Windows RE の展開します。Deploy Windows RE

システム障害が発生したときに、PC を修復するエンドユーザーを支援するのに、新しいコンピューターに Windows 回復環境 (Windows RE) を展開するのに次の手順を使用します。Use these steps to deploy Windows Recovery Environment (Windows RE) to a new computer, to help end users repair a PC when a system failure occurs.

前提条件Prerequisites

このチュートリアルを完了するには、次のものが必要。To complete this walkthrough, you need the following:

手順 1:Windows RE の展開します。Step 1: Deploy Windows RE

  1. Windows RE ツールのパーティションに新しいディレクトリを作成し、このディレクトリにカスタム Windows RE ツール イメージ (Winre.wim) をコピーします。Create a new directory in the Windows RE Tools partition, and then copy your custom Windows RE tools image (Winre.wim) to this directory. 以下は、ファームウェアの種類に基づく例です。The following are examples based on your firmware type:

    UEFI:UEFI:

    mkdir T:\Recovery\WindowsRE
    
    xcopy /h W:\Windows\System32\Recovery\Winre.wim T:\Recovery\WindowsRE
    

    場所t: は、Windows RE ツールのパーティションのドライブ文字です。where T: is the drive letter of your Windows RE Tools partition. 次に、例を示します。For example:

    BIOS:BIOS:

    mkdir S:\Recovery\WindowsRE
    
    xcopy /h W:\Windows\System32\Recovery\Winre.wim S:\Recovery\WindowsRE
    

    場所s: システム パーティションです。where S: is the system partition.

  2. カスタム Windows RE ツール イメージを登録します。Register your custom Windows RE tools image:

    UEFI:UEFI:

    C:\Windows\System32\Reagentc /setreimage /path T:\Recovery\WindowsRE /target W:\Windows
    

    場所t: は Windows RE ツールのパーティションです。where T: is the Windows RE Tools partition.

    BIOSBIOS

    C:\Windows\System32\Reagentc /setreimage /path S:\Recovery\WindowsRE /target W:\Windows
    

    場所s: システム パーティションです。where S: is the System partition.

  3. 省略可能: 場合は、Windows RE のブート イメージにカスタム ツールを追加した登録に表示されるように、ブート オプションメニュー。Optional: If you have added a custom tool to your Windows RE boot image, register it so that it will appear on the Boot Options menu:

    Reagentc /setbootshelllink /configfile E:\Recovery\BootMenu\AddDiagnosticsToolToBootMenu.xml
    

    カスタム ツールを追加する方法の詳細については、Windows RE のブート オプション メニューにカスタム ツールを追加を参照してください。For more information about adding a custom tool, see Add a Custom Tool to the Windows RE Boot Options Menu.

  4. 省略可能: Windows RE を含むセカンダリ ブート パスを実行する回復のハードウェア ボタン (またはボタンの組み合わせ) を構成します。Optional: Configure a hardware recovery button (or button combination) to run a secondary boot path that contains Windows RE. 詳細については、Windows RE の開始にハードウェア Recovery ボタンを追加を参照してください。For more information, see Add a Hardware Recovery Button to Start Windows RE.

手順 2:回復パーティションを特定し、ドライブ文字を非表示にします。Step 2: Identify the Recovery Partitions and Hide the Drive Letters

   Windows 8 のエディションのプッシュ ボタンのリセット機能を構成する場合は、このセクションをスキップし、トピックに移動します。クリック 1 回のリセット機能を展開します。Note   If you want to configure push-button reset features for Windows 8 editions, skip this section, and go to the topic: Deploy Push-Button Reset Features.

回復のパーティションとしてパーティションを構成し、パーティションが共通のファイル エクスプ ローラーなどの Windows メニューで表示されないようにし、ドライブ文字を非表示します。Configure your partitions as recovery partitions, and then conceal the drive letters so the partitions don't appear in common Windows menus, such as File Explorer.

ドライブ文字を非表示にして、回復パーティションを識別するためには、DiskPart スクリプトを準備します。Prepare a DiskPart script to identify the recovery partitions and to hide drive letters

  1. メモ帳で識別し、回復パーティションを非表示にするためのコマンドを含むテキスト ファイルを作成します。In Notepad, create a text file that includes commands to identify and hide the recovery partitions. 次の例は、ファームウェアの種類に基づいています。The following examples are based on your firmware type:

    UEFI:UEFI:

    ID を使用します。パーティション_MSFT_RECOVERY_回復パーティションとしてパーティションを定義する GUID (de94bba4-06d1-4d40-a16a-bfd50179d6ac)。Use the ID: PARTITION_MSFT_RECOVERY_GUID (de94bba4-06d1-4d40-a16a-bfd50179d6ac) to define the partitions as recovery partitions.

