Copype のコマンド ライン オプション

Copype を使用すると、Windows プレインストール環境 (Windows PE) ファイルの標準セットが含まれた作業ディレクトリを作成できます。 これらのファイル (と Makewinpemedia スクリプト) を使用して、イメージをカスタマイズし、起動可能なメディアを作成できます。

CopyPE は、WinPE アドオンを含む Windows アセスメント & デプロイメント キットで提供されています。 詳細については、「Makewinpemedia のコマンド ライン オプション」を参照してください。

CopyPE の構文

Copype.cmd <Architecture> <WorkingDirectory>

Copype のコマンド ライン オプション

コマンドライン オプション 説明

アーキテクチャ

ブート ファイルと Windows PE 基本イメージ (Winpe.wim) を <WorkingDirectory>\Media にコピーします。

値には、 amd64x86arm、または arm64 が含まれます

Windows PE の x86 バージョンでは、32 ビット UEFI、32 ビット BIOS、または 64 ビット BIOS ベースの PC を起動できます。

Windows PE の amd64 バージョンでは、64 ビット BIOS ベースまたは 64 ビット UEFI ベースの PC を起動できます。

Windows PE の arm バージョンでは、それぞれのアーキテクチャの Arm ベースの PC を起動できます。

さまざまなアーキテクチャの PC で Windows PE を実行する方法の詳細については、「Windows セットアップでサポートされるプラットフォームとクロスプラットフォーム展開」を参照してください。

WorkingDirectory

作業ディレクトリの名前を指定します。ここに、Copype でディレクトリ構造を作成し、Windows PE ファイルを作成します。 次に例を示します。

copype amd64 C:\winpe_amd64

Copype によって、次のディレクトリ構造が作成されます。

<WorkingDirectory>
<WorkingDirectory>\media
<WorkingDirectory>\mount

Copype によって Windows PE 基本イメージが <WorkingDirectory>\Media\Sources フォルダーにコピーされると、基本イメージの名前が Winpe.wim から Boot.wim に変更されます。

WinPE の概要

WinPE:起動可能な USB ドライブの作成

Makewinpemedia のコマンド ライン オプション