自動適用フォルダーを使用してプッシュボタンのリセット機能を展開するDeploy push-button reset features using Auto-apply folders

プッシュボタンのリセット機能は、デスクトップエディション (Home、Pro、Enterprise、および教育) 用の Windows 10 に含まれています。ただし、次のカスタマイズを使用して Pc を展開するには、追加の手順を実行する必要があります。Push-button reset features are included with Windows 10 for desktop editions (Home, Pro, Enterprise, and Education), though you'll need to perform additional steps to deploy PCs with the following customizations.

  • Windows デスクトップ アプリケーションWindows desktop applications
  • Windows の設定 (カスタマイズされた OOBE 画面やスタートメニューなど)。Windows settings, such as customized OOBE screens or Start Menus.
  • カスタマイズされたパーティションレイアウト。Customized partition layouts.

これらの手順では、リセット時に独自のスクリプトを追加してログをキャプチャしたり、その他のクリーンアップタスクを実行したりする方法についても説明します。These steps also show you how to add your own scripts during a reset to capture logs or perform other cleanup tasks.

前提条件Prerequisites

これらの手順を完了するには、windows 10 がインストールされ、windows 10 コンポーネント用の windows アセスメント & amp; デプロイメントキット (ADK) がインストールされているテクニシャン PC が必要です。To complete these procedures, you'll need a technician PC which has Windows 10 and the following Windows Assessment and Deployment Kit (ADK) for Windows 10 components installed. Windows 10 バージョン1809以降、WinPE は ADK へのアドオンであり、ADK インストーラーには含まれていないことに注意してください。Note that starting with Windows 10, version 1809, WinPE is an addon to the ADK, and isn't included in the ADK installer:

  • 展開ツールDeployment Tools
  • イメージングおよび構成デザイナー (ICD)Imaging and Configuration Designer (ICD)
  • ユーザー状態移行ツール (USMT)User State Migration Tool (USMT)
  • Windows プレインストール環境 (Windows PE)Windows Preinstallation Environment (Windows PE)

次のものも必要です。You'll also need:

  • ドライブサイズが 100 GB 以上の宛先 PCA destination PC with drive size of 100 GB or larger
  • Windows 10 for desktop のエディションイメージ (.wim)A Windows 10 for desktop editions image (install.wim)
  • Windows RE ブートイメージ (Winre) (Windows 10 イメージからこれを抽出します)。A Windows RE boot image (Winre.wim) (You'll extract this from a Windows 10 image).

展開プロセス全体の概要については、「 デスクトップ製造ガイド」を参照してください。For an overview of the entire deployment process, see the Desktop manufacturing guide.

次の手順を使用して、Windows デスクトップアプリケーションをインストール後にキャプチャするように ScanState ツールを準備します。Use the follow steps to prepare the ScanState tool to capture Windows desktop applications after they have been installed:

手順 1: ScanState ツールを準備するStep 1: Prepare the ScanState tool

  1. テクニシャン PC で、Windows ADK ファイルを Windows ユーザー状態移行ツール (USMT) から Windows セットアップ作業フォルダーにコピーします。On the technician PC, copy the Windows ADK files from Windows User State Migration Tool (USMT) and Windows Setup to a working folder. ターゲットデバイスのアーキテクチャと一致する必要があります。You'll need to match the architecture of the destination device. サブフォルダーをコピーする必要はありません。You don't need to copy the subfolders.

    md C:\ScanState_amd64
    xcopy /E "C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\User State Migration Tool\amd64" C:\ScanState_amd64
    xcopy /E /Y "C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Windows Setup\amd64\Sources" C:\ScanState_amd64
    
  2. 作業フォルダーの内容をネットワーク上の場所または USB フラッシュドライブにコピーします。Copy the contents of the working folder to a network location or USB flash drive.

