスと呼ばれており、組み込みの Winusb .inf を参照するカスタム INF ファイルを作成する必要はありません。Such a device is called a WinUSB device and does not require you to write a custom INF file that references in-box Winusb.inf.

WinUSB デバイスを接続すると、システムによってデバイス情報が読み取られ、Winusb .sys が自動的に読み込まれます。When you connect a WinUSB device, the system reads device information and loads Winusb.sys automatically.

詳細については、「 Winusb デバイス」を参照してください。For more information, see WinUSB Device.

システム指定のデバイスクラスを指定して WinUSB をインストールするInstalling WinUSB by specifying the system-provided device class

デバイスに接続すると、Windows によって Winusb が自動的に読み込まれることがわかります (IHV がデバイスを WinUSB デバイスとして定義している場合)。When you connect your device, you might notice that Windows loads Winusb.sys automatically (if the IHV has defined the device as a WinUSB Device). それ以外の場合は、次の手順に従ってドライバーを読み込みます。Otherwise follow these instructions to load the driver:

  1. デバイスをホストシステムに接続します。Plug in your device to the host system.
  2. デバイスマネージャーを開き、デバイスを見つけます。Open Device Manager and locate the device.
  3. デバイスを右クリックし、コンテキストメニューの [ドライバーソフトウェアの更新...] を選択します。Right-click the device and select Update driver software... from the context menu.
  4. ウィザードで、 [コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを参照する] を選択します。In the wizard, select Browse my computer for driver software.
  5. [コンピューターのデバイスドライバーの一覧から選択できるようにする] を選択します。Select Let me pick from a list of device drivers on my computer.
  6. デバイスクラスの一覧から、 [ユニバーサルシリアルバスデバイス] を選択します。From the list of device classes, select Universal Serial Bus devices.
  7. Winusb デバイスが表示されます。The wizard displays WinUsb Device. ドライバーを読み込むには、このチェックボックスをオンにします。Select it to load the driver.

ユニバーサルシリアルバスデバイスがデバイスクラスの一覧に表示されない場合は、カスタム INF を使用してドライバーをインストールする必要があります。If Universal Serial Bus devices does not appear in the list of device classes, then you need to install the driver by using a custom INF. 前の手順では、デバイスにアクセスするためのアプリ (UWP アプリまたは Windows デスクトップアプリ) のデバイスインターフェイス GUID は追加されません。The preceding procedure does not add a device interface GUID for an app (UWP app or Windows desktop app) to access the device. この手順に従って、手動で GUID を追加する必要があります。You must add the GUID manually by following this procedure.

  1. 前の手順で説明したように、ドライバーを読み込みます。Load the driver as described in the preceding procedure.

  2. Guidgen.exe などのツールを使用して、デバイスのデバイスインターフェイス GUID を生成します。Generate a device interface GUID for your device, by using a tool such as guidgen.exe.

  3. 次のキーで、デバイスのレジストリキーを探します。Find the registry key for the device under this key:

    HKEY @ no__t-1LOCAL @ no__t-2MACHINE @ no__t-3SYSTEM @ no__t-4CurrentControlSet @ no__t-5Enum @ no__t-6USB @ no__t-7 @ no__t-8VID @ no__t-9vvvv & PID @ no__t-10pppp @ no__t-11HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Enum\USB\<VID_vvvv&PID_pppp>

  4. Device Parametersキーの下に、 deviceinterfaceguidという名前の文字列レジストリエントリ、またはDeviceinterfaceguidという名前の複数文字列エントリを追加します。Under the Device Parameters key, add a String registry entry named DeviceInterfaceGUID or a Multi-String entry named DeviceInterfaceGUIDs. 値を、手順 2. で生成した GUID に設定します。Set the value to the GUID you generated in step 2.

