BCDBoot コマンド ライン オプションBCDBoot Command-Line Options

BCDBoot は、Windows オペレーティング システムを実行するには、PC やデバイスのブート ファイルを構成するために使用するコマンド ライン ツールです。BCDBoot is a command-line tool used to configure the boot files on a PC or device to run the Windows operating system. 次のシナリオでは、ツールを使用できます。You can use the tool in the following scenarios:

  • 新しい Windows イメージを適用した後、PC にブート ファイルを追加します。Add boot files to a PC after applying a new Windows image. 一般的なイメージに基づく Windows の展開で、イメージをブートするファームウェアとシステム パーティションを設定する BCDBoot を使用します。In a typical image-based Windows deployment, use BCDBoot to set up the firmware and system partition to boot to your image. 詳細についてを参照してください。キャプチャし、Windows の適用、システム、および回復パーティションします。To learn more, see Capture and Apply Windows, System, and Recovery Partitions.
  • Windows イメージを含む仮想ハード_ディスク (VHD) ファイルをブートする PC を設定します。Set up the PC to boot to a virtual hard disk (VHD) file that includes a Windows image. 詳細についてを参照してください。ブート VHD (ネイティブ ブート) するには。仮想ハード ディスクをブート メニューに追加します。To learn more, see Boot to VHD (Native Boot): Add a Virtual Hard Disk to the Boot Menu.
  • システム パーティションを修復します。Repair the system partition. システム パーティションが破損している場合は、Windows のパーティションからこれらのファイルの新しいコピーを使用して、システム パーティション ファイルを再作成に BCDBoot を使用できます。If the system partition has been corrupted, you can use BCDBoot to recreate the system partition files by using new copies of these files from the Windows partition.
  • 設定するか、ブート メニューには、デュアル ブート コンピューターを修復します。Set up or repair the boot menu on a dual-boot PC. PC で Windows の複数のコピーをインストールしている場合は、追加、ブート メニューを修復または BCDBoot を使用できます。If you've installed more than one copy of Windows on a PC, you can use BCDBoot to add or repair the boot menu.

ファイルの場所File Locations

Windows と Windows プレインストール環境 (WinPE) でIn Windows and Windows Preinstallation Environment (WinPE)

%WINDIR%\System32\BCDBoot.exe%WINDIR%\System32\BCDBoot.exe

で、Windows アセスメント & デプロイメント キット (Windows ADK)。In the Windows Assessment and Deployment Kit (Windows ADK):

C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Deployment Tools\amd64\BCDBoot\BCDBoot.exeC:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Deployment Tools\amd64\BCDBoot\BCDBoot.exe

サポートされるオペレーティング システムSupported operating systems

BCDBoot では、Windows 10、Windows 8.1、Windows 8、Windows 7、Windows Vista、Windows Server 2016 Technical Preview、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012、Windows Server 2008 R2、または Windows Server 2008 のイメージからブート環境ファイルをコピーできます。BCDBoot can copy boot environment files from images of Windows 10, Windows 8.1, Windows 8, Windows 7, Windows Vista, Windows Server 2016 Technical Preview, Windows Server 2012 R2, Windows Server 2012, Windows Server 2008 R2, or Windows Server 2008.

しくみHow It Works

システム パーティションを構成するには、BCDBoot は、システム パーティションに、インストールされている Windows イメージから少数のブート環境ファイルをコピーします。To configure the system partition, BCDBoot copies a small set of boot-environment files from the installed Windows image to the system partition.