追加のドライバーや言語パックが必要な場合は、次の手順に従って、Windows RE ブートイメージをカスタマイズします。Use the following steps to customize your Windows RE boot image if additional drivers and language packs are needed.

手順 2: Windows RE ブートイメージを抽出してカスタマイズする (省略可能)Step 2: Extract and customize the Windows RE boot image (optional)

  1. テクニシャン PC で [ スタート] をクリックし、「展開」と入力します。On the technician PC, click Start, and type deployment. [展開およびイメージング ツール環境] を右クリックし、[管理者として実行] を選びます。Right-click Deployment and Imaging Tools Environment and then select Run as administrator.

  2. 展開およびイメージングツール環境 で、Windows イメージとそのマウントポイントを格納するフォルダー構造を作成します。In Deployment and Imaging Tools Environment, create the folder structure to store the Windows image and its mount point.

    Mkdir C:\OS_image\mount
    
  3. Windows RE ブートイメージとそのマウントポイントを格納するフォルダー構造を作成します。Create the folder structure to store the Windows RE boot image and its mount point.

    Mkdir C:\winre_amd64\mount
    
  4. DISM を使用して、Windows イメージ (.wim) をフォルダー \ OS イメージマウントにマウントし _ \ ます。Mount the Windows image (install.wim) to the folder \OS_image\mount by using DISM.

    Dism /mount-image /imagefile:C:\OS_image\install.wim /index:1 /mountdir:C:\OS_image\mount
    

    ここ Index:1 で、は、インストール .wim ファイル内の選択されたイメージのインデックスです。where Index:1 is the index of the selected image in the Install.wim file.

  5. Windows RE イメージをマウントされた Windows イメージから新しいフォルダーにコピーします。Copy the Windows RE image from the mounted Windows image to the new folder.

    xcopy /H C:\OS_image\mount\windows\system32\recovery\winre.wim C:\winre_amd64 
    
  6. Windows イメージのマウントを解除します。Unmount the Windows image. ヒント: Windows イメージで他の変更を行っていない場合は、オプションを使用して、イメージのマウントをより速く解除でき /discard ます。Tip: If you haven't made any other changes in the Windows image, you can unmount the image faster by using the /discard option.

    Dism /unmount-image /mountdir:C:\OS_image\mount /discard
    
  7. 編集用に Windows RE ブートイメージをマウントします。Mount the Windows RE boot image for editing.

    Dism /mount-image /imagefile:C:\winre_amd64\winre.wim /index:1 /mountdir:C:\winre_amd64\mount
    

    Index:1は、Winre の .wim ファイルで選択されているイメージの番号です。where Index:1 is the number of the selected image in the Winre.wim file.

    インストール .wim ファイルから Winre ファイルを抽出したら、Windows RE ブートイメージをカスタマイズできます。Once the Winre.wim file is extracted from the Install.wim file, you can customize the Windows RE boot image.

  8. 言語パック、起動に不可欠なデバイスドライバー、および入力デバイスドライバーを Windows RE ブートイメージに追加します。Add language packs, boot-critical device drivers, and input device drivers to the Windows RE boot image. 詳細については、「 WINDOWS RE をカスタマイズする」を参照してください。To learn more, see Customize Windows RE.

  9. カスタマイズをコミットし、イメージのマウントを解除します。Commit your customizations and unmount the image.

    Dism /unmount-image /mountdir:C:\winre_amd64\mount /commit 
    

Windows 10 のすべてのエディション (Windows 10 Mobile を含む) に共通する設定のみをカスタマイズする場合は、次の手順に従って、回復中に復元する設定を指定するプロビジョニングパッケージを作成します。If you are planning to customize only the settings common to all editions of Windows 10 (including Windows 10 Mobile), use the following steps to create a provisioning package which specifies settings to be restored during recovery:

手順 3: 復元する設定を指定してプロビジョニングパッケージを作成する (省略可能)Step 3: Create a provisioning package with settings to be restored (optional)

