DISM アプリ パッケージ (.appx または .appxbundle) サービス コマンド ライン オプションDISM App Package (.appx or .appxbundle) Servicing Command-Line Options

アプリのパッケージ サービスのコマンドを使用するには、追加、削除をし、一覧は、Windows イメージにアプリ パッケージ (.appx または .appxbundle) をプロビジョニングします。You can use app package-servicing commands to add, remove, and list provisioned app packages (.appx or .appxbundle) in a Windows image. Windows 10 の新機能、.appxbundle は、一緒に使用すると、指定された PC で、ディスク フット プリントを最小限に抑えながら、アプリのエクスペリエンスを強化するアプリとリソースのパッケージのコレクションです。An .appxbundle, new for Windows 10, is a collection of app and resource packages used together to enrich the app experience, while minimizing the disk footprint on a given PC. .Appxbundle パッケージおよび Microsoft Store パイプラインに関する詳細なドキュメントについては、アプリケーションのパッケージ化を参照してください。For detailed documentation about .appxbundle packages and the Microsoft Store pipeline, see App packaging. DISM を使用してバンドルがプロビジョニングされるときに、.appxbundle パッケージのサブセットのみをイメージに追加する場合があります。Only a subset of the packages within an .appxbundle might be added to the image when a bundle is provisioned using DISM. 詳細については、についてどのように DISM に追加 .appxbundle リソース パッケージをイメージにを参照してください。For more information, see Understanding How DISM Adds .appxbundle Resource Packages to an Image.

プロビジョニング済みのアプリ パッケージは、Windows イメージに追加され、し、インストールされているすべての新規または既存のユーザー プロファイル、次回ユーザーがログオンします。Provisioned app packages are added to a Windows image and are then installed for every new or existing user profile the next time the user logs on. 詳細については、アプリ パッケージのプロビジョニングの要件などを参照してください。 DISM を使ってアプリをサイドロードします。For more information, including requirements for app package provisioning, see Sideload Apps with DISM.

追加、削除、およびアプリ パッケージ (.appx または .appxbundle、Windows インストールでユーザーごとまたはイメージごと) の一覧に PowerShell を使用することもできます。You can also use PowerShell to add, remove, and list app packages (.appx or .appxbundle) per image or per user in a Windows installation. 詳細については、Windows PowerShell での展開イメージ サービス管理 (DISM) コマンドレットWindows PowerShell でのアプリ インストールのコマンドレットを参照してください。For more information, see Deployment Imaging Servicing Management (DISM) Cmdlets in Windows PowerShell and App Installation Cmdlets in Windows PowerShell.

DISM を使用して Windows イメージをサービスの基本構文です。The base syntax for servicing a Windows image using DISM is:

DISM.exe {/イメージ:<パス_に_イメージ_ディレクトリ> | /Online} [ dism_グローバル_オプション] {サービス_オプション} [ <サービス_引数>]DISM.exe {/Image:<path_to_image_directory> | /Online} [dism_global_options] {servicing_option} [<servicing_argument>]

アプリ パッケージ (.appx または .appxbundle) サービスは次のオプション、オフライン イメージに対して使用できます。The following app package (.appx or .appxbundle) servicing options are available for an offline image.

DISM.exe/image:<パス_に_イメージ_ディレクトリ> [ /Get-ProvisionedAppxPackages | /Add-ProvisionedAppxPackage | /Remove-ProvisionedAppxPackage | /Set-ProvisionedAppxDataFile]DISM.exe /Image:<path_to_image_directory> [/Get-ProvisionedAppxPackages | /Add-ProvisionedAppxPackage | /Remove-ProvisionedAppxPackage | /Set-ProvisionedAppxDataFile]

次アプリ パッケージ (.appx または .appxbundle) のサービス オプションの実行中のオペレーティング システムを利用できます。The following app package (.appx or .appxbundle) servicing options are available for a running operating system.

DISM.exe /Online [/Get-ProvisionedAppxPackages | /Add-ProvisionedAppxPackage | /Remove-ProvisionedAppxPackage | /Set-ProvisionedAppxDataFile]DISM.exe /Online [/Get-ProvisionedAppxPackages | /Add-ProvisionedAppxPackage | /Remove-ProvisionedAppxPackage | /Set-ProvisionedAppxDataFile]

アプリ パッケージをサービスのオプションApp package servicing options

次の表では、各アプリのサービス オプションを使用する方法について説明します。This table describes how you can use each app servicing option. これらのオプションは大文字小文字が区別されません。These options are not case sensitive.

