展開イメージのサービスと管理 (DISM) を使用した .NET Framework 3.5 の展開Deploy .NET Framework 3.5 by using Deployment Image Servicing and Management (DISM)

展開イメージのサービスと管理 (DISM) コマンドライン ツールを使用し、変更したイメージを作成して .NET Framework 3.5 を展開できます。You can use the Deployment Image Servicing and Management (DISM) command-line tool to create a modified image to deploy .NET Framework 3.5.

重要

複数の言語をサポートするイメージの場合は、言語パックを追加する前に .NET Framework 3.5 バイナリを追加する必要があります。For images that will support more than one language, you must add .NET Framework 3.5 binaries before adding any language packs. この順序により、.NET Framework 3.5 の言語リソースが参照イメージに正しくインストールされ、ユーザーとアプリケーションがリソースを使用できるようになります。This order ensures that .NET Framework 3.5 language resources are installed correctly in the reference image and available to users and applications.

インターネットに接続している DISM の使用Using DISM with Internet connectivity

要件Requirements

Windows Update にアクセスできるオンライン参照イメージの場合For an online reference image that can access Windows Update

  1. Windows 8 または Windows Server 2012 で、管理者ユーザー権限を使用してコマンド プロンプトを開きます ([管理者として実行する])。Open a command prompt with administrator user rights (Run as Administrator) in Windows 8 or Windows Server 2012.

  2. .NET Framework 3.5 機能のファイルを Windows Update からインストールするには、次のコマンドを使用します。To Install .NET Framework 3.5 feature files from Windows Update, use the following command:

    DISM /Online /Enable-Feature /FeatureName:NetFx3 /All 
    

    /All を使用すると、指定した機能のすべての親機能が有効になります。Use /All to enable all parent features of the specified feature. DISM の引数について詳しくは、「DISM を使用した Windows 機能の有効化または無効化」をご覧ください。For more information on DISM arguments, see Enable or Disable Windows Features Using DISM.

  3. Windows 8 PC では、インストール後の .NET Framework 3.5 は、コントロール パネルの [Windows の機能の有効化または無効化] に有効として表示されます。On Windows 8 PCs, after installation .NET Framework 3.5 is displayed as enabled in Turn Windows features on or off in Control Panel. Windows Server 2012 システムの場合、機能のインストール状態はサーバー マネージャーで確認できます。For Windows Server 2012 systems, feature installation state can be viewed in Server Manager.

オフライン参照イメージの場合For an offline reference image

  1. 次の DISM コマンド (イメージが c:\test\offline フォルダーにマウント、インストール メディアが D: \ ドライブ) を実行して .NET 3.5 をインストールします。Run the following DISM command (image mounted to the c:\test\offline folder and the installation media in the D:\drive) to install .NET 3.5:

    DISM /Image:C:\test\offline /Enable-Feature /FeatureName:NetFx3 /All /LimitAccess /Source:D:\sources\sxs
    

    /All を使用すると、指定した機能のすべての親機能が有効になります。Use /All to enable all parent features of the specified feature.

    /LimitAccess を使用すると、DISM は Windows Update/WSUS に接続しません。Use /LimitAccess to prevent DISM from contacting Windows Update/WSUS.

    /Source を使用して、機能を復元するために必要なファイルの場所を指定します。Use /Source to specify the location of the files that are needed to restore the feature.

    Windows ADK のインストールから DISM を使用するには、Windows ADK サービス フォルダーを探して、そのディレクトリに移動します。To use DISM from an installation of the Windows ADK, locate the Windows ADK servicing folder and navigate to this directory. 既定では、DISM は C:\Program Files (x86)\Windows Kits\8.0\Assessment and Deployment Kit\Deployment Tools\ にインストールされます。By default, DISM is installed at C:\Program Files (x86)\Windows Kits\8.0\Assessment and Deployment Kit\Deployment Tools\. Windows ADK から、他のサポートされているオペレーティング システムに、DISM や Windows システム イメージ マネージャー (Windows SIM) など他の展開およびイメージ ツールをインストールできます。You can install DISM and other deployment and imaging tools, such as Windows System Image Manager (Windows SIM), on another supported operating system from the Windows ADK. DISM でサポートされるプラットフォームについて詳しくは、「DISM でサポートされるプラットフォーム」をご覧ください。For information about DISM-supported platforms, see DISM Supported Platforms.