  1. テクニシャン PC で、Windows イメージングおよび構成デザイナー (ICD) を起動します。On the technician PC, start Windows Imaging and Configuration Designer (ICD).
  2. [ ファイル] [ > 新しいプロジェクト] をクリックします。Click File > New Project.
  3. プロジェクトの名前と説明を入力し、[次へ] をクリックします。Enter a project name and description, and then click Next
  4. [プロジェクトワークフローの選択] ステップで、[プロビジョニングパッケージ] オプションを選択し、[次へ] をクリックします。In the Select project workflow step, select the Provisioning Package option, and then click Next.
  5. [ 表示および構成する設定を選択 してください] ステップで、[ すべての Windows エディションに共通 ] オプションを選択し、[ 次へ] をクリックします。In the Choose which settings to view and configure step, select the Common to all Windows editions option, and then click Next.
  6. [ プロビジョニングパッケージのインポート (オプション) ] ステップで、[ 完了 ] をクリックして新しいプロジェクトを作成します。In the Import a provisioning package (optional) step, click Finish to create the new project.
  7. [ 使用可能なカスタマイズ ] ウィンドウを使用して設定を追加し、回復時に復元する既定値を指定します。Use the Available customizations pane to add settings and specify the defaults which should be restored during recovery. 設定が [ 選択されたカスタマイズ ] ウィンドウに表示されます。The settings will appear in the Selected customizations pane.
  8. [ > プロビジョニングパッケージ のエクスポート] をクリックします。Click Export > Provisioning package.
  9. [ プロビジョニングパッケージの説明 ] ステップで、[ 次へ] をクリックします。In the Describe the provisioning package step, click Next.
  10. [ プロビジョニングパッケージのセキュリティの詳細を選択 します] ステップで、[ 次へ] をクリックします。In the Select the security details for the provisioning package step, click Next.
  11. [ プロビジョニングパッケージの保存場所の選択] ステップで、パッケージを保存する場所 (ネットワーク共有など) を入力し、[ 次へ] をクリックします。In the Select where to save the provisioning package step, enter a location to save the package (such as a network share) and then click Next.
  12. [ ビルド ] をクリックして、プロビジョニングパッケージを作成します。Click Build to create the provisioning package.
  13. プロビジョニングパッケージが作成されたら、[ 完了] をクリックします。After the provisioning package is created, click Finish.

デスクトップエディション用の Windows 10 のエディションに固有の設定がカスタマイズに含まれる場合は、次の手順に従って、回復時に復元する設定を指定する unattend.xml を作成します。If your customizations include settings specific to editions of Windows 10 for desktop editions, use the following steps to create an unattend.xml which specifies the settings to be restored during recovery:

自動適用フォルダーは、Windows 10 バージョン1809で新しく追加されたものです。Auto-apply folders are new in Windows 10, version 1809. これらのフォルダーを使用すると、無人セットアップ、OOBE、および、.PBR 中のタスクバーのレイアウトなど、一般的な設定を簡単に復元することができます。These folders make it easier for you to restore common settings, including unattend, OOBE, and taskbar layout during PBR. 自動適用フォルダーまたは機能拡張ポイントを使用できますが、両方を使用することはできません。You can use Auto-apply folders or extensibility points, but not both. 自動適用フォルダーと拡張ポイントが構成されている場合、Windows は機能拡張ポイントを使用します。If Auto-apply folders and extensibility points are configured, Windows will use the extensibility points.