  5. デバイスをシステムから切断し、同じ物理ポートに再接続します。Disconnect the device from the system and reconnect it to the same physical port. **@No__t-** 1 物理ポートを変更した場合は、手順 1. ~ 4. を繰り返す必要があります。Note  If you change the physical port then you must repeat steps 1 through 4.

WinUSB インストール用のカスタム INF の作成Writing a custom INF for WinUSB installation

ドライバーパッケージの一部として、Winusb を USB デバイスの関数ドライバーとしてインストールする .inf ファイルを指定します。As part of the driver package, you provide an .inf file that installs Winusb.sys as the function driver for the USB device.

次の例の .inf ファイルは、ほとんどの USB デバイスの WinUSB インストールを示しています。たとえば、セクション名でのusb @ no__t のインストールは、適切なddinstall値に変更します。The following example .inf file shows WinUSB installation for most USB devices with some modifications, such as changing USB_Install in section names to an appropriate DDInstall value. 必要に応じて、バージョン、製造元、およびモデルのセクションも変更する必要があります。You should also change the version, manufacturer, and model sections as necessary. たとえば、適切な製造元の名前、署名されたカタログファイルの名前、正しいデバイスクラス、およびデバイスのベンダー id (VID) と製品識別子 (PID) を入力します。For example, provide an appropriate manufacture's name, the name of your signed catalog file, the correct device class, and the vendor identifier (VID) and product identifier (PID) for the device.

また、セットアップクラスが "USBDevice" に設定されていることにも注意してください。Also notice that the setup class is set to "USBDevice". ベンダーは、USB ホストコントローラーまたはハブではなく、別のクラスに属していないデバイスに対して "USBDevice" セットアップクラスを使用できます。Vendors can use the "USBDevice" setup class for devices that do not belong to another class and are not USB host controllers or hubs.

USB 複合デバイス内のいずれかの関数の関数ドライバーとして WinUSB をインストールする場合は、その関数に関連付けられているハードウェア ID を INF で指定する必要があります。If you are installing WinUSB as the function driver for one of the functions in a USB composite device, you must provide the hardware ID that is associated with the function, in the INF. デバイスマネージャーの devnode のプロパティから、関数のハードウェア ID を取得できます。You can obtain the hardware ID for the function from the properties of the devnode in Device Manager. ハードウェア ID 文字列の形式は、"USB @ no__t-0VID @ no__t-1vvvv & PID @ no__t-2pppp" です。The hardware ID string format is "USB\VID_vvvv&PID_pppp".

次の INF は、x64 ベースのシステム上に、OSR USB FX2 ボードの関数ドライバーとして WinUSB をインストールします。The following INF installs WinUSB as the OSR USB FX2 board's function driver on a x64-based system.

Windows 10 バージョン1709以降、Windows Driver Kit には InfVerif が用意されています。このキットを使用すると、ドライバーの inf ファイルをテストして、構文の問題がないこと、および INF ファイルがユニバーサルであることを確認できます。Starting in Windows 10, version 1709, the Windows Driver Kit provides InfVerif.exe that you can use to test a driver INF file to make sure there are no syntax issues and the INF file is universal. ユニバーサル INF を提供することをお勧めしています。We recommened that you provide a universal INF. 詳細については、「 UNIVERSAL INF ファイルの使用」を参照してください。For more information, see Using a Universal INF File.

;
;
; Installs WinUsb
;

[Version]
Signature = "$Windows NT$"
Class     = USBDevice
ClassGUID = {88BAE032-5A81-49f0-BC3D-A4FF138216D6}
Provider  = %ManufacturerName%
CatalogFile = WinUSBInstallation.cat
DriverVer=09/04/2012,13.54.20.543

; ========== Manufacturer/Models sections ===========

[Manufacturer]
%ManufacturerName% = Standard,NTamd64

[Standard.NTamd64]
%DeviceName% =USB_Install, USB\VID_0547&PID_1002

; ========== Class definition (for Windows 8 and ealier versions)===========

[ClassInstall32]
AddReg = ClassInstall_AddReg

[ClassInstall_AddReg]
HKR,,,,%ClassName%
HKR,,NoInstallClass,,1
HKR,,IconPath,%REG_MULTI_SZ%,"%systemroot%\system32\setupapi.dll,-20"
HKR,,LowerLogoVersion,,5.2