サービス オプションServicing option 説明Description Example
/Get-help/でしょうか。/Get-Help /? アプリ パッケージをコマンド ライン オプションのサービス後すぐに使用する場合は、オプションと引数の詳細情報が表示されます。When used immediately after an app package servicing command-line option, information about the option and the arguments is displayed. 他のトピックは、イメージを指定すると、使用可能になる可能性があります。Additional topics might become available when an image is specified. Dism /image:C:\test\offline /Add-ProvisionedAppxPackage /?
Dism /online /Get-ProvisionedAppxPackages /?
/Get-ProvisionedAppxPackages/Get-ProvisionedAppxPackages 新しいユーザーごとのインストールに設定されているイメージにアプリ パッケージ (.appx、.appxbundle) に関する情報を表示します。Displays information about app packages (.appx or .appxbundle), in an image, that are set to install for each new user. Dism /Image:C:\test\offline /Get-ProvisionedAppxPackages
/Add-ProvisionedAppxPackage/Add-ProvisionedAppxPackage 1 つまたは複数のアプリ パッケージをイメージに追加します。Adds one or more app packages to the image.

アプリが Windows イメージに追加し、各既存の登録または新しいユーザー プロファイル、次回ユーザーがログインします。The app will be added to the Windows image and registered for each existing or new user profile the next time the user logs in. オンライン イメージにアプリを追加する場合、アプリは登録されません、現在のユーザー、次回、ユーザーがログオンするまでです。If the app is added to an online image, the app will not be registered for the current user until the next time the user logs in.

監査モードでは、オンラインのオペレーティング システムでのアプリを (ディスク使用量を最小限に抑える) を同一ファイルが含まれているアプリに対して適切なハード リンクを作成できるようにも正常にインストールするのアプリが実行されていないことを確認中にプロビジョニングすることをお勧めします。It is recommended to provision apps in an online operating system in audit mode so that appropriate hard links can be created for apps that contain the exact same files (to minimize disk space usage) while also ensuring no apps are running for a successful installation.

構文: dism.exe /Add-ProvisionedAppxPackage {/FolderPath:<App_folder_path> [/SkipLicense\] [/CustomDataPath:<custom_file_path>] /PackagePath:<main_package_path> [/DependencyPackagePath:<dependency_package_path>] {[/LicenseFile:<license_file_path>] [/SkipLicense\]} [/CustomDataPath:<custom_file_path>]} [/Region:<region>]Syntax: dism.exe /Add-ProvisionedAppxPackage {/FolderPath:<App_folder_path> [/SkipLicense\] [/CustomDataPath:<custom_file_path>] /PackagePath:<main_package_path> [/DependencyPackagePath:<dependency_package_path>] {[/LicenseFile:<license_file_path>] [/SkipLicense\]} [/CustomDataPath:<custom_file_path>]} [/Region:<region>]

使用 /FolderPathメイン パッケージ、依存関係パッケージ、およびライセンス ファイルを含む展開したアプリ ファイルのフォルダーを指定します。Use /FolderPath to specify a folder of unpacked app files containing a main package, any dependency packages, and the license file. これは、展開されたアプリ パッケージの場合にのみサポートします。This is only supported for an unpacked app package.

使用 :/PackagePathアプリ パッケージ (.appx または .appxbundle) を指定します。Use /PackagePath to specify an app package (.appx or .appxbundle). 使用することができます :/PackagePathオンラインの基幹業務アプリをプロビジョニングするときにします。You can use /PackagePath when provisioning a line-of-business app online.

重要な:使用して、 :/PackagePathプロビジョニング .appxbundle パッケージへのパラメーター。Important: Use the /PackagePath parameter to provision .appxbundle packages. も、依存関係パッケージをプロビジョニングできません :/PackagePath、そのユーザーをプロビジョニングする必要があります、 /DependencyPackagePathアプリのパラメーター。Also, dependency packages cannot be provisioned with /PackagePath, they must be provisioned with the /DependencyPackagePath parameter for an app.

/PackagePathホストが実行されているは、Windows プレインストール環境 (WinPE) 4.0、Windows Server 2008 R2、または以前のバージョンの Windows PC からはサポートされていません。/PackagePath is not supported from a host PC that is running Windows Preinstallation Environment (WinPE) 4.0, Windows Server 2008 R2, or an earlier version of Windows.