  1. Windows イメージ内にという名前のフォルダーを作成します。 C:\Recovery\AutoApplyCreate a folder in your Windows image called C:\Recovery\AutoApply

    MkDir C:\Recovery\AutoApply
    
  2. 構成ファイルと関連するアセットファイルを Autoapply フォルダーにコピーします。Copy configuration files and any related asset files into the Autoapply folders:

    [説明]Description コピーするファイルFiles to be copied 配置場所Where to put it 復元中には、どこに移動しますか。During a restore, where does it go?
    スタート メニューStart menu LayoutModification.xmlLayoutModification.xml C:\Recovery\AutoApply\ %SYSTEMDRIVE%\Users\Default\AppData\Local\Microsoft\Windows\Shell
    タスクバーの pinTaskbar pins TaskbarLayoutModification.xmlTaskbarLayoutModification.xml C:\Recovery\AutoApply\ C:\Windows\OEM\TaskbarLayoutModification.xml
    OOBE.xmlOOBE.xml %windir%\System32\OOBE\info C:\Recovery\AutoApply\OOBE %windir%\System32\OOBE\info
    無人セットアップファイルUnattend file unattend.xmlunattend.xml C:\Recovery\AutoApply\ C:\Windows\Panther\Unattend.xml
    その他の資産ファイルOther asset files C:\Recovery\AutoApply\CustomizationFiles C:\Windows\OEM\CustomizationFiles

    [スタート] メニューとタスクバーによって使用されるリンク (.lnk) ファイルの復元については、気にしないでください。Note, don't worry about restoring link (.lnk) files used by the Start menu and Taskbar. これらは、 プロビジョニングパッケージを使用して保存および復元されます。These are saved and restored using provisioning packages.

手順 5: Windows の展開とカスタマイズStep 5: Deploy and customize Windows

  1. 移行先 PC で、Windows PE を起動します。On the destination PC, boot to Windows PE.

  2. Windows PE コマンドプロンプトで、スクリプトを実行して推奨ハードドライブパーティションを作成します。At the Windows PE command prompt, run the script to create the recommended hard drive partitions.

    Diskpart /s N:\CreatePartitions.txt
    

    ここで、N: \ CreatePartition はファイルの場所です。where N:\CreatePartition is the location of the file.

  3. Windows の参照イメージを Windows パーティションに適用します。Apply the Windows reference image to the Windows partition.

    Dism /Apply-Image /ImageFile:N:\Install.wim /Index:1 /ApplyDir:W:\
    

    省略可能:/compact オプションを指定して、ディスクに書き込まれるファイルを圧縮することもできます。Optional: You can also specify the /compact option so that the files written to disk are compressed. 次に例を示します。For example:

    Dism /Apply-Image /ImageFile:N:\Install.wim /Index:1 /ApplyDir:W:\ /Compact:on
    

    これは、記憶域容量が制限されている Pc に Windows を展開する場合に便利ですが、回転記憶装置のある Pc では推奨されません。This is useful if you are deploying Windows onto PCs with limited storage capacity, but is not recommended on PCs with rotational storage devices.

  4. BCDboot を使用してシステムパーティションを構成します。Configure the system partition by using BCDboot.

    W:\Windows\System32\Bcdboot W:\Windows
    
  5. Windows RE ツールパーティションにフォルダーを作成し、カスタム Windows RE ブートイメージをコピーします。Create a folder in the Windows RE tools partition, and copy your custom Windows RE boot image to it.

    Mkdir T:\Recovery\WindowsRE
    xcopy /H N:\Winre.wim T:\Recovery\WindowsRE
    

    ここで、T: \ は WINDOWS RE ツールパーティションです。where T:\ is the Windows RE tools partition.

    重要

    回復 windowsre に Winre を格納する必要があり \ \ ます。You must store Winre.wim in \Recovery\WindowsRE.

  6. Windows RE ブートイメージを Windows イメージと共に登録します。Register the Windows RE boot image together with the Windows image.

    W:\Windows\System32\Reagentc /setreimage /path T:\Recovery\WindowsRE /target W:\Windows
    
  7. Diskpart を使用して、windows エクスプローラーから Windows RE ツール (T:) パーティションを非 '95'5c し \ ます。Use Diskpart to conceal the Windows RE tools (T:\) partition from Windows Explorer.

