バーチャルハードディスクを起動する: ブートメニューに VHDX または VHD を追加するBoot to a virtual hard disk: Add a VHDX or VHD to the boot menu

ネイティブブートでは、仮想ハードディスク (VHDX) を作成し、Windows をインストールしてから、PC 上で既存のインストールとサイドバイサイドで、または新しいデバイスで起動することができます。Native Boot allows you to create a virtual hard disk (VHDX), install Windows to it, and then boot it up, either on your PC side-by-side with your existing installation, or on a new device.

ネイティブブート VHDX は、他の親オペレーティングシステムを使用せずに、指定したハードウェア上で実行中のオペレーティングシステムとして使用できます。A native-boot VHDX can be used as the running operating system on designated hardware without any other parent operating system. これは、VHDX が親オペレーティングシステムを搭載しているコンピューターの仮想マシンに接続されているシナリオとは異なります。This differs from a scenario where a VHDX is connected to a virtual machine on a computer that has a parent operating system.

Windows 10 用のネイティブブートでは、.vhd 形式ではなく .vhdx 形式が必要です。Native boot for Windows 10 requires the .vhdx format, not the .vhd format.

Vhdx は、仮想マシンまたはハイパーバイザーを使用せずに、他の Windows のインストールがない Pc またはデバイスに適用できます。VHDXs can be applied to PCs or devices that have no other installations of Windows, without a virtual machine or hypervisor. (ハイパーバイザーは、仮想コンピューターを実行するオペレーティングシステムのソフトウェアのレイヤーです)。これにより、1つのツールセットを使用して仮想マシンと指定されたハードウェアのイメージを管理できるため、ワークロードの分散がより柔軟になります。(A hypervisor is a layer of software under the operating system that runs virtual computers.) This enables greater flexibility in workload distribution because a single set of tools can be used to manage images for virtual machines and designated hardware.

また、VHDX は、既に Windows がインストールされている PC に展開できます。また、ブートメニューを使用して、既存のバージョンの Windows と VHD のバージョンのどちらかを選択します。You can also deploy the VHDX to a PC that already has Windows installed on it, and use a boot menu to select between the existing version of Windows, or the version on the VHD.

エンタープライズ環境で Vhdx を使用する方法の詳細については、「 ネイティブブートを使用した仮想ハードディスクについて」を参照してください。To learn more about using VHDXs in an enterprise environment, see Understanding Virtual Hard Disks with Native Boot.

前提条件Prerequisites

  • Windows アセスメント & amp; デプロイメントキット (Windows ADK) ツールがインストールされているテクニシャン PC。A technician PC with the Windows Assessment and Deployment Kit (Windows ADK) tools installed on it.

  • 一般化された Windows イメージ (.WIM ファイル)。A generalized Windows image (.WIM file). 詳細については、「 Windows インストールの Sysprep (一般化)」を参照してください。To learn more, see Sysprep (Generalize) a Windows installation.

  • 起動可能な Windows PE ドライブ。A bootable Windows PE drive. 詳細については、「 WinPE: USB 起動可能なドライブを作成する」を参照してください。To learn more, see WinPE: Create USB Bootable drive.

  • VHDX をインストールする宛先 PC またはデバイス。A destination PC or device on which to install the VHDX. このデバイスには30ギガバイト (GB) 以上の空きディスク領域が必要です。This device requires 30 gigabytes (GB) or more of free disk space. VHDX は、他のオペレーティングシステムのインストールを実行しているデバイス、またはデバイス上の唯一のオペレーティングシステムとしてインストールできます。You can install the VHDX to a device already running other operating system installations, or as the only operating system on a device.

手順 1: diskpart から VHDX を作成するStep 1: Create a VHDX from diskpart

テクニシャン PC で、次のようにします。On the technician PC:

  1. コマンドプロンプトで、Diskpart を開きます。From the Command Prompt, open Diskpart.

    diskpart
    
  2. 新しい VHDX を作成して準備します。Create and prepare a new VHDX. この例では、25 GB の固定型 VHDX を作成します。In this example, we create a 25 GB fixed-type VHDX.

    create vdisk file=C:\windows.vhdx maximum=25600 type=fixed
    
  3. VHDX をアタッチします。Attach the VHDX. これにより、VHDX がディスクとしてホスト上の記憶域コントローラーに追加されます。This adds the VHDX as a disk to the storage controller on the host.

    attach vdisk
    
  4. Windows ファイル用のパーティションを作成してフォーマットし、ドライブ文字を割り当てます。Create a partition for the Windows files, format it, and assign it a drive letter. このドライブ文字はエクスプローラーに表示されます。This drive letter will appear in File Explorer.

    create partition primary
    format quick label=vhdx
    assign letter=v
    
  5. Diskpart を終了するExit Diskpart

    exit
    

手順 2: VHD に Windows イメージを適用するStep 2: Apply a Windows image to the VHD

テクニシャン PC で、 手順 1. で作成してアタッチした VHDX のプライマリパーティションに一般化された Windows イメージを適用します。On your technician PC, apply a generalized Windows image to the primary partition of the VHDX that you created and attached in Step 1.

Dism /Apply-Image /ImageFile:install.wim /index:1 /ApplyDir:V:\

手順 3: VHD をデタッチし、新しいデバイスにコピーしてアタッチする (オプション)Step 3: Detach the VHD, copy it to a new device, and attach it (optional)

VHDX は、既に Windows のコピーがインストールされているデバイスに展開できます。また、VHD を使用するために、宛先 PC のハードドライブをクリーニングして準備することもできます。You can deploy the VHDX to a device that already has a copy of Windows installed on it, or you can clean and prepare the destination PC's hard drive to use the VHD.

VHDX を切断し、ネットワーク共有またはストレージドライブに保存します。Detach the VHDX and save it to a network share or storage drive

  1. Diskpart を使用して、テクニシャン PC から仮想ディスクを切断します。Use diskpart to detach the virtual disk from your technician PC.

    diskpart
    select vdisk file=C:\windows.vhdx
    detach vdisk
    exit
    
  2. VHDX をネットワーク共有またはリムーバブル記憶域ドライブにコピーします。Copy the VHDX to a network share or removable storage drive. 次の例では、ドライブ文字をネットワーク共有にマップし、VHD のディレクトリを作成して、VHD をコピーします。The following maps a drive letter to a network share, creates a directory for the VHD, and then copies the VHD.

    net use n: \\server\share\
    md N:\VHDs
    copy C:\windows.VHDX n:\VHDs\
    

ネイティブブート用の新しいデバイスをクリーニングして準備するClean and prepare a new device for native boot

宛先 PC の場合:On your destination PC:

  1. 起動可能な WinPE キーを使用して 、移行先 PC を winpe に対して起動します。Use your bootable WinPE key to boot the destination PC to WinPE.

  2. 宛先 PC のハードドライブをクリーニングして準備します。Clean and prepare the destination PC's hard drive. システムパーティションと、VHDX が格納されるメインパーティション (M) を作成します。Create a system partition (S), and a main partition (M) where the VHDX will be stored.

    BIOS :BIOS:

    diskpart
    select disk 0
    clean
    rem == 1. System partition ======================
    create partition primary size=100
    format quick fs=ntfs label="System"
    assign letter="S"
    active
    rem == 2. Main partition ========================
    create partition primary
    format quick fs=ntfs label="Main"
    assign letter="M"
    exit
    

    UEFIUEFI:

    diskpart
    select disk 0
    clean
    convert gpt
    rem == 1. System partition =========================
    create partition efi size=100
    format quick fs=fat32 label="System"
    assign letter="S"
    rem == 2. Microsoft Reserved (MSR) partition =======
    create partition msr size=128
    rem == 3. Main partition ===========================
    create partition primary 
    format quick fs=ntfs label="Main"
    assign letter="M"
    exit
    
  3. 手順 3.2で VHDX をコピーしたネットワークドライブまたは記憶域の場所に接続します。Connect to the network drive or storage location where you copied the VHDX in step 3.2.

    net use N: \\server\share
    
  4. VHDX をネットワークドライブまたは記憶域の場所から宛先 PC のメインパーティションにコピーします。Copy the VHDX from the network drive or storage location to the destination PC's main partition.

    copy N:\VHDs\Windows.vhdx M:
    

VHDX をアタッチするAttach the VHDX

  1. まだ WinPE を起動している間に、VHDX を移行先 PC に接続します。While still booted into WinPE, attach your VHDX to the destination PC.

    diskpart
    select vdisk file=M:\windows.vhdx
    attach vdisk
    
  2. 接続されている VHDX のボリューム文字を特定します。Identify the attached VHDX's volume letter. (省略可能: 次の手順のように、よりわかりやすい別の文字に変更します。たとえば、次の手順では、diskpart のコマンドラインは開いたままにしておきます)。(Optional: Change it to another letter that makes more sense, for example V, and leave the diskpart command line open for the next step).

    list volume
    select volume 3
    assign letter=v
    

手順 4: ブートエントリを追加するStep 4: Add a boot entry

  1. 移行先 PC から Diskpart (必要に応じて) を開き、VHDX のドライブ文字とシステムパーティション (V、S など) を特定します。From your destination PC, open Diskpart (if necessary) and identify the drive letters of the VHDX and the system partition, for example, V and S.

    diskpart
    list volume
    exit
    
  2. ブートエントリをデバイスに追加します。Add a boot entry to the device. この方法を使用して、複数の VHDX ファイルを追加できます。You can add multiple VHDX files using this method.

    BIOS :BIOS:

    V:
    cd v:\windows\system32
    bcdboot v:\windows /s S: /f BIOS
    

    UEFIUEFI:

    V:\
    cd v:\windows\system32
    bcdboot v:\windows /s S: /f UEFI
    
  3. Windows PE USB キーを削除します。Remove the Windows PE USB key.

  4. 宛先 PC を再起動します。Restart the destination PC.

    ブートエントリが1つしかない場合、デバイスはすぐに Windows を起動します。If there's only one boot entry, the device immediately boots to Windows. 複数のブートエントリがある場合は、ブートメニューが表示され、デバイスで使用可能な Windows のバージョンを選択できます。If there's more than one boot entry, you'll see a boot menu where you can choose between the available versions of Windows on the device.

関連トピックRelated topics

ネイティブブートでのバーチャルハードディスクについてUnderstanding Virtual Hard Disks with Native Boot

BCDboot Command-Line オプションBCDboot Command-Line Options