使用 /地域どのリージョンでアプリケーション パッケージ (.appx または .appxbundle) をプロビジョニングする必要がありますを指定します。Use /Region to specify what regions an app package (.appx or .appxbundle) must be provisioned in. リージョンの引数は"all"するか、区切られたリージョンの一覧のすべてのリージョンでアプリをプロビジョニングする必要がありますまたはセミコロンでできることを示します。The region argument can either be “all”, indicating that the app should be provisioned for all regions, or it can be a semi-colon delimited list of regions. 形式で、領域のされるISO 3166-1 alpha-2 または ISO 3166-1 のアルファ 3 コードします。The regions will be in the form of ISO 3166-1 Alpha-2 or ISO 3166-1 Alpha-3 codes. たとえば、United States"US"または"USA"(大文字) のいずれかとして指定できます。For example, the United States can be specified as either "US" or "USA" (case-insensitive). リージョンの一覧が指定されていない場合は、レイアウトを開始することが固定されている場合にのみ、パッケージがプロビジョニングされます。When a list of regions is not specified, the package will be provisioned only if it is pinned to start layout.

使用 /DependencyPackagePathをプロビジョニングするアプリに必要な各従属関係のパッケージを指定します。Use /DependencyPackagePath to specify each depencency package needed for the app to be provisioned. 調べることで、アプリのために必要な依存関係パッケージが見つかりません、アプリの .appx パッケージのルートに AppxManifest.xml 内の要素。The necessary dependency packages of an app can be found by looking at the elements in the AppxManifest.xml in the root of the .appx package of the app. 複数のアプリすべてでは、同じ依存関係を共有している場合は、依存関係パッケージのメジャー バージョンごとの最新のマイナー バージョンをインストールする必要があります。If multiple apps all share the same dependency, the latest minor version of each major version of the dependency package should be installed. 例、App1、App2、App3 およびの依存関係を持ってすべて Microsoft.NET.Native.Framework にします。For example, App1, App2, and App3 all have a dependency on Microsoft.NET.Native.Framework. App1 のマイナー バージョン 25512.0 Microsoft.NET.Native.Framework.1.6 を指定します、App2 マイナー バージョン 25513.0、Microsoft.NET.Native.Framework.1.6 を指定を App3 は、マイナー バージョン 24202.0 Microsoft.NET.Native.Framework.1.3 を指定します。App1 specifies Microsoft.NET.Native.Framework.1.6 with minor version 25512.0, App2 specifies Microsoft.NET.Native.Framework.1.6 with minor version 25513.0, and App3 specifies Microsoft.NET.Native.Framework.1.3 with minor version 24202.0. 両方 App1 および App2 両方の依存関係パッケージの同じメジャー バージョンを指定するためは App3 が依存関係パッケージの異なるメジャー バージョンを指定する必要がありますもインストールするには、最新マイナー バージョン 25513.0 のみをインストールする必要があります。Because both App1 and App2 both specify the same major version of the dependency package, only the latest minor version 25513.0 should be installed, while App3 specifies a different major version of the dependency package, so it must also be installed. インストールする必要がある依存関係パッケージはそのため Microsoft.NET.Native.Framework.1.6 マイナー バージョン 25513.0 と Microsoft.NET.Native.Framework.1.3 24202.0 のマイナー バージョン。So the dependency packages that should be installed are Microsoft.NET.Native.Framework.1.6 with minor version 25513.0 and Microsoft.NET.Native.Framework.1.3 with minor version 24202.0.

パッケージにアーキテクチャ固有の依存関係がある場合は、ターゲット イメージに、適用可能なアーキテクチャの依存関係のすべてをインストールする必要があります。If the package has dependencies that are architecture-specific, you must install all of the applicable architectures for the dependency on the target image. たとえば、x64 でイメージをターゲット、x86 および x64 の両方の依存関係パッケージへのパスを含めるまたはその両方を展開したアプリ ファイルのフォルダーに含めます。For example, on an x64 target image, include a path to both the x86 and x64 dependency packages or include them both in the folder of unpacked app files. ARM の依存関係パッケージも指定に含まれるか、または x64 をターゲット イメージには適用されませんので、DISM がそれが無視されます。If the ARM dependency package is also specified or included, DISM will ignore it since it does not apply to the target x64 image.
コンピューターのアーキテクチャComputer Architectureインストールの依存関係:Dependencies to install:
x64x64x64 および x86x64 and x86
x86x86x86x86
ARMARMWindows RT (ARM) のみWindows RT (ARM) only


使用 /CustomDataPathアプリの省略可能なカスタム データ ファイルを指定します。Use /CustomDataPath to specify an optional custom data file for an app. 任意のファイル名を指定することができます。You can specify any file name. イメージに追加されたとき、ファイルを Custom.dat に変更されます。The file will be renamed to Custom.dat when it is added to the image.

