Windows システム評価テストの点数を構成します。Configure Windows System Assessment Test Scores

Windows® システム評価テスト (WinSAT) は、CPU、メモリ、ディスク、およびグラフィックスを含む、いくつかのシステム コンポーネントのパフォーマンスを分析に使用されます。The Windows® System Assessment Tests (WinSAT) are used to analyze the performance of several system components, including CPU, memory, disk, and graphics.

WinSAT 結果をまとめた、パフォーマンスの情報とツールWindows エクスペリエンス インデックス (WEI) スコアとしてコントロール パネルの項目。The WinSAT results are summarized in the Performance Information and Tools Control Panel item as Windows Experience Index (WEI) scores. これらのスコアは、コンシューマーがシステムのパフォーマンス特性を表示します。These scores show consumers the performance characteristics of their systems.

WinEI スコアは、OOBE の間に生成されなくも prepop xml ファイル OOBE の間に WinSAT 正式なファイルの作成に使用します。WinEI scores are no longer generated during OOBE, nor are prepop xml files used to create WinSAT formal files during OOBE. エンドユーザーに出荷する前に、システムでの WinSAT 正式なファイルを生成することをお勧めします。We recommended that you generate the WinSAT formal file on the system prior to shipping it to the end-users. これにより、エンドユーザーは、システムを起動して、すぐに使用するこれらの結果に依存する最適化を可能すると、すぐに使用できる、WinSAT スコアです。This allows WinSAT scores to be available as soon as end-user boots their systems, and allows the optimizations that depend on these results to be immediately available. ボックス アウト中には、評価は実行されないため、WinSAT が発生し、ユーザーが OOBE を完了すると、WEI スコアが生成されなくします。Because the assessments are not run during the out-of-box experience, the WinSAT and WEI scores are no longer generated when a user finishes OOBE. その他の 2 つの時刻にスコアを生成する代わりに、WinSAT が付属しているシステムで事前に設定するだけでなく他のメカニズムを使用します。Instead, the scores can be generated at two other times, using other mechanisms besides prepopulating WinSAT on the system that will ship.

  • 使用してエンドユーザーが評価を明示的に要求、評価を再実行オプション、パフォーマンスの情報とツールコントロール パネルの項目。End users can explicitly request an assessment by using the Re-run the assessment option in the Performance Information and Tools Control Panel item.

  • システムがアイドル状態で、最初のブート後、事前設定されていない場合は、メンテナンス スケジューラを使用して、WinSAT 評価が実行されます。When the system is idle, subsequent to the first boot, the remaining WinSAT assessments will run using the Maintenance Scheduler if they were not prepopulated.

完全なシステムで WinSAT を実行するにはTo run WinSAT on a complete system

使用して、 prepop WinSAT コマンド ライン ツールを使用したオプションは、コンポーネントのシステムに対して評価を実行します。Use the prepop option with the WinSAT command-line tool to run assessments against component systems.

(すべてのシステム) 用のコンピューターごとには、WinSAT を実行します。To run WinSAT per computer (for all systems):

  1. Windows 8 およびブートは、監査モードをインストールします。Install Windows 8 and boot to audit mode. 監査モードの詳細については、モードの監査の概要を参照してください。For more information about audit mode, see Audit Mode Overview.

  2. 既定のドライバーなどの補足的なコンポーネントを追加します。Add supplemental components, such as out-of-box drivers.

  3. 実行WinSAT prepopします。Run WinSAT prepop.

    これにより、結果ファイルのデータ ストア ディレクトリにある prepop .xml WinSAT が生成されます。 %WINDIR%\performance\winsat\datastore\This will generate the WinSAT prepop .xml results files to the Datastore directory, located at: %WINDIR%\performance\winsat\datastore\

  4. [省略可能な]実行、他のコンピューターに展開するには、このインストールをキャプチャする予定の場合sysprep/generalize/shutdown を監査し、インストールをキャプチャします。[Optional] If you plan to capture this installation to deploy onto other computers, run sysprep /generalize /audit /shutdown and then capture the installation. 出荷、する PC にイメージをデプロイし、ブートを実行します。Deploy the image to a PC that you intend to ship, and boot it.

  5. 監査モードで、実行に Windows を起動することを確認します。 WinSAT moobeします。Verify that Windows boots to audit mode, and then run WinSAT moobe.