BCDBoot では、Windows ファイルの最新バージョンを使用して、システム パーティション、ブート構成データ (BCD) ストアを作成できます。BCDBoot can create a Boot Configuration Data (BCD) store on the system partition using the latest version of the Windows files:

  • BCDBoot は、%windir% を使用して、Windows ブート マネージャーを含む、システム パーティションに新しい BCD ストアと BCD のブート環境のファイルの初期化を作成します。\System32\Config\Bcd-template ファイル。BCDBoot creates a new BCD store and initialize the BCD boot-environment files on the system partition, including the Windows Boot Manager, using the %WINDIR%\System32\Config\BCD-Template file.
  • Windows 10: 新機能アップグレードの際、BCDBoot 保持他の既存のブート エントリなどdebugsettings新しいストアを作成するときに、します。New in Windows 10: During an upgrade, BCDBoot preserves any other existing boot entries, such as debugsettings, when creating the new store. 使用して、 /cオプションを以前の設定を無視し、新しい BCD ストアで新たに開始します。Use the /c option to ignore the old settings and start fresh with a new BCD store.
  • 既定では、この Windows パーティション用のブート エントリが既にある場合は、古いブート エントリとその値に BCDBoot が消去されます。If there is already a boot entry for this Windows partition, by default, BCDBoot erases the old boot entry and its values. 使用して、 /mシステム ファイルを更新するときに、既存のブート エントリの値を保持するオプション。Use the /m option to retain the values from an existing boot entry when you update the system files.
  • 既定では、BCDBoot は、Windows ブート マネージャーの起動順序の先頭に、選択した Windows パーティション用のブート エントリを移動します。By default, BCDBoot moves the boot entry for the selected Windows partition to the top of the Windows Boot Manager boot order. 使用して、 /d既存のブート順序を保持するオプション。Use the /d option to preserve the existing boot order.

BCDBoot は UEFI の Pc で、デバイスの NVRAM のファームウェア エントリを更新できます。On UEFI PCs, BCDBoot can update the firmware entries in the device’s NVRAM:

  • BCDBoot では、Windows ブート マネージャーを指す NVRAM のファームウェア エントリが追加されます。BCDBoot adds a firmware entry in the NVRAM to point to the Windows Boot Manager. 既定では、このエントリはブートの一覧の最初の項目として配置されます。By default, this entry is placed as the first item in the boot list. 使用して、 /p既存の UEFI ブート順序を保持するオプション。Use the /p option to preserve the existing UEFI boot order. 使用 /addlastブート順序の一覧の下部に追加します。Use /addlast to add it to the bottom of the boot order list.

コマンド ライン オプションCommand-Line Options

次のコマンド ライン オプション BCDBoot.exe を利用できます。The following command-line options are available for BCDBoot.exe.

BCDBOOT <ソース> [ /l <ロケール> ] [ /s <ボリューム文字> [ /f < ファームウェアの種類> ] ] [ /v ] [ /m [{OS ローダー GUID}] ] [ /addlastまたは /p ] [ /d ] [ /c]BCDBOOT <source> [/l <locale>] [/s <volume-letter> [/f <firmware type>]] [/v] [/m [{OS Loader GUID}]] [/addlast or /p] [/d] [/c]

構成方法Option 説明Description

<ソース><source>

必須。Required. ブート環境ファイルをコピーするために、ソースとして使用する Windows ディレクトリの場所を指定します。Specifies the location of the Windows directory to use as the source for copying boot-environment files.

次の例では、C:\Windows フォルダーから BCD ファイルを使用して、システム パーティションを初期化します。The following example initializes the system partition by using BCD files from the C:\Windows folder:

bcdboot C:\Windows

/l <locale>/l <locale>

(省略可能)。Optional. ロケールを指定します。Specifies the locale. 既定値は英語 (米国) (en-us)。The default is US English (en-us).

次の例では、既定の BCD のロケールを日本語に設定します。The following example sets the default BCD locale to Japanese:

bcdboot C:\Windows /l ja-jp

/s <ボリューム文字>/s <volume letter>

(省略可能)。Optional. システム パーティションのボリューム文字を指定します。Specifies the volume letter of the system partition. 一般的な展開シナリオで、このオプションを使用しない必要があります。This option should not be used in typical deployment scenarios.

この設定を使用すると、USB フラッシュ ドライブまたはセカンダリ ハード ドライブなど、別のコンピューターでを起動するドライブを構成する際にシステム パーティションを指定できます。Use this setting to specify a system partition when you are configuring a drive that will be booted on another computer, such as a USB flash drive or a secondary hard drive.