; =================== Installation ===================

[USB_Install]
Include = winusb.inf
Needs   = WINUSB.NT

[USB_Install.Services]
Include =winusb.inf
Needs   = WINUSB.NT.Services

[USB_Install.HW]
AddReg=Dev_AddReg

[USB_Install.Wdf]
KmdfService=WINUSB, WinUsb_Install

[WinUsb_Install]
KmdfLibraryVersion=1.11

[Dev_AddReg]
HKR,,DeviceInterfaceGUIDs,0x10000,"{9f543223-cede-4fa3-b376-a25ce9a30e74}"

; [DestinationDirs]
; If your INF needs to copy files, you must not use the DefaultDestDir directive here.  
; You must explicitly reference all file-list-section names in this section.

; =================== Strings ===================

[Strings]
ManufacturerName=""
ClassName="Universal Serial Bus devices"
DeviceName="Fx2 Learning Kit Device"
REG_MULTI_SZ = 0x00010000

新しいカスタムデバイスセットアップクラスをインストールするには、デバイスの INF ファイルに ClassInstall32 セクションのみを含めます。Only include a ClassInstall32 section in a device INF file to install a new custom device setup class. インストールされているクラスのデバイスの INF ファイル。システムが提供するデバイスセットアップクラスまたはカスタムクラスに ClassInstall32 セクションを含めることはできません。INF files for devices in an installed class, whether a system-supplied device setup class or a custom class, must not include a ClassInstall32 section.

デバイス固有の値と、次の一覧に記載されているいくつかの問題を除き、これらのセクションとディレクティブを使用して、任意の USB デバイスに WinUSB をインストールすることができます。Except for device-specific values and several issues that are noted in the following list, you can use these sections and directives to install WinUSB for any USB device. これらのリスト項目は、前の .inf ファイルのインクルード ディレクティブとディレクティブを記述します。These list items describe the Includes and Directives in the preceding .inf file.

  • USB @ no__t のインストール:WinUSB をインストールするには、 Includeおよび required ディレクティブがusb @ No__t-3installセクションに必要ですUSB_Install: The Include and Needs directives in the USB_Install section are required for installing WinUSB. これらのディレクティブは変更しないでください。You should not modify these directives.

  • USB @ no__t-1 install. Services:USB @ no__t-2Install. ServicesセクションのIncludeディレクティブには、winusb 用のシステム提供の .inf (winusb .inf) が含まれています。USB_Install.Services: The Include directive in the USB_Install.Services section includes the system-supplied .inf for WinUSB (WinUSB.inf). この .inf ファイルは、WinUSB 共同インストーラー (ターゲットシステムにまだインストールされていない場合) によってインストールされます。This .inf file is installed by the WinUSB co-installer if it isn't already on the target system. 必要に応じて、winusb .inf 内のセクションを指定します。これには、デバイスの関数ドライバーとして winusb をインストールするために必要な情報が含まれています。The Needs directive specifies the section within WinUSB.inf that contains information required to install Winusb.sys as the device's function driver. これらのディレクティブは変更しないでください。You should not modify these directives. **@No__t-** 1BECAUSE xp では winusb .inf が提供されないため、ファイルを共同インストーラーによって windows xp システムにコピーするか、windows xp 用に別の修飾されたセクションを指定する必要があります。Note  Because Windows XP doesn't provide WinUSB.inf, the file must either be copied to Windows XP systems by the co-installer, or you should provide a separate decorated section for Windows XP.