    これにより、一致する prepop ファイルでは、WinSAT 正式なファイルが生成され、により、エンドユーザーは最初に、システムを起動すると、WinSAT 正式なファイルが使用可能です。This generates a WinSAT formal file from the matching prepop files, and ensures that the WinSAT formal file is available when the end-user boots the system the first time. Windows は、WinSAT 正式ファイルに基づいて一部の機能を拡張しの欠如がメモリ管理を最適化するシステムなどの不必要なストレージ デバイスでの最適化、パフォーマンスの問題が発生する可能性がありますし、このファイルは、システムに存在しない場合、最適化をプリフェッチします。Windows scales some features based on the WinSAT formal file, and if this file is not present on the system, then the system might experience performance problems, including unnecessary storage device defragmentation, lack of optimized memory management and prefetching optimizations.

      工場フロアの PC に費やす時間を減らすためには、使用をお勧めWinSAT prepopマスター Windows イメージを作成する場合。Note   To reduce the time a PC spends on the factory floor, we recommend using WinSAT prepop when you are creating your master Windows images. 工場でのみしなければならなくなります実行WinSAT moobeします。On the factory floor, you would only need to run WinSAT moobe. ただし、両方を実行する場合WinSAT prepopWinSAT moobe 、工場で使用することができますWinSAT フォーマル代わりにします。However, if you want to run both WinSAT prepop and WinSAT moobe on the factory floor, you can use WinSAT formal instead. このオプションは、両方の操作を実行しているファイルの同じセットを作成しますWinSAT prepopWinSAT moobeを実行できない場合のシナリオで使用する必要がありますとWinSAT prepopで。マスター Windows イメージ。This option creates the same set of files as running both WinSAT prepop and WinSAT moobe and should be used in scenarios when you are not able to run WinSAT prepop on your master Windows images.

  6. 実行、 sysprep/oobe OOBE を起動する Windows を構成します。Run the sysprep /oobe to configure Windows to boot to OOBE.

    警告  を実行しているsysprep/generalize実行後WinSAT moobe結果を削除するWinSAT moobeを作成します。Warning   Running sysprep /generalize after running WinSAT moobe will delete the results that WinSAT moobe created. 実行することをお勧めします。 WinSAT moobeまたはWinSAT フォーマルを顧客に出荷する各 PC の工場でします。We recommend that you run WinSAT moobe or WinSAT formal on the factory floor for each PC that you intend to ship to a customer.

システムは、顧客に出荷する準備ができました。The system is now ready to be shipped to a customer. すべてのコンピューターのイメージごとの WinSAT 評価を実行するメリットは、お客様のコンピューターが常に WinSAT 結果の完全なセットであります。The benefit of running all of the WinSAT assessments per computer image is that the customer’s computer always has a complete set of WinSAT results. 最も正確な WinSAT 結果もあります。It also has the most accurate WinSAT results. この正確なことで、コンシューマーがシステムも、WinSAT で事前設定されたレベル以上には、評価を得ると、システムのオンデマンドで評価を使用する場合。In this use, accurate means that if the consumer used on-demand rating of a system, that system would get a rating equal to or greater than the rating that was prepopulated by WinSAT.

事前設定するものでありませんなどラップトップとデスクトップ間での非常にさまざまな機能は、システム間での WinSAT データの転送を有効にするデータが正確でないため、大きく異なる。Pre-population is not meant to enable transferring WinSAT data among systems with very different capabilities, such as among laptops and desktops, because the data is not accurate across widely differing systems. 代わりに、同様のシステム間での WinSAT データを再利用を容易にできるようにするものです。同じマザーボードとチップセットと同様の CPU、ビデオ カード、およびディスクが含まれているこれらのシステムです。Instead, it is meant to make it easier to re-use WinSAT data among similar systems; those systems that contain the same motherboard/chipset and similar CPU, video cards and disks.

次の手順では、行内のようなコンピューターの選択した構成で WinSAT を実行する方法について説明します。The following procedure describes how to run WinSAT on selected configurations within a line of similar computers. これは、実行、 WinSAT prepopコマンドを複数回です。This involves running the WinSAT prepop commands multiple times.

選択的な PC の構成と PC のコンポーネントの WinSAT を実行するにはTo run WinSAT for selective PC configurations and PC components

  1. ビデオ プロセッサ、メモリ、記憶装置など、PC に含める構成を特定します。Identify the configurations that you intend to include in the PC, including video processors, memory, and storage devices.

  2. Windows 8 およびブートは、監査モードをインストールします。Install Windows 8 and boot to audit mode. 監査モードの詳細については、モードの監査の概要を参照してください。For more information about audit mode, see Audit Mode Overview.

  3. 既定のドライバーなどの補足的なコンポーネントを追加します。Add supplemental components, such as out-of-box drivers.