UEFI:UEFI:

  • BCDBoot では、EFI システム パーティション、または/s オプションで指定されたパーティションにブート ファイルをコピーします。BCDBoot copies the boot files to either the EFI system partition, or the partition specified by the /s option.

    BCDBoot では、同じパーティションに BCD ストアを作成します。BCDBoot creates the BCD store in the same partition.

    既定では、BCDBoot は、システム パーティションにブート ファイルを識別するために、ファームウェアの NVRAM 内に Windows ブート マネージャ エントリを作成します。By default, BCDBoot creates a Windows Boot Manager entry in the NVRAM on the firmware to identify the boot files on the system partition. /S オプションを使用すると、このエントリは作成されません。If the /s option is used, then this entry is not created. 代わりに、BCDBoot はシステム パーティションにブート ファイルを識別するために、既定のファームウェア設定に依存します。Instead, BCDBoot relies on the default firmware settings to identify the boot files on the system partition. UEFI 2.3.1 を仕様では、既定のファームウェア設定は、ファイルを開く必要があります: \efi\boot\bootx64.efi EFI システム パーティション (ESP) にします。By the UEFI 2.3.1 spec, the default firmware settings should open the file: \efi\boot\bootx64.efi in the EFI System Partition (ESP).

BIOS:BIOS:

  1. BCDBoot では、プライマリのハード ドライブ上のアクティブ パーティションまたは/s オプションで指定されたパーティションにブート ファイルをコピーします。BCDBoot copies the boot files to either the active partition on the primary hard drive, or the partition specified by the /s option.

  2. BCDBoot では、同じパーティションに BCD ストアを作成します。BCDBoot creates the BCD store in the same partition.

次の例では、セカンダリ ハード ドライブを起動する別のコンピューター上のシステム パーティションに、C:\Windows フォルダーから BCD ファイルをコピーします。The following example copies BCD files from the C:\Windows folder to a system partition on a secondary hard drive that will be booted on another computer. 別のドライブのシステム パーティションには、ボリューム文字が割り当てられたS:The system partition on the secondary drive was assigned the volume letter S:

bcdboot C:\Windows /s S:

次の例では、S、UEFI ベースまたは BIOS ベースのコンピューターをサポートするブート ファイルを含むボリュームでの USB フラッシュ ドライブ ブート エントリを作成します。The following example creates boot entries on a USB flash drive with the volume letter S, including boot files to support either a UEFI-based or a BIOS-based computer:

bcdboot C:\Windows /s S: /f ALL

/f <ファームウェアの種類>/f <firmware type>

(省略可能)。Optional. ファームウェアの種類を指定します。Specifies the firmware type. 有効な値はUEFIBIOS、およびALLします。Valid values include UEFI, BIOS, and ALL.

  • BIOS MBR ベースのシステムでは、既定値はBIOSします。On BIOS/MBR-based systems, the default value is BIOS. このオプションを作成、 \Bootブート環境ファイルがこのディレクトリに必要なシステム パーティションとコピーのディレクトリ。This option creates the \Boot directory on the system partition and copies all required boot-environment files to this directory.

  • UEFI GPT ベースのシステムでは、既定値はUEFIします。On UEFI/GPT-based systems, the default value is UEFI. このオプションを作成、 \Efi\Microsoft\Bootディレクトリおよびコピー必要なすべてのブート環境ファイルをこのディレクトリにします。This option creates the \Efi\Microsoft\Boot directory and copies all required boot-environment files to this directory.

  • 指定した場合、ALL値、BCDBoot 両方が作成され、 \Boot\Efi\Microsoft\Bootディレクトリ、およびこれらを BIOS および UEFI の必要なコピーすべてブート環境ファイルディレクトリ。When you specify the ALL value, BCDBoot creates both the \Boot and the \Efi\Microsoft\Boot directories, and copies all required boot-environment files for BIOS and UEFI to these directories.

指定した場合、 /fオプションも指定してください、 /sシステム パーティションのボリューム文字を識別するにはオプションです。If you specify the /f option, you must also specify the /s option to identify the volume letter of the system partition.

次の例は、UEFI ベースまたは USB フラッシュ ドライブ ボリューム文字を割り当てられた C:\Windows フォルダーから、BIOS ベース コンピュータの起動をサポートする BCD ファイルをコピー S:The following example copies BCD files that support booting on either a UEFI-based or a BIOS-based computer from the C:\Windows folder to a USB flash drive that was assigned the volume letter S:

bcdboot C:\Windows /s S: /f ALL 

/v/v

(省略可能)。Optional. 詳細モードを有効にします。Enables verbose mode. 以下に例を示します。Example:

bcdboot C:\Windows /v

/m [{OS ローダー GUID}]/m [{OS Loader GUID}]

(省略可能)。Optional. 新しいブート エントリに既存のブート エントリの値をマージします。Merges the values from an existing boot entry into a new boot entry.

既定では、このオプションは、グローバル オブジェクトのみをマージします。By default, this option merges only global objects. 指定した場合、 OS ローダー GUID、このオプションは、起動可能なエントリを生成するためにシステム テンプレート内のローダー オブジェクトをマージします。If you specify an OS Loader GUID, this option merges the loader object in the system template to produce a bootable entry.

次の例では、新しい BCD ストアで指定された GUID を識別する現在の BCD ストアでのオペレーティング システム ローダーをマージします。The following example merges the operating-system loader in the current BCD store that the specified GUID identifies in the new BCD store:

bcdboot c:\Windows /m {xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx}

/addlast/addlast

(省略可能)。Optional. Windows ブート マネージャーのファームウェア エントリが最後追加する必要がありますを指定します。Specifies that the Windows Boot Manager firmware entry should be added last. 既定の動作では、最初に追加します。The default behavior is to add it first. /P では使用できません。Cannot be used with /p.

bcdboot C:\Windows /addlast

/p/p

(省略可能)。Optional. UEFI ブート順序で既存の Windows ブート マネージャーのファームウェア エントリの位置を保持することを指定します。Specifies that the existing Windows Boot Manager firmware entry position should be preserved in the UEFI boot order. エントリが存在しない場合は、新しいエントリが最初の位置に追加されます。If entry does not exist, a new entry is added in the first position. /Addlast では使用できません。Cannot be used with /addlast.

既定では、アップグレードの BCDBoot の中に、UEFI ブート順序の最初のエントリがある Windows ブート マネージャーに移動します。By default, during an upgrade BCDBoot moves the Windows Boot Manager to be the first entry in the UEFI boot order.

bcdboot C:\Windows /p
bcdboot C:\Windows /p /d

/d/d

(省略可能)。Optional. {Bootmgr} オブジェクトでは、Windows ブート マネージャーでは、既存の既定のオペレーティング システム エントリを保持します。Preserves the existing default operating system entry in the {bootmgr} object in Windows Boot Manager.

bcdboot C:\Windows /d

/c/c

(省略可能)。Optional. 既存の BCD 要素を移行しないことを指定します。Specifies that any existing BCD elements should not be migrated.

Windows 10: の新機能既定では、アップグレード、BCD 要素などの中にdebugsettingsまたはflightsigningは保持されます。New for Windows 10: By default, during an upgrade, BCD elements such as debugsettings or flightsigning are preserved.

bcdboot C:\Windows /c

システム パーティションを修復します。Repair the system partition

システム パーティションが破損している場合は、Windows のパーティションからこれらのファイルの新しいコピーを使用して、システム パーティション ファイルを再作成に BCDBoot を使用できます。If the system partition has been corrupted, you can use BCDBoot to recreate the system partition files by using new copies of these files from the Windows partition.

  1. コマンド ラインに PC を起動します。Boot your PC to a command line. たとえば、Windows インストール ディスクにブートし shift キーを押しながら F10 キーを押しますまたは Windows PE を起動 (WinPE:作成の USB ブート ドライブ)。For example, boot to the Windows installation disk and press Shift+F10, or boot to Windows PE (WinPE: Create USB Bootable drive).

  2. Diskpart を使用して、Windows パーティションとシステム パーティションに含まれるどのドライブ文字確認する (diskpart, list vol, exit)。Use Diskpart to determine which drive letter contains your Windows partition and system partition (diskpart, list vol, exit).

  3. 省略可能: システム パーティションをフォーマットします。 format (drive letter of your system partition) /qOptional: Format your system partition: format (drive letter of your system partition) /q

  4. Windows パーティション用のブート エントリを追加します。 bcdboot D:\WindowsAdd a boot entry for your Windows partition: bcdboot D:\Windows

  5. PC を再起動します。Reboot the PC. Windows が表示されます。Windows should appear.

設定またはデュアル ブート コンピューターのブート メニューの修復Set up or repair the boot menu on a dual-boot PC

1 つ以上のオペレーティング システムをブートする PC を設定する場合は、オペレーティング システムのいずれかにブートする機能を失うことがある場合があります。When setting up a PC to boot more than one operating system, you may sometimes lose the ability to boot into one of the operating systems. BCDBoot オプションを使用すると、Windows ベースのオペレーティング システムのブート オプションをすばやく追加できます。The BCDBoot option allows you to quickly add boot options for a Windows-based operating system. デュアル ブート コンピューターを設定します。To set up a dual-boot PC:

  1. 別のハード ドライブをインストールまたはオペレーティング システムごとに個別のパーティションを準備します。Install a separate hard drive or prepare a separate partition for each operating system.

  2. オペレーティング システムをインストールします。Install the operating systems. たとえば、お使いの PC に Windows 7 がある場合を他のハード ドライブまたはパーティションに Windows 10 をインストールします。For example, if your PC has Windows 7, install Windows 10 onto the other hard drive or partition.

  3. PC を再起動します。Reboot the PC. ブート メニューは表示されている両方のオペレーティング システムで表示されます。The boot menus should appear with both operating systems listed.

    両方のオペレーティング システムが記載されていない: 場合If both operating systems aren't listed:

    1. Windows では、内部、または Windows のインストール メディアを使用し、shift キーを押しながら F10 キーを押して、コマンド ラインで起動して、または Windows PE で起動してから管理者としてコマンドラインを開きます (WinPE:作成の USB ブート ドライブ)。Open a command line, either as an administrator from inside Windows, or by booting to a command line using the Windows installation media and pressing Shift+F10, or by booting to Windows PE (WinPE: Create USB Bootable drive).

    2. Windows オペレーティング システムのブート オプションを追加します。Add boot options for a Windows operating system.

      bcdboot D:\Windows
      
    3. PC を再起動します。Reboot the PC. ここで、ブート メニューには、両方のメニュー オプションが表示されます。Now, the boot menu will show both menu options.

トラブルシューティングTroubleshooting

PC が Windows XP および Windows 7 などの Windows の最新のバージョンのブート ファイルを修復する方法の詳細については、Microsoft サポート技術情報の記事を参照してください。 2277998します。For information about repairing the boot files on a PC with Windows XP and a more recent version of Windows such as Windows 7, see the Microsoft Knowledge Base Article 2277998.

関連トピックRelated topics

キャプチャし、Windows、システム、および回復パーティションを適用Capture and Apply Windows, System, and Recovery Partitions

BIOS MBR ベースのハード ドライブのパーティションを構成します。Configure BIOS/MBR-Based Hard Drive Partitions

UEFI GPT ベースのハード ドライブのパーティションを構成します。Configure UEFI/GPT-Based Hard Drive Partitions

BCDeditBCDedit

Bootsect コマンド ライン オプションBootsect Command-Line Options

Diskpart コマンド ラインの構文Diskpart Command line syntax