UEFI/GPT ベースのハードドライブパーティションUEFI/GPT-based hard drive partitions

Windows を Unified Extensible Firmware Interface (UEFI) ベースのデバイスに展開するときに、ハードディスクドライブ (Hdd)、ソリッドステートドライブ (Ssd)、およびその他のドライブ用のカスタムパーティションレイアウトを作成します。Create custom partition layouts for your hard disk drives (HDDs), solid-state drives (SSDs), and other drives when deploying Windows to Unified Extensible Firmware Interface (UEFI)–based devices.

  Windows 10 のデスクトップエディション (Home、Pro、Enterprise、および教育) でカスタムパーティションレイアウトを使用する場合は、必要に応じて回復ツールでカスタムパーティションレイアウトを再作成できるように、プッシュボタンの回復スクリプトを更新してください。Note  If you use a custom partition layout on Windows 10 for desktop editions (Home, Pro, Enterprise, and Education), update the push-button recovery script so the recovery tools can recreate the custom partition layout when needed.

パーティションの要件Partition Requirements

Windows を UEFI ベースのデバイスに展開する場合は、GUID パーティションテーブル (GPT) ファイルシステムを使用して、Windows パーティションを含むハードドライブをフォーマットする必要があります。When you deploy Windows to a UEFI-based device, you must format the hard drive that includes the Windows partition by using a GUID partition table (GPT) file system. 追加のドライブは、GPT またはマスターブートレコード (MBR) ファイル形式を使用できます。Additional drives may use either the GPT or the master boot record (MBR) file format.

GPT ドライブには、最大128のパーティションを含めることができます。A GPT drive may have up to 128 partitions.

各パーティションは最大18エクサバイト (約1880万テラバイト) の領域を持つことができます。Each partition can have a maximum of 18 exabytes (~18.8 million terabytes) of space.

システムパーティションSystem partition

デバイスにはシステムパーティションが含まれている必要があります。The device must contain a system partition. GPT ドライブでは、これは EFI システムパーティションまたは ESP と呼ばれます。On GPT drives, this is known as the EFI System Partition, or the ESP. このパーティションは通常、プライマリハードドライブに格納されます。This partition is usually stored on the primary hard drive. デバイスはこのパーティションを起動します。The device boots to this partition.

このパーティションの最小サイズは 100 MB で、FAT32 ファイル形式を使用してフォーマットする必要があります。The minimum size of this partition is 100 MB, and must be formatted using the FAT32 file format.

このパーティションはオペレーティングシステムによって管理されており、Windows RE ツールなど、他のファイルを含めることはできません。This partition is managed by the operating system, and should not contain any other files, including Windows RE tools.

注意

拡張フォーマット4K ネイティブドライブ (4 KB/セクター) ドライブの場合、FAT32 ファイル形式の制限により、最小サイズは 260 MB になります。For Advanced Format 4K Native drives (4-KB-per-sector) drives, the minimum size is 260 MB, due to a limitation of the FAT32 file format. FAT32 ドライブの最小パーティションサイズは、セクターサイズ (4 KB) x 65527 = 256 MB として計算されます。The minimum partition size of FAT32 drives is calculated as sector size (4KB) x 65527 = 256 MB.

この制限は、エミュレートされたセクターサイズが512バイトであるため、この制限の影響を受けません。Advanced Format 512e drives are not affected by this limitation, because their emulated sector size is 512 bytes. 512バイト x 65527 = 32 MB。これは、このパーティションの最小サイズの 100 MB を下回っています。512 bytes x 65527 = 32 MB, which is less than the 100 MB minimum size for this partition.

Microsoft 予約パーティション (MSR)Microsoft reserved partition (MSR)

Windows 10 以降では、MSR のサイズは 16 MB です。Beginning in Windows 10, the size of the MSR is 16 MB.

パーティション管理に役立つように、各 GPT ドライブに MSR を追加します。Add an MSR to each GPT drive to help with partition management. MSR は、パーティション ID を受け取らない予約パーティションです。The MSR is a reserved partition that does not receive a partition ID. ユーザーデータを格納することはできません。It cannot store user data.

その他のユーティリティパーティションOther utility partitions

Windows によって管理されていないその他のユーティリティパーティションは、Windows、データ、および回復イメージパーティションの前に配置する必要があります。Any other utility partitions not managed by Windows must be located before the Windows, data, and recovery image partitions. これにより、エンドユーザーは、システムユーティリティに影響を与えずに Windows パーティションのサイズを変更するなどの操作を実行できます。This allows end users to perform actions such as resizing the Windows partition without affecting system utilities.