  2. 次のコマンドを実行して、.NET Framework 3.5 (c:\test\offline にマウントされたオフライン イメージ) の状態を確認します。Run the following command to look up the status of .NET Framework 3.5 (offline image mounted to c:\test\offline):

    DISM /Image:c:\test\offline /Get-Features /Format:Table
    

    "Enable Pending" という状態は、インストールを完了するためにイメージをオンラインにする必要があることを示します。A status of Enable Pending indicates that the image must be brought online to complete the installation.

インターネットに接続していない DISM の使用Using DISM with no Internet connectivity

DISM を使用すると、.NET Framework 3.5 を追加し、インストール メディアの \sources\SxS フォルダーへのアクセス権を、インターネットに接続していない Windows インストールに付与できます。You can use DISM to add .NET Framework 3.5 and provide access to the \sources\SxS folder on the installation media to an installation of Windows that is not connected to the Internet.

警告

.NET Framework 3.5 のインストール ソースとして Windows Update を利用しない場合は、対応する同一の Windows オペレーティング システム バージョンのソースを必ず使用してください。If you're not relying on Windows Update as the source for installing the .NET Framework 3.5, make sure to use sources from the same corresponding Windows operating system version. 同じバージョンの Windows に対応しないソース パスを使用すると、一致しないバージョンの .NET Framework 3.5 のインストールを防ぐことができなくなります。Using a source path that doesn't correspond to the same version of Windows won't prevent a mismatched version of .NET Framework 3.5 from being installed. これによって、システムがサポートされない状態になり、使用できなくなることがあります。This can cause the system to be in an unsupported and unserviceable state.

要件Requirements

  • Windows 8、Windows Server 2012、または Windows ADK ツール。Windows 8, Windows Server 2012, or the Windows ADK tools.

  • インストール メディアInstallation media

  • 管理者ユーザー権限。Administrator user rights. 現在のユーザーが Windows 機能を追加または削除するには、ローカルの Administrators グループのメンバーである必要があります。The current user must be a member of the local Administrators group to add or remove Windows features.

手順Steps

  1. 管理者ユーザー権限を使用してコマンド プロンプトを開きます ([管理者として実行する])。Open a command prompt with administrator user rights (Run as Administrator).

  2. D: ドライブにあるインストール メディアから .NET Framework 3.5 をインストールするには、次のコマンドを使用します。To install .NET Framework 3.5 from installation media located on the D: drive, use the following command:

    DISM /Online /Enable-Feature /FeatureName:NetFx3 /All /LimitAccess /Source:d:\sources\sxs
    

    /All を使用すると、指定した機能のすべての親機能が有効になります。Use /All to enable all parent features of the specified feature.

    /LimitAccess を使用すると、DISM は Windows Update/WSUS に接続しません。Use /LimitAccess to prevent DISM from contacting Windows Update/WSUS.

    /Source を使用して、機能を復元するために必要なファイルの場所を指定します。Use /Source to specify the location of the files that are needed to restore the feature.

    DISM の引数について詳しくは、「DISM を使用した Windows 機能の有効化または無効化」をご覧ください。For more information on DISM arguments, see Enable or Disable Windows Features Using DISM.

Windows 8 PC では、インストール後の .NET Framework 3.5 は、コントロール パネルの [Windows の機能の有効化または無効化] に有効として表示されます。On Windows 8 PCs, after installation, .NET Framework 3.5 is displayed as enabled in Turn Windows features on or off in Control Panel.

関連トピックRelated topics

Microsoft .NET Framework 3.5 の展開に関する考慮事項Microsoft .NET Framework 3.5 Deployment Considerations