Bootsect コマンド ライン オプションBootsect Command-Line Options

Bootsect.exe は、ブートローダーと NT ローダー (NTLDR) を切り替えるために、ハードディスクパーティションのマスターブートコードを更新します。Bootsect.exe updates the master boot code for hard disk partitions to switch between Bootmgr and NT Loader (NTLDR). このツールを使用すると、コンピューター上のブート セクターの設定を元に戻すことができます。You can use this tool to restore the boot sector on your computer. このツールは、 Fixfatfixfat に代わるものです。This tool replaces FixFAT and FixNTFS.

Bootsect.exe コマンドBootsect Commands

Bootsect.exe では、次のコマンドラインオプションを使用します。Bootsect uses the following command-line options:

bootsect.exe {/help |/nt52 |/nt60} {SYS |ALL | <ドライブ文字: > } [/force ] /mbrbootsect {/help | /nt52 | /nt60} {SYS | ALL | <DriveLetter:>} [/force] /mbr

たとえば、NTLDR と互換性があるマスター ブート コードをボリューム ラベル E に追加するには、次のコマンドを使用します。For example, to apply the master boot code that is compatible with NTLDR to the volume labeled E, use the following command:

bootsect.exe/nt52 E:bootsect /nt52 E:

コマンド ライン オプションCommand-line options [説明]Description

/help/help

これらの使用方法を表示します。Displays these usage instructions.

/nt52/nt52

NTLDR と互換性のあるマスターブートコードを SYS、ALL、またはの すべてのドライブに適用 < > します。Applies the master boot code that is compatible with NTLDR to SYS, ALL, or <DriveLetter>. SYSALL、またはの各ドライブにインストールされているオペレーティングシステムは、 < > Windows Vista より前のバージョンである必要があります。The operating system installed on SYS, ALL, or <DriveLetter> must be older than Windows Vista.

/nt60/nt60

Bootmgr と互換性のあるマスターブートコードを SYS、ALL、またはの すべてのドライブに適用 < > します。Applies the master boot code that is compatible with Bootmgr to SYS, ALL, or <DriveLetter>. SYSALL、またはのいずれかのドライブにインストールされているオペレーティングシステムは、 < > windows 8、windows®7、windows Vista、Windows server®2012、windows Server 2008 R2、または windows server 2008 である必要があります。The operating system installed on SYS, ALL, or <DriveLetter> must be Windows 8, Windows® 7, Windows Vista, Windows Server® 2012, Windows Server 2008 R2, or Windows Server 2008.

SYS.DATABASESSYS

Windows の起動に使用されるシステムパーティションのマスターブートコードを更新します。Updates the master boot code on the system partition that is used to boot Windows.

ALLALL

すべてのパーティションのマスター ブート コードを更新します。Updates the master boot code on all partitions. [ すべて ] オプションでは、各ボリュームのブートコードが更新されるとは限りません。The ALL option does not necessarily update the boot code for each volume. このオプションによって更新されるのは、Windows ブート ボリュームとして使用できるボリュームのブート コードです。基本ディスク パーティションと接続していないダイナミック ボリュームは除外されます。Instead, this option updates the boot code on volumes that can be used as Windows boot volumes, which excludes any dynamic volumes that are not connected with an underlying disk partition. ディスク パーティションの開始時にブート コードを探す必要があるため、このような制限が存在します。This restriction is present because boot code must be located at the beginning of a disk partition.

<DriveLetter><DriveLetter>

このドライブ文字に関連付けられたボリュームのマスター ブート コードを更新します。Updates the master boot code on the volume associated with this drive letter. 次のいずれかの場合、ブートコードは更新されません。Boot code will not be updated if either:

  • <ドライブ文字 > がボリュームに関連付けられていません<DriveLetter> is not associated with a volume

  • <ドライブ文字 > は、基になるディスクパーティションに接続されていないボリュームに関連付けられています。<DriveLetter> is associated with a volume not connected to an underlying disk partition.

/force/force

ブートコードの更新中にボリュームを強制的にマウント解除します。Forcibly dismounts the volumes during the boot code update. このオプションを使用する場合は、注意が必要です。You must use this option with caution.

Bootsect.exe がボリュームに排他的にアクセスできない場合、次回の再起動の前にファイル システムによってブート コードが上書きされることがあります。If Bootsect.exe cannot gain exclusive volume access, then the file system may overwrite the boot code before the next reboot. Bootsect.exe は、各更新処理の前に、常にボリュームのロックとマウント解除を試行します。Bootsect.exe always attempts to lock and dismount the volume before each update. /Forceを指定した場合、最初のロックの試行が失敗した場合に強制マウント解除が試行されます。When /force is specified, a forced dismount is tried if the initial lock attempt fails. たとえば、目的のボリューム上のファイルが現在他のプログラムによって開かれている場合、ロックに失敗することがあります。A lock can fail, for example, if files on the destination volume are currently opened by other programs.

ロックに成功すると、強制的なマウント解除によって排他的なボリューム アクセスが可能になり、最初のロックが失敗した場合でもブート コードが確実に更新されます。When successful, a forced dismount enables exclusive volume access and a reliable boot code update even though the initial lock failed. また、強制的なマウント解除により、目的のボリューム上のファイルに対してオープンされたハンドルがすべて無効になります。At the same time, a forced dismount invalidates all open handles to files on the destination volume. これにより、これらのファイルを開いたプログラムから予期しない動作が発生する可能性があります。This can cause unexpected behavior from the programs that opened these files. したがって、このオプションを使用する場合は、注意が必要です。Therefore, use this option with caution.

/mbr/mbr

SYSALL、またはドライブ文字で指定されたパーティションを含むディスクのセクター0のパーティションテーブルを変更せずに、マスターブートレコードを更新し < > ます。Updates the master boot record without changing the partition table on sector 0 of the disk that contains the partition specified by SYS, ALL, or <drive letter>. /Nt52オプションと共に使用すると、マスターブートレコードは、Windows Vista より前のオペレーティングシステムと互換性があります。When used with the /nt52 option, the master boot record is compatible with operating systems older than Windows Vista. /Nt60オプションと共に使用する場合、マスターブートレコードは、windows 8、windows 7、windows Vista、windows server 2012、windows Server 2008 R2、または windows server 2008 と互換性があります。When used with the /nt60 option, the master boot record is compatible with Windows 8, Windows 7, Windows Vista, Windows Server 2012, Windows Server 2008 R2, or Windows Server 2008.

関連トピックRelated topics

BCDboot Command-Line オプションBCDboot Command-Line Options