  • USB_Install.HW:このセクションは、.inf ファイルのキーです。USB_Install.HW: This section is the key in the .inf file. デバイスのデバイスインターフェイスグローバル一意識別子 (GUID) を指定します。It specifies the device interface globally unique identifier (GUID) for your device. AddRegディレクティブは、標準レジストリ値に指定されたインターフェイス GUID を設定します。The AddReg directive sets the specified interface GUID in a standard registry value. Winusb .sys がデバイスの関数ドライバーとして読み込まれると、レジストリ値 DeviceInterfaceGUIDs キーを読み取り、指定された GUID を使用してデバイスインターフェイスを表します。When Winusb.sys is loaded as the device's function driver, it reads the registry value DeviceInterfaceGUIDs key and uses the specified GUID to represent the device interface. この例の GUID は、デバイス専用に作成したものに置き換える必要があります。You should replace the GUID in this example with one that you create specifically for your device. デバイスのプロトコルが変更された場合は、新しいデバイスインターフェイス GUID を作成します。If the protocols for the device change, create a new device interface GUID.

    @No__t-1User モードのソフトウェアでは、DeviceInterfaceGUIDs キーの下で指定されたデバイスインターフェイスクラスの1つに関連付けられている登録済みのデバイスインターフェイスを列挙するために、 SetupDiGetClassDevsを呼び出す必要があることに注意してください。Note  User-mode software must call SetupDiGetClassDevs to enumerate the registered device interfaces that are associated with one of the device interface classes specified under the DeviceInterfaceGUIDs key. SetupDiGetClassDevsは、デバイスのデバイスハンドルを返します。ユーザーモードのソフトウェアは、デバイスインターフェイスの winusb ハンドルを取得するためにwinusb @ No__t-3initializeルーチンに渡す必要があります。SetupDiGetClassDevs returns the device handle for the device that the user-mode software must then pass to the WinUsb_Initialize routine to obtain a WinUSB handle for the device interface. これらのルーチンの詳細については、「 Winusb 機能を使用して Usb デバイスにアクセスする方法」を参照してください。For more info about these routines, see How to Access a USB Device by Using WinUSB Functions.

次の INF は、x64 ベースのシステム上に、OSR USB FX2 ボードの関数ドライバーとして WinUSB をインストールします。The following INF installs WinUSB as the OSR USB FX2 board's function driver on a x64-based system. この例は、WDF coinstallers を使用した INF を示しています。The example shows INF with WDF coinstallers.

;
;
; Installs WinUsb
;

[Version]
Signature = "$Windows NT$"
Class     = USBDevice
ClassGUID = {88BAE032-5A81-49f0-BC3D-A4FF138216D6}
Provider  = %ManufacturerName%
CatalogFile = WinUSBInstallation.cat
DriverVer=09/04/2012,13.54.20.543

; ========== Manufacturer/Models sections ===========

[Manufacturer]
%ManufacturerName% = Standard,NTamd64

[Standard.NTamd64]
%DeviceName% =USB_Install, USB\VID_0547&PID_1002

; ========== Class definition (for Windows 8 and ealier versions) ===========

[ClassInstall32]
AddReg = ClassInstall_AddReg

[ClassInstall_AddReg]
HKR,,,,%ClassName%
HKR,,NoInstallClass,,1
HKR,,IconPath,%REG_MULTI_SZ%,"%systemroot%\system32\setupapi.dll,-20"
HKR,,LowerLogoVersion,,5.2

; =================== Installation ===================

[USB_Install]
Include = winusb.inf
Needs   = WINUSB.NT

[USB_Install.Services]
Include =winusb.inf
Needs   = WINUSB.NT.Services

[USB_Install.HW]
AddReg=Dev_AddReg

[Dev_AddReg]
HKR,,DeviceInterfaceGUIDs,0x10000,"{9f543223-cede-4fa3-b376-a25ce9a30e74}"

[USB_Install.CoInstallers]
AddReg=CoInstallers_AddReg
CopyFiles=CoInstallers_CopyFiles