    GPT 属性を使用します。0x8000000000000001 ドライブ文字を非表示にして、2 つの属性の組み合わせを使用して、必須としてマークする:GPT_BASIC_データ_属性_いいえ_ドライブ_文字と GPT_属性_プラットフォーム_必要な作業です。Use the GPT attributes: 0x8000000000000001 to hide the drive letters and to mark them as required, by using a combination of two attributes: GPT_BASIC_DATA_ATTRIBUTE_NO_DRIVE_LETTER and GPT_ATTRIBUTE_PLATFORM_REQUIRED.

    UEFI のハード ドライブ パーティション属性の詳細については、パーティション_情報_GPT 構造を参照してください。For more information about UEFI hard drive partition attributes, see PARTITION_INFORMATION_GPT structure.

    rem == HideRecoveryPartitions-UEFI.txt
    select disk 0
    select partition 1
    remove
    set id=de94bba4-06d1-4d40-a16a-bfd50179d6ac
    gpt attributes=0x8000000000000001
    rem == If Push-button reset features are included, add the following commands:
    rem    select partition 5
    rem    remove
    rem    set id=de94bba4-06d1-4d40-a16a-bfd50179d6ac
    rem    gpt attributes=0x8000000000000001
    list volume
    

    BIOS:BIOS:

    属性を使用: id=27 、システム パーティションを定義して使用する、removeドライブ文字を削除するコマンド。Use the attribute: id=27 to define the system partition, and use the remove command to remove the drive letter.

    rem == HideRecoveryPartitions-BIOS.txt
    select disk 0
    select partition 3
    set id=27
    remove
    list volume
    exit
    
  2. いずれかとして e: 完了したファイルの保存\Recovery\HideRecoveryPartitions UEFI.txt または e:\Recovery\HideRecoveryPartitions BIOS.txt、ファームウェアの種類に基づいて。Save your completed file as either E:\Recovery\HideRecoveryPartitions-UEFI.txt or E:\Recovery\HideRecoveryPartitions-BIOS.txt, based on your firmware type.

特定し、ドライブ文字を非表示にします。Identify and hide the drive letters

  • 特定し、回復パーティションを非表示にする diskpart スクリプトを実行します。Run the diskpart script to identify and hide the recovery partitions:

    Diskpart /s E:\Recovery\HideRecoveryPartitions-<firmware>.txt
    

    場所*<ファームウェア>* UEFI または BIOS のいずれかです。Where <firmware> is either UEFI or BIOS.

Windows RE の構成が正しく設定されていることを確認します。Verify that the Windows RE configuration is set correctly

  • 管理コマンド プロンプトを開きます。Open an administrative command prompt.

    Windows RE の情報を確認します。Verify the Windows RE information:

    reagentc /info
    

    次を確認します。Verify the following:

    • Windows RE の状態が有効になっているとします。Windows RE status is enabled.
    • Windows RE の場所は、正しいパーティションです。Windows RE location is on the correct partition.
    • WinRE の GUID の BCD エントリは、ファイルの WinRE GUID エントリの場合と同じです。 reagent.xml します。The BCD GUID entry for WinRE is the same as the WinRE GUID entry in the file: reagent.xml. BIOS ベースの Pc でこのファイルは、システム パーティションで\Recovery\(GUID)\します。On BIOS-based PCs, this file is on the system partition, at \Recovery\(GUID)\. UEFI ベースの Pc はこのファイルが Windows RE ツールのパーティションにでは\Recovery\WindowsRE\します。On UEFI-based PCs, this file is on the Windows RE Tools partition, at \Recovery\WindowsRE\.
    • WinRE にある、 \Recovery\WindowsRE ディレクトリWinRE is located in the \Recovery\WindowsRE directory

関連トピックRelated topics

Windows 回復環境 (Windows RE) のテクニカル リファレンスWindows Recovery Environment (Windows RE) Technical Reference

DISM のイメージの管理コマンド ライン オプションDISM Image Management Command-Line Options

Windows RE のカスタマイズします。Customize Windows RE

Windows RE のブート オプション メニューにカスタム ツールを追加します。Add a Custom Tool to the Windows RE Boot Options Menu