    UEFI ベースの Pc の場合:For UEFI-based PCs:

    select disk 0
    select partition 4
    remove
    set id=de94bba4-06d1-4d40-a16a-bfd50179d6ac
    gpt attributes=0x8000000000000001
    exit
    

    BIOS ベースの Pc の場合:For BIOS-based PCs:

    select disk 0
    select partition 3
    remove
    set id=27
    exit
    
  8. 移行先 PC の Windows イメージをカスタマイズします。Customize the Windows image on the destination PC:

    1. 宛先 PC に固有の INF ベースのドライバーパッケージのインストール、OS の更新プログラムと言語パックのインストール、追加の Windows アプリのプロビジョニングなど、Windows イメージに対するオフラインのカスタマイズを実行します。Perform offline customizations to the Windows image, such as installing INF-based driver packages specific to the destination PC, installing OS updates and language packs, or provisioning additional Windows apps.
    2. 送信先 PC を監査モードで起動します。Boot the destination PC to audit mode. これを行うには、応答ファイルを使用します。Reseal |Mode = audit 設定、または最初に PC を OOBE に起動してから、CTRL + SHIFT + F3 キーを押します。This can be accomplished by using an answer file with the Microsoft-Windows-Deployment | Reseal | Mode = audit setting, or by first booting the PC to OOBE, and then pressing CTRL+SHIFT+F3.
    3. 移行先 PC に固有のアプリケーションとデバイスソフトウェアパッケージのインストールなど、その他のカスタマイズを実行します。Perform any remaining customizations such as installing applications and device software packages that are specific to the destination PC.
  9. OS の更新プログラムがインストールされている場合は、置き換えられたコンポーネントをクリーンアップし、回復中に復元されるように更新プログラムを永続的としてマークします。If you have installed OS updates, clean up the superseded components and mark the updates as permanent so that they will be restored during recovery:

    DISM.exe /Cleanup-Image /StartComponentCleanup
    

手順 6: 回復用のカスタマイズをキャプチャして展開するStep 6: Capture and deploy customizations for recovery

  1. ScanState ツールを使用して、インストールされているカスタマイズをプロビジョニングパッケージにキャプチャします。Use the ScanState tool to capture the installed customizations into a provisioning package. /Config オプションを使用して、ADK に含まれる既定の構成ファイルの1つを指定し、"C: 回復のカスタマイズ" フォルダーに ppkg ファイルを保存します。 \ \Use the /config option to specify one of the default configuration files included with the ADK, and save the .ppkg file in the folder C:\Recovery\Customizations.

    N:\ScanState_amd64\scanstate.exe /apps /config:<path_to_config_file> /ppkg C:\Recovery\Customizations\apps.ppkg /o /c /v:13 /l:C:\ScanState.log
    

    ここで N: \ は、手順 1. でインストールした ScanState ツールの場所です。where N:\ is the location of the ScanState tool installed in Step 1.

  2. Windows ICD を使用して、回復中に復元する必要があるカスタマイズを含むプロビジョニングパッケージを追加で作成した場合は、パッケージを移行先 PC にコピーします。If you have used Windows ICD to create additional provisioning packages with customizations which should be restored during recovery, copy the packages to the destination PC. 次に例を示します。For example:

    xcopy N:\RecoveryPPKG\*.ppkg C:\Recovery\Customizations
    

    ここで N: \ は、追加のプロビジョニングパッケージが配置されている場所です。where N:\ is the location where the additional provisioning packages are located.

  3. プッシュボタンのリセット構成ファイル (resetconfig.xml) を移行先 PC にコピーし、書き込み/変更のアクセス許可を構成します。Copy any Push-button reset configuration file (resetconfig.xml) to the destination PC, and then configure permissions to write/modify them. 次に例を示します。For example:

    mkdir C:\Recovery\OEM
    

    ここで N: \ は、構成ファイルとスクリプトが配置されている場所です。where N:\ is the location where the configuration file and scripts are located.