  4. 実行WinSAT prepopします。Run WinSAT prepop.

  5. 実行Sysprep/generalize/reboot 監査します。Run Sysprep /generalize /audit /reboot. これにより、非 prepop WinSAT .xml ファイルが削除されます。This will remove any non-prepop WinSAT .xml files.

  6. 結果として得られる、WinSAT prepop .xml ファイルからコピー %WINDIR%\performance\winsat\datastore WinSAT 結果を格納するを使用している、共有のネットワークにします。Copy the resulting WinSAT prepop .xml files from %WINDIR%\performance\winsat\datastore to the network share that you are using to store WinSAT results.

  7. コンポーネントの 1 つをアップグレードします。Upgrade one of the components. たとえば、コンピューターのセットの 1 つの構成のメモリを増やします。For example, increase the memory of one configuration in your set of computers.

  8. 実行WinSAT prepop - メモリ最適化をテストします。Run WinSAT prepop -mem test. このように、ツールを使用するにより、指定したコンポーネントに関連するテストのみが実行されます。Using the tool this way ensures that only tests relevant to the specified component will run. メモリ テストの結果を示す追加の .xml ファイルが生成されます。An additional .xml file is generated that shows the memory test results.

  9. 元のメモリ構成を復元し、ビデオ カードなどのさまざまなコンポーネントをアップグレードします。Restore the original memory configuration, and upgrade a different component, such as the video card.

       WinSAT 結果は、基本構成に戻す場合、または以降では、同じレベルの構成で使用できる、ため、テストの結果はコンピューターの広い範囲に関連します。Note   Because WinSAT results can be used with configurations of the same level or higher, if you revert to the base configuration, the test results are relevant to a broader range of computers.

  10. 使用してテストを再実行、 WinSAT prepop - グラフィックスコマンド。Re-run the test using the WinSAT prepop -graphics command. のみを実行する指定したコンポーネントに関連するテストします。Only tests relevant to the specified component run. グラフィックの結果の追加の .xml ファイルが生成されます。An additional .xml file is generated for the Graphics results.

  11. ネットワーク共有上の元の .xml 結果ファイルを新しい結果ファイルを格納します。Store the new results files with the original .xml results files on your network share.

  12. 同様のコンポーネントが使用する新しいコンピューターの WinSAT 結果を事前に設定する .xml ファイルをネットワーク共有からディレクトリにコピー対象のコンピュータの WinSAT データストア:%WINDIR%\performance\winsat\datastoreします。To prepopulate the WinSAT results for a new computer with similar components, copy the .xml files from the network share to the target computer's WinSAT Datastore directory: %WINDIR%\performance\winsat\datastore. ローカルの WinSAT ディレクトリには、WinSAT prepop ネットワーク ファイル共有のセット全体をコピーできます。You can copy the entire set of WinSAT prepop files from the network share to the local WinSAT directory. WinSAT は、現在のコンピューターの正しいセットを紹介します。WinSAT will find the correct set for the current computer.

  13. 実行する新しいコンピューターにWinSAT moobeします。On the new computer run WinSAT moobe. これにより、一致する prepop ファイルでは、WinSAT 正式なファイルが生成され、により、エンドユーザーは最初に、システムを起動すると、WinSAT 正式なファイルが使用可能です。This generates a WinSAT formal file from the matching prepop files, and ensures that the WinSAT formal file is available when the end-user boots the system the first time. Windows は、WinSAT 正式ファイルに基づいて一部の機能を拡張しの欠如がメモリ管理を最適化するシステムなどの不必要なストレージ デバイスでの最適化、パフォーマンスの問題が発生する可能性がありますし、このファイルは、システムに存在しない場合、最適化をプリフェッチします。Windows scales some features based on the WinSAT formal file, and if this file is not present on the system, then the system might experience performance problems, including unnecessary storage device defragmentation, lack of optimized memory management and prefetching optimizations.

実行するときにWinSAT moobe WinSAT 結果ファイルの次のディレクトリの検査:%WINDIR%\performance\winsat\datastoreします。When running WinSAT moobe WinSAT examines the following directory for results files: %WINDIR%\performance\winsat\datastore. WinSAT は、関連する検出されない場合、.xml ファイルの設定関係のないファイルを無視し、として評価されていないシステムを処理します。If WinSAT does not discover a relevant set of .xml files, it will ignore the irrelevant files and treat the system as unrated. DWM のテストはすぐに、実行し、メンテナンス タスクとして、またはエンドユーザーを選択してからテストを実行するときに、その他のテストを実行、パフォーマンスの情報とツールコントロール パネルの項目。The DWM test will run immediately, and the other tests will run as a maintenance task, or when the end-user opts to run the tests from the Performance Information and Tools Control Panel item. WinSAT によって、関連する一連の prepop .xml ファイルで見つかった場合は、使用できるように、エンドユーザーが最初に、コンピューターを起動すると、正式な .xml ファイルを生成する、ファイルが使用されます。If WinSAT finds a relevant set of prepop .xml files, it uses the files to generate a formal .xml file which will be available for use when the end-user boots the computer for the first time. これで機能の規模設定でき、Windows が適切な最適化を実行できます。This enables scaling of features and allows Windows to perform appropriate optimizations.