[CoInstallers_AddReg]
HKR,,CoInstallers32,0x00010000,"WdfCoInstaller01011.dll,WdfCoInstaller","WinUsbCoInstaller2.dll"

[CoInstallers_CopyFiles]
WinUsbCoInstaller2.dll
WdfCoInstaller01011.dll

[DestinationDirs]
; If your INF needs to copy files, you must not use the DefaultDestDir directive here.  
CoInstallers_CopyFiles=11
; ================= Source Media Section =====================

[SourceDisksNames]
1 = %DiskName%

[SourceDisksFiles]
WinUsbCoInstaller2.dll=1
WdfCoInstaller01011.dll=1


; =================== Strings ===================

[Strings]
ManufacturerName=""
ClassName="Universal Serial Bus devices"
DeviceName="Fx2 Learning Kit Device"
DiskName="MyDisk"
REG_MULTI_SZ = 0x00010000
  • USB @ no__t-1Install. CoInstallers:このセクションには、参照先のAddRegおよびCopyFilesセクションが含まれており、WINUSB と kmdf の共同インストーラーをインストールしてデバイスに関連付けるためのデータと手順が含まれています。USB_Install.CoInstallers: This section, which includes the referenced AddReg and CopyFiles sections, contains data and instructions to install the WinUSB and KMDF co-installers and associate them with the device. ほとんどの USB デバイスでは、これらのセクションとディレクティブを変更せずに使用できます。Most USB devices can use these sections and directives without modification.

  • X86 ベースおよび x64 ベースのバージョンの Windows では、個別の共同インストーラーが用意されています。The x86-based and x64-based versions of Windows have separate co-installers.

       各共同インストーラーには、無料バージョンとチェック済みバージョンがあります。Note  Each co-installer has free and checked versions. 無料バージョンを使用して、すべての製品版を含む Windows の無償のビルドに WinUSB をインストールします。Use the free version to install WinUSB on free builds of Windows, including all retail versions. チェックされたバージョン ("_chk" サフィックス) を使用して、Windows のチェックされたビルドに WinUSB をインストールします。Use the checked version (with the "_chk" suffix) to install WinUSB on checked builds of Windows.

Winusb .sys が読み込まれるたびに、 Deviceinterfaceguidsキーの下にあるレジストリに指定されているデバイスインターフェイスクラスを持つデバイスインターフェイスが登録されます。Each time Winusb.sys loads, it registers a device interface that has the device interface classes that are specified in the registry under the DeviceInterfaceGUIDs key.

HKR,,DeviceInterfaceGUIDs, 0x10000,"{D696BFEB-1734-417d-8A04-86D01071C512}"

   windows XP または windows Server 2003 の再頒布可能な winusb パッケージを使用する場合は、アンインストールパッケージで winusb をアンインストールしないようにしてください。Note  If you use the redistributable WinUSB package for Windows XP or Windows Server 2003, make sure that you don't uninstall WinUSB in your uninstall packages. 他の USB デバイスは WinUSB を使用している可能性があるため、バイナリを共有フォルダーに残しておく必要があります。Other USB devices might be using WinUSB, so its binaries must remain in the shared folder.

Winusb .sys をインストールするドライバーパッケージを作成する方法How to create a driver package that installs Winusb.sys

デバイスの関数ドライバーとして WinUSB を使用するには、ドライバーパッケージを作成します。To use WinUSB as the device's function driver, you create a driver package. ドライバーパッケージには、次のファイルが含まれている必要があります。The driver package must contain these files:

  • WinUSB 共同インストーラー (winusbinstaller .dll)WinUSB co-installer (Winusbcoinstaller.dll)
  • KMDF 共同インストーラー (Wdfcoinstaller Xxx .dll)KMDF co-installer (WdfcoinstallerXXX.dll)
  • デバイスの関数ドライバーとして Winusb .sys をインストールする .inf ファイル。An .inf file that installs Winusb.sys as the device's function driver. 詳細については、「の書き込み」を参照してください。WinUSB インストール用の Inf ファイルFor more information, see Writing an .Inf File for WinUSB Installation.
  • パッケージ用に署名されたカタログファイル。A signed catalog file for the package. このファイルは、Vista 以降の x64 バージョンの Windows に WinUSB をインストールするために必要です。This file is required to install WinUSB on x64 versions of Windows starting with Vista.

winusb インストールパッケージ

   ドライバーパッケージの内容が次の要件を満たしていることを確認してください。Note  Make sure that the driver package contents meet these requirements:

  • KMDF および WinUSB 共同インストーラーファイルは、同じバージョンの Windows Driver Kit (WDK) から取得する必要があります。The KMDF and WinUSB co-installer files must be obtained from the same version of the Windows Driver Kit (WDK).
  • 共同インストーラーファイルは最新バージョンの WDK から取得する必要があります。これにより、ドライバーは最新のすべての Windows リリースをサポートできるようになります。The co-installer files must be obtained from the latest version of the WDK, so that the driver supports all the latest Windows releases.
  • ドライバーパッケージの内容は、Winqual リリースシグネチャを使用してデジタル署名されている必要があります。The contents of the driver package must be digitally signed with a Winqual release signature. 署名されたカタログファイルを作成してテストする方法の詳細については、Windows デベロッパーセンターのハードウェアサイトの「カーネルモードコード署名のチュートリアル」を参照してください。For more info about how to create and test signed catalog files, see Kernel-Mode Code Signing Walkthrough on the Windows Dev Center - Hardware site.
  1. Windows Driver Kit (WDK) をダウンロードし、インストールします。Download the Windows Driver Kit (WDK) and install it.

  2. USB デバイスが接続されているコンピューターにドライバーパッケージフォルダーを作成します。Create a driver package folder on the machine that the USB device is connected to. たとえば、c: @no__t 0UsbDevice のようになります。For example, c:\UsbDevice.

  3. WinUSB 共同インストーラー (WinusbcoinstallerX) を、 WinDDK @ no__t-@no__t 1 のから、ドライバーパッケージフォルダーにコピーします。このファイルは、no__t から 4redist @-5winusbフォルダーにあります。Copy the WinUSB co-installer (WinusbcoinstallerX.dll) from the WinDDK\BuildNumber\redist\winusb folder to the driver package folder.

    WinUSB 共同インストーラー (Winusbinstaller .dll) は、必要に応じて、ターゲットシステムに WinUSB をインストールします。The WinUSB co-installer (Winusbcoinstaller.dll) installs WinUSB on the target system, if necessary. WDK には、x86 ベース、x64 ベース、および Itanium ベースのシステムアーキテクチャに応じて、3つのバージョンの共同インストーラーが含まれています。The WDK includes three versions of the co-installer depending on the system architecture: x86-based, x64-based, and Itanium-based systems. これらはすべて WinusbcoinstallerX という名前であり、適切なサブディレクトリの中にあります。このファイルは、 @ no__t- @no__t** 1 のにあります。They are all named WinusbcoinstallerX.dll and are located in the appropriate subdirectory in the WinDDK\BuildNumber\redist\winusb** folder.

  4. KMDF 共同インストーラー (Wdfcoインストーラ) を、 WinDDK @ no__t-@no__t 1 のから、ドライバーパッケージフォルダーにコピーします。このファイルは、no__tフォルダーにあります。Copy the KMDF co-installer (WdfcoinstallerXXX.dll) from the WinDDK\BuildNumber\redist\wdf folder to the driver package folder.

    必要に応じて、KMDF 共同インストーラー (Wdfcoinstaller Xxx .dll) によってターゲットシステムに適切なバージョンの KMDF がインストールされます。The KMDF co-installer (WdfcoinstallerXXX.dll) installs the correct version of KMDF on the target system, if necessary. Winusb (Winusb) などの KMDF ベースのクライアントドライバーでは、対応するバージョンの KMDF フレームワークがシステムに適切にインストールされている必要があるため、WinUSB 共同インストーラーのバージョンは KMDF 共同インストーラーと一致している必要があります。The version of WinUSB co-installer must match the KMDF co-installer because KMDF-based client drivers, such as Winusb.sys, require the corresponding version of the KMDF framework to be installed properly on the system. たとえば、Winusbcoinstaller2 では、Wdfcoinstaller01009 によってインストールされる KMDF バージョン1.9 が必要です。For example, Winusbcoinstaller2.dll requires KMDF version 1.9, which is installed by Wdfcoinstaller01009.dll. WinDDK @ no__t-1\redist @ no__tフォルダーにある WDK には、X86 および X64 バージョンの wdfcoインストーラ xxx が含まれています。The x86 and x64 versions of WdfcoinstallerXXX.dll are included with the WDK under the WinDDK\BuildNumber\redist\wdf folder. 次の表は、WinUSB 共同インストーラーと、ターゲットシステムで使用する関連する KMDF 共同インストーラーを示しています。The following table shows the WinUSB co-installer and the associated KMDF co-installer to use on the target system.

    この表を使用して、WinUSB 共同インストーラーと関連付けられている KMDF 共同インストーラーを確認します。Use this table to determine the WinUSB co-installer and the associated KMDF co-installer.

    WinUSB 共同インストーラーWinUSB co-installer KMDF ライブラリのバージョンKMDF library version KMDF 共同インストーラーKMDF co-installer
    Winusbcoinstaller インストーラー .dllWinusbcoinstaller.dll KMDF バージョン1.5 以降が必要ですRequires KMDF version 1.5 or later

    Wdfcoinstaller01005Wdfcoinstaller01005.dll

    Wdfcoinstaller01007Wdfcoinstaller01007.dll

    Wdfcoinstaller01009Wdfcoinstaller01009.dll

    Winusbcoinstaller2Winusbcoinstaller2.dll KMDF バージョン1.9 以降が必要ですRequires KMDF version 1.9 or later Wdfcoinstaller01009Wdfcoinstaller01009.dll
    Winusbcoinstaller2Winusbcoinstaller2.dll KMDF バージョン1.11 以降が必要ですRequires KMDF version 1.11 or later WdfCoInstaller01011WdfCoInstaller01011.dll
  5. USB デバイスの関数ドライバーとして Winusb .sys をインストールする .inf ファイルを作成します。Write an .inf file that installs Winusb.sys as the function driver for the USB device.

  6. パッケージ用に署名されたカタログファイルを作成します。Create a signed catalog file for the package. このファイルは、x64 バージョンの Windows に WinUSB をインストールするために必要です。This file is required to install WinUSB on x64 versions of Windows.

  7. USB デバイスをコンピューターに接続します。Attach the USB device to your computer.

  8. デバイスマネージャーを開いてドライバーをインストールします。Open Device Manager to install the driver. ドライバーソフトウェアの更新ウィザードの指示に従って、[手動インストール] を選択します。Follow the instructions on the Update Driver Software wizard and choose manual installation. インストールを完了するには、ドライバーパッケージフォルダーの場所を指定する必要があります。You will need to provide the location of the driver package folder to complete the installation.

WinUSB アーキテクチャとモジュールWinUSB Architecture and Modules
USB クライアントドライバーを開発するためのドライバーモデルの選択Choosing a driver model for developing a USB client driver
WinUSB 機能を使用して USB デバイスにアクセスする方法How to Access a USB Device by Using WinUSB Functions
WinUSB 電源管理WinUSB Power Management
パイプポリシーを変更するための WinUSB 関数WinUSB Functions for Pipe Policy Modification
WinUSB 関数WinUSB Functions
WinUSBWinUSB