  4. カスタマイズの書き込み/変更アクセス許可を制限し、ルートフォルダーを非表示にします。Restrict the Write/Modify permissions of the customizations, and hide the root folder. 次に例を示します。For example:

    icacls C:\Recovery\Customizations /inheritance:r /T
    icacls C:\Recovery\Customizations /grant:r SYSTEM:(F) /T
    icacls C:\Recovery\Customizations / grant:r *S-1-5-32-544:(F) /T
    icacls C:\Recovery\OEM /inheritance:r /T
    icacls C:\Recovery\OEM /grant:r SYSTEM:(F) /T
    icacls C:\Recovery\OEM /grant:r *S-1-5-32-544:(F) /T
    icacls C:\Recovery\AutoApply /inheritance:r /T
    icacls C:\Recovery\AutoApply /grant:r SYSTEM:(F) /T
    icacls C:\Recovery\AutoApply /grant:r *S-1-5-32-544:(F) /T
    attrib +H C:\Recovery
    
  5. Sysprep ツールを使用して、/generalize オプションを使用せずに Windows イメージを再シールします。Use the Sysprep tool to reseal the Windows image without using the /generalize option.

    Sysprep /oobe /exit
    

    メモ 重要: お客様に出荷するイメージを、OOBE で起動するように構成する必要があります。Note Important: You must configure the image that you are shipping to the customer to boot to OOBE.

  6. Optional領域を節約するために、インストールされている Windows デスクトップアプリケーションを、カスタマイズパッケージを参照するファイルポインターに変換することもできます。(Optional) To save space, you can also convert your installed Windows desktop applications into file pointers referencing the customizations package. これを行うには、宛先 PC を Windows PE に対して起動し、次のように実行します。To do so, boot the destination PC to Windows PE and run the following:

    DISM /Apply-CustomDataImage /CustomDataImage:C:\Recovery\Customizations\USMT.ppkg /ImagePath:C:\ /SingleInstance
    
  7. 送信先 PC を梱包および発送用にシャットダウンします。Shut down the destination PC for packaging and shipment. ユーザーが初めて PC を起動すると、OOBE が起動します。When the user starts the PC for the first time, it will boot to OOBE.

手順 7: カスタマイズを確認するStep 7: Verify your customizations

回復後にカスタマイズが復元されることを確認します。また、[ファイルを保持し、すべてを削除] 機能を実行しても、引き続き機能します。Verify that your customizations are restored after recovery, and that they continue to function by running the Keep my files and Remove everything features. 開始するには、次のエントリポイントを確認します。To start, check the following entry points:

  • 設定:[スタート] メニューから [設定 の更新] を選択し > & セキュリティ > の 回復> この PC をリセットします。開始 するには、こちらをクリックします。Settings: From the Start Menu, select Settings > Update & security > Recovery > Reset this PC: Get started. 画面に表示される手順に従って操作します。Follow the on-screen instructions.

  • Windows RE: [スタート] メニューから [設定 の更新] を選択し > & セキュリティ > 回復> 詳細なスタートアップ:今すぐ再起動 します。Windows RE: From the Start Menu, select Settings > Update & security > Recovery > Advanced startup: Restart now. Windows RE を起動した後、[トラブルシューティング] [ > この PC をリセット する] の順に選択し、画面の指示に従います。After Windows RE boots, select Troubleshoot > Reset this PC and then follow the on-screen instructions.

より多くの回復オプションをテストするには、「 検証シナリオ」を参照してください。To test more recovery options, see validation scenarios.

関連トピックRelated topics

ScanState の構文ScanState Syntax

ベアメタルリセット/回復: 新しいデバイスの展開中に回復メディアを作成するBare metal reset/recovery: Create recovery media while deploying new devices

ScanState を使用してプッシュボタンのリセット機能をデプロイするDeploy push-button reset features using ScanState