使用 /LicensePathで、 :/PackagePathアプリケーション ライセンスを含む .xml ファイルの場所を指定するオプション。Use /LicensePath with the /PackagePath option to specify the location of the .xml file containing your application license.

のみを使用して、 /SkipLicenseサイドローディング対応のコンピューター上のライセンスを必要としないアプリを使用しています。Only use /SkipLicense with apps that do not require a license on a sideloading-enabled computer. 使用して /SkipLicense他のシナリオではイメージを損なうことができます。Using /SkipLicense in other scenarios can compromise an image.
Dism /Image:C:\test\offline /Add-ProvisionedAppxPackage /FolderPath:c:\Test\Apps\MyUnpackedApp /CustomDataPath:c:\Test\Apps\CustomData.xml
Dism /Online /Add-ProvisionedAppxPackage /PackagePath:C:\Test\Apps\MyPackedApp\MainPackage.appx /DependencyPackagePath:C:\Test\Apps\MyPackedApp\Framework-x86.appx /DependencyPackagePath:C:\Test\Apps\MyPackedApp\Framework-x64.appx /LicensePath:C:\Test\Apps\MyLicense.xml
Dism /Online /Add-ProvisionedAppxPackage /FolderPath:C:\Test\Apps\MyUnpackedApp /SkipLicense
Dism /Image:C:\test\offline /Add-ProvisionedAppxPackage /PackagePath:C:\Test\Apps\MyPackedApp\MainPackage.appxbundle /SkipLicense
Dism /Online /Add-ProvisionedAppxPackage /PackagePath:C:\Test\Apps\MyPackedApp\MainPackage.appxbundle /Region:"all"
Dism /Online /Add-ProvisionedAppxPackage /PackagePath:C:\Test\Apps\MyPackedApp\MainPackage.appxbundle /Region:"US;GB"
/Remove-ProvisionedAppxPackage/Remove-ProvisionedAppxPackage アプリ パッケージ (.appx または .appxbundle)、イメージからプロビジョニングを削除します。Removes provisioning for app packages (.appx or .appxbundle) from the image. アプリ パッケージを作成した新しいユーザー アカウントに登録されていません。App packages will not be registered to new user accounts that are created.

構文:Syntax:
/Remove-ProvisionedAppxPackage /PackageName:<PackageName>

重要な:このオプションは、任意のユーザー プロファイルに登録されている場合、パッケージのプロビジョニングのみ削除されます。Important: This option will only remove the provisioning for a package if it is registered to any user profile. 使用して、削除 AppxPackageイメージからアプリを完全に削除するために登録されていることになっている各ユーザーのアプリを削除する powershell コマンドレット。Use the Remove-AppxPackage cmdlet in PowerShell to remove the app for each user that it is already registered to in order to fully remove the app from the image.

任意のユーザー プロファイルにこのアプリが登録されていない場合/Remove-ProvisionedAppxPackage オプションは、パッケージを完全に削除します。If the app has not been registered to any user profile, the /Remove-ProvisionedAppxPackage option will remove the package completely.

デスクトップ エクスペリエンス機能をインストールした Windows Server 2012 イメージからアプリ パッケージを削除するには、デスクトップ エクスペリエンスを削除する前にアプリ パッケージを削除する必要があります。To remove app packages from a Windows Server 2012 image that has the Desktop Experience installed, you must remove the app packages before you remove the Desktop Experience. 要件です。 デスクトップ エクスペリエンス、 /Remove-ProvisionedAppxPackageの Windows Server 2012 の Server Core インストール オプションです。The Desktop Experience is a requirement of the /Remove-ProvisionedAppxPackage option for Server Core installations of Windows Server 2012.
Dism /Image:C:\test\offline /Remove-ProvisionedAppxPackage /PackageName:microsoft.devx.appx.app1_1.0.0.0_neutral_ac4zc6fex2zjp
/Optimize-ProvisionedAppxPackages/Optimize-ProvisionedAppxPackages ハードリンクを同一のファイルを置き換えることで、イメージのプロビジョニング済みのパッケージのファイルの合計サイズを最適化します。Optimizes the total file size of provisioned packages on the image by replacing identical files with hardlinks. プロビジョニングされた AppX パッケージを使用したイメージがオンラインになったら /optimize-provisionedappxpackagesプロビジョニングされた AppX パッケージを最適化することはできません。Once an image with provisioned AppX packages is online, /optimize-provisionedappxpackages won't be able to optimize provisioned AppX packages. イメージをオフラインにし、パッケージを追加する場合は、イメージ バックアップをオフラインになった後にプロビジョニングされているパッケージのみが最適化されます。If you take an image offline and add packages, only the packages that are provisioned after the image was brought back offline will be optimized.

このコマンドは、オンラインのイメージに対してはサポートされていません。This command is not supported against an online image.
DISM.exe /Image:C:\test\offline /Optimize-ProvisionedAppxPackages
/Set-ProvisionedAppxDataFile/Set-ProvisionedAppxDataFile 指定されたアプリ パッケージ (.appx または .appxbundle) にカスタム データ ファイルを追加します。Adds a custom data file into the specified app package (.appx or .appxbundle).

構文:Syntax:
/Set-ProvisionedAppxDataFile [/CustomDataPath<custom_file_path>] /PackageName<PackageName>

このオプションを使用してカスタム データのファイルを追加すると、指定したアプリ パッケージ (.appx または .appxbundle) パッケージは既により前のバージョンのイメージに追加する必要があります。The specified app (.appx or .appxbundle) package must already be added to the image prior to when you add the custom data file with this option. 使用すると、カスタムのデータ ファイルを追加することも、 /Add-ProvisionedAppxPackageオプション。You can also add a custom data file when you use the /Add-ProvisionedAppxPackage option.

使用 /CustomDataPathアプリの省略可能なカスタム データ ファイルを指定します。Use /CustomDataPath to specify an optional custom data file for an app. 任意のファイル名を指定することができます。You can specify any file name. イメージに追加されたとき、ファイルを Custom.dat に変更されます。The file will be renamed to Custom.dat when it is added to the image. Custom.dat ファイルが既に存在する場合は上書きされます。If a Custom.dat file already exists, it will be overwritten.

使用 /PackageNameアプリ パッケージ (.appx または .appxbundle) を指定します。Use /PackageName to specify an app package (.appx or .appxbundle).
DISM.exe /Image:C:\test\offline /Set-ProvisionedAppxDataFile /CustomDataPath:c:\Test\Apps\Custom.dat /PackageName:microsoft.appx.app1_1.0.0.0_neutral_ac4zc6fex2zjp

DISM が .appxbundle リソース パッケージをイメージに追加する方法を理解します。Understanding How DISM Adds .appxbundle Resource Packages to an Image

.Appxbundle がイメージに追加されると、バンドル内のすべてのリソース パッケージは適用されます。When an .appxbundle is added to the image, not all resource packages within the bundle are applicable. たとえば、アプリがスペイン語 (スペイン) 既定の言語での Windows イメージに追加される場合フランス語 (フランス) リソースが含まれません。For example, if an app is being added to a Windows image with a Spanish (Spain) default language, French (France) resources should not be included. どのようなリソースが追加されるイメージを確認するを使用してパッケージの適用性が決定されます。To determine what resources are added to the image, the package applicability is determined using:

  • リソースの言語パック:オペレーティング システムの言語が存在しない場合は、対応するアプリの言語リソース パックのファイルは追加されません。Language Resource Packs: If an operating system language is not present, the corresponding app language resource pack is not added. たとえば、イメージとして既定の言語、およびスペイン語 (スペイン) 言語パックが含まれている Windows 10 で英語 (米国) であるがあります。For example, you might have an image that is a Windows 10 with English (US) as the default language, and a Spanish (Spain) language pack included. 英語 (米国) とスペイン語 (スペイン) アプリのリソース パックをイメージに追加されます。English (US) and Spanish (Spain) app resource packs will be added to the image. フランス語 (フランス) のリソース パック (またはその他の言語) を使用できる場合、アプリ バンドルには追加されません。If a French (France) resource pack (or any other language) is available in the app bundle, it will not be added.

  • スケールと DirectX (DXFL) リソース パック:スケールと DirectX (DXFL) のリソース パックは、Windows デバイスのハードウェア構成によって異なります。Scale and DirectX (DXFL) Resource Packs: Scale and DirectX (DXFL) resource packs depend upon the hardware configuration of the Windows device. ターゲット ハードウェアの種類は、時に認識されることはできませんので、DISM コマンドを実行、すべてのスケールおよび DXFL にリソースのパッケージは、プロビジョニング時にイメージに追加されます。Because the type of target hardware can’t be known at the time the DISM commands are run, all scale and DXFL resource packages are added to the image at provisioning time. リソースのスケーリングを使用してアプリの開発に関する詳細については、(Microsoft Store アプリ) のピクセル密度に合わせたスケーリングのガイドラインを参照してください。For more information about developing an app with scaling resources, see Guidelines for scaling to pixel density (Microsoft Store apps).

複数の言語パックを含むイメージ、言語ごとにイメージをアプリ パッケージのリソースが追加されます。For an image containing multiple language packs, app resource packages will be added to the image for each language. 最初のユーザーが展開されたイメージを PC にサインインし、ユーザーがユーザー プロファイルと一致しない OOBE、適切でないリソース パッケージ、(リソースの言語パック、リソース パックのスケールおよび DXFL にリソースのパッケージ) の中に言語を選択設定が削除されます。Once the first user has signed in to the PC with the deployed image and the user has chosen a language during OOBE, the inapplicable resource packages, (language resource packs, scale resource packs and DXFL resource packages) that do not match the user profile settings are removed.

たとえば、アプリは英語 (米国)、フランス語 (フランス)、およびスペイン語 (スペイン) 言語をサポートする可能性があります。For example, an app might support English (US), French (France), and Spanish (Spain) languages. 場合は、アプリが英語 (米国) のイメージに追加され、スペイン語 (スペイン) 言語パックが存在する、英語 (米国) とスペイン語 (スペイン) のみリソース パックが追加されます、イメージにします。If the app is added to an image with English (US) and Spanish (Spain) language packs present, only English (US) and Spanish (Spain) resource packs will be added these to the image. 次に、ユーザーは、最初にサインインし、OOBE の間に、オペレーティング システム言語として英語 (米国) を選択します。、スペイン語 (スペイン) リソースのパッケージは削除されますサインインが完了したら。Then, if a user signs in for the first time and, during OOBE, selects English (US) as their operating system language, the Spanish (Spain) resource packages will be removed after sign in completes.

重要な  イメージ リソース パッケージの不正確または不完全なセットのままになる可能性があります適用性コンテキストを変更する追加またはイメージから言語パックを削除する場合。Important   If you add or remove a language pack from an image, you change the applicability context which may result in leaving an incorrect or incomplete set of resource packages in the image. 言語パックが追加または削除したときに、イメージにもう一度、(すべての依存関係パッケージと Microsoft Store のライセンス ファイルを含む) すべての .appxbundle パッケージを追加する必要があります。When a language pack is added or removed, you must, once again, add all .appxbundle packages (including any dependency packages and Microsoft Store license file) to the image. リソース パッケージの適切なセットがプロビジョニングされているようになります。This will ensure that the correct set of resource packages is provisioned.

制限事項Limitations

  • アプリ パッケージ (.appx) は、Windows 8 アプリをサポートしないオペレーティング システムをインストールできません。You cannot install an app package (.appx) on an operating system that does not support Windows 8 apps. 少なくともをサポートしないオペレーティング システムにアプリケーション バンドル (.appxbundle) パッケージをインストールできない Windows 8.1 アプリ。You can’t install an app bundle package (.appxbundle) on an operating system that does not support at least Windows 8.1 apps. アプリでは、WinPE 4.0、Windows Server 2012 の Server Core インストール オプション、または任意のバージョンの Windows 8 よりも古い Windows および Windows Server 2012 でサポートされていません。Apps aren't supported on WinPE 4.0, the Windows Server 2012 Server Core installation option, or on any versions of Windows older than Windows 8 and Windows Server 2012.

    インストールして、Windows Server 2012 でのアプリの実行、インストールする必要があります、デスクトップ エクスペリエンスします。To install and run apps on Windows Server 2012, you must install the Desktop Experience.

  • /FolderPathオプションは、.appx 形式に基づくアプリ パッケージでのみサポートします。The /FolderPath option is only supported for app packages based on the .appx format.

  • /PackagePath .appxbundle パッケージのために使用する必要があります。/PackagePath must always be used for .appxbundle packages.

関連トピックRelated topics

DISM は何ですか。What is DISM?

DISM のイメージの管理コマンド ライン オプションDISM Image Management Command-Line Options

Deployment Image Servicing and Management (DISM) コマンド ライン オプションDeployment Image Servicing and Management (DISM) Command-Line Options

DISM を使用したアプリのサイドロードSideload Apps with DISM