WinSAT は、ハードウェア Id を使用して、関連性を判断します。WinSAT determines relevance by using hardware IDs. たとえば、次のようなアニメーションや効果を作成できます。CPUID、DIMM のメモリ構成、ハード ディスク モデルとサイズ、およびビデオ カードの PNP id。This includes: CPUID, memory DIMM configuration, hard disk model and size, and video card PNP ID. WinSAT が両方のプライマリとセカンダリの評価; を実行、関連するセカンダリ評価が存在しない場合たとえば、CPU とメモリ。If the relevant secondary assessment is not present, WinSAT will run both the primary and secondary assessments; for example, both CPU and memory.

選択した構成で実行されているこの 2 つ目のオプションの利点は、WinSAT 評価可能性がありますが少ない構成で実行して同様のシステムにコピーです。The advantage of this second option, running on selective configurations, is that WinSAT assessments may be run on fewer configurations and copied to similar systems. 欠点は、WinSAT ファイルのセットが現在のシステムに関連しない場合は、これらのテストは無視され、システムとして扱われます、評価されていない、および最適化し、特徴のスケーリングを行わない、エンドユーザーがコンピューターを起動するとします。The disadvantage is that if a set of WinSAT files is not relevant to the current system, those tests will be ignored and the system will be treated as unrated, and optimizations and feature scaling will not be performed when the end-user boots the computer.

WinSAT Prepop コマンド ライン オプションWinSAT Prepop Command-line Options

事前設定の構文は次のとおりです。The syntax for prepopulation is as follows:

Winsat prepop [-datastore <directory>][-graphics | -cpu | -mem | -disk | -dwm]

次のコマンドは、WinSAT のすべてのテストを実行します。Winsat prepopします。The following command runs all WinSAT tests: Winsat prepop.

次の依存関係の対象、DWM など、1 つだけのサブシステムに事前設定することができます。You can prepopulate only one subsystem, such as DWM, subject to the following dependencies:

  • DWM の評価は個別に実行できます。The DWM assessment can be run independently.

  • ディスクの評価は個別に実行できます。The disk assessment can be run independently.

  • CPU の評価では、関連するメモリの評価が存在する必要があります。The CPU assessment requires that a relevant memory assessment is present.

  • メモリの評価では、関連する CPU の評価が存在する必要があります。The memory assessment requires that a relevant CPU assessment is present.

  • グラフィックスの評価では、関連する CPU とメモリの評価が存在する必要があります。The graphics assessment requires that relevant CPU and memory assessments are present.

Moobe の構文は次のとおりです。The syntax for moobe is as follows:

Winsat moobe [-datastore <directory>]

WinSAT ファイルの名前付けパターンは次のとおりです。The WinSAT file naming pattern is as follows:

Windows 8 では、%type%識別子、Prepopします。For Windows 8, there is a %type% identifier, Prepop. これは、事前設定の結果であるデータ ストアのファイルを識別します。This identifies datastore files that are a result of prepopulation. 名前付けパターンです。The naming pattern is:

%IdentifierDerivedFromDate% %Component%.Assessment(Prepop).WinSAT.xml

場所%IdentifierDerivedFromDate%は年-月-日と、として表される時刻など0012-08-01 14.48.282時 48分: 28 PM に、テストを 2012 年 8 月 1 日に実行された場所。Where %IdentifierDerivedFromDate% is year-month-day and time represented as, for example, 0012-08-01 14.48.28 where the test was run on August 1, 2012 at 2:48:28 PM.

WinSAT の正式なファイルが実行されてから作成されたwinsat prepop続けてwinsat moobe; の実行またはwinsat 正式なは次の名前付けパターンを使用します。A WinSAT formal file created from running winsat prepop followed by winsat moobe; or from running winsat formal uses the following naming pattern:

%IdentifierDerivedFromDate% Formal.Assessment(Initial).WinSAT.xml

関連トピックRelated topics

Windows の展開オプションWindows Deployment Options