Windows デスクトップ アプリケーションを使ったプロビジョニング パッケージの作成

Windows デスクトップアプリケーションやその他のデータを監査モードで追加するには、Windows デスクトップアプリケーションとデータをプロビジョニングパッケージにキャプチャします。 Windows の新しいビルドがリリースされ、さまざまな市場に対応できるようになるにつれて、イメージの再構築とカスタマイズを毎回行うのではなく、Windows イメージとプロビジョニングパッケージを組み合わせて使用できます。

プロビジョニングパッケージをキャプチャしたら、それをイメージに追加できます。

回復ツールでは、このプロビジョニングパッケージを使用することもできます。 ユーザーがデバイスを更新またはリセットすると、デバイスは、インストールされている Windows の更新と、このプロビジョニングパッケージの更新を保持します。

手順 1: ScanState のコピーを準備する

  1. テクニシャン PC で、USB キーまたはドライブを接続します。

  2. ファイルエクスプローラーで、USB キーに新しいフォルダーを作成します (例:) D:\ScanState x64

    md "d:\ScanState x64"
    
  3. テクニシャン PC で、から C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\User State Migration Tool\amd64 USB ドライブ上のフォルダーにファイルをコピーします。

    copy "C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\User State Migration Tool\amd64" "D:\ScanState x64"
    
  4. から、ファイルを C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Windows Setup\amd64\Sources USB ドライブ上の同じフォルダーにコピーします。

    copy "C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Windows Setup\amd64\Sources" "D:\ScanState x64"
    

手順 2: Windows デスクトップアプリケーションを監査モードでインストールする

Windows デスクトップアプリケーションと、(.inf スタイルのドライバーではなく) インストールが必要なすべてのドライバーをインストールします。

  1. 参照デバイスで Windows をインストールし、デバイスを起動します。 新しいイメージが既にインストールされている場合は、参照デバイスを起動します。 デバイスは、すぐに使えるエクスペリエンス (OOBE) で起動されます。
  2. Ctrl + Shift + F3 キーを押して、監査モードに入ります。 デバイスがデスクトップで起動し、システム準備ツール (Sysprep) が表示されます。 Sysprep は閉じてもかまいません。
  3. Windows デスクトップアプリケーションアプリケーションをインストールします。

手順 3: 更新内容をプロビジョニング パッケージに保存する

プロビジョニングパッケージに更新をキャプチャします。

まず、ScanState が入った USB キーを参照デバイスに接続します。

  • このプロビジョニング パッケージのコピーを保持し、他のデバイスに展開する場合は、 ファイルを USB ドライブに保存します。

    変更をプロビジョニング パッケージにキャプチャし、USB キーに保存します。

    D:\ScanState_x64\scanstate.exe /apps /ppkg D:\Provisioning\ClassicApps.ppkg /o /c /v:13 /l:D:\ScanState.log
    

    ここで、 D は、ScanState のあるドライブのドライブ文字です。

  • ビルド ツー オーダーのデバイス の場合、これらの変更をまとめて、すぐに提供できるようにデバイスを準備することができます。 プロビジョニングパッケージへの変更をキャプチャし、次のように保存し C:\Recovery\Customizations\usmt.ppkg ます。

    D:\ScanState_x64\scanstate.exe /apps /ppkg C:\Recovery\Customizations\usmt.ppkg /o /c /v:13 /l:D:\ScanState.log
    

手順 4: エンド ユーザー用のデバイスを準備する

  • ビルド ツー オーダーのデバイス エンド ユーザー用のデバイスを準備します。 [スタート] ボタンを右クリックし、 [コマンド プロンプト (管理者)] を選んで、次のコマンドを実行します。

    C:\Windows\System32\Sysprep\sysprep /oobe /shutdown
    

    Sysprep ツールは、デバイスを再シールします。 この処理は数分かかる場合があります。 処理が完了すると、デバイスは自動的にシャットダウンします。 これで顧客にデバイスを送付できます。