Windows セットアップにカスタム スクリプトを追加します。Add a Custom Script to Windows Setup

Windows セットアップ スクリプト:Setupcomplete.cmdErrorHandler.cmd中に、または Windows セットアップ プロセスの後に実行するカスタムのスクリプトします。Windows Setup scripts: Setupcomplete.cmd and ErrorHandler.cmd are custom scripts that run during or after the Windows Setup process. アプリケーションをインストールまたはを使用して他のタスクを実行できますcscript または wscriptスクリプト。They can be used to install applications or run other tasks by using cscript/wscript scripts.

  • %Windir%\セットアップ\スクリプト\SetupComplete.cmd:このスクリプトは、ユーザーには、デスクトップが表示されます。 後ですぐに実行されます。%WINDIR%\Setup\Scripts\SetupComplete.cmd: This script runs immediately after the user sees the desktop. OEM のプロダクト キーを使用する場合は、この設定を無効になっています。This setting is disabled when using OEM product keys. ローカル システム権限で実行します。It runs with local system permission.
  • %Windir%\セットアップ\スクリプト\ErrorHandler.cmd:このスクリプトは、セットアップに致命的なエラーが発生したときに自動的に実行されます。%WINDIR%\Setup\Scripts\ErrorHandler.cmd: This script runs automatically when Setup encounters a fatal error. ローカル システム権限で実行します。It runs with local system permission.

Windows 無人セットアップ スクリプト:Windows セットアップ プロセス中に実行するこれらの設定のいずれかの Unattend.xml ファイルを作成します。Windows Unattend scripts: Create an Unattend.xml file with one of these settings to run during the Windows Setup process. これは、OEM のプロダクト キーで使用できます。This can be used with OEM product keys.

サービスまたは同時に開始できるコマンドを実行するには、RunAsynchronousCommands を使用します。To run services or commands that can start at the same time, use RunAsynchronousCommands. 他のコマンドの前に完了する必要があるコマンドを実行するには、ことができます、RunSynchronousCommands を使用します。To run commands that need to finish before other commands can start, use RunSynchronousCommands.

  の Windows 10、 Microsoft ウィンドウ シェル セットアップ\LogonCommands\AsynchronousCommand LogonCommands のようなようになりました\AsynchronousCommand: 無人インストール設定を使用してこれらのすべてのコマンドは、ここで、同時に起動され、不要になった前のコマンドが完了するまで待ちます。Note  As of Windows 10, Microsoft-Window-Shell-Setup\LogonCommands\AsynchronousCommand now works like LogonCommands\AsynchronousCommand: all commands using these unattend settings are now started at the same time, and no longer wait for the previous command to finish.

これらの設定の一部は、ユーザー コンテキストで実行、構成パスに応じてシステム コンテキストで動作するものです。Some of these settings run in the user context, others run in the system context depending on the configuration pass.

  • 追加Microsoft Windows のセットアップ\RunAsynchronousCommandまたはRunSynchronousCommand Windows セットアップが開始されると、スクリプトを実行します。Add Microsoft-Windows-Setup\RunAsynchronousCommand or RunSynchronousCommand to run a script as Windows Setup starts. これは、ハード ディスク パーティションを設定するために役立てることができます。This can be helpful for setting hard disk partitions.

  • 追加Microsoft Windows-Deployment\RunAsynchronousCommandまたはRunSynchronousCommandauditUserスクリプトを実行する構成パスPC が監査モードになったときに実行されます。Add Microsoft-Windows-Deployment\RunAsynchronousCommand or RunSynchronousCommand to the auditUser configuration pass to run a script that runs when the PC enters audit mode. これは、自動化されたアプリのインストールやテストなどのタスクに役立ちます。This can be helpful for tasks like automated app installation or testing.

  • 追加Microsoft Windows Shell セットアップ\LogonCommands\AsynchronousCommandまたはFirstLogonCommands\SynchronousCommand帯の後に実行するにはボックス Experience (OOBE) が前に、ユーザーがデスクトップに表示されます。Add Microsoft-Windows-Shell-Setup\LogonCommands\AsynchronousCommand or FirstLogonCommands\SynchronousCommand to run after the Out of Box Experience (OOBE) but before the user sees the desktop. 便利後、ユーザーが自分の言語を選択して既に言語に固有のアプリまたはコンテンツを設定することができます。This can be especially useful to set up language-specific apps or content after the user has already selected their language.

    長いスクリプトでは、ユーザーがスタート画面を迅速に到達できないようにできるため、これらのスクリプトを多用します。Use these scripts sparingly because long scripts can prevent the user from reaching the Start screen quickly. Windows の製品版から、これらのスクリプトに、追加の制限が適用されます。For retail versions of Windows, additional restrictions apply to these scripts. 詳しくは、 OEM Partner Centerのライセンスとポリシーに関するガイダンスをご覧ください。For info, see the Licensing and Policy guidance on the OEM Partner Center.

       FirstLogonCommands を使用してスクリプトを追加するときにトリガーされます、次の起動時に Ctrl + Shift + F3 を使用して監査モードで起動した場合でもです。Note   When you add a script using FirstLogonCommands, it will be triggered on the next boot, even if you boot into audit mode using Ctrl+Shift+F3. これらのスクリプトをトリガーすることがなく監査モードで起動するには、設定を追加します。Microsoft Windows-Deployment\再シール\モード監査を = です。To boot to audit mode without triggering these scripts, add the setting: Microsoft-Windows-Deployment\Reseal\Mode = Audit.

セットアップの完了 (SetupComplete.cmd) 後にスクリプトを実行します。Run a script after setup is complete (SetupComplete.cmd)

操作の順序Order of operations

  1. Windows がインストールされているが、Windows セットアップが検索、ログオン画面が表示されたら、前に、 SetupComplete.cmdファイル、 %windir%\セットアップ\スクリプト\ディレクトリ.After Windows is installed but before the logon screen appears, Windows Setup searches for the SetupComplete.cmd file in the %WINDIR%\Setup\Scripts\ directory.

  2. 場合、 SetupComplete.cmdファイルが見つかると、Windows セットアップは、スクリプトを実行します。If a SetupComplete.cmd file is found, Windows Setup runs the script. Windows セットアップでは、アクションをログ、 c:\Windows\Panther\UnattendGC\Setupact.logファイル。Windows Setup logs the action in the C:\Windows\Panther\UnattendGC\Setupact.log file.

    実行後に、セットアップに終了コードやスクリプトでエラー レベルを同時に確認することはないSetupComplete.cmdします。Setup does not verify any exit codes or error levels in the script after it executes SetupComplete.cmd.

    警告  システムを再起動することはできませんと再開を実行しているSetupComplete.cmdします。Warning  You cannot reboot the system and resume running SetupComplete.cmd. などのコマンドの追加によってシステムを再起動する必要がありますシャット ダウン rします。You should not reboot the system by adding a command such as shutdown -r. 異常な状態にこのシステムに配置されます。This will put the system in a bad state.

  3. コンピューターのインストール時にドメインに参加する場合、ドメインで定義されているグループ ポリシーは、まで、コンピューターには適用されませんSetupcomplete.cmdが終了します。If the computer joins a domain during installation, the Group Policy that is defined in the domain is not applied to the computer until Setupcomplete.cmd is finished. これは、グループ ポリシーの構成処理が、スクリプトが妨げられないようにかどうかを確認します。This is to make sure that the Group Policy configuration activity does not interfere with the script.

Windows セットアップに致命的なエラー (ErrorHandler.cmd) が発生した場合、スクリプトを実行します。Run a script if Windows Setup encounters a fatal error (ErrorHandler.cmd)

このスクリプトは、同時に多くのシステムをインストールしている場合に便利です。This script is useful when you're installing many systems at the same time. Windows セットアップ中にエラーが発生したときに検出できます。This helps you detect when an error occurs during Windows Setup. このとき、セットアップは自動的にエラーの原因に対処するには、カスタムのコマンドや操作に含めることがでくスクリプトを実行します。When it does, Setup automatically runs a script that can contain custom commands or actions to address the cause of the error.

Windows セットアップを実行すると、致命的なエラーが発生した、インストールを完了できなくなりますが、Windows セットアップをコマンド スクリプトは次のディレクトリ内の検索: %windir%\セットアップ\スクリプト\ErrorHandler.cmdします。If Windows Setup encounters a fatal error and is prevented from completing the installation, Windows Setup searches for a command script in the following directory: %WINDIR%\Setup\Scripts\ErrorHandler.cmd. 2 つのアクションのいずれかが発生、スクリプトが見つかったかどうかに応じてします。One of two actions will occur, depending on whether the script is found.

  • スクリプトが見つからない場合にエラー テキスト ダイアログ ボックスが表示されます。If the script is not found, a dialog box is displayed with the error text. ユーザーは、Windows セットアップが終了する前に、ダイアログ ボックスを閉じる必要があります。A user must dismiss the dialog box before Windows Setup exits.
  • スクリプトが見つかった場合、スクリプトを同期的に実行します。If the script is found, the script executes synchronously. ダイアログ ボックスとエラー テキストは表示されません。No dialog box or error text is displayed. 後に、 ErrorHandler.cmdスクリプトが終了して、Windows セットアップが終了します。After the ErrorHandler.cmd script has finished running, Windows Setup exits.

、Windows セットアップの段階に応じて、コンピューターは元の Windows セットアップを実行した以前のバージョンのオペレーティング システムか Windows プレインストール環境 (Windows PE) などの環境に戻ります。Depending on the phase of Windows Setup, the computer will return to the environment from which Windows Setup was executed, such as an earlier version of the operating system or Windows Preinstallation Environment (Windows PE), for example.

Windows セットアップが 1 つ以上のエラーが発生したときに ErrorHandler.cmd スクリプトを複数回実行のインスタンスがかかることがあります。There may be instances when Windows Setup encounters more than one error and runs the ErrorHandler.cmd script more than once. コードを開発する際にErrorHandler.cmd、複数回、このスクリプトを実行できるようにします。When developing the code for ErrorHandler.cmd, make sure that you can run this script multiple times.

ErrorHandler.cmd を使用する次のいずれかを行うことができます。To use ErrorHandler.cmd, you can do either of the following:

  • イメージをマウントしで、イメージに追加 %windir%\セットアップ\スクリプト\ErrorHandler.cmdします。Mount the image, and add it to the image, in %WINDIR%\Setup\Scripts\ErrorHandler.cmd. イメージのマウントを解除します。Unmount the image.

    - または --or-

  • 追加ErrorHandler.cmd一時ファイルの場所に (たとえば、c:\Temp\ErrorHandler.cmd)、し Windows セットアップの実行を使用して、 /mオプション。Add ErrorHandler.cmd to a temporary file location (for example, C:\Temp\ErrorHandler.cmd), and then run Windows Setup using the /m option.

    Setup /m:C:\Temp
    

    詳細についてを参照してください。 Windows セットアップ コマンド ライン オプションします。To learn more, see Windows Setup Command-Line Options.

関連トピックRelated topics

Windows セットアップ テクニカル リファレンスWindows Setup Technical Reference

DVD からブートBoot from a DVD

構成セットを使用して Windows セットアップUse a Configuration Set with Windows Setup

カスタム イメージを展開します。Deploy a Custom Image

監査モードまたは OOBE にブート WindowsBoot Windows to Audit Mode or OOBE

Windows セットアップ中にデバイス ドライバーを Windows に追加します。Add Device Drivers to Windows During Windows Setup