エンドユーザーが、GPT 属性を使用して識別することでユーティリティパーティションを誤って変更しないようにします。Protect end users from accidentally modifying utility partitions by identifying them using a GPT attribute. これにより、これらのパーティションがエクスプローラーに表示されなくなります。This prevents these partitions from appearing in File Explorer.

パーティションをユーティリティパーティションとして設定するにはTo set partitions as utility partitions

-   <span data-ttu-id="31de5-133">**DiskPart**ツールを使用して Windows を展開する場合は、パーティションを作成してユーティリティパーティションとして識別するパーティションを作成した後に、[**ボリュームセットの GPT\_属性\_PLATFORM\_REQUIRED] 属性**を使用します。</span><span class="sxs-lookup"><span data-stu-id="31de5-133">When you are deploying Windows by using the **DiskPart** tool, use the **attributes volume set GPT\_ATTRIBUTE\_PLATFORM\_REQUIRED** command after you create the partition to identify the partition as a utility partition.</span></span> <span data-ttu-id="31de5-134">詳細については、MSDN のトピック「 [PARTITION\_information\_GPT structure](https://go.microsoft.com/fwlink/p/?linkid=240300)」を参照してください。</span><span class="sxs-lookup"><span data-stu-id="31de5-134">For more information, see the MSDN topic: [PARTITION\_INFORMATION\_GPT structure](https://go.microsoft.com/fwlink/p/?linkid=240300).</span></span>

システムパーティションとユーティリティパーティションが存在することを確認するにはTo verify that system and utility partitions exist

1.  <span data-ttu-id="31de5-136">**[スタート]** ボタンをクリックし、 **[この PC]** を右クリックして、 **[管理]** をクリックします。</span><span class="sxs-lookup"><span data-stu-id="31de5-136">Click **Start**, right-click **This PC**, and then click **Manage**.</span></span> <span data-ttu-id="31de5-137">**[コンピューターの管理]** ウィンドウが開きます。</span><span class="sxs-lookup"><span data-stu-id="31de5-137">The **Computer Management** window opens.</span></span>
2.  <span data-ttu-id="31de5-138">**[ディスクの管理]** をクリックします。</span><span class="sxs-lookup"><span data-stu-id="31de5-138">Click **Disk Management**.</span></span> <span data-ttu-id="31de5-139">使用可能なドライブとパーティションの一覧が表示されます。</span><span class="sxs-lookup"><span data-stu-id="31de5-139">The list of available drives and partitions appears.</span></span>
3.  <span data-ttu-id="31de5-140">ドライブとパーティションの一覧で、システムパーティションとユーティリティパーティションが存在し、ドライブ文字が割り当てられていないことを確認します。</span><span class="sxs-lookup"><span data-stu-id="31de5-140">In the list of drives and partitions, confirm that the system and utility partitions are present and are not assigned a drive letter.</span></span>

Windows パーティションWindows partition

  • パーティションには、64ビットバージョンの場合は少なくとも 20 gb のドライブ領域、32ビットバージョンの場合は 16 GB が必要です。The partition must have at least 20 gigabytes (GB) of drive space for 64-bit versions, or 16 GB for 32-bit versions.
  • Windows パーティションは、NTFS ファイル形式を使用してフォーマットされている必要があります。The Windows partition must be formatted using the NTFS file format.
  • Windows パーティションには、ユーザーが Out Of Box Experience (OOBE) を完了し、自動メンテナンスが完了した後、16 GB の空き領域が必要です。The Windows partition must have 16 GB of free space after the user has completed the Out Of Box Experience (OOBE) and Automatic Maintenance has completed.

回復ツールパーティション * *Recovery tools partition**

このパーティションは 300 MB 以上である必要があります。This partition must be at least 300 MB.

Windows 回復環境 (Windows RE) ツールでは、追加の空き領域が必要です。The Windows Recovery Environment (Windows RE) tools require additional free space:

  • 少なくとも 52 MB が必要ですが、今後の更新に対応するために、特にカスタムパーティションレイアウトでは 250 MB が推奨されます。A minimum of 52 MB is required but 250 MB is recommended, to accomodate future updates, especially with custom partition layouts.

空き領域を計算するときは、次の点に注意してください。When calculating free space, note:

  • 回復イメージ (winre) は、通常、追加するドライバー、言語、およびカスタマイズに応じて、250 ~ 300MB の間にあります。The recovery image, winre.wim, is typically between 250-300MB, depending on what drivers, languages, and customizations you add.
  • ファイルシステム自体は、追加の領域を占有する可能性があります。The file system itself can take up additional space. たとえば、NTFS では750MB パーティションに5約以上を予約できます。For example, NTFS may reserve 5-15MB or more on a 750MB partition.

このパーティションは、型 ID: DE94BBA4-06D1-4D40-A16A-BFD50179D6AC を使用する必要があります。This partition must use the Type ID: DE94BBA4-06D1-4D40-A16A-BFD50179D6AC.

自動フェールオーバーをサポートし、Windows BitLocker ドライブ暗号化で暗号化されたパーティションの起動をサポートするには、回復ツールが Windows パーティションとは別のパーティションに存在する必要があります。The recovery tools should be in a separate partition than the Windows partition to support automatic failover and to support booting partitions encrypted with Windows BitLocker Drive Encryption.

このパーティションは、Windows パーティションの直後に配置することをお勧めします。We recommend that you place this partition immediately after the Windows partition. これにより、将来の更新でより大きな回復イメージが必要になった場合に、Windows がパーティションを変更および再作成できるようになります。This allows Windows to modify and recreate the partition later if future updates require a larger recovery image.

データパーティションData partitions

Windows 10 の推奨パーティションレイアウトには、データパーティションは含まれていません。The recommended partition layout for Windows 10 does not include data partitions. ただし、データパーティションが必要な場合は、Windows RE パーティションの後に配置する必要があります。However, if data partitions are required, they should be placed after the Windows RE partition. これにより、windows RE が windows パーティションを圧縮して windows RE パーティションを拡張できるようになります。This allows future updates to Windows RE to grow the Windows RE partition by shrinking the Windows partition.

このレイアウトを使用すると、エンドユーザーはデータパーティションを削除し、領域を Windows パーティションとマージするのが難しくなります。This layout makes it more difficult for end users to remove the data partition and merge the space with the Windows partition. これを行うには、windows パーティションを拡張できるように、データパーティションから解放された未使用領域の末尾に Windows RE パーティションを移動する必要があります。To do so, the Windows RE partition must be moved to the end of the unused space reclaimed from the data partition, so that the Windows partition can be extended.

Windows 10 には、このプロセスを容易にする機能やユーティリティは含まれていません。Windows 10 does not include functionality or utility to facilitate this process. ただし、Pc にデータパーティションが付属している場合、製造元はこのようなユーティリティを開発して提供できます。However, manufacturers can develop and provide such a utility if PCs are shipped with data partitions.

パーティションレイアウトPartition layout

UEFI ベースの Pc の既定のパーティションレイアウトは、システムパーティション、MSR、Windows パーティション、および回復ツールパーティションです。The default partition layout for UEFI-based PCs is: a system partition, an MSR, a Windows partition, and a recovery tools partition.

既定のパーティション レイアウトの図: システム、msr、Windows、回復

このレイアウトを使用すると、windows と windows の回復環境の両方で windows BitLocker ドライブ暗号化を使用できます。This layout lets you use Windows BitLocker Drive Encryption through both Windows and through the Windows Recovery Environment.

サンプルファイル: Windows PE および DiskPart スクリプトを使用してドライブパーティションを構成するSample files: configure drive partitions by using Windows PE and DiskPart scripts

イメージベースの展開の場合は、PC をWINDOWS PEで起動し、 DiskPartツールを使用して、対象の pc にパーティション構造を作成します。For image-based deployment, boot the PC to Windows PE, and then use the DiskPart tool to create the partition structures on your destination PCs.

   DiskPartの例では、パーティションには、System = S、Windows = W、Recovery = R の各文字が割り当てられています。Note   In these DiskPart examples, the partitions are assigned the letters: System=S, Windows=W, and Recovery=R. MSR パーティションはドライブ文字を受け取りません。The MSR partition does not receive a drive letter.

ドライブ文字の競合を避けるため、Windows のドライブ文字を、W などのアルファベットの末尾付近にある文字に変更します。Change the Windows drive letter to a letter that’s near the end of the alphabet, such as W, to avoid drive letter conflicts. X は使用しないでください。このドライブ文字は Windows PE 用に予約されています。Do not use X, because this drive letter is reserved for Windows PE. デバイスの再起動後、Windows パーティションには文字 C が割り当てられますが、他のパーティションにはドライブ文字が割り当てられません。After the device reboots, the Windows partition is assigned the letter C, and the other partitions don’t receive drive letters.

再起動した場合、Windows PE は、Windows セットアップの構成に関係なく、文字 C で始まるディスク文字をアルファベット順に再割り当てします。If you reboot, Windows PE reassigns disk letters alphabetically, starting with the letter C, without regard to the configuration in Windows Setup. この構成は、USB フラッシュドライブなど、さまざまなドライブの有無に基づいて変化する可能性があります。This configuration can change based on the presence of different drives, such as USB flash drives.

次の手順では、ハードドライブをパーティション分割し、イメージの適用を準備する方法について説明します。The following steps describe how to partition your hard drives and prepare to apply images. 以下のセクションのコードを使用して、これらの手順を完了できます。You can use the code in the sections that follow to complete these steps.

ハードドライブをパーティション分割し、イメージの適用を準備するにはTo partition hard drives and prepare to apply images

  1. 次のコードをテキストファイル (CreatePartitions-UEFI) として USB フラッシュドライブに保存します。Save the following code in the as a text file (CreatePartitions-UEFI.txt) on a USB flash drive.

    rem == CreatePartitions-UEFI.txt ==
    rem == These commands are used with DiskPart to
    rem    create four partitions
    rem    for a UEFI/GPT-based PC.
    rem    Adjust the partition sizes to fill the drive
    rem    as necessary. ==
    select disk 0
    clean
    convert gpt
    rem == 1. System partition =========================
    create partition efi size=100
    rem    ** NOTE: For Advanced Format 4Kn drives,
    rem               change this value to size = 260 ** 
    format quick fs=fat32 label="System"
    assign letter="S"
    rem == 2. Microsoft Reserved (MSR) partition =======
    create partition msr size=16
    rem == 3. Windows partition ========================
    rem ==    a. Create the Windows partition ==========
    create partition primary 
    rem ==    b. Create space for the recovery tools ===
    rem       ** Update this size to match the size of
    rem          the recovery tools (winre.wim)
    rem          plus some free space.
    shrink minimum=650
    rem ==    c. Prepare the Windows partition ========= 
    format quick fs=ntfs label="Windows"
    assign letter="W"
    rem === 4. Recovery tools partition ================
    create partition primary
    format quick fs=ntfs label="Recovery tools"
    assign letter="R"
    set id="de94bba4-06d1-4d40-a16a-bfd50179d6ac"
    gpt attributes=0x8000000000000001
    list volume
    exit
    
  2. Windows PE を使用して、宛先 PC を起動します。Use Windows PE to boot the destination PC.

  3. ドライブをクリーンアップしてパーティションを分割します。Clean and partition the drive. この例では、 Fは USB フラッシュドライブの文字です。In this example, F is the letter of the USB flash drive.

    DiskPart /s F:\CreatePartitions-UEFI.txt
    
  4. Windows 10 のデスクトップエディションでカスタムパーティションレイアウトを使用する場合は、必要に応じて回復ツールがカスタムパーティションレイアウトを再作成できるように、プッシュボタンの回復スクリプトを更新します。If you use a custom partition layout on Windows 10 for desktop editions, update the push-button recovery script so the recovery tools can recreate the custom partition layout when needed.

    重要 パーティションサイズによってベアメタル回復の起動の問題を回避するには、製造元が、回復 WIM に使用するパーティションを作成するためのベアメタル回復機能の自動生成スクリプトを許可することをお勧めします。Important To avoid bare metal recovery boot issues due to partition size, it is recommended that manufacturers allow the bare metal recovery feature’s auto generation script to create the partition used for the recovery WIM. 製造元がパーティションの作成にカスタム DISKPART スクリプトを使用する場合、推奨される最小パーティションサイズは990MB、最小 250 MB 空き領域です。If manufacturer’s wish to use a custom DISKPART script for partition creation, the recommended minimum partition size is 990MB and a minimum of 250MB of free space.

次のステップNext steps

配置スクリプトを使用して、新しく作成したパーティションに Windows イメージを適用します。Use a deployment script to apply the Windows images on the newly created partitions. 詳細については、「キャプチャして Windows、システム、および回復パーティションを適用する」を参照してください。For more information, see Capture and Apply Windows, System, and Recovery Partitions.

関連トピックRelated topics

サンプル スクリプトSample scripts

BIOS/MBR ベースのハードドライブパーティションを構成するConfigure BIOS/MBR-Based Hard Drive Partitions

BitLocker ドライブ暗号化BitLocker Drive Encryption

WinPE: ハードドライブにインストールする (フラットブートまたは非 RAM)WinPE: Install on a Hard Drive (Flat Boot or Non-RAM)

ディスクミラーリングの構成Configuring Disk Mirroring

Windows と GPT に関してよく寄せられる質問The Windows and